当ブログの項目タイトル
⊿大分類の項目(件数小計)
 ⇒中分類の項目(書込件数)

★「飯能FGI騒動」の本質を理解する視点★⇒【投資事業会社の本質と末路】No.01  FGIは投資事業会社なのです!  
     
   
いま準備中の『飯能ムーミンパーク騒動記』は、「ムーミンパーク騒動」の内容を様々な視点、立場、目的で書いていこうと思っています。

その一つが「飯能でのムーミンパーク騒動」を、「FGI騒動」「メッツア騒動」「ムーミンパーク騒動」「宮沢湖騒動」「ムーミン基金騒動」「あけぼの公園騒動」等に区分することです。

宮沢湖に開園される予定の<ムーミンのテーマパーク>には、様々な思惑、噂、批判、中傷、憶測などが飛び交っています。

そのような状況の中で、将来を見通すためには、そもそもの発端であるフィンテックグローバルという企業の「本質」を把握することが不可欠です。

私は、いままで当blogで多くのことを書いてきましたが、それらを簡潔に判りやすくまとめたのが、初めて試みた「五行のメッセージカード」です。

「飯能FGI騒動」の本質を理解する視点・その1は下記の通りです。

   FGIは投資事業会社です。
   テーマパーク運営の専門会社
   ではありません。
   自分で多くの新事業を立ち上げる
   起業家の会社でもありません。


いまさらこの解説は不要でしょう。

当blogでは既に2015年12月に下記のような小見出しで3回ほど書き込んでいます。
http://5line.jp/blog/itsudoko/index.php?c=128-676

No.01 昔=出資した会社を上場させる 今=投資会社自体が上場する  
No.02「他人を働かせ、自分は汗水を流さずに楽に儲けたい!」
No.3 玉井社長の最新インタビュー動画からわかることは?  


            (572字)


**********************************************
ここをクリックして戴けるとこれからの励みになります。
     ↓
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
クリックすると<地域生活/ 関東ブログカテゴリー>ランキング頁に行きます。
**********************************************


| 小久保 達 | 17:29 | comments (0) | trackback (0) | ★飯能「FGI騒動」の本質を理解する視点★::投資事業会社の本質と末路 |
★「飯能FGI騒動」の本質を理解する視点★ ⇒【投資事業会社の本質と末路】No.02 FGIは投資した株を売り抜けて儲けようとする会社です!
     

人間の本音は、見直しや推敲ができる文章よりも、発言や会話の中に現れるものです。

予めの準備や、事後のチェックが可能な、外部の人のインタビューであっても、それが動画であれば、表情や声のトーンで、その人の本音が見えてくることがあります。

FGIの玉井社長も、金融業界専門チャンネルのインタビュー動画で「(私どもは投資事業会社ですから)メッツア事業も将来的には売却することもあります」と述べています。

それは「思わず口に出てしまった発言」というのではなく、「当然のことと」としての発言になっています。

その動画は一般に公開され、今も視ることができます。
http://www.morningstar.co.jp/news/video/fgi1612.html
いま改めてこの動画を視ましたが「?」という部分がありました。
まさか「画像や音声の修正」なんかしていないと思うのですが・・・・。

「飯能FGI騒動」の本質を理解する視点・その2」は下記の通りです。

   投資事業会社の本質は
   楽して儲かりそうな事業や
   資金を集めやすい事業に出資して
   その株を売り抜けて
   自分だけ儲けようとする会社です。


            (449字)

**********************************************
ここをクリックして戴けるとこれからの励みになります。
     ↓
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
クリックすると<地域生活/ 関東ブログカテゴリー>ランキング頁に行きます。
**********************************************


| 小久保 達 | 22:50 | comments (0) | trackback (0) | ★飯能「FGI騒動」の本質を理解する視点★::投資事業会社の本質と末路 |
★「飯能FGI騒動」の本質を理解する視点★ ⇒【投資事業会社の本質と末路】No.03 FGIは「投資家」というカモから「金を集める」会社です。
     
    
「飯能FGI騒動」の本質を理解する視点・その3」は下記の通りです。

   フィンテックグローバル(FGI)とは
   「投資家」というカモから
   「金を集める」会社です。
   集めた金を目新しい事業に
   後から出資する会社です。


この「その3」から、この「黄色い五行のカード」を、当blogに掲載する前に、8789FGI株主掲示板に先に投稿してみました。

時刻は、昨日(10/16)の07:56
https://textream.yahoo.co.jp/message/1008789/8789/228/998

私は「blog飯能どうする研究所」という名前で投稿しています。

このblogには、8789掲示板の常連はアクセスしていますので「飯能市の小久保達」ということは知られています。市長選に立候補して落選したことも、この8789掲示板に何度も書かれています。

中には「小久保」と名指してコメントを書き込む人も少なくないので、blog飯能どうする研究所という名前で投稿していても「匿名」ということにはなっていません。ほぼ「実名」投稿と同じです。

それなら「実名」で投稿すればいいのですが、8789掲示板を視ている人にこそblog飯能どうする研究所★飯能ムーミンパーク騒動記★を読んで欲しいという「下心」があるので、blog飯能どうする研究所という名前での投稿を続けています。

投稿した「黄色の五行カード」では、FGIの株を高値で買わされた人が「カモ」であることを理解しやすいように「賭場の客」に例えたのですが、やはり「自分がカモられたカモ」であることを認めたくない人がいるようです。

この「デマゴゴス」という方(この人もFGI株で損をしたと公言している人なのですが)が、私の投稿の12時間後に、下記のような書き込みをしています。

https://textream.yahoo.co.jp/message/1008789/8789/228/1097
>賭博場に例えてる方いましたが
>動物や人間の筋肉力に賭けてるんじや
>ないからね

「動物」とは競馬、「人間の筋肉力」とは、競輪のことでしょう。

>頭使って分析
>将来を予想してそれに投資してるんたからね

株式市場は他力本願の競馬や競輪と違って、「自分で将来を予想して」売買をしているのだから、このデマゴゴスさんは「株の売買は博打ではない」と、この思い込んでいますね。

このデマゴゴスさんは、「FGIの株はこれから上がる!」と思ったから株式市場から購入したわけですが、逆に、その株をその日に市場で売った人は「これからはFGIの株価は下がる」と思ったから売ったのです。

デマゴゴスさんが、少し前に「FGIの株はこれからも下げ続ける」と思ったから損切して市場で売ったわけですが、そのデマゴゴスさんが手放したFGI株を買った人は、逆に「FGIは最高値より随分下げたけど、もう底なのでこれからは上がる!」と思ったから買ったのです。

つまり株の売買は「売り」か「買い」のどちらかしかないので、丁半博打と全く同じなのです。

私は昨日(10/16)の投稿では、単に「丁半博打」としか書いていないのに、このデマゴゴスさんは「競馬や競輪とは違うから博打ではない!」と思い込んでいるのです。

そもそも、「賭場のカモ」は、「自分がカモである」とは自覚できないのです。カモが自分から「私はカモだった!」と悟るのは「賭場から去らざるをえなくなった時」なのです。

もっとも、株の売買は自己責任なのですから、「株の売買で損をさせた責任」は、原則として株の発行会社であるFGIにはありません。 

しかし、FGIが過去に公表してきた自社情報に虚偽や誇張が有った場合は、株主に対して責任を負わねばならないことになっていきます。

           (1373字)


**********************************************
ここをクリックして戴けるとこれからの励みになります。
     ↓
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
クリックすると<地域生活/ 関東ブログカテゴリー>ランキング頁に行きます。
**********************************************

| 小久保 達 | 09:18 | comments (0) | trackback (0) | ★飯能「FGI騒動」の本質を理解する視点★::投資事業会社の本質と末路 |
★「飯能FGI騒動」の本質を理解する視点★⇒【投資事業会社の本質と末路】No.04 「株価が急騰した原因」が判れば、その後の低下傾向の理由も判る!
       

「飯能FGI騒動」の本質を理解する視点・その4」は下記の通りです。

   FGIの株価は
   公表直後の最高値から
   今も下げ続けています。
   その本当の理由が分かれば
   未来も見えてくるでしょう。


これは当然、逆に
「2015年6月30日の記者会見直後に急騰した理由」が判れば、それから「下降の一途を辿っている理由」が判っているから、現在の下げている理由も判る、という意味でもあります。

その「急騰した理由」が次の
「飯能FGI騒動」の本質を理解する視点・その5」になります。

           (243字)


**********************************************
ここをクリックして戴けるとこれからの励みになります。
     ↓
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
クリックすると<地域生活/ 関東ブログカテゴリー>ランキング頁に行きます。
**********************************************

| 小久保 達 | 01:39 | comments (0) | trackback (0) | ★飯能「FGI騒動」の本質を理解する視点★::投資事業会社の本質と末路 |
このページの先頭へ
当ブログ編集人プロフィール
みなさんからのコメント
  • ★2017年7月の市長選★ ⇒【現職と新人の出馬動向】No.11       前県議の和田さんはブログで「共産党の候補者擁立は、笑止千万、究極のパフォーマンス!」と断定しているのですが・・・・。
今月の書き込み
{CALENDARBOX} {CDCTRLBACK}<<前月{/CDCTRLBACK} {CDYM}Y/m{/CDYM} {CDCTRLNEXT}次月>>{/CDCTRLNEXT}
過去の書き込み
TRACBACK
  • ★この場所のココに注目!★ ⇒【奥武蔵あじさい館】No.06                                       9月定例議会で市議に質問して欲しいコトは?
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ゲットネット...¥
Blog Ranking

OTHERS
    RSS 1.0
    処理時間 11.541283秒
このページの先頭へ