当ブログの項目タイトル
⊿大分類の項目(件数小計)
 ⇒中分類の項目(書込件数)

★飯能活性化映画3部作★ ⇒【飯能市作品『歴史の時間』について】No.1  地域発信型映画・地域活性化映画には、なっていないのでは?  

飯能市と𠮷本興行株式会社が地域発信映画として制作した『歴史の時間』という短編映画(30分)が完成しました。

今年の4月下旬(4/21~4/24)に開催される<第8回沖縄国際映画祭>に地域発信型映画として参加する作品だそうです。

その<舞台挨拶&プレミア上映会>が、きょう(2/28)飯能市民会館小ホールで行われました。

  市役所サイトの案内頁(チラシpdfもダウンロードできます)

きょうの上映会の司会をしたヨシモトのお笑い芸人も、舞台挨拶をした出演者たちも、その殆どが「完成した映画を実際に観たのはきょうが初めて」と言っていたので、上映会とはいっても、実質的には試写会のようなものだったのでしょう。

市民も無料で観られたのですが、告知が充分ではなかったせいか、来場者は300席の小ホールの半分程度でした。

上映前の挨拶で脚本兼監督の人は「単に観光地を紹介するだけの映画にはしたくなかった」と言っていたので、その内容に期待を持って観始めたのですが、私が観た結果の観想と評価は「???」でした。

監督の個人的な短編映画の作品としては「好き嫌いの評価は人それぞれ」だろうと思いましたし、「飯能市内で撮影された映画なのだから観て損は無い」とは思いました。

しかし、飯能市が資金を出して、飯能市の地域発信型映画としては「飯能市で制作した意味が無い」内容なのです。もちろん、この映画自体に意味が無いというのではなく、「特に飯能市で撮影する必要もなかった作品」ということで、疑問と不満が残る出来栄えだと私は感じたのです。

地元で映画製作に意欲を燃やす若い人たちを起用して、彼らに「映画製作の現場を体験させた」という点では、飯能市が制作資金を出したことは無駄にはならないと思いますが、「沖縄国際映画祭」に飯能市からの地域発信型映画として出品する「内容」ではないと思うのですが・・・・。

            (762字)


**********************************************
ここをクリックして戴けるとこれからの励みになります。
     ↓
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
クリックすると<地域生活/ 関東ブログカテゴリー>ランキング頁に行きます。
**********************************************



| 小久保 達 | 21:46 | comments (0) | trackback (0) | ★飯能発・地域活性化映画シリーズ★  ::飯能市作品『歴史の時間』について |
このページの先頭へ
当ブログ編集人プロフィール
みなさんからのコメント
  • ★2017年7月の市長選★ ⇒【現職と新人の出馬動向】No.11       前県議の和田さんはブログで「共産党の候補者擁立は、笑止千万、究極のパフォーマンス!」と断定しているのですが・・・・。
今月の書き込み
{CALENDARBOX} {CDCTRLBACK}<<前月{/CDCTRLBACK} {CDYM}Y/m{/CDYM} {CDCTRLNEXT}次月>>{/CDCTRLNEXT}
過去の書き込み
TRACBACK
  • ★この場所のココに注目!★ ⇒【奥武蔵あじさい館】No.06                                       9月定例議会で市議に質問して欲しいコトは?
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ゲットネット...¥
Blog Ranking

OTHERS
    RSS 1.0
    処理時間 12.634066秒
このページの先頭へ