当ブログの項目タイトル
⊿大分類の項目(件数小計)
 ⇒中分類の項目(書込件数)

★「飯能FGI騒動」の本質を理解する視点★⇒【投資事業会社の本質と末路】No.01  FGIは投資事業会社なのです!  
     
   
いま準備中の『飯能ムーミンパーク騒動記』は、「ムーミンパーク騒動」の内容を様々な視点、立場、目的で書いていこうと思っています。

その一つが「飯能でのムーミンパーク騒動」を、「FGI騒動」「メッツア騒動」「ムーミンパーク騒動」「宮沢湖騒動」「ムーミン基金騒動」「あけぼの公園騒動」等に区分することです。

宮沢湖に開園される予定の<ムーミンのテーマパーク>には、様々な思惑、噂、批判、中傷、憶測などが飛び交っています。

そのような状況の中で、将来を見通すためには、そもそもの発端であるフィンテックグローバルという企業の「本質」を把握することが不可欠です。

私は、いままで当blogで多くのことを書いてきましたが、それらを簡潔に判りやすくまとめたのが、初めて試みた「五行のメッセージカード」です。

「飯能FGI騒動」の本質を理解する視点・その1は下記の通りです。

   FGIは投資事業会社です。
   テーマパーク運営の専門会社
   ではありません。
   自分で多くの新事業を立ち上げる
   起業家の会社でもありません。


いまさらこの解説は不要でしょう。

当blogでは既に2015年12月に下記のような小見出しで3回ほど書き込んでいます。
http://5line.jp/blog/itsudoko/index.php?c=128-676

No.01 昔=出資した会社を上場させる 今=投資会社自体が上場する  
No.02「他人を働かせ、自分は汗水を流さずに楽に儲けたい!」
No.3 玉井社長の最新インタビュー動画からわかることは?  


            (572字)


**********************************************
ここをクリックして戴けるとこれからの励みになります。
     ↓
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
クリックすると<地域生活/ 関東ブログカテゴリー>ランキング頁に行きます。
**********************************************


| 小久保 達 | 17:29 | comments (0) | trackback (0) | ★飯能「FGI騒動」の本質を理解する視点★::投資事業会社の本質と末路 |
★「飯能FGI騒動」の本質を理解する視点★ ⇒【投資事業会社の本質と末路】No.02 FGIは投資した株を売り抜けて儲けようとする会社です!
     

人間の本音は、見直しや推敲ができる文章よりも、発言や会話の中に現れるものです。

予めの準備や、事後のチェックが可能な、外部の人のインタビューであっても、それが動画であれば、表情や声のトーンで、その人の本音が見えてくることがあります。

FGIの玉井社長も、金融業界専門チャンネルのインタビュー動画で「(私どもは投資事業会社ですから)メッツア事業も将来的には売却することもあります」と述べています。

それは「思わず口に出てしまった発言」というのではなく、「当然のことと」としての発言になっています。

その動画は一般に公開され、今も視ることができます。
http://www.morningstar.co.jp/news/video/fgi1612.html
いま改めてこの動画を視ましたが「?」という部分がありました。
まさか「画像や音声の修正」なんかしていないと思うのですが・・・・。

「飯能FGI騒動」の本質を理解する視点・その2」は下記の通りです。

   投資事業会社の本質は
   楽して儲かりそうな事業や
   資金を集めやすい事業に出資して
   その株を売り抜けて
   自分だけ儲けようとする会社です。


            (449字)

**********************************************
ここをクリックして戴けるとこれからの励みになります。
     ↓
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
クリックすると<地域生活/ 関東ブログカテゴリー>ランキング頁に行きます。
**********************************************


| 小久保 達 | 22:50 | comments (0) | trackback (0) | ★飯能「FGI騒動」の本質を理解する視点★::投資事業会社の本質と末路 |
★「飯能FGI騒動」の本質を理解する視点★ ⇒【投資事業会社の本質と末路】No.03 FGIは「投資家」というカモから「金を集める」会社です。
     
    
「飯能FGI騒動」の本質を理解する視点・その3」は下記の通りです。

   フィンテックグローバル(FGI)とは
   「投資家」というカモから
   「金を集める」会社です。
   集めた金を目新しい事業に
   後から出資する会社です。


この「その3」から、この「黄色い五行のカード」を、当blogに掲載する前に、8789FGI株主掲示板に先に投稿してみました。

時刻は、昨日(10/16)の07:56
https://textream.yahoo.co.jp/message/1008789/8789/228/998

私は「blog飯能どうする研究所」という名前で投稿しています。

このblogには、8789掲示板の常連はアクセスしていますので「飯能市の小久保達」ということは知られています。市長選に立候補して落選したことも、この8789掲示板に何度も書かれています。

中には「小久保」と名指してコメントを書き込む人も少なくないので、blog飯能どうする研究所という名前で投稿していても「匿名」ということにはなっていません。ほぼ「実名」投稿と同じです。

それなら「実名」で投稿すればいいのですが、8789掲示板を視ている人にこそblog飯能どうする研究所★飯能ムーミンパーク騒動記★を読んで欲しいという「下心」があるので、blog飯能どうする研究所という名前での投稿を続けています。

投稿した「黄色の五行カード」では、FGIの株を高値で買わされた人が「カモ」であることを理解しやすいように「賭場の客」に例えたのですが、やはり「自分がカモられたカモ」であることを認めたくない人がいるようです。

この「デマゴゴス」という方(この人もFGI株で損をしたと公言している人なのですが)が、私の投稿の12時間後に、下記のような書き込みをしています。

https://textream.yahoo.co.jp/message/1008789/8789/228/1097
>賭博場に例えてる方いましたが
>動物や人間の筋肉力に賭けてるんじや
>ないからね

「動物」とは競馬、「人間の筋肉力」とは、競輪のことでしょう。

>頭使って分析
>将来を予想してそれに投資してるんたからね

株式市場は他力本願の競馬や競輪と違って、「自分で将来を予想して」売買をしているのだから、このデマゴゴスさんは「株の売買は博打ではない」と、この思い込んでいますね。

このデマゴゴスさんは、「FGIの株はこれから上がる!」と思ったから株式市場から購入したわけですが、逆に、その株をその日に市場で売った人は「これからはFGIの株価は下がる」と思ったから売ったのです。

デマゴゴスさんが、少し前に「FGIの株はこれからも下げ続ける」と思ったから損切して市場で売ったわけですが、そのデマゴゴスさんが手放したFGI株を買った人は、逆に「FGIは最高値より随分下げたけど、もう底なのでこれからは上がる!」と思ったから買ったのです。

つまり株の売買は「売り」か「買い」のどちらかしかないので、丁半博打と全く同じなのです。

私は昨日(10/16)の投稿では、単に「丁半博打」としか書いていないのに、このデマゴゴスさんは「競馬や競輪とは違うから博打ではない!」と思い込んでいるのです。

そもそも、「賭場のカモ」は、「自分がカモである」とは自覚できないのです。カモが自分から「私はカモだった!」と悟るのは「賭場から去らざるをえなくなった時」なのです。

もっとも、株の売買は自己責任なのですから、「株の売買で損をさせた責任」は、原則として株の発行会社であるFGIにはありません。 

しかし、FGIが過去に公表してきた自社情報に虚偽や誇張が有った場合は、株主に対して責任を負わねばならないことになっていきます。

           (1373字)


**********************************************
ここをクリックして戴けるとこれからの励みになります。
     ↓
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
クリックすると<地域生活/ 関東ブログカテゴリー>ランキング頁に行きます。
**********************************************

| 小久保 達 | 09:18 | comments (0) | trackback (0) | ★飯能「FGI騒動」の本質を理解する視点★::投資事業会社の本質と末路 |
★「飯能FGI騒動」の本質を理解する視点★⇒【投資事業会社の本質と末路】No.04 「株価が急騰した原因」が判れば、その後の低下傾向の理由も判る!
       

「飯能FGI騒動」の本質を理解する視点・その4」は下記の通りです。

   FGIの株価は
   公表直後の最高値から
   今も下げ続けています。
   その本当の理由が分かれば
   未来も見えてくるでしょう。


これは当然、逆に
「2015年6月30日の記者会見直後に急騰した理由」が判れば、それから「下降の一途を辿っている理由」が判っているから、現在の下げている理由も判る、という意味でもあります。

その「急騰した理由」が次の
「飯能FGI騒動」の本質を理解する視点・その5」になります。

           (243字)


**********************************************
ここをクリックして戴けるとこれからの励みになります。
     ↓
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
クリックすると<地域生活/ 関東ブログカテゴリー>ランキング頁に行きます。
**********************************************

| 小久保 達 | 01:39 | comments (0) | trackback (0) | ★飯能「FGI騒動」の本質を理解する視点★::投資事業会社の本質と末路 |
★「飯能FGI騒動」の本質を理解する視点★ ⇒【市議会での関連質疑】No.01  質問される項目以外に、「質問されない項目」にも注目を!

そろそろ12月定例議会が開会されます。

会議日程はまだ公表されていませんが、例年通りだと「11月下旬開催」で「一般質問は12月上旬」の予定です。

私の興味はいつも「FGI・ムミンランド・メッツア関連」でどのような質疑がなされるか、ということです。

市議会での興味はいつも、
「市議の誰が、どのような質問をするのか?」、
それに対して、
「市の誰がどのような答弁をするのか?」
ということです。

しかし、12月定例議会では、特に<トーベ・ヤンソン・あけぼの子どもの森公園>関連に限定して言えば、
「本来は質問による答弁で市民に明らかにすべきこと」の中で、「質問がなされないでスルーさせてしまうことは何か?」ということに、私は強い関心を抱いています。

飯能市議会に限らず、日本の地方議会では「市の執行部が質問されたくないと願っている事項」を新人の議員が質問しようと「事前通行の項目に加えておく」と、ベテラン議員が「いちゃもん」を付けて質問項目から削除するように圧力をかけることが恒常的に行われているようなのです。

中には、「そんなことを議会で質問するのは馴染まない!」とか、「いまはまだそのことに触れる時期ではない」という理由にならないことを口実にして、事情に疎い新人議員や、仲間がいないで孤立している議員の質問を妨害する事例もかなりあるようなのです。

中には、「辞職勧告決議案を提出して可決するぞ!」と恫喝する議会もあるようです。

それでも、ベテラン議員の指示に従わずに、「質問するなという質問をあえて議会で質問しようとする」議員に対しては、「アンタが質問しても市長は答弁しないからな!」というようなことまで言うことが日常的な地方議会もあるのだそうです。

まるで「市長が質問に答えてあげる」ということを、「市の執行部やベテラン議員たちに逆らわせないための手段」「従順にしていることのご褒美」のように利用されるのだそうです。

まさか飯能市議会では、そのような馬鹿げたことが行われてはいないと思います。

そのことを確認するためにも、12月定例議会での一般質問の内容に注目しています。

            (891字)


**********************************************
ここをクリックして戴けるとこれからの励みになります。
     ↓
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
クリックすると<地域生活/ 関東ブログカテゴリー>ランキング頁に行きます。
**********************************************


| 小久保 達 | 22:33 | comments (0) | trackback (0) | ★飯能「FGI騒動」の本質を理解する視点★::市議会での関連質疑 |
★「飯能FGI騒動」の本質を理解する視点★ ⇒【市議会での関連質疑】No.02 新たに建設される飲食施設の建設費が「異常に高い」のは? 
12月定例議会で、<トーベ・ヤンソン・あけぼの子どもの森公園>で来年4月に営業開始が予定されている約100㎡の二階建ての飲食施設の建設費に関して、市議に質問して欲しいと思っているのは下記の5項目です。

(1)建設費総額が土地代を除いて約1億円と報じられていますが、この価格は飲食店建設費の相場から考えると「異常なほど高い金額」だと思うのですが、庁内ではそのような声は無かったのでしょうか?

(2)あけぼの公園をオープンする時に担当した設計事務所と施工会社に発注したと報じられていますが、それが「高い工事費」になった要因なのでしょうか?

(3)公園内のデザイン統一のためには「同じ設計事務所に発注する」という大義名分は、一般的には理解できますが、少なくとも施工会社の決定に関しては入札などのプロセスを経た上での決定だったのでしょうか?

(4)この工事費総額の妥当性について、第三者の専門家の意見を訊いたのでしょうか?

(5)実際に飲食施設が完成し、多くの市民が実際にこの施設を観て、「建設費が異常に高すぎる」という指摘があったら、市民が納得のいく説明をするのは庁内の誰になるのでしょうか?

少なくても「定年退職でお辞めになったので議会に招聘して確認することはできない」ということにならないようにして欲しいものです。

            (574字)

**********************************************
ここをクリックして戴けるとこれからの励みになります。
     ↓
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
クリックすると<地域生活/ 関東ブログカテゴリー>ランキング頁に行きます。
**********************************************


| 小久保 達 | 21:49 | comments (0) | trackback (0) | ★飯能「FGI騒動」の本質を理解する視点★::市議会での関連質疑 |
★「飯能FGI騒動」の本質を理解する視点★ ⇒【市議会での関連質疑】No.03 飲食施設家賃の対象となる面積&売上歩合制家賃について質問する議員はいるか? 誰か? 
12月定例議会で、<トーベ・ヤンソン・あけぼの子どもの森公園>内で来年4月に営業開始が予定されている約100㎡の二階建ての飲食施設の運営委託に関して、市議に質問して欲しいと思っているのは下記の8項目です。

そのそも、この公園は、メッツアとの一体運営が望ましいということで、フィンテックグローバル(FGI)を指定管理者にする予定であるということが議会でも答弁され、文化新聞にも報じられていました。

(1)そうであるなら、新たに建設される飲食施設もその指定管理者になる企業に任せるのが自然の流れだと思うのですが、どうでしょうか?

(2)FGIを指定管理者にする可能性が高いのに、あえて「別の業者を公募する」理由はどこにあるのでしょうか?

(3)市民の中には、「どうせ最終的には、適切な会社の応募が無かったのでFGIにお願いすることにしたということになるに決まっている」と予想する人もいます。もし、適切な業者の応募が無かったら、やはりFGIに運営を委託することになるのでしょうか?

(4)この飲食施設の運営を民間に任せるという説明がなされた時、この民間に任せる範囲を建坪100㎡全てなのか、それとも厨房スペースの20㎡前後の限られたエリアなのか、明確な説明がなされていませんでした。それは何故なのでしょうか?

(5)この飲食施設を民間企業に貸し出すときの月額家賃は25000円だという説明がなされましたが、それが100㎡に対する金額なのでしょうか? それとも業者が使用する厨房スペースに対する金額なのでしょうか?

(6)業者に貸す月額家賃の25000円が「高いか?安いか?」を討議する前に、家賃を「売り上げ歩合制」ではなく、「固定家賃制」にしたのは、どのような理由なのでしょうか?

(7)一般的に「運営者の努力で集客する店舗の家賃は月額固定制」であり、大家が集客したお客を相手に商売できる店舗の家賃は売上歩合制」が普通です。トーベ・ヤンソン・あけぼの子どもの森公園に人が来るのは、大家である飯能市が集客しているのだから、新たに開店する飲食店の家賃は「売上歩合制」にするべきなので、いまから変更する意図は有るでしょうか? 

(8)もし、家賃を月額固定制から売上歩合制に変更しないのだとすると、それを正当化する理由はどのようなものでしょうか?

もし、「売上歩合制」にするとしたら、月間売上金額に対して何%の歩合にするかは、実際に「売上歩合制に変更する」ことが決まってからの質問項目になります。

            (1045字)


**********************************************
ここをクリックして戴けるとこれからの励みになります。
     ↓
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
クリックすると<地域生活/ 関東ブログカテゴリー>ランキング頁に行きます。
**********************************************


| 小久保 達 | 23:04 | comments (0) | trackback (0) | ★飯能「FGI騒動」の本質を理解する視点★::市議会での関連質疑 |
★「飯能FGI騒動」の本質を理解する視点★ ⇒【市議会での関連質疑】No.04 12/4野口市議、12/6滝沢市議の関連質問に注目したい!

飯能市議会サイトに、11/21になってやっと<12月定例会で一般質問する市議の順番と質問項目>fdfファイルが公開されました。


それによると質問に立つ議員は19人中13人。その中で<メッツア・ミー民ランド>に関する質問をするのは野口和彦議員と滝沢修議員だけのようです。

野口議員の質問項目は下記のように書かれています。
1 ふるさと納税
ムーミン基金の現状と今後の展開について

ムーミン基金についての市民の関心は「寄付した人たちの種類分け」ではなく、「寄付された基金の使途」です。

ムーミンランドの周辺の環境整備は自治体の仕事ですから、それにこの基金を「支出する」ことについて異論をはさむ人はいないと思いますが、問題は、株式会社ムーミン物語や投資事業会社FGIが直接関わっている事業に「出資する」ことの正当性、必然性、整合性の根拠をぜひ質問で引き出して欲しいものです。

滝沢議員の質問項目は下記のように書かれています。
1 テーマパークと市の活性化
メッツァと都市回廊空間と地域の活性化

宮沢湖とあけぼの公園、飯能河原を結ぶ<都市回廊空間>は確かに<地域の活性化>と密接に関わることです。

しかし、たとえ地域活性化に結び付くとはいえ、民間企業のビジネスに税金を「出資する」ことは、どのような論理で正当化されたのでしょうか?

今までの議会傍聴や公開されている議事録の内容だけではさっぱり判りません。

地域活性化のためとはいえ、「自治体としての当然の役割としての公金支出」と、「民間企業の事業に公金出資」は、税金の使途としては根本的に性質が異なるものです。

もともと、2015年6月の<ムーミンのテーマパーク飯能誘致>を市民が大歓迎したのは「そういうビジネスプランを掲げた企業を誘致した」ことに対してなのであって、「そのビジネスに飯能市も税金から出資する」ということは無いと思ったからなのです。

12/4(月)の野口議員の質問と、12/06(水)の滝沢議員の質問に注目しています。

            (822字)


**********************************************
ここをクリックして戴けるとこれからの励みになります。
     ↓
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
クリックすると<地域生活/ 関東ブログカテゴリー>ランキング頁に行きます。
**********************************************


| 小久保 達 | 21:18 | comments (0) | trackback (0) | ★飯能「FGI騒動」の本質を理解する視点★::市議会での関連質疑 |
★「飯能FGI騒動」の本質を理解する視点★ ⇒【市議会での関連質疑】No.05 きょう(12/2)の文化新聞に「市が2億円の支援」という記事が載っています。
きょう(12/2)の文化新聞一面に下記の見出し記事が載っています。

市、総額2億円の財政支援  
12月補正予算案に計上
宮沢湖のメッツア事業
本会議で質疑集中

いつもなら文化新聞サイトに全文が掲載されるのですが、現時点(2017/12/02/14:00)ではまだ掲載されていません。

後日、掲載された時点でリンクを張っておきます。

現時点で指摘しておきたいことは、「メッツア事業へ2億円の財政支援」という極めて重要な議案があるということは、一般市民が市議会サイト<会議情報>の「議案一覧表(平成29年12月定例会)」を視てもさっぱり分からないということです。

11/29に「議案に対する質疑」が行われることは判ってても、どのような議案が何時頃から審議されるのかということは全く市民には判らないのです。

一日中、最初から最後まで傍聴していれば、「いつかは質疑を聴ける」のかもしれませんが、報酬を得て仕事で出席している市議以外に、無報酬で何のスケジュールも知らされずに議会の傍聴席で待っていられる市民がどれだけ居るのでしょうか?

議会傍聴はできるだけしたいと思っている私でも、そんな「時間の使い方」はしたくありません!

このようにして、市民は議会を傍聴しなくなるのでしょう。

このようにして、市民の傍聴が少なくなるようにしたいのでしょう。

            (562字)


**********************************************
ここをクリックして戴けるとこれからの励みになります。
     ↓
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
クリックすると<地域生活/ 関東ブログカテゴリー>ランキング頁に行きます。
**********************************************


| 小久保 達 | 14:09 | comments (0) | trackback (0) | ★飯能「FGI騒動」の本質を理解する視点★::市議会での関連質疑 |
★「飯能FGI騒動」の本質を理解する視点★ ⇒【市議会での関連質疑】No.06 質疑応答だけでなく「質問されなかったコト」にも注目を!
   
昨日(12/2)付けの文化新聞に載っていた「飯能市がメッツア事業に2億円の財政支援」という記事に関しての「ツッコミ」を書きます。

その2億円の内訳は、紙面には下記のように書かれています。

地方創生推進事業の名目で「メッツア事業負担金」1億5000万円と「飯能地域資源利活用合同会社出資金」5000万円。

12/2付の文化新聞に掲載されていたのは、この案件で質問した市議は、野口和彦、新井重治、坂井悦子、新井巧、鳥居誠明、栗原義明、金子敏江)の7人でした。

この11/29の本会議での議事録が公開されるのは2カ月以上先になりますので、あくまでも文化新聞に掲載された記事を「出典」とします。

「メッツア事業負担金」というのは、民間企業のメッツア事業に関わる環境整備において自治体として支出すべき「負担金」ということで、支出の必然性、妥当性は理解できます。そしてその金額が、今回は1億5000万円だが、「これからも増える」であろうということも納得できます。

今回の議案での問題点は、「飯能地域資源利活用合同会社出資金5000万円」です。

市が出資を行おうとしている「飯能地域資源利活用合同会社(飯能市仲町)は、メッツアを構成する宮沢湖西側の有料ゾーン「ムーミンバレーパーク」(約7万3000平方メートル)を開発、保有するために立ち上げられた特別目的会社(SPC)。
SPCはフィンテックグローバル社から用地を取得し、現在ムーミンバレーパークの建設に着手している。


紙面では、この「飯能地域資源利活用合同会社」という社名に、「宮沢湖畔」とか「メッツア」「北欧のテーマパーク」という事業内容を規定する名称が使われていない理由が書かれていません。これは「7人の市議は誰もこの件に関して質問しなかった」ということでしょう。

この「飯能地域資源利活用合同会社」という社名のままでは、今後、この会社の事業内容に、トーベ・ヤンソン・あけぼの子どもの森公園の所有権移転や運営管理受託の可能性も含まれるのか否かを確認することは極めて重要なことなのです。

なので、この点を質問する議員が出て来ることを私は望んでいます。

この会社(SPC)に対して出資する金額の5000万円が「妥当であるか否か」を判断する際には、この会社が必要とする最終的な金額が重要不可欠な要素です。

さらには、その必要金額のうち、現時点でこの会社(SPC)に集まっている出資金総額がいくらになっているのかということも重要な要素です。

他に、どのような法人、個人が出資しているのか? その中に飯能市に深い関係の有る企業や人間(特に市議、市職員)がいるのかということも確認することも重要です。

しかし、この3点も確認の質問をした議員はいないようです。

もしかしたら、既に議員には「知らされている情報」なのかも知れませんので、数人の人に確認してみます。

市議さん達が認識していたとしても一般市民にはまだ知らされてはいないのですから、市議会で質問して議事録に掲載させることも市議としての重要な仕事です。

これから「メッツア」関連で重要な情報は「市議会で質問されないこと」「新聞に載っていないこと」なのです。

さらには、それらの事項が「なぜ質問されないのか」ということも重要なことなのです。

            (1334字)


**********************************************
ここをクリックして戴けるとこれからの励みになります。
     ↓
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
クリックすると<地域生活/ 関東ブログカテゴリー>ランキング頁に行きます。
**********************************************

| 小久保 達 | 22:34 | comments (0) | trackback (0) | ★飯能「FGI騒動」の本質を理解する視点★::市議会での関連質疑 |
このページの先頭へ
当ブログ編集人プロフィール
みなさんからのコメント
  • ★2017年7月の市長選★ ⇒【現職と新人の出馬動向】No.11       前県議の和田さんはブログで「共産党の候補者擁立は、笑止千万、究極のパフォーマンス!」と断定しているのですが・・・・。
今月の書き込み
{CALENDARBOX} {CDCTRLBACK}<<前月{/CDCTRLBACK} {CDYM}Y/m{/CDYM} {CDCTRLNEXT}次月>>{/CDCTRLNEXT}
過去の書き込み
TRACBACK
  • ★この場所のココに注目!★ ⇒【奥武蔵あじさい館】No.06                                       9月定例議会で市議に質問して欲しいコトは?
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ゲットネット...¥
Blog Ranking

OTHERS
    RSS 1.0
    処理時間 12.375888秒
このページの先頭へ