当ブログの項目タイトル
⊿大分類の項目(件数小計)
 ⇒中分類の項目(書込件数)

★2030年の飯能地域★ ⇒【里地里山「森林文化都市」公園】No.1       飯能市の中に「村」を復活させ、街中に樹木を増やしていくことから公園化を目指します。 

前述(2016/10/21)した「個人の林業から公営の森林業への大転換」の第一歩は、飯能市全域を〈公営整備公園〉に指定し、それに<飯能市里地里山「森林文化都市」公園>と命名することです。

この公園は〈公営〉であっても〈市営〉ではありません。

〈公営〉する組織は、飯能市役所、広域森林組合、観光協会、商工会議所、駿河台大学、聖望学園、自由の森学園、希望する企業、団体、個人等で構成されます。

市役所の最初の仕事は、飯能市全域の地域表示を、昭和の大合併前に使用していた名称に戻すことです。山間部は吾野村、名栗村、南高麗村、原市場村などです。市街地は飯能町とします。

日本では、人口によって市町村の区分が定められていますが、「市」の中に「町」という住居表示が使われているように、現在の法律では「村」という住居表示を使うことも実は容認されているのです。

飯能市と名栗村が合併した時に、そのまま飯能市名栗村という住居表示にしても良かったのですが、「村」をマイナスイメージと考える人たちが多くて、飯能市名栗という平凡な地名になってしまったようです。

飯能市の街中を「森林文化都市」にするには、街中にも太くて高い樹木や街路樹を増やし、公共用地や施設に多種多様な果樹を植えることから始まります。

            (565字)


**********************************************
ここをクリックして戴けるとこれからの励みになります。
     ↓
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
クリックすると<地域生活/ 関東ブログカテゴリー>ランキング頁に行きます。
**********************************************


| 小久保 達 | 23:18 | comments (0) | trackback (0) | ★2030年の飯能地域★::里地里山「森林文化都市」公園 |
このページの先頭へ
当ブログ編集人プロフィール
みなさんからのコメント
  • ★2017年7月の市長選★ ⇒【現職と新人の出馬動向】No.11       前県議の和田さんはブログで「共産党の候補者擁立は、笑止千万、究極のパフォーマンス!」と断定しているのですが・・・・。
今月の書き込み
{CALENDARBOX} {CDCTRLBACK}<<前月{/CDCTRLBACK} {CDYM}Y/m{/CDYM} {CDCTRLNEXT}次月>>{/CDCTRLNEXT}
過去の書き込み
TRACBACK
  • ★この場所のココに注目!★ ⇒【奥武蔵あじさい館】No.06                                       9月定例議会で市議に質問して欲しいコトは?
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ゲットネット...¥
Blog Ranking

OTHERS
    RSS 1.0
    処理時間 16.555786秒
このページの先頭へ