当ブログの項目タイトル
⊿大分類の項目(件数小計)
 ⇒中分類の項目(書込件数)

★飯能ムーミンパーク騒動記★ ⇒ 【はじめに】No.01            「開園」もしくは「計画頓挫」までの様々な人々の様々な動きを「騒動記」として書いていきます。
  
2015年6月30日、突然の記者会見から、当blogに★「ムーミンパーク」に望む★という大項目で書いてきましたが、このタイトルでは書き切れないことがたくさん有るので、新たに★実録・飯能ムーミンパーク騒動記★という大項目で書いていくことにしました・

現時点で決まっている中項目は下記の12項目です。

【疑問・疑念・論点の整理】 
飯能市民や株主たちの推測・憶測・妄想・願望・不安・不信・不満の原因になっている「誤解」を解くための「整理」です。

【投資事業会社の本質と本音】
FGIに限らず、投資会社の本質は「他人のお金を利用する」「他人に頑張らせて自分が儲ける」ことであり、その本音は「汗水を流さず楽して儲けたい」ということだと理解できれば、結末(末路)はある程度は予想できるものです。

【報道されたコト(時系列)】
2015年6月30日の記者発表の時から、一般紙と、飯能市の地元日刊紙「文化新聞」に書かれたことを時系列で解説していきます。

【報道されたコト(項目別)】
時系列をさらに重要な項目別にまとめていきます。
例「飯能市の動き」「西武鉄道との関わり」「飯能市内の事業所との関わり」「ムーミンビジネスを展開している各社の反応」等

【飯能市役所の期待と思惑】
今回のムーミンパーク誘致に関連することは、市長が全てを決めているわけではないし、市職員が全てを知っているという訳ではありません。中には「開園を望んではいない」人たちも存在します。

【飯能市議会での質疑】
市議会は「建前」と「社交辞令」と「やっているフリ」が横行している場所なので、「虚偽の情報」が出ることは無くても、「貴重な情報」が出る場所ではないことを承知の上でウオッチしてみて下さい。

【飯能市民の期待と誤解】
未だに市民の多くは「飯能市もムーミンパークに出資する」「西武鉄道が全面協力するから絶対に成功する」と思い込んでいます。でも、実は・・・・・。

【FGI株主の一喜一憂】
株主たちが掲示板に書き込んでいる「株価を上げたい願望」と、「株価を下げたい策略」「自分だけは楽に儲けたい!」という言動等を紹介していきます。

【理想的な展開(全員ハッピー!)】
計画通りに開園。予想外の来場者数で株価も高値安定。市内への経済効果と知名度アップと定住人口の増加も伴って飯能市は大喜び。西武鉄道も乗客増で増収増益。

【意外な展開A(小規模開園)】
充分な資金が集まらず、満足のいく内容のコンテンツができないまま、とりあえず「2017年の第1次オープン」に漕ぎ着けて、それから追加資金を集めながら、「2018年の2次オープン」、「2019年の3次オープン」・・・・という展開も有り得ます。

【意外な展開B(計画頓挫)】
「必要な資金が集まらないから」とか、「黒字になる見込みが無いから」もしくはFG1本体の破綻などが原因で計画が頓挫し、「白紙になる」という可能性も少なくはありません。

【意外な展開C(市営化無料)】
計画が頓挫しても、「飯能市にムーミンパークができる」という全国からの期待に応えるために、飯能市が<ムーミン基金>をベースに、宮沢湖の計画跡地を取得するか、<あけぼの子どもの森公園>を拡張して無料の市営公園としてムーミンパークを運営するという可能性も無くはないでしょう。

          (1363字)

**********************************************
ここをクリックして戴けるとこれからの励みになります。
     ↓
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
クリックすると<地域生活/ 関東ブログカテゴリー>ランキング頁に行きます。
**********************************************


| 小久保 達 | 07:59 | comments (0) | trackback (0) | ★飯能ムーミンパーク騒動記★::はじめに |
★飯能ムーミンパーク騒動記★⇒【この計画の基礎知識】No.01        この計画に対して飯能市は1円も出資はしていません!  
  
飯能市の宮沢湖畔で計画されている<ムーミンパーク>は、フィンテックグローバル(FG)という民間の投資事業会社が掲げている収益事業の計画であって、飯能市がその計画に加わっているわけではありません。

したがって「飯能市という自治体が参画しているから安心できる計画だ!」という観測は、根拠の無いものです。

飯能市としては、ムーミンパークが開園すれば種々の税収増になり、地域が活性化することが大いに期待できるから「協力をする」のは当然ですが、だからといって、この事業計画に出資しているわけではありません。

単に一民間企業の事業計画なのだから、「6/30の記者会見」まで市長や関係職員が市議会や市民に公表しないのは「当然の行い」であって、「市議会にも内緒で話を進めるのは問題だ!」という市議や市民の批判は的外れなのです。

6/30の記者会見から半年近くが経過しても「その後の進捗状況について市が何も聞かされていない」のも当然のことなのです。

飯能市は、フィンテック・グローバルに「計画を詳しく教えて欲しい」と要望することは出来ても、「教えるべきだ!」と要求することはできないのです。

           (499字)


**********************************************
ここをクリックして戴けるとこれからの励みになります。
     ↓
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
クリックすると<地域生活/ 関東ブログカテゴリー>ランキング頁に行きます。
**********************************************


| 小久保 達 | 00:12 | comments (0) | trackback (0) | ★飯能ムーミンパーク騒動記★::この計画の基礎知識 |
★飯能ムーミンパーク騒動記★⇒【この計画の基礎知識】No.02       この計画に対しては西武鉄道も出資はしていません!  
  
飯能市の宮沢湖畔で計画されている<ムーミンパーク>は、フィンテックグローバル(FG)という民間の投資事業会社が掲げている事業計画にすぎず、飯能市だけでなく西武鉄道もその計画に加わっているわけではありません。

西武鉄道としては、処分したい遊休地として数年間抱えていたレジャー施設(宮沢湖レイクサイドパーク)の跡地を6億円でフィンテック・グローバルに売却しただけの関係にすぎないので.

したがって「西武鉄道が参画しているから成功は確実だ!」という観測は、根拠の無いものです。

もちろん、ムーミンパークが開園すれば、西武鉄道の乗降客の大幅増が確実に期待できるのですから、それなりの「PR面での協力をする」という表明は当然のことです。

現時点で、西武鉄道が「出資する」という報道はされていません。

西武池袋線飯能駅からムーミンパークまでの路線バスが西武バスの運営になる可能性はゼロではないかもしれません。あるいは、無料のシャトルバス運行になるとすれば、その運行業務をムーミンパーク運営会社(株式会社ムーミン物語?)から請け負う可能性も有るでしょう。

そうなれば、西武鉄道グループが西武バスに新たな事業資金を注ぎ込むことはあっても、フィンテック・グローバル社やムーミンパーク運営会社(株式会社ムーミン物語?)に出資することは現時点では「未定」のことなのです。
           (547字)


**********************************************
ここをクリックして戴けるとこれからの励みになります。
     ↓
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
クリックすると<地域生活/ 関東ブログカテゴリー>ランキング頁に行きます。
**********************************************


| 小久保 達 | 13:53 | comments (0) | trackback (0) | ★飯能ムーミンパーク騒動記★::この計画の基礎知識 |
★飯能ムーミンパーク騒動記★⇒【この計画の基礎知識】No.03        FGIは投資事業専門会社であってムーミンやテーマパークの専門会社ではありません!  
飯能市の宮沢湖畔で<ムーミンパーク>を計画しているフィンテックグローバル(FGI)は、様々な分野の新事業株に投資をしてその事業が成長した時に株を売却して利益を出すことを専門とする〈投資事業〉会社なのであって、〈ムーミンビジネス〉を展開する専門会社でもなければ、テーマパーク運営を専門とする会社でもありません。

ディズニーランドは、そのキャラクターを生み出したウォルト・ディズニーが創造し、開園から運営の全てを手掛けてきたからこそ成功したのです。

サンリオのピューロランドも同じです。サンリオの創業者自らが社運を賭けて挑戦し、心血を注いで運営して来たからこそ今日まで継続出来ているのです。

飯能市の宮沢湖畔で計画されているムーミンパークは、「ムーミンのテーマパークを実現させようと頑張ってきた会社をフィンテック・グローバルが資金的に応援する」という投資事業ではありません。

フィンテック・グローバル社は、「将来有望な事業に投資して成長を促進する」という投資事業会社の業務の範疇を超えて、「自らがリスクの高い未経験の事業に乗り出した」ということなのです。

この点が、「今までのテーマパーク開園への挑戦」とは異なる点であり、フィンテック・グローバル社が今まで手掛けてきた他の投資案件とも異なる点なのです。

           (581字)


**********************************************
ここをクリックして戴けるとこれからの励みになります。
     ↓
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
クリックすると<地域生活/ 関東ブログカテゴリー>ランキング頁に行きます。
**********************************************


| 小久保 達 | 22:14 | comments (0) | trackback (0) | ★飯能ムーミンパーク騒動記★::この計画の基礎知識 |
★飯能ムーミンパーク騒動記★⇒【投資会社の本質と本音】No.01      昔=出資した会社を上場させる ⇒今=投資会社自体が上場する 
    
先日(12/07)のブログにも書き込みましたが、フィンテックグローバル(FGI)という会社は、様々な分野の新事業株に投資をしてその事業が成長した時に株を売却して利益を出すことを専門とする〈投資事業〉会社なのであって、〈ムーミンビジネス〉を展開する専門会社でもなければ、テーマパーク運営を専門とする会社でもありません。
http://5line.jp/blog/itsudoko/index.php?e=2487

昔は、ベンチャーキャピタルと言われていた投資事業会社からの出資を受けた会社が、「いつ上場する企業にまで成長するのか?」「上場はいつか?」「その初値は?」ということが社会から注目されていました。

ところが今は、その投資事業会社そのものが上場され、その株価に一喜一憂する人たちが増えているのです。

その一つがムーミンパーク計画を掲げているフィンテック・グローバル(FGI)です。

その株主たちが書き込んでいる下記の『恐るべき注目銘柄 株速報』
の株主掲示板を見ると、このFGIに対する期待、要望、疑問、不安などが書き込まれています。
http://kabu-sokuhou.com/brand/item/code___8789/

「8789」というのは株式市場におけるFGIの固有番号です。

私は、株主たちの「事実誤認」や「誤った思い込み」や「妄想による過剰な期待」に対して「blog飯能どうする研究所」というハンドルネームで「事実」を書き込んでいます。

この株主たちが書き込んでいる掲示板を読みたい方は、上記サイトから下記の手順で探し出して下さい。

下記のほうにスクロールすると
Yahoo株式textream(旧yahoo掲示板)の反応(新着順)
という欄が有ります。
この欄の最下段に<続きを見る>というリンクがあります。
そのリンクをクリックすると
Yahoo!ファイナンス
8789 - フィンテック グローバル(株) 2015/12/**〜
という頁が現れます。

そこにFGIの最新の株価と株主たちの投稿が書かれています。
毎日50~200くらいの書き込みがあります。

         (751字)


**********************************************
ここをクリックして戴けるとこれからの励みになります。
     ↓
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
クリックすると<地域生活/ 関東ブログカテゴリー>ランキング頁に行きます。
**********************************************


| 小久保 達 | 09:14 | comments (0) | trackback (0) | ★飯能ムーミンパーク騒動記★::投資会社の本質と本音 |
★飯能ムーミンパーク騒動記★⇒【この計画の基礎知識】No.04 <ふるさと納税・ムーミン基金>がムーミンパーク内のことに使われることは無い! 
飯能市の<ふるさと納税・ムーミン基金>に寄せられた寄付金の使途は予め決まっています。その主な使途は、あくまでも<ふるさと納税>をしてくれた人への返礼品、及び、ムーミンパーク周辺の環境整備です。

返礼品は飯能オリジナルのムーミングッズと決まったので、その製作費と納税者への送料は<ムーミン基金>で賄われます。

周辺の環境整備で最も大きな金額を必要とするのは、道路整備です。

宮沢湖の隣には、飯能日高消防車があり、ムーミンパークへ向かう車の渋滞が、緊急車両の走行を妨げないようにするためには開園前に道路の拡幅やレイアウト変更のための工事をしなければなりません。

その他、ムーミンパークへ向かう道路沿いの案内標識などの充実も飯能市内の市道は飯能市の負担になるので、その資金にも充てられることになります。

市民の中には「飯能市への寄付金が民間企業の営利事業のために使われるのはけしからん」と思っている人が少なくないようですが、ムーミンパーク内の備品や工事のためにムーミン基金が使われることは無いのです。

同じように、FGI社の株主の中には「ムーミン基金に多額の寄付が集まれば、ムーミンパークの内容も充実する」と思い込んで、この基金に期待している人が多いようですが、市税と市民の寄付を民間企業のために使うことも無いのです。

           (586字)

ムーミンの大人味のチョコレートが登場!

http://moomin.co.jp/news/peikko/16857

**********************************************
ここをクリックして戴けるとこれからの励みになります。
     ↓
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
クリックすると<地域生活/ 関東ブログカテゴリー>ランキング頁に行きます。
**********************************************



| 小久保 達 | 20:26 | comments (0) | trackback (0) | ★飯能ムーミンパーク騒動記★::この計画の基礎知識 |
★飯能ムーミンパーク騒動記★⇒【この計画の基礎知識】No.05   <トーベ・ヤンソン あけぼの子どもの森公園>という名称使用は、FGIとは連動していない! 
あけぼの子どもの森公園に「トーベ・ヤンソン」の名前を冠することができるようになったのは飯能市とMC社との契約なので、FGIが計画しているムーミンパークの進捗や変化に左右されません。

ということは、宮沢湖に計画しているムーミンパークが、
もし万が一、実現しなかったという事態になったとしても、あるいは、
開園したが数年で閉園ということに至ったとしても
<トーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園>という名称は、そのまま継続できるのです。

「飯能市はトーベ・ヤンソンの公園があるムーミンのまち」ということを公言してもいいのです。

           (294字)


**********************************************
ここをクリックして戴けるとこれからの励みになります。
     ↓
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
クリックすると<地域生活/ 関東ブログカテゴリー>ランキング頁に行きます。
**********************************************



| 小久保 達 | 12:44 | comments (0) | trackback (0) | ★飯能ムーミンパーク騒動記★::この計画の基礎知識 |
★飯能ムーミンパーク騒動記★⇒【投資会社の本質と本音】No.02     「他人を働かせ、自分は汗水を流さずに楽に儲けたい!」

今更言うまでもないことだとは思いますが、投資事業会社とは、
「儲かりそうな事業に出資して、その事業が成功したら配当や株の売却益を得よう」という事業です。

その本質は「他人を働かせて、自分は汗水を流さずに利益を得よう!」「自分だけは楽して儲けたい!」ということなのです。

ということは「儲かりそうにもない事業には出資しない」ということであり、「出資した事業でも儲からないと判断すると資金を引き揚げて逃げる」ということでもあります。

だからFGIも「ムーミンパークは儲かりそうだから出資した」のであって、「儲かりそうもない」と判断すれば、その時点で素早く撤退するでしょう。

         (304字)


**********************************************
ここをクリックして戴けるとこれからの励みになります。
     ↓
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
クリックすると<地域生活/ 関東ブログカテゴリー>ランキング頁に行きます。
**********************************************


| 小久保 達 | 21:48 | comments (0) | trackback (0) | ★飯能ムーミンパーク騒動記★::投資会社の本質と本音 |
★飯能ムーミンパーク騒動記★⇒【現在の宮沢湖】No.01  Googleマップで見たという「重機が入っている写真」は1,2年前のものです。
             
フィンテックグローバル(FGI)の株主の中の一部の人たちが書き込んでいる掲示板があります。

その掲示板の書き込みの中で最も多いのがムーミンテーマパークに関することなのですが、これが意外と、「正確ではない情報」「明らかな間違い情報」「意図的なねつ造情報」に基づいた思い込みで書かれたものが多いのです。

その一つが「宮沢湖の現状」についての書き込みです。

その典型が下記の書き込みです。

Aさん 12月24日 16:49 
Googleマップの航空写真見ると、宮沢湖湖畔の下のほうに重機入っている写真だね。いつのかわからないけど。それから今月いっぱいでカーとランドも閉園するし、これから色々と始まるのですかね


「Googleマップで宮沢湖湖畔の下のほうに重機入っている写真が見える」から、書き込んだ当人は「ムーミンパークへの造成工事が始まっている」と思っているようなのです。

あるいは、株主掲示板を見ている株主たちに「造成工事が始まっている!」と思わせたいのかもしれません。

上記の書き込みに対して、私がそれを読んた時点では「そう思う12・そう思わない2」という投票数字が表示されていました。

ところが、文中には、さりげなく「いつのかわからないけど」という断りまで書き込んでいるところを見ると、Aさんは、このGoogleマップで見られる「重機入っている写真」が「昔のものだ」と知っていながら、あえて、意図的に「造成工事が始まっている!」と書き込んだのかもしれません。

実は、私も「もしかしたら、本当に造成工事が始まっていて、パーク予定地の宮沢湖畔には、既に重機が入っているのかもしれない」と思ったのです。

なぜなら、最近、ここ一か月は宮沢湖に行っていないのですから、「まだ重機は入っていない」とは自信を持って言うことはできません。

そこで、きょう(12/29)奥さんと宮沢湖に行き、湖畔をゆっくり歩きながら隈なく「観察」してきました。

もちろん、重機は入っていませんでした。


宮沢湖に行ったのは午後だったので、光線の関係上、湖の北岸から「北西→南東」の方向に撮った写真です。まだ釣り場は営業中で釣り船が出ています。
写真中央で遠方に見える鉄塔は日帰り温泉「木楽里」のものです(たぶん)。



上記の写真を同時刻でやや望遠にしてみました。木楽里の施設がはっきり判別できます。温泉の休息所からも湖面が見えるので、本当に「湖畔の温泉」という感じです。


台地状になっている場所が、西武鉄道グループの<宮沢湖レイクサイドパーク>跡地です。サッカー場が作れるくらいの広場にあったレストラン、電動遊具施設などは解体され、アスファルトも全て剥がされて、土がむき出しのままの更地になっています。この原状回復工事には多くの重機が稼働しました。Googleマップに表示された「重機が入っている写真」というのは、この時のものです。


         (825字)


**********************************************
ここをクリックして戴けるとこれからの励みになります。
     ↓
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
クリックすると<地域生活/ 関東ブログカテゴリー>ランキング頁に行きます。
**********************************************



| 小久保 達 | 20:33 | comments (0) | trackback (0) | ★飯能ムーミンパーク騒動記★::現在の宮沢湖 |
★「ムーミンパーク」に望む★ ⇒【FGI株主の一喜一憂】No.01        FGIの株価が、7/6の最高値263円から半年低下し続け、きょう(2/9)とうとう99円に!
    
ムーミンパーク計画を推進しているフィンテック・グローバル社(FGI)の株価はここ半年ほど低下傾向にありましたが、本日(2/9)の取引でとうとう100円を切り、99円まで下げてしまいました。

もともとFGIの株価は高くなく、6月30日の記者会見の直前である6月30日(火)午後3時の終値は135円だったのですが、マスコミ報道された翌日からは「買い」が集中して取引が成立せず、やっと取引が成立したのは公表から3日目の7月3日(金)。

この時は、通常取引量の100倍の売買が行われ、終値は直前の倍近い233円に急騰。土日の休日を挟んだ次の営業日である7月6日(月)は、一時263円にまで上げましたが、終値は「前日比12円高」の245円でした。

この間に、慌ててFGIの株に飛びついた飯能市民はかなり多かったのではないでしょうか。(私もお金があれば買いたかったのですが、幸か不幸か、私には自由になるお金は数万円しかありませんでした・・・)

FGIの株価の上昇は、僅か2営業日しか続かず、翌7月7日(火)は232円、その後213円、212円、196円、205円、206円、198円、203円、196円・・・・と上下に変化しながら徐々に下がり続けました。

結局、その後は7月末日181円、8月末日145円、9月末日125円、10月末日125円、11月末日136円、12月末日133円、1月末日112円というように下げ続け、とうとう今日(2/9)の終値で99円になってしまったのです。
この株価低下の原因、背景、憶測などの解説は次回に書くことにします。

            (632字)

**********************************************
ここをクリックして戴けるとこれからの励みになります。
     ↓
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
クリックすると<地域生活/ 関東ブログカテゴリー>ランキング頁に行きます。
**********************************************


| 小久保 達 | 17:25 | comments (0) | trackback (0) | ★飯能ムーミンパーク騒動記★::FGI株主の一喜一憂 |
このページの先頭へ
当ブログ編集人プロフィール
みなさんからのコメント
  • ★2017年7月の市長選★ ⇒【現職と新人の出馬動向】No.11       前県議の和田さんはブログで「共産党の候補者擁立は、笑止千万、究極のパフォーマンス!」と断定しているのですが・・・・。
今月の書き込み
{CALENDARBOX} {CDCTRLBACK}<<前月{/CDCTRLBACK} {CDYM}Y/m{/CDYM} {CDCTRLNEXT}次月>>{/CDCTRLNEXT}
過去の書き込み
TRACBACK
  • ★この場所のココに注目!★ ⇒【奥武蔵あじさい館】No.06                                       9月定例議会で市議に質問して欲しいコトは?
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ゲットネット...¥
Blog Ranking

OTHERS
    RSS 1.0
    処理時間 10.313929秒
このページの先頭へ