当ブログの項目タイトル
⊿大分類の項目(件数小計)
 ⇒中分類の項目(書込件数)

★現在進行形『市有林メガソーラー騒動記』2024年版★ ⇒【〈デタラメ行政[負の遺産]史跡公園〉考想】No.11 〈大久保前市長時代のコト〉と〈新井現市長時代のコト〉を区別して考える!
   
この史跡公園で〈特に知って欲しいコト〉を判りやすく説明するためには、<阿須山中土地有効活用事業>を始めた大久保勝前市長時代に企画実行されたコトと、その大久保市長との一騎打ち市長選選挙に勝って当選した新井重政現市長の時代に実行されたコトを区別して、種々の経緯と疑問や疑念の数々を整理分類してわかりやすく展示することも不可欠です。

例えば前述(No.10)で挙げた『(32)市有財産である〈市有林伐採木売却代金〉を市に納付させないことに対する疑問と疑念』に関しては、市有林の伐採木売却が開始されたのは〈大久保前市長時代のコト〉です。

しかし、その後、一部の市議が市民から「市有林伐採木は市有財産でありその売却代金は公金だから、HISAが自社の収入としているその公金は市に返納すべきだ」という指摘に対して、「市に返納する必要な無い!」と繰り返し答弁してきたのは〈新井現市長時代のコト〉なのです。

それは、やはり前述(No.10)で挙げた『(33)「地方創生」「少年の夢」を掲げていた新施設なのに[完成披露]も[市民見学会]も実施しないことに対する疑問と疑念』に関しても同じです。

「地方創生」「少年の夢」を掲げていたのは〈大久保前市長時代のコト〉ですが、新施設なのに[完成披露]も[市民見学会]も実施しないのは〈新井現市長時代のコト〉なのです

つまり、新井現市長は、自らが座長となって開催したという<阿須山中土地有効活用事業検証委員会>で「特に問題無し!」と結論付けたのにも関わらず、[完成披露]も[市民見学会]も実施しないのです。

市では「それらは事業者の飯能インターナショナルスポーツアカデミーが決める事である」と言っていますが、阿須山中土地有効活用事業事態は市の事業であり、メガソーラー発電所もサッカー場も事業者にその条件で貸している市有地なのであるから、貸主として借主に「やるべきセレモニーは実施するように!」と指示(指導)すべきなのです。

それなのに、それをやろう(やらせよう)としないのが「新井現市長時代に起きている」ことなのです。

この次の段階の背景として知って欲しいコトは続いて次回(No.12)にも書きます。

以上。(905字)

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
ここをクリックして戴けるとこれからの励みになります。
   ↓
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
クリックすると<地域生活/ 関東ブログカテゴリー>ランキング頁に行きます。
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


| 小久保 達 | 10:20 | comments (0) | trackback (0) | ★現在進行形『市有林メガソーラー騒動記』2024年版★::〈デタラメ行政[負の遺産]史跡公園〉考想 |
★現在進行形『市有林メガソーラー騒動記』2024年版★ ⇒【〈デタラメ行政[負の遺産]史跡公園〉考想】No.10 着工から工事中の数々の疑問と疑念と〈市長選の勝敗要因〉と完成してからの〈市民無視の背景〉も!
   
この史跡公園で〈特に知って欲しいコト〉を判りやすく解説するためには、さらに、メガソーラー&サッカー場新設工事が着工してから完成し、使用開始されるまでの経緯と疑問や疑念の数々を整理分類してわかりやすく展示することも不可欠です。

その完成までの〈種々の疑問や疑念〉として知って欲しいコトは下記(24)~(33)の10点です。

(24)森林開発許可申請と「メガソーラー発電所&調整池兼用サッカー場」許認可について「業者と市と県の関係」に関する疑問と疑念

(25)埼玉県森林審議会による〈開発許可条件の遵守〉に対する経過と疑問と疑念

(26)県指定希少植物コクラン移植騒動に関する経過と疑問と疑念

(27)森林(山林)開発に義務付けられた〈洪水予防のための調整池〉と〈その調整池に造られたサッカー場〉工事に関する経過と疑問と疑念

(28)着工に関する〈住民説明会の意義と内容〉〈住民説明会での官民の役割分担〉に関する経過と疑問と疑念

(29)この期間に市議会で保守系市議たちによる〈市有林メガソーラー礼賛発言〉の数々に対する疑問と疑念

(30)2021年7月市長選に立候補した新井市議(元副市長・現市長)の選挙公約についての疑問と疑念

(31)熱海土砂災害直後の市長選だったから当選できた新井市長なのに、まさかの〈事業検証先送り〉についての疑問と疑念

(32)市有財産である〈市有林伐採木売却代金〉を市に納付させないことに対する疑問と疑念

(33)「地方創生」「少年の夢」を掲げていた新施設なのに[完成披露]も[市民見学会]も実施しないことに対する疑問と疑念

この次の段階の背景として知って欲しいコトは次回(No.11)に書きます。

以上。(707字)

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
ここをクリックして戴けるとこれからの励みになります。
   ↓
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
クリックすると<地域生活/ 関東ブログカテゴリー>ランキング頁に行きます。
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


| 小久保 達 | 08:13 | comments (0) | trackback (0) | ★現在進行形『市有林メガソーラー騒動記』2024年版★::〈デタラメ行政[負の遺産]史跡公園〉考想 |
★現在進行形『市有林メガソーラー騒動記』2024年版★ ⇒【〈デタラさらにメ行政[負の遺産]史跡公園〉考想】No.9 HISAが最優秀提案事業者に選定されてから、メガソーラー発電所工事開始までの経緯と疑問や疑念の数々を解説する展示も!
  
この史跡公園で〈特に知って欲しいコト〉を判りやすく説明するためには、飯能市の公共事業<阿須山中土地有効活用事業>公募に応募した、一般社団法人・飯能インターナショナルスポーツアカデミー(略称HISA)が〈最優秀提案事業者〉に選定されてから、メガソーラー発電所と調整池兼用サッカー場を着工するまでの経緯と疑問や疑念の数々を整理分類してわかりやすく展示することも不可欠です。

着工までの〈種々の疑問や疑念〉として知って欲しいコトは下記(16)~(23)の8点です。

(16)HISAが最優秀提案事業者と公表されてから覚書が締結されるまでの経緯

(17)2019年7月に締結した飯能市とHISAとの覚書の内容

(18)〈住民説明会〉と称される会合が開催された経緯とその内容

(19)飯能市とHISAが交わした「土地賃貸借契約」締結に至るまでの経緯とその契約内容

(20)2020年5月に周辺住民有志が飯能市に提出した13500筆の反対署名と要望書と市の対応

(21)2020年8月に飯能市が市内全戸に配布した『阿須山中土地有効活用事業のお知らせ』(A4版8頁全1万1000字)の内容から分かる市の意図

(22) 2020年10月25日TBSで放送された『噂の東京マガジン』で紹介(約20分)された内容

(23) TBS放送直後に飯能日高テレビで1週間ほど放送された『大久保市長談話』での内容

その次の段階の背景として知って欲しいコトは次回(No.10)に書きます。

以上。(624字)

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
ここをクリックして戴けるとこれからの励みになります。
   ↓
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
クリックすると<地域生活/ 関東ブログカテゴリー>ランキング頁に行きます。
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


| 小久保 達 | 04:12 | comments (0) | trackback (0) | ★現在進行形『市有林メガソーラー騒動記』2024年版★::〈デタラメ行政[負の遺産]史跡公園〉考想 |
★現在進行形『市有林メガソーラー騒動記』2024年版★ ⇒【〈デタラメ行政[負の遺産]史跡公園〉考想】No.8 市有林に民間メガソーラー発電所が造られていった〈種々の出来事〉とそれらの〈因果関係〉を考える動画を!
この史跡公園で〈特に知って欲しいコト〉を判りやすく解説するためには、市有林に民間メガソーラー発電所が造られていった〈種々の出来事〉とそれらの〈因果関係〉を整理分類することが不可欠です。

その〈種々の出来事〉として知って欲しいコトは下記(7)~(15)の9点です。

(7)飯能市でメガソーラー発電所が公的に話題になったのはいつ頃からか?

(8)飯能市の公人で「市の山間部にメガソーラー発電所を!」と言い出したのは誰か? いつからか? それは何故か?

(9)2016年頃の「メガソーラー発電所」に対する<全国でのプラス評価とマイナス評価>の比較

(10)2016年の時点で「自然豊かな加治丘陵の市有林(17ha)をメガソーラー発電所にする」案に賛成していたのは誰か?

(11)飯能市が立案した<阿須山中土地有効活用事業>の概要とこの時点での疑問と疑念

(12)活用策応募要項(公募期間・公募方法・応募資格)への疑問と疑念

(13)最優秀提案選考委員会の構成と選定基準と選考経過と選定結果などへの疑問と疑念

(14)「阿須山中市有林有効活用策」応募経過と応募者概要の情報不開示への疑問と疑念

(15)最優秀提案事業者と認定されたHISAの提案内容の「整合性・必然性・妥当性」等への疑問と疑念

その次の段階の背景として知って欲しいコトは次回(No.9)に書きます。

以上。(576字)


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
ここをクリックして戴けるとこれからの励みになります。
     ↓
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
クリックすると<地域生活/ 関東ブログカテゴリー>ランキング頁に行きます。
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇




| 小久保 達 | 04:10 | comments (0) | trackback (0) | ★現在進行形『市有林メガソーラー騒動記』2024年版★::〈デタラメ行政[負の遺産]史跡公園〉考想 |
★現在進行形『市有林メガソーラー騒動記』2024年版★ ⇒【〈デタラメ行政[負の遺産]史跡公園〉考想】No.7 そもそもの発端は「森林文化都市飯能の中では僅かしかない市有林の本当の有効活用とは?」という意見交換や議論検証が軽視されたことから始まっていた!
   
この公園で〈特に知って欲しいコト〉を簡潔に理解していただくためには、メガソーラー発電所が造られた背景や〈種々の出来事の因果関係〉を整理分類した解説資料が不可欠です。

その〈最初の背景〉として知って欲しいコトは下記(1)~(6)の6点でしょう。

(1)なぜ、飯能市は2005年に「森林文化都市宣言」をしたのか?

(2)何が〈森林文化都市〉なのか?

(3)飯能市が「森林文化都市」として実施してきたコトは?

(4)かつて全国大半の地方自治体にあった〈土地開発公社〉の役割と清算事情。

(5)飯能市土地開発公社が購入、売却、残した土地、負債の内訳。

(6)阿須山中の現地の活用策に関して飯能市議会で質疑(審議ではない)されたコト

その次の段階の背景として知って欲しいコトは次回(No.8)に書きます。

以上。(393字)

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
ここをクリックして戴けるとこれからの励みになります。
     ↓
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
クリックすると<地域生活/ 関東ブログカテゴリー>ランキング頁に行きます。
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


| 小久保 達 | 08:01 | comments (0) | trackback (0) | ★現在進行形『市有林メガソーラー騒動記』2024年版★::〈デタラメ行政[負の遺産]史跡公園〉考想 |
★現在進行形『市有林メガソーラー騒動記』2024年版★ ⇒【〈デタラメ行政[負の遺産]史跡公園〉考想】No.6 展望塔には観光トイレと〈デタラメ行政の解説ビデオモニター〉を!
メガソーラー発電所南北の両斜面を一望に見下ろす<稜線に建つ展望塔>の1階は観光トイレにしましょう。

そして、その2階は休息スペースにして、壁面にモニターを取り付けて、この史跡公園の経緯の全貌を解説するビデオを自由に視られるようにしたいですね。

そこに映し出される種々の動画の内容は、次回(No.7)以降に書いていきます。

しかし、それら動画内容は「デタラメ行政の指摘と官製談合疑惑」の解説なので、設置早々にも、何者かによって破壊されてしまう可能性が大きいかもしれません。

もちろん監視カメラは24時間365日稼働させますが・・・・。

以上。(281字)

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
ここをクリックして戴けるとこれからの励みになります。
     ↓
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
クリックすると<地域生活/ 関東ブログカテゴリー>ランキング頁に行きます。
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


| 小久保 達 | 04:06 | comments (0) | trackback (0) | ★現在進行形『市有林メガソーラー騒動記』2024年版★::〈デタラメ行政[負の遺産]史跡公園〉考想 |
★現在進行形『市有林メガソーラー騒動記』2024年版★ ⇒【〈デタラメ行政[負の遺産]史跡公園〉考想】No.5 加治丘陵の南北の両斜面を一望に見下ろす<稜線に建つ展望塔>も必要!
      
この史跡公園で、南北の両斜面に広がっているソーラーパネル群を一望するためには丘陵の稜線に展望塔を建てる必要が有ります。

素材は現地に3本も建っている高圧線鉄塔と同じような鋼材で、高さは稜線の地表から10m、展望フロアは10人ほどが滞在できるほどの広さで良いでしょう。

そこに昇り専用階段と降り専用階段が有れば充分です。

稜線から10mの高さであれば、その位置からでもサッカー場は見下ろせるはずです。

もしかしたら富士山も見えるかもしれません。
この展望塔は高圧線の電線よりは低いので、米軍機の航行に支障は無いはずです。

以上。(287字)

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
ここをクリックして戴けるとこれからの励みになります。
     ↓
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
クリックすると<地域生活/ 関東ブログカテゴリー>ランキング頁に行きます。
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


| 小久保 達 | 04:04 | comments (0) | trackback (0) | ★現在進行形『市有林メガソーラー騒動記』2024年版★::〈デタラメ行政[負の遺産]史跡公園〉考想 |
★現在進行形『市有林メガソーラー騒動記』2024年版★ ⇒【〈デタラメ行政[負の遺産]史跡公園〉考想】No.4 公園考想には、〈詳しく見て欲しいモノ〉を模型でも良いから製作してみることが必要でしょう!
この《デタラメ行政[負の遺産]史跡公園》に来た人に〈最初に見てほしいモノ〉は、<加治丘陵の稜線を歩いていて突然進行方向に広大なソーラパネル群が出現する>ところです。

そのためには、現地東端の〈稜線のハイキング道〉を歩いていて、両サイドの樹木が無くなり、突然目の前に広がるソーラーパネル群にまず驚いてもらうことです。

それが、太陽の出ている時間帯であれば、そのソーラーパネル群が「北斜面に設置されている」ことが、パネルの影の位置ではっきり認識できるのです。

出来れば、そこに「現在のメガソーラー発電所とサッカー場の配置が一目でわかるジオラマ模型」と、「工事着工前で、当初の険しい斜度がわかる、樹木が生い茂る南斜面と北斜面のジオラマ模型」の二つを、〈着工前と完成後との違い〉が一目でわかるように並べて展示したいですね。

もちろん、風雨を避け、イタズラや破壊から守るために頑丈なアクリルケースに入れての展示になります。

そのジオラマ模型のサイズは、最低でも「2m✕2m✕1m」程度は必要でしょう。

それだけのサイズであれば、ソーラーパネル以外の電気設備やハイキング道を歩く人、サッカーをしている子供たちのミニチュアも並べることができます。

もちろん、現地に棲息していたニホンカモシカや猪などの野生動物のミニチュアも点在させられます。

以上。 (600字)

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
ここをクリックして戴けるとこれからの励みになります。
     ↓
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
クリックすると<地域生活/ 関東ブログカテゴリー>ランキング頁に行きます。
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


| 小久保 達 | 07:04 | comments (0) | trackback (0) | ★現在進行形『市有林メガソーラー騒動記』2024年版★::〈デタラメ行政[負の遺産]史跡公園〉考想 |
★現在進行形『市有林メガソーラー騒動記』2024年版★ ⇒【〈デタラメ行政[負の遺産]史跡公園〉考想】No.3 公園考想は、「歩いて欲しい場所」の特定から始まる!
    
この《〈デタラメ行政[負の遺産]史跡公園〉考想》を具体化するための第一歩は、「史跡公園として歩いて欲しい場所を定める」ことです。

私の願望(妄想?)としては、飯能市阿須山中の市有林に造られた<飯能インターナショナルスポーツアカデミー(略称HISA)のメガソーラー発電所(10ha)と専用サッカー練習場(1ha)と残地森林と称する周辺エリア(6ha)>の計17ha全域です。

飯能市とHISAとの土地賃貸借契約期間は20年ですが、その前に、HISAが経営破綻したり、発電設備が使用不可能になったり、関係者の不正発覚による契約無効・白紙撤回などで、〈原状回復〉という事態になったら、その時から、この〈史跡公園考想〉は、実現に向けて動き出すかもしれません。

もっとも、それは、その時の[飯能市長]次第です。

市長選が行われるのは、いまのところ予定では2025年7月、2029年7月。

私は、その時まではなんとか長生きして、「この公園考想に賛同してくれる人が市長になることを応援したい!」と思っています。

誰が〈次の市長〉になるか未知数ですが、「その人はいま飯能市に住んでいる」ことは間違いないでしょう。

史跡公園予定地の周囲は、入間市、青梅市、民有地所有者によって<自然豊かな加治丘陵>として大切に保全されてきているので、現在使用されるハイキング道をぐるりと一周するコースも、協力して整備していきたいですね。

そのことは、当エリア内で現在営業中のドッグランやレーシングカーサーキット場にとってもプラスになるでしょう。

後日、Facebook小久保達に「エリアがわかるマップ」画像をアップします。

以上。 (688字)7

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
ここをクリックして戴けるとこれからの励みになります。
     ↓
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
クリックすると<地域生活/ 関東ブログカテゴリー>ランキング頁に行きます。
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇



| 小久保 達 | 07:03 | comments (0) | trackback (0) | ★現在進行形『市有林メガソーラー騒動記』2024年版★::〈デタラメ行政[負の遺産]史跡公園〉考想 |
★現在進行形『市有林メガソーラー騒動記』2024年版★ ⇒【〈デタラメ行政[負の遺産]史跡公園〉考想】No.2 注目されるためのネーミングにはどのようなものが有るか?
   
阿須山中市有林を破壊して造られた<民間メガソーラー発電所&サッカー場>現地を、大勢の人に歩いてもらうために不可欠なのは、その場所に最適なネーミングです。

〈デタラメ行政[負の遺産]史跡公園〉というのは暫定的な仮名です。

他にも、集客効果の高いネーミング案が有ると思います。

例えば
➀〈ニホンカモシカが棲息していたメガソーラー発電所公園〉とか
➁〈官製談合疑惑満載![市有林民間メガソーラー発電所]通り抜け公園〉とか
➂〈[サッカー場(1ha)の付帯設備]という建前のメガソーラー発電所(10ha)ぐるり1周公園〉
というのは、特徴をよく表してはいますが、公園の名称としては長すぎますね。

だったら、思い切って短縮して
④〈詐欺的メガソーラー公園〉とか
⑤〈北斜面メガソーラー公園〉とか
⑥〈森林文化都市[森林破壊]公園〉等はどうでしょうか?

いずれにしても、マクラ詞には「都心から一番近い!」とか「米軍横田基地航空機進入路真下に在る!」とか「西武池袋線飯能駅から直線で3km」とかのマクラ詞も付けられます。

以上。 (465字)

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
ここをクリックして戴けるとこれからの励みになります。
     ↓
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
クリックすると<地域生活/ 関東ブログカテゴリー>ランキング頁に行きます。
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


| 小久保 達 | 07:57 | comments (0) | trackback (0) | ★現在進行形『市有林メガソーラー騒動記』2024年版★::〈デタラメ行政[負の遺産]史跡公園〉考想 |
このページの先頭へ
当ブログ編集人プロフィール
みなさんからのコメント
  • ★2017年7月の市長選★ ⇒【現職と新人の出馬動向】No.11       前県議の和田さんはブログで「共産党の候補者擁立は、笑止千万、究極のパフォーマンス!」と断定しているのですが・・・・。
今月の書き込み
{CALENDARBOX} {CDCTRLBACK}<<前月{/CDCTRLBACK} {CDYM}Y/m{/CDYM} {CDCTRLNEXT}次月>>{/CDCTRLNEXT}
過去の書き込み
TRACBACK
  • ★この場所のココに注目!★ ⇒【奥武蔵あじさい館】No.06                                       9月定例議会で市議に質問して欲しいコトは?
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ゲットネット...¥
Blog Ranking

OTHERS
このページの先頭へ