当ブログの項目タイトル
⊿大分類の項目(件数小計)
 ⇒中分類の項目(書込件数)

★飯能ムーミンパーク騒動記★ ⇒【公式サイト・ウォッチング】No.1    発信機能だけで受信機能の無い公式サイトって何?! 
2016/12/06付で<メッツア>の公式サイトが開設されました。
http://www.metsa.co.jp/

内容項目は現時点では下記の6項目だけです。
   Information
   メッツアとは
   メッツァビレッジ
   ムーミンバレーパーク
   【告知】アンバサダープログラム 2017年1月スタート
   飯能市ふるさと納税制度「ムーミン基金」

いずれも「自分たちからの発信」だけで、開園を待ち望む人達からの「要望や提案、意見を受信する」項目は一つも有りません。専用のFacebookやツイッターもありません。

今後、どのような受信機能を、いつ設けるか等をこれから開園までウォッチングしていくことにします。

最上段の<メッツァ公式チャンネル>が表示されていて、現在は「メッツァ」ティザームービー(3分7秒) がリンクされています。
2016/12/14/21:00時点での再生記録は「5055回」です。

この動画はYouTubeに上げられているので、YouTubeのコメント昨日は使えるようです。

            (字)


**********************************************
ここをクリックして戴けるとこれからの励みになります。
     ↓
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
クリックすると<地域生活/ 関東ブログカテゴリー>ランキング頁に行きます。
**********************************************


| 小久保 達 | 21:19 | comments (0) | trackback (0) | ★飯能ムーミンパーク騒動記★::公式サイト・ウォッチング |
★飯能ムーミンパーク騒動記★ ⇒【公式サイト・ウォッチング】No.2    2017年1月から始まる「アンバサダー募集」の成り行きに注目! 
2016/12/06付で開設された<メッツア>の公式サイトの6項目の中で、私が特に注目しているのが<アンバサダープログラム 2017年1月スタート>という【告知】です。  http://www.metsa.co.jp/

そこには、この【告知】について下記のように記しています。

開発チームと共に施設内アクティビティを企画いただける方や、メッツアの魅力や価値を広めていただける方をサポーターとして募集します。プログラム概要の発表と募集開始は、2017年1月このサイト上で公開します。

このサイトでは〈アンバサダー〉の説明は省略されています。

つまり、この言葉の意味を知らない人は応募してこなくてもいいということなのでしょう。

私は、〈アンバサダー〉という言葉と、「サポーターとして募集します」という言葉の関連が判らなかったので、その意味をネット検索で確認してみました。

すぐに適切なサイトが見つかりました。それが下記です。
今流行りのアンバサダーとは一体何か?

アンバサダー(Ambassador) の意味は一般的に「大使」と翻訳され、日本では著名人や芸能人などがブランド大使として任命される時に使われることが多いようです。

しかし、最近では下記の意味合いが濃くなっているようです。

アンバサダーとは、「熱烈なファン=純粋に企業のブランドや商品を応援する顧客」のことを言います。
アンバサダーとは、特定の商品やブランドについて強い愛情を持って自発的にクチコミを発信する層を定義しています。


そして、そのアンバサダーを大勢募集して、自社のマーケティングに活用することを〈アンバサダー・マーケティング〉というのだそうです。

そのアンバサダーの特徴は下記のように説明されています。

・他人に対する影響力が強い(クチコミ度)
・ブランド利用顧客の中でそのブランドに対するロイヤリティがある(新商品の場合はその会社に対してロイヤリティがある人)
・推奨意向が高い


なので、アンバサダーを募集する企業としては、下記のようなことが期待できる人を、アンバサダーとして任命するようです。
・実質的な営業部として活躍いてくれる。
・ネット上の評価を高めてくれる。
・すばらしい経験の「証言者」となってくれる。
・質問に答えることで迷っていた買い手を購入に踏み切らせてくれる。
・クチコミによる紹介客、クリック数、販売数を増やしてくれる。
・新商品の販売を助けてくれる。
・説得力のある宣伝コピーを作ってくれる。
・会社やブランドを批判者から守ってくれる。
・競合の存在や市場ニーズを知らせてくれる。
・自社にフィードバックを提供してくれる。


メッツアに関するアンバサダーを募集するFGI(or株式会社ムーミン物語)としては、上記のようなことが出来る人を応募者の中から審査してから任命するので、決定まで時間をかけるかもしれません。

アンバサダーは、報酬は無いが、それに代わるメリットが与えられることが多いようです。

メッツアの場合だと下記のようなことが期待できるかもしれません。
・事前にメッツアの詳しい内容を教えてもらえる
・オリジナル商品の試作品に対する意見を求められる
・メッツアの公式サイトに自分が写真付きで紹介される。
・ムーミンバレーパークの年間パスポートが格安で買える。

このメッツアが募集するアンバサダーに年齢制限が無ければ、私も試しに応募してみようと思っています。

たぶん事前の書類選考で跳ねられるでしょう。それはそれで面白いネタになるので楽しみです。

            (1414字)


**********************************************
ここをクリックして戴けるとこれからの励みになります。
     ↓
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
クリックすると<地域生活/ 関東ブログカテゴリー>ランキング頁に行きます。
**********************************************


| 小久保 達 | 21:55 | comments (0) | trackback (0) | ★飯能ムーミンパーク騒動記★::公式サイト・ウォッチング |
★飯能ムーミンパーク騒動記★ ⇒【公式サイト・ウォッチング】No.3     アンバサダーに「求める」4項目とは? 

メッツアの公式サイトの<アンバサダープログラム 2017年1月スタート>という告知では、これから募集するアンバサダーに期待する役割として下記の4項目を掲載しています。

●メニューやサービスを一緒に企画
●メッツアの魅力を発信
●イベントやキャンペーンのご案内
●周辺地域への貢献

上記の<メニューやサービスを一緒に企画>と<メッツアの魅力を発信>については、「アンバサダーの方々に協力してほしいこと」だというのは理解できます。

<イベントやキャンペーンのご案内>についても、「アンバサダーの方々にはご案内を早い段階で送るので周囲の方々へのPRをお願いします」ということだと理解できます。

しかし、<周辺地域への貢献>は、この表現だけではよくわかりません。

これは「メッツアは周辺地域への貢献をしたいのでアンバサダーの方々にはその協力をして欲しい!」という意味なのでしょうか?

それとも「アンバサダーの方々には周辺地域への貢献もして欲しい!」という意味なのでしょうか?

このことを確認しようと思っても、公式サイトには、サイト運営者への送信の機能も、facebook機能もありません。

いまのところ公式サイトはメッツアとファン予備軍との双方向ではなく、企業側から見込み客への一方通行だけです。

            (539字)


**********************************************
ここをクリックして戴けるとこれからの励みになります。
     ↓
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
クリックすると<地域生活/ 関東ブログカテゴリー>ランキング頁に行きます。
**********************************************


| 小久保 達 | 17:12 | comments (0) | trackback (0) | ★飯能ムーミンパーク騒動記★::公式サイト・ウォッチング |
★飯能ムーミンパーク騒動記★ ⇒【公式サイト・ウォッチング】No.4     アンバサダー応募者が望むことを判って欲しい!
2017年1月から募集が開始されるアンバサダーなるものに、年齢制限が無ければ私は応募しようと予定しています。

その募集については下記のことを望んでいます。

1・アンバサダーに求められることや応募条件を説明して欲しい。
  (PCやスマホの有無・ムーミン知識・情報発信力・・・・・)

2・募集するアンバサダーの人数を公表して欲しい
  (数人なのか? 数十人なのか? 数百人なのか?・・・・)

3・アンバサダーになった人には現地見学会を開催して欲しい
  (メッツァビレッジの着工前と工事中と開園直前・・・・・)

4・開園前のテスト運営日にはアンバサダー全員を参加させて欲しい。
  (無料なのだから〈招待〉ということではありませんが・・・・)

5・アンバサダー専用のバッジか帽子かTシャツを作って欲しい。
  (無料なら嬉しいが、レア物だから一部自己負担でもOKかな)

            (386字)

**********************************************
ここをクリックして戴けるとこれからの励みになります。
     ↓
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
クリックすると<地域生活/ 関東ブログカテゴリー>ランキング頁に行きます。
**********************************************


| 小久保 達 | 12:22 | comments (0) | trackback (0) | ★飯能ムーミンパーク騒動記★::公式サイト・ウォッチング |
★飯能ムーミンパーク騒動記★ ⇒【公式サイト・ウォッチング】No.5     来年8/9(水)の<ムーミンの日>にイベントの企画は有るの? いつから告知するの?
  
メッツアの公式サイトの<アンバサダープログラム>欄の中には、
「イベントやキャンペーンのご案内」という項目が有ります。

これは<メッツァビレッジ>や<ムーミンバレーパーク>が開園してからのイベントやキャンペーンのことなのか、それとも、開園する前から始めるイベントやキャンペーンのことなのか、それが明確ではありません。
 
もしも、前者のコトであれば、採用されたアンバサダーが行動するのは、<メッツァビレッジ>が開園する予定の2018年秋以降のことで、まだまだ先のことです。

しかし、後者のコトであれば、アンバサダーを募集する2017年1月からすぐに企画されるイベントやキャンペーンの時から、アンバサダーは行動を開始することになります。

<メッツァビレッジ>や<ムーミンバレーパーク>PRのイベントをやるのであれば、その場所は、工事中の宮沢湖よりは、阿須のトーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園のほうが適しています。

そのイベントやキャンペーンの成果は、まず、「公園の来場者増」という具体的な数字として表れます。

最初のイベント企画は、春休み期間中が最適ですが、夏休み期間中である<8月9日・ムーミンの日>は、ぜひとも、トーベ・ヤンソンさんの生誕記念日でもあるので、世間の注目を集めるイベントを開催して欲しいものです。

昨年は、飯能市もフィンテック・グローバルも<ムーミンの日イベント>は何もやりませんでした。

フィンテックグローバルや株式会社ムーミン物語が、来年の<ムーミンの日>に、何も関連イベントを開催しなかったら「開催する能力も意欲も無い!」と思われてしまいます。

賢明な企画マンであれば、必ず面白いイベントを企画するはずです。

その告知が、公式サイトに掲載される日を今から楽しみにしています。

            (768字)


**********************************************
ここをクリックして戴けるとこれからの励みになります。
     ↓
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
クリックすると<地域生活/ 関東ブログカテゴリー>ランキング頁に行きます。
**********************************************


| 小久保 達 | 08:34 | comments (0) | trackback (0) | ★飯能ムーミンパーク騒動記★::公式サイト・ウォッチング |
★飯能ムーミンパーク騒動記★ ⇒【公式サイト・ウォッチング】No.6    株式会社ムーミン物語が今からできる「飯能への貢献」とは?

メッツアの公式サイトの<アンバサダープログラム>欄の中には、「周辺地域への貢献」という項目が有ります。

これは「フィンテック・グローバル・株式会社ムーミン物語が周辺地域に貢献する」という意味であって、「アンバサダーに採用された人たちが周辺地域に貢献する」という意味ではないと思うのですが、webサイトのこの表現だけではそれが明確にはなっていません。

もし、前者の意味であれば、まず第一に、トーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園の認知度向上と来場者増に貢献して欲しいものです。

今からでも、株式会社ムーミン物語ができることは、この公式サイトで、あけぼの子どもの森公園を紹介することでしょう。

そして、株式会社ムーミン物語の経費と知恵で、公園入口に<トーベ・ヤンソン・あけぼの子どもの森公園>と名付けられたことを紹介する看板と記念碑を設置することです。

さらには、公園内の適切な場所に、ムーミングッズショップを開設することです。この店の収益は当然、運営する株式会社ムーミン物語のものであり、将来開設する<メッツァビレッジ>や<ムーミンバレーパーク>への集客にもつながっていきます。

周辺地域への最大の貢献は、市内で開催される大きなイベントに、ムーミンキャラクター達を派遣し、ムーミングッズの屋台を出店することで、それぞれのイベントの集客に協力することではないでしょうか?

飯能市を代表する大きなイベントは既に日時も会場も決まっているので、株式会社ムーミン物語としては、すぐにでも実行に移せるのではないでしょうか?

  1月下旬  奥むさし駅伝大会
  2月中旬~3月上旬  雛飾り展
  3月上旬  震災復興元気市
  4月上旬  さくら祭り
  5月中旬  ものづくりフェア
  5月下旬  新緑ツーデーマーチ
  7月上旬  飯能夏まつり
  8月上旬  飯能河原花火大会・金魚すくい大会
  11月上旬 飯能まつり
  11月下旬 紅葉まつり 

これらのイベントに<メッツァビレッジ><ムーミンバレーパーク>として、飲食店や物販店を出店し、ムーミン達の着ぐるみ隊を派遣することは、株式会社ムーミン物語の確実な収益にもなります。

逆に言うと「こんなことも出来ないのか?」と市民に思われることは大きなマイナスになると思うのですが・・・・・。

            (935字)


**********************************************
ここをクリックして戴けるとこれからの励みになります。
     ↓
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
クリックすると<地域生活/ 関東ブログカテゴリー>ランキング頁に行きます。
**********************************************


| 小久保 達 | 08:24 | comments (0) | trackback (0) | ★飯能ムーミンパーク騒動記★::公式サイト・ウォッチング |
★飯能ムーミンパーク騒動記★ ⇒【公式サイト・ウォッチング】No.7    市民に任せるサービスやメニューとは何か?

メッツアの公式サイトの<アンバサダープログラム>欄の中には、
「メニューやサービスを一緒に企画」という項目が有ります。

12/16にFGIサイトで公開された、インタビュー動画の中で、玉井社長は下記のようなことを述べています。

「地元の企業、商店、学生、主婦などが様々なチームを作って、物販、飲食などのお店を出して欲しい!」
「そのお店で販売するものは、自分たちが開発した商品でもいいし、フィンランドや北欧の小さな企業と組んでそれを輸入販売するのもいい」
「そんなチームが50くらい出来たら面白い!」
「お店の賃料も、チームの皆さんがリスクを負う定額制家賃ではなく、ある程度の利益が出たら払ってもらう出来高制家賃にしたい」
というような趣旨のことを話しています。

それは、単に「出店希望者」であって、アンバサダーとしての役割ではないのでは?という疑問もありますが、アンバサダーにそこまでさせるのも面白いと思います。

<ムーミンバレーパーク>内での「メニューやサービス」であれば、ムーミン著作権の制約がありますが、<メッツァビレッジ>での「メニューやサービス」であれば、自由に多彩なものが可能になるのではないでしょうか。

            (512字)


**********************************************
ここをクリックして戴けるとこれからの励みになります。
     ↓
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
クリックすると<地域生活/ 関東ブログカテゴリー>ランキング頁に行きます。
**********************************************


| 小久保 達 | 13:27 | comments (0) | trackback (0) | ★飯能ムーミンパーク騒動記★::公式サイト・ウォッチング |
★飯能ムーミンパーク騒動記★ ⇒【公式サイト・ウォッチング】No.8    <メッツァビレッジ>という独自ブランドの構築を目指している!? 
  
FGIから発信されるサイトや文書をよく読むと、<メッツア>と<ムーミンパーク>を微妙に使い分けていることが判ります。

それが明確になったのが、12/6に公表された内容です。

今までFGIは、宮沢湖畔に作るムーミンパーク全体を<メッツア>だと言っていたのですが、それを<メッツァビレッジ>と<ムーミンバレーパーク>に区分したのです。

それは<ムーミンバレーパーク>とは別に、<メッツァビレッジ>を先行して開業させるということは、その<メッツァビレッジ>には、フィンランドのムーミンキャラクターズ社の許可を必要とするような施設は造らないということです。

もしかしたら、ムーミン関連商品のショップも、従来からの業者を出店させるだけで、FGIや株式会社ムーミン物語が直接運営することはしないのかもしれません。

そうすれば<メッツァビレッジ>内で行うこと一つ一つにムーミンキャラクターズ社の了解を得るという煩雑さを無くすことができる上に、独自の<メッツア>ブランドで様々なことが展開できるようになります。

極論すれば、万が一<ムーミンバレーパーク>が出来なかったとしても、<北欧をテーマにしたメッツァビレッジ>だけでも営業を継続させることが出来るわけです。

            (539字)


**********************************************
ここをクリックして戴けるとこれからの励みになります。
     ↓
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
クリックすると<地域生活/ 関東ブログカテゴリー>ランキング頁に行きます。
**********************************************


| 小久保 達 | 10:07 | comments (0) | trackback (0) | ★飯能ムーミンパーク騒動記★::公式サイト・ウォッチング |
★飯能ムーミンパーク騒動記★ ⇒【公式サイト・ウォッチング】No.9     ぜひ<2017年夏季フィンランド・ムーミンワールド市民ツアー>を呼び掛けて欲しい!
メッツアの公式サイトの<アンバサダープログラム>欄の中には、
「メッツアの魅力を発信」という項目も有ります。

そのような<メッツアの魅力>とは、何でしょうか?

それこそが「北欧のイメージ」「フィンランドの森と湖」という自由な枠組みの中から、これから独自のものを創り出していきたいのでしょう。

その「メッツアの魅力を発信」を、これから募集するアンバサダーに期待するのであれば、ぜひ<フィンランドとムーミンワールドを体験するツアー>というのを実施して欲しいものです。

御存じのようにフィンランドのムーミンワールドは6月~8月の3ヶ月の期間限定営業です。

<メッツァビレッジ>が開園するのは2018年秋開業なので、その前にムーミンワールドに行ってくる機会は、2017年夏と2018年夏の2回あります。

今年6月に私が奥さんと二人だけのフリープランでフィンランドに行ったときは「4か所に6泊8日・ムーミンワールド2日間」で1人24万円でしたので、10人~20人ほどの団体であれば1人20万円以下にすることは可能だと思います。

なので個人負担を求めても良いので、「現地視察ツアー」を実施して欲しいものです。

アンバサダーに任命される人たちも、<北欧の街並み>と<フィンランドの森と湖が飯能市の森と湖に似ている>ことを実感すれば、自信を持って「メッツアの魅力を発信」できるようになるのではないでしょうか。

あるいは、この公式サイトで<2017年夏季フィンランド・ムーミンワールド市民ツアー>を呼び掛けて、その参加者の中からアンバサダーを選ぶということにすれば、株式会社ムーミン物語としても経費削減になるどころか、収益事業の一つにもなるのではないでしょうか。

            (734字)


**********************************************
ここをクリックして戴けるとこれからの励みになります。
     ↓
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
クリックすると<地域生活/ 関東ブログカテゴリー>ランキング頁に行きます。
**********************************************


| 小久保 達 | 11:59 | comments (0) | trackback (0) | ★飯能ムーミンパーク騒動記★::公式サイト・ウォッチング |
★飯能ムーミンパーク騒動記★ ⇒【公式サイト・ウォッチング】No.10     YouTubeの「メッツア」関連ニュースだけでなく、ムーミンアニメの全てが視られる!?
メッツアの公式サイトの<information>欄の中に
「2016/12/6 youtubeにメッツァ公式チャンネルを開設しました。紹介動画をご覧いただけます。NEW」と掲載されています。

それを
https://www.youtube.com/watch?v=9__CDJA3wmA&feature=youtu.be
クリックすると
「メッツァ」ティザームービー(3分07秒)が始まります

このblogをUPする直前の2016/12/99/・・・・では視聴回数が 回になっていました。自分が視聴した時にはどれくらいの視聴回数になっていたかを確認してみて下さい。注目度が判ります。

驚くことに、短編アニメシリーズ『楽しいムーミン一家』1~24の全てだけでなく、他の単発企画のアニメ『ムーミン谷の彗星』『地球ドラマチック「ムーミンの世界』『さらばムーミン谷』等の長編アニメも観られるようになっています。

さらには『ムーミンパークが"埼玉の奥地"を選んだワケ』(1分39秒)という「懐かしい映像」も視られるようになっています。

            (387字)


**********************************************
ここをクリックして戴けるとこれからの励みになります。
     ↓
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
クリックすると<地域生活/ 関東ブログカテゴリー>ランキング頁に行きます。
**********************************************


| 小久保 達 | 08:12 | comments (0) | trackback (0) | ★飯能ムーミンパーク騒動記★::公式サイト・ウォッチング |
このページの先頭へ
当ブログ編集人プロフィール
みなさんからのコメント
  • ★2017年7月の市長選★ ⇒【現職と新人の出馬動向】No.11       前県議の和田さんはブログで「共産党の候補者擁立は、笑止千万、究極のパフォーマンス!」と断定しているのですが・・・・。
今月の書き込み
{CALENDARBOX} {CDCTRLBACK}<<前月{/CDCTRLBACK} {CDYM}Y/m{/CDYM} {CDCTRLNEXT}次月>>{/CDCTRLNEXT}
過去の書き込み
TRACBACK
  • ★この場所のココに注目!★ ⇒【奥武蔵あじさい館】No.06                                       9月定例議会で市議に質問して欲しいコトは?
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ゲットネット...¥
Blog Ranking

OTHERS
    RSS 1.0
    処理時間 10.114603秒
このページの先頭へ