当ブログの項目タイトル
⊿大分類の項目(件数小計)
 ⇒中分類の項目(書込件数)

★飯能ムーミンパーク騒動記★ ⇒【巷談としての台本】No.1      「講談」ではなく「巷談」調で、人前で「騒動記」を語ります!   
   
いま、『飯能ムーミンパーク騒動記』のダイジェスト版を「巷談の台本」としてまとめています。

講談ではなく、巷談です。

講談は、原則として、〈史実〉〈記録〉〈実話〉ということになっているので、噂、想像、推測、憶測・・・・ということを内包している巷談という言葉を使うことにしています。

もちろん、スタイルは講談調です。なので人前でのお披露目は、素人落語会の「出し物の一つ」としてやってみる予定です。

5人の落語に混じった〈色物〉としてやります。

しゃべりには自信が無いので、プロジェクターで画像や文字を映しだしながらやる予定です。

<日時>2016年7月3日(日)13:00開演
<会場>日高市生涯学習センター(市立図書館)2階
<出演>素人→工事家現場 枯葉亭山水 目白亭白泉 夢見家朝楽
           三流斎迷想(私)
    プロ → 三遊亭楽之介
<料金>500円



演目は、当日配布のプログラムで、初めて『巷談・飯能ムーミンパーク騒動記』と発表します。

台本が完成しなかったら「休演」もあり得ますので、予めご了承下さい。

            (394字)


**********************************************
ここをクリックして戴けるとこれからの励みになります。
     ↓
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
クリックすると<地域生活/ 関東ブログカテゴリー>ランキング頁に行きます。
**********************************************


| 小久保 達 | 22:55 | comments (0) | trackback (0) | ★飯能ムーミンパーク騒動記★::巷談としての台本 |
★「ムーミンパーク」に望む★ ⇒【文化新聞記事&投稿原稿】No.29    きょう(6/24)の文化新聞に、私の寄稿文『フィンランド・ムーミンワールドに行ってきた!』が掲載。
きょう(6/24)の文化新聞1面に、私が投稿した『フィンランド・ムーミンワールドに行ってきた!(全2237字)が掲載されています。

この掲載で、朝から何本か電話が有り、さっそく「報告会」のようなものを7月に依頼されました。日時が確定したらお知らせします。

掲載紙全面


 私は妻と二人で6月7日~14日の6泊8日でフィンランド観光に行ってきました。妻が退職してからは「これからは料金が最も安い時期に自由に海外旅行に行ける」と思っていましたが、特に「行ってみたい国」「見ておきたい場所」が有るわけではありませんでした。

 ただ漠然と「北欧かなぁ」「北欧なら白夜の季節に」と思っていただけ。そこに「宮沢湖にムーミンテーマパーク」という突然のニュース。この時から「ムーミン」と「フィンランド」に興味を持ち、旅行社のパンフレットを集めるうちに「想像していたよりは高くない」ことが判って、今回の観光旅行になりました。目的は次の3つでした。

(1)ムーミンワールドを「飯能に出来たら」という視点で見てくる。(2)飯能と似ているという森林と湖の自然の中を散策する。(3)オーロラを見るためだけに極寒のフィンランドにも行ってみる価値が有るかどうかを判断する。

 ムーミンワールドは、フィンランド国土の中では最も南西部に位置し、白夜の季節には日光浴をするためだけにフィンランド中から「夏季休暇に家族で長期滞在する保養地」であるナーンタリという小さな町にあります。首都ヘルシンキからは国内便で約20分、あるいは列車で約2時間のトゥルクに。そこからバスで30分程で保養地の海岸です。

 ムーミンワールドは、海岸からすぐ近くに在る小さな島。たくさんのヨットが停泊する波止場から300m程の橋を歩いて渡ります(写真)。「橋を渡って島に行く」という感覚はちょっと江の島の雰囲気に似ています。島の面積も江の島と同程度かもしれません。

 この小さな島全体がムーミンワールドということではありません。島の半分は入園料を払わずに自由に散歩や海水浴やBBQができる設備、そのための無料の薪小屋、テニスコート等もある公園のようなエリアです。金網フェンスで囲まれた〈有料ゾーン〉は、たぶん、あけぼの子どもの森公園より一回り大きい程度でしょう。
 
 テーマパークとしての概要(施設・運営)は、大きな劇場(500人程収容)で繰り返し上演されている音楽劇や、園内各所で展開されるムーミンキャラクターに扮したスタッフたちの演出等、すべて「幼児向け」です。フィンランド人の来場者の殆どは、乳母車を押したママ友グループ、幼い子供連れの若いファミリー、それに同行してきた祖父母たちです。大人だけのカップルやグループは日本人や中国人、その他の外国からの観光客です。

 園内は、樹木の中にある幾つものポイントをMAPを見ながら歩き回るようになっています。小さな岩山に造られているのでアップダウンが多いのですが、ルートは全て木製デッキで整備されているため乳母車や車椅子でも支障ありません。

ムーミングッズショップは、やはり「世界最高の品揃え」なので、お土産はヘルシンキ市内や空港のムーミンショップよりはここで買うほうが良いでしょう。ちなみにムーミンワールドの外の波止場にも、同じ会社が運営するムーミンショップがあります。入園料は1日券約3500円・2日券約4750円。
 
 フィンランドで生活している日本人によると「ナーンタリの街はムーミンワールドに来るお客で潤っているのではなく、ナーンタリに保養に来るお客を目当てにムーミンワールドが造られた」「だから営業期間が夏季の3か月だけなのだ」ということでした。

 私は<メッツア>を計画しているフィンテックグローバル社(以下FGI)が、なぜ「ムーミンワールドを日本に持ってくる」と言わないで、「北欧をイメージしたムーミンもいるパーク」と言うのか不思議に思っていましたが、フィンランドに来て、実際にムーミンワールドを見て、その「理由」が判った気持ちになりました。

 宮沢湖畔のメッツアは、ムーミンワールドを模倣(あるいは踏襲)する必要は無いのです。日本独自の、日本ならではのムーミンパークを造ればいいのです。日本企業の叡智を集めれば、ムーミンワールド以上のムーミンパークが出来ると思います。
 
 フィンランドの森と湖は、飯能の里地里山に雰囲気が似ています。私がフィンランドの森や湖畔の散策で撮ってきた写真の中には、飯能の人に「これは飯能で撮った写真」と言って見せても、殆どの人は信じるだろうと思えるものが何枚もあります。これは逆に言えば、飯能の森の写真をフィンランドの人たちに見せたら、多くの人が「ここはフィンランド!」と疑わないだろうと思える場所が飯能には無数にあるということです。
 
 飯能は森林文化都市を目指しています。ムーミンのテーマパーク運営は、FGI・ムーミン物語という民間企業のビジネスですが、飯能の里地里山文化、森林文化で交流人口や定住人口を増やすのは、飯能市の大きな行政課題の一つです。「ムーミンを前面に出してメッツアの集客力をアテにする飯能市」ではなく、飯能市の森林、湖、清流、里地里山の魅力で都市部から今まで以上に多くの人を惹きつけ、その人たちに「だから飯能にはムーミンのテーマパークだって造られた!と思ってもらう」という意識を持っても良いのではないでしょうか。
 
 飯能では「売るための木を計画的に植林し、気長に育林し、伐採して原木として売る」という〈個人の林業〉は、ビジネスとしての継続がかなり困難になっています。だからこそ、これからは「環境としての森林と清流を保全し、楽しみの場所としての質を向上させて、そこから市民全体が様々な観光収入を得る」という産官学住連携の〈公営の森林業〉を展開していくことが、飯能市の観光戦略の基本ではないでしょうか。  

                 (2237字)

**********************************************
ここをクリックして戴けるとこれからの励みになります。
     ↓
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
クリックすると<地域生活/ 関東ブログカテゴリー>ランキング頁に行きます。
**********************************************


| 小久保 達 | 12:32 | comments (0) | trackback (0) | ★「ムーミンパーク」に望む★::文化新聞記事&投稿原稿 |
★飯能ムーミンパーク騒動記★⇒【ムーミンワールドに行ってみる!?】No.1 ムーミンワールドの在る町は「フィンランド人にとって「人気の夏の保養地」    
   
 ムーミンワールドは、フィンランド国土の中では最も南西部に位置し、白夜の季節には「日光浴をするためだけにフィンランド中から夏季休暇に家族で長期滞在する保養地」であるナーンタリという小さな町にあります。

首都ヘルシンキからは国内便で約20分、あるいは列車で約2時間のトゥルクに。そこからバスで30分程で保養地の海岸です。

いまはGoogle地図で、世界中どこでも、どの縮尺でも見ることができます。
フィンランド国土の中でムーミンワールドが占める位置のGoogle地図

 フィンランドで生活している日本人によると「ナーンタリの街はムーミンワールドに来るお客で潤っているのではなく、ナーンタリに保養に来るお客を目当てにムーミンワールドが造られた」「だから営業期間が夏季の3か月だけなのだ」ということでした。

宮沢湖湖畔で計画されている<メッツア>は、通年営業ということになっています。このことだけでも、海外からの「集客」は、ムーミンワールドよりは有利になると考えられます。

<メッツア>の課題は「冬の遊び方・楽しみ方」でしょう。

         (481字)

本土からの橋を渡ったムーミンワールドの入口手前



**********************************************
ここをクリックして戴けるとこれからの励みになります。
     ↓
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
クリックすると<地域生活/ 関東ブログカテゴリー>ランキング頁に行きます。
**********************************************


| 小久保 達 | 00:14 | comments (0) | trackback (0) | ★飯能ムーミンパーク騒動記★::ムーミンワールドに行ってみる!? |
★飯能ムーミンパーク騒動記★⇒【フィンランドに行ってみる!?】No.4    <ムーミンワールド>と<飯能のメッツア>について考えてみたい17項目   
フィンランドに行った第一の目的は、昨日書いたように、「ムーミンワールドを、飯能に出来たらという視点で見てくる」ということでした。

それは、下記の点について考え、あるいは確認することでもあります。

(01)そもそも、ムーミンワールドは、フィンランドでは、どのような位置づけなのか?
(02)なぜ、首都ヘルシンキから約3時間もかかるナーンタリに造られたのか?
(03)なぜ、夏季(6月~8月)だけの短期営業なのか?
(04)ムーミンワールドはナーンタリの町では、どのような位置づけなのか?
(05)ムーミンワールドはどのような会社が運営しているのか?
(06)ムーミンワールドで働いている人は「日本にもできる」ことを知っているのか?
(07)ムーミンワールドには主にどのような人たちが入場しているのか?
(08)ムーミンワールドは、どのような施設が有るのか?
(09)テーマパークとしての楽しさはどの程度なのか?
(10)ムーミンワールドのある島全体がテーマパークなのか?
(11)飯能にムーミンテーマパークは相応しいのか?
(12)飯能に造られるべきは<メッツア>なのか?<ムーミンパーク>なのか?
(13)飯能なら、<ムーミンテーマパーク>をどのように造るべきなのか?。
(14)多くの飯能市民にムーミンワールドに行ってもらうにはどうすればいいのか?
(15)飯能に多くのィンランド人が来るようになるにはどうすればいいのか?
(16)宮沢湖畔の<メッツア>が開園したら、次はどのような展開になればいいのか?
(17)万が一、FGIの計画が頓挫した場合、飯能はどうすればいいのか?

以上のことは、フィンランドに行かなくてもインターネットで判ることもあれば、フィンランドに行っても、フィンランド語を理解できなければ判らないこともあります。

フィンランドのことに詳しい日本人に訊くということも出来るでしょうが、いずれに「長期間を要する」ことにはなるでしょう。

Googleマップで見るムーミンワールドの有る島


ムーミンワールドでムーミンのガールフレンドと並んだうちの奥さん
(園内でキャラクターとの記念写真はもちろん自由に無料で出来ます)


            (764字)

**********************************************
ここをクリックして戴けるとこれからの励みになります。
     ↓
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
クリックすると<地域生活/ 関東ブログカテゴリー>ランキング頁に行きます。
**********************************************



| 小久保 達 | 21:34 | comments (0) | trackback (0) | ★飯能ムーミンパーク騒動記★::フィンランドに行ってみる!? |
★飯能ムーミンパーク騒動記★⇒【フィンランドに行ってみる!?】No.3   今回のフィンランド観光<3つの目的> 
   
当初の予定通り、妻と二人で、6月7日~14日の6泊8日でフィンランド観光に行ってきました。

妻が退職してからは「これからは料金が最も安い時期に自由に海外旅行ができる」と思っていましたが、これといって特に「行ってみたい国」「見ておきたい場所」が有るわけではありませんでした。

ただ漠然と「北欧かなぁ」「北欧なら白夜の季節に」と思っていただけだったのです。

そこに「宮沢湖にムーミンテーマパーク」という突然のニュースです。その時から「ムーミン」と「フィンランド」に興味を持ち、旅行社のパンフレットを集めるうちに「想像していたよりは高くない」ことが判って、今回の観光旅行になりました。

今回の観光旅行の目的は次の3つでした。

(1) ムーミンワールドを「飯能に出来たら」という視点で見てくる。
(2) 飯能と似ているという森林と湖の自然の中を散策する。
(3) オーロラを見るためだけに極寒のフィンランドにも行ってみる
   価値が有るかどうかを判断する。

            (422字)

海外旅行の定番写真「これから搭乗する飛行機」(JALとの共同運航便)
 → つまり両社とも単独では満席にならなかったということです。


**********************************************
ここをクリックして戴けるとこれからの励みになります。
     ↓
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
クリックすると<地域生活/ 関東ブログカテゴリー>ランキング頁に行きます。
**********************************************


| 小久保 達 | 23:06 | comments (0) | trackback (0) | ★飯能ムーミンパーク騒動記★::フィンランドに行ってみる!? |
★飯能ムーミンパーク騒動記★ ⇒【FGIが飯能河原でBBQ なぜ?】No.1      きょう(6/7)の文化新聞に「突然の発表」  
                 
きょう(6/7)の文化新聞に下記の見出し記事が掲載されています。

飯能河原にバーベキュー場 ムーミンパークのフィ社

飯能市の宮沢湖に来年、本国のフィンランド以外では世界初となるムーミンのテーマパーク「メッツァ」を開園するフィンテックグローバル社(東京都港区虎ノ門、玉井信光社長)が、7月中にも飯能河原にバーベキュー場を実験的に開設する。

 同事業は飯能河原を商業利用するため、新たに設置された官民構成の「飯能河原利用調整協議会」(吉田行男会長)の取り組みによるもので、フィ社は同協議会の一員。

飯能河原を毎日見つめて暮らしている私としては、飯能河原の名栗川亭跡に、整備されたBBQ場が設置されるのは大歓迎です。

無料で、自由にBBQができる河原以外に、有料でも整備されたBBQで、本格的な設備や用具、セットで提供される食材で行うBBQも、それなりの楽しさと便利さが有ります。

でも、そのBBQ場の運営が、なぜフィンテック・グローバル社(略称FGI)になるのでしょうか?

そのようなBBQ場の運営は、市内の希望業者や、観光協会が収益ビジネスとして取り組むほうが良いのではないでしょうか?

「誰も希望する事業者がいない」とか、観光協会はBBQ場運営を嫌がっている」というのであれば、FGIによる運営も理解できるのですが・・・・。

この疑問に対する説明も、やはり他の事項でもさんざん言われてきた「FGIは上場企業なのでインサイダー取引規制に抵触するから」という理由で、拒否されるのでしょうか?

            (629字)


**********************************************
ここをクリックして戴けるとこれからの励みになります。
     ↓
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
クリックすると<地域生活/ 関東ブログカテゴリー>ランキング頁に行きます。
**********************************************


| 小久保 達 | 05:06 | comments (0) | trackback (0) | ★飯能ムーミンパーク騒動記★::FGIが飯能河原でBBQ なぜ? |
★「ムーミンパーク」に望む★ ⇒【市議会で質問して欲しいこと】No.12      市議会膨張継続記録は10年目前で途切れてしまいます!   

私は、2006年9月の定例議会から、3か月毎に開催されている一般質問を欠かさず膨張してきましたが、その「連続記録」は、今回で途切れることになります。

その理由は、前述したとおり、明日(6/7)からフィンランドのムーミンパークに行くからです。

6/8(水)から、6月定例議会の一般質問が始まります。
市議会のWebサイトによると、今回は、下記の2議員が、<メッツア><ムーミン>関連での質問を予定しているだけのようです。
http://www.city.hanno.saitama.jp/cmsfiles/contents/0000000/139/28.6.pdf

6月8日(水) 14:20~15:20 椙田博之 議員
道路問題について(3)Metsä開園に関わる道路整備について

6月9日(木) 13:10~14:10 新井 巧 議員
観光問題 (2)ムーミンテーマパークの情報共有をどう進めるか

議会を生で膨張していた今までは、テレビ飯能の録画放送を視ることは殆どなかったのですが、今回だけは、録画放送を全部録画して、それを細かくチェックしながら視ることになりそうです。

それも良い機会かもしれません。

            (426字)


**********************************************
ここをクリックして戴けるとこれからの励みになります。
     ↓
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
クリックすると<地域生活/ 関東ブログカテゴリー>ランキング頁に行きます。
**********************************************


| 小久保 達 | 22:13 | comments (0) | trackback (0) | ★「ムーミンパーク」に望む★::市議会で質問して欲しいこと |
★飯能ムーミンパーク騒動記★ ⇒【時間軸の「騒動記」年表】No.4        核心を突こうとしない「市議会での質問」、正直で正確な答弁ができない事情?
   
この【時間軸の「騒動記」年表】では、「騒動の内容」を、時間軸に沿って紹介していきますが、できるだけ、その騒動を生み出している原因にも言及していきたいと思っています。

●2015年9月の飯能市議会定例議会での<一般質問>
この一般質問では、18人の市議の中で「メッツア・ムーミン関連の質問」をした議員は5人でした。しかし、その中で、先日、私が文化新聞に投稿してお願いした「22項目の質問」は、1項目しか質問されませんでした。http://5line.jp/blog/itsudoko/index.php?e=2409

この一般質問では、メッツアに対する質問が上辺だけの浅いものに終始したうえに、満足な回答も得られなかったので、株式市場でも「本当に出来るのか?」「本当に作る気が有るのか?」という疑念が生じ、株価は上下動を繰り返しながら、下降していったのです。

●2015年12月の飯能市議会での<一般質問>
この一般質問では、18人の市議の中で「メッツア・ムーミン関連の質問」をした議員は6人だったのですが、質問される内容が少なかったにも関わらず、市長や担当者からは納得できる答弁が無かったのです。
http://5line.jp/blog/itsudoko/index.php?e=2482

そのため、市民の中からは「もしかしたら、メッツア計画は頓挫するのではないか」という憶測も生まれ出した。

以上のことが、2016年末までの騒動記の時系列での概要です。
名付けて『飯能ムーミンパーク騒動記2016』というところでしょうか。

次回の当blogは、当然『飯能ムーミンパーク騒動記2017』前半の概要です。


            (616字)


**********************************************
ここをクリックして戴けるとこれからの励みになります。
     ↓
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
クリックすると<地域生活/ 関東ブログカテゴリー>ランキング頁に行きます。
**********************************************



| 小久保 達 | 23:37 | comments (0) | trackback (0) | ★飯能ムーミンパーク騒動記★::時間軸の「騒動記」年表 |
★飯能ムーミンパーク騒動記★ ⇒【時間軸の「騒動記」年表】No.3      「パークの内容に関する情報開示が期待外れ」であることが生み出していく騒動とは? 1/2
この★飯能ムーミンパーク騒動記★での「騒動の内容」を、時間軸に沿って紹介すると下記のようになります。

●2015年6月30日突然の記者会見、テレビニュース、文化新聞「号外」
突然知らされた市民たちの間では「凄い!」「嬉しい!」「素晴らしい!」「飯能が一気に有名になる!」等、歓喜の反応が溢れた。
同時に「フィンテックグローバルってどんな会社なの?」という興味、「本当に出来るの?」等という不安と疑問などの反応も生じたのです。

●2015年7月以降のFGIの株価の急騰と下落
「ムーミンパークには飯能市や西武鉄道も出資するのだから成功は間違いない!」とか「いまFGIの株を買っておけば絶対に儲かる!」と思い込んだ人たちや「ムーミンテーマパークの株主になりたい!」という人たちが、公表直後に普段の100倍も殺到したために株価は急騰、しかし、すぐに下落していったという株式市場での騒動が始まりました。

●2015年7月以降、開示情報の不足が続いた
メッツアへの期待と興味が高まるにつれて、「無料のパブリックゾーンと有料のムーミンゾーン」ということ以外にもっと詳しい情報が求められていったのに、FGIはそれ以上の情報を開示しなかったのです。

●2015年7月22日の文化新聞紙面

この日付の文化新聞に私が投稿した『ムーミンパークが開園するまでに「出来るコト」「始めておきたいコト』が掲載されました。
それは、<A・ムーミンをもっとよく知るために市に要望すること>10項目、<B・ムーミンパーク計画への関心を高めるために市に要望すること>14項目、<C・あけぼの公園(ムーミン谷)の来園者を増やすために市に要望すること>6項目、<D・宮沢湖畔への来訪者を増やすために市に要望すること>4項目でした。
http://5line.jp/blog/itsudoko/index.php?e=2385

●2015年7月22日ホテル・ヘリテイジ飯能で、市民400人ほどが出席して「歓迎市民の会」開催
 そこでも、期待されていた「パークの更なる詳しい内容」の説明が無かっただけでなく、FGIの社長は、最後の挨拶で「当社はメッツア以外にも多くの投資案件を抱えていて、私はこのメッツアのことに時間を割くことはできないので、今後は子会社であるムーミン物語の社長に任せるので宜しく」と話したのです。この発言に驚いた市民から「FGIは本気でメッツアを実現する気が有るのだろうか?」という不安や疑念が生じるようになっていったのです。

●2015年8月29日の文化新聞紙面

この日付の文化新聞に私が投稿した『9月の定例議会・一般質問で市議に質問して欲しいこと22項目』が掲載されました。
http://5line.jp/blog/itsudoko/index.php?e=2405

しかし、ちょっとは期待していた「市議からの問い合わせ」は、一人もありませんでした。「そんな程度のことは指摘されなくても判っている」ということなのでしょうか? この時点では、そう思っていたのです。

            (1165字)


**********************************************
ここをクリックして戴けるとこれからの励みになります。
     ↓
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
クリックすると<地域生活/ 関東ブログカテゴリー>ランキング頁に行きます。
**********************************************


| 小久保 達 | 13:11 | comments (0) | trackback (0) | ★飯能ムーミンパーク騒動記★::時間軸の「騒動記」年表 |
★飯能ムーミンパーク騒動記★ ⇒【時間軸の「騒動記」年表】No.2       時間軸の第1期は、株価の急騰と低下、FGIへの期待と疑念。 

この★飯能ムーミンパーク騒動記★を、時間軸に沿って区分すると、
第1期は、2015年6月30日の突然のマスコミ発表から、西武鉄道からFGIへの土地譲渡が完了し、2017年の開園に向けて工事が着工されるまでの期間になります。

2015年6月30日の突然のマスコミ記者会見から、上場株であるFGIの株価はそれまでの100倍を超える商いが短期間に集中。その結果、前日まで1株110円~120円代だった株価は一気に260円台にまで急騰しました。

しかし、その「買い注文の殺到」は、どうやらムーミンテーマパーク計画が、「飯能市と西武鉄道も加わっているから成功は確実だ!(だから早く買わなければ・・・・)」と思い込んだ人たちが多かったためのようでした。

ある程度の時期が経過して、落ち着いて考えてみれば、飯能市は「ムーミンパークが完成すれば地域が活性化するから協力する」のであり、西武鉄道も「売りに出していた宮沢湖畔の土地をFGIが買いたいというので売った」「そこにムーミンテーマパークが出来れば都内からの運賃収入の飛躍的な増加が見込めるから協力する」だけであって、FGIの計画に対して資金も人材も投入するわけではないいコトが判明してくるわけです。

その「客観的な状況認識」によって、それまで公表前よりは高値を維持していた株価は急落し、元の110円代~150円代を何度も上下するだけの「期待外れの株価」になってしまったのです。

この期間の「騒動記」として注目したいのが、FGIの過去現在未来の様々な株主たちが匿名で書き込んでいるYahoo!8789掲示板です。

ここでは、私がblog飯能どうする研究所という「実名に近い名称」で書き込んでいる以外、殆どの人が匿名。なので、この8789掲示板には、虚実様々な情報、意見、願望、疑問、批判、中傷、妄想、策謀などが溢れています。

それでも、この掲示板に書き込まれていることの中には、FGIという会社に関する貴重な事実、情報などが時々提供されていますので、私としてはいまのところかなり重宝しています。

            (836字)


**********************************************
ここをクリックして戴けるとこれからの励みになります。
     ↓
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
クリックすると<地域生活/ 関東ブログカテゴリー>ランキング頁に行きます。
**********************************************


| 小久保 達 | 21:16 | comments (0) | trackback (0) | ★飯能ムーミンパーク騒動記★::時間軸の「騒動記」年表 |
このページの先頭へ
当ブログ編集人プロフィール
みなさんからのコメント
今月の書き込み
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
<<前月 2016/06 次月>>
過去の書き込み
TRACBACK
  • ★この場所のココに注目!★ ⇒【奥武蔵あじさい館】No.06                                       9月定例議会で市議に質問して欲しいコトは?
  • ★飯能が目指す方向★⇒【原点に立って考える】No.07                                         〈公設民営〉と〈民設公営〉と〈民設民営〉を使い分ける!
  • ★飯能が目指す方向★⇒【私の空想・妄想・夢想・構想】No.28                                            市役所職員採用で、「年齢制限」と「学校歴偏重」が無くなること
  • ★飯能が目指す方向★⇒【私の空想・妄想・夢想・構想】No.3                                                          市営森林文化都市公園、市営里地里山文化公園、市営樹木葬霊園、学校共同学習林、家庭菜園団地、・・・・・
  • ★飯能活性化プラン365★ ⇒【ゴルフで活性化】No. 3                                    飯能市内の全ゴルフ場の総来場者を増やす「思い付き」7つ
  • ★飯能活性化プロジェクト365★⇒5/365【バースデーハウス365】                                          市内に『バースデーハウス』という飲食店があったら・・
  • ★もしも、私(あなた)が・・・・★ ⇒【どこかの市長だったら】No.7                            「自治体・市役所・市長・職員・住民」それぞれの役割と課題を「大規模団地」に喩えて説明したい!
  • ★もしも、私(あなた)が・・・・★ ⇒【西武鉄道の社長だったら】No.11               元加治駅から八高線に乗り入れ,「駿河台大学前駅」を新設して八王子駅まで行きたい!
  • ★もしも、私(あなた)が・・・・★ ⇒【観光協会の会長だったら】No.5                       改札口前の観光案内所なら最初は「テーブルと倚子とパンフレット棚」で充分!  
  • ★2009年度の市長選を面白く!★ ⇒【「選挙の在り方」も変えていく】No.5                                                                       7月の市長選では、立候補予定者自らが「投票率アップ」に取り組みます!
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ゲットネット...¥
Blog Ranking

OTHERS
このページの先頭へ