当ブログの項目タイトル
⊿大分類の項目(件数小計)
 ⇒中分類の項目(書込件数)

★メッツア事業への公金提供がダメな理由★ ⇒【本質と原則と公正と】No.01  3つのキーワード幾つかのキーフレーズ
飯能市は、先日、民間企業の<メッツア事業>に対して「計2億円の公金」を提供することを決めました。

「1億5000万円の支出と5000万円の出資」を伴う補正予算案を昨年12月の市議会に提出。
議会はこれを「賛成11・反対7」で可決しました。
支出と出資の違いはあっても「民間事業に2億円の「公金を提供」することになったわけです。
本紙にはこの案件に関する議員の賛成意見と反対意見が掲載されていましたが、何回読み込んでも「賛成意見」には納得できません。
そこで、「自治体が民間のテーマパーク事業に公金を提供してはいけない理由」を私なりの構成でまとめていくことにします。

そのキーワードが「本質」「原則」「公正」です。

「公正」は、できれば「公明正大」という意味での「公明」にしたいのですが、日本では公明党が誕生して以来「公明」という言葉が使いにくくなっているので、不本意ながら「公正」という言葉を使うことにします。

 (1)コトの「本質」を見抜け
 (2)公金の使途には「原則」がある
 (3)公平「公正」を貫くには「公明(情報公開)」が不可欠


以上のキーワードとキーフレーズを使って、これから「メッツア事業への公金提供がダメな理由」を一気に述べていきたいと思います。
たぶん50回は越すと思います。

            (543字)


**********************************************
ここをクリックして戴けるとこれからの励みになります。
     ↓
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
クリックすると<地域生活/ 関東ブログカテゴリー>ランキング頁に行きます。
**********************************************


| 小久保 達 | 17:43 | comments (0) | trackback (0) | ★メッツア事業への公金提供がダメな理由★::本質と原則と公正と |
★メッツア事業への公金提供がダメな理由★ ⇒【本質と原則と公正と】No.02 「ムーミンパークは大歓迎!」でも「FGIは危うい会社!!」
いま飯能市内に漂っている「何とも言えない空気」は、「メッツアに異議を唱える人は飯能にムーミンパークが出来ることに反対している人だ!」という〈決めつけ〉です。

市民の中には「メッツアについての疑念を口にするとそれだけで〈反市長派のレッテル〉を貼られるからなかなか本音が言えない!」と嘆いている人もいます。

私自身はいままで、自分のブログやfacebookでは一度も「宮沢湖畔にムーミンのテーマパークが出来るのは反対!」と書き込んだことや、周囲の人たちに反対を表明したことは一度もありません。

むしろ、メッツア計画が公表されて初めてムーミンに興味を抱き、あらためて図書館でムーミン本を借りて読み、ついには原作者の分厚い伝記まで読んでしまいました。

2016年6月にはフィンランドのムーミンワールドに妻と個人的な観光旅行に行ってきたほどムーミンには期待しています。

この旅行記は文化新聞に『フィンランドとムーミンワールド観光旅行のススメ』として2016年8月3日から3回に渡って掲載されました。

当blogには【フィンランドに行ってみる!?】という項目で、2016年4月13日~8月4日まで11回に渡って書いています。

私の現在の立脚点は、
「飯能にムーミンワールドが出来るのは大歓迎だが、それを推進する会社は、別にフィンテックグローバル社(略称FGI)や㈱ムーミン物語という会社でなくても構わない」というものです。

2015年6月30日の突然のニュース報道で「メッツア計画」を知った時は、単純にFGIという会社に期待していましたが、その後、この会社のことを知るにつれて「この会社は危うい!」「この会社とは安全な距離を取っていたほうが良いのではないか」と思うようになったのです。

その危惧することの一部は文化新聞2016年1月14日付に『飯能ムーミンパーク計画2017の基礎知識』というタイトルで掲載されています(全3276字)。

   当blogには3分割して転載してあります。
     2016年1月14日の当blog
     2016年1月15日の当blog
     2016年1月16日の当blog

この時書いた「FGIという会社への危惧」は、その後の「突然の計画延期」と「公開情報不足」によって益々強く感じられるようになってきたのです。

            (804字)

**********************************************
ここをクリックして戴けるとこれからの励みになります。
     ↓
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
クリックすると<地域生活/ 関東ブログカテゴリー>ランキング頁に行きます。
**********************************************


| 小久保 達 | 19:26 | comments (0) | trackback (0) | ★メッツア事業への公金提供がダメな理由★::本質と原則と公正と |
★メッツア事業への公金提供がダメな理由★ ⇒【本質と原則と公正と】No.03 過去に学ぼう! 現在を直視しよう! 未来を見据えて行動しよう!

私が「飯能市がメッツア事業に公金を提供するのはダメだ!」という根拠は下記の6つの視点から導かれたものです。

一つ目の根拠は、「自治体が絡んだテーマパーク事業の大部分は無残な結末で終わった」ので、飯能市ではその貴重な教訓を活かさなければならないということです。

二つ目の根拠は、「官と民との役割分担の大原則」から照らし合わせても、今回の「観光トイレ整備」名目の負担金支出とSPCへの出資は原則的に間違っているということです。

三つ目の根拠は、そもそも「ムーミンパーク誘致の経緯に関するある種の疑念」からも、今回の飯能市からの一方的な公金提供は止めるべきだということです。

四つ目の根拠は、「FGIという投資事業会社が秘めた本来的な危うさ」から、「飯能市はいいように利用されている」ことにそろそろ気づくべきだということです。

五つ目の根拠は、「企業の新規事業開発の本当の成功要因と失敗要因」から照合すると、FGIという会社は看過できない事態に陥っているということです。

六つ目の根拠は、「12月市議会での質疑応答に重要な欠落点があり、それを隠しての決議は正当性を欠く」ということです。

以上の6つの根拠から、私は「メッツアへの公金提供は今からでも止めるべきである」ということを強く訴えていきたいと思っています。

次回からは、それぞれの根拠に基づいた指摘や解説を重ねていきます。

        (592字)

**********************************************
ここをクリックして戴けるとこれからの励みになります。
     ↓
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
クリックすると<地域生活/ 関東ブログカテゴリー>ランキング頁に行きます。
**********************************************


| 小久保 達 | 23:26 | comments (0) | trackback (0) | ★メッツア事業への公金提供がダメな理由★::本質と原則と公正と |
★メッツア事業への公金提供がダメな理由★ ⇒【本質と原則と公正と・・・・】No.04 過去に学び、現在を直視して、未来を見据える「9つの視点」
     
私が「飯能市がメッツア事業に公金を提供するのはダメだ!」という根拠として「6つの視点」を当blogに2018/01/04付けで書き込みましたが、その後、再考したら「9つの視点」になったので、改めて追加修正版をここに掲載します。

一つ目の視点は、「自治体が絡んだテーマパークの悲惨な末路から得た教訓を飯能市も学べ!」ということです。

今回のメッツア事業に対しても、飯能市ではその貴重な教訓を活かさなければならないのです。「過去の過ちと同じ轍を踏んではならない」のです。

二つ目の視点は、「官と民の役割分担から逸脱した公金提供は特定企業への利益供与になるから」ということです。

今回の<観光トイレ整備>名目の負担金支出とSPCへの出資は、特定企業への利益供与そのものだから止めるべきなのです。

三つ目の視点は「ふるさと納税・ムーミン基金の活用」としては金額も使途も間違っている」ということです。

そもそも、基金へ寄付した人たちの要望や意見を訊いたのでしょうか? 

四つ目の視点は、「メッツア誘致の経緯に関しては不透明な部分が多いから、そこから種々の疑念が生じている」ということです。

FGIと飯能市が、必要な情報を後悔しない理由としている「インサイダー取引規制」ということも「意図的な誤魔化しの口実」にすぎないのです。

五つ目の根拠は、「12月市議会での質疑応答には重要な欠落点があり、それを隠しての決議は正当性を欠く」ということです。

六つ目の視点は、「FGIがあけぼの公園と飯能河原をビジネスに利用することの不透明な部分への危惧」です。

七つ目の視点は、「日本でのムーミンビジネス全体におけるメッツアビジネスの位置づけに関する危惧」です。

八つ目の視点は、「FGIには企業の新規事業開発での本当の成功要因が欠如していることへの危惧」です。

九つ目の視点は、「危うい投資事業会社の巧妙な延命工作に巻き込まれてしまうことになるかもしれない危惧」です。

飯能市は、「FGIという投資事業会社が秘めた本来的な危うさ」から、「いいように利用されている」ことにそろそろ気づくべきだということです。

以上の「9つの視点」から、私は「メッツアへの公金提供は今からでも止めるべきである」ということを強く訴えていきたいと思っています。

次回からは、それぞれの視点に基づいた指摘や解説を重ねていきます。

        (950字)

**********************************************
ここをクリックして戴けるとこれからの励みになります。
     ↓
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
クリックすると<地域生活/ 関東ブログカテゴリー>ランキング頁に行きます。
**********************************************



| 小久保 達 | 23:54 | comments (0) | trackback (0) | ★メッツア事業への公金提供がダメな理由★::本質と原則と公正と |
★メッツア事業への公金提供がダメな理由★ ⇒【本質と原則と公正と・・・・】No.05 「メッツア事業への公金提供」は今回だけではなく、これから何度も繰り返されるかも!? 

飯能市が「メッツア事業への公金提供がダメな理由」で特に訴えたいのは「飯能市からメッツア事業への公金提供は今回の計2億円の件だけでなく今後は、名目を変えて何度も行われることになる」ということなのです。

今回の公金提供の名目は「環境整備の負担金」と「SPCへの出資」でしたが、今後は「負担金」や「出資金」だけではなく、自治体お得意の「補助金」「助成金」「広報活動支援」「地域活性化貢献支援」等々の様々な名目で何度も議会に議案として提出されることになる可能性が極めて大きいのです。

そうなってしまえば、メッツア事業に提供されることになる公金は「総計で10億円を超えてしまう」ことも可能性としては有り得るのです。

それも〈第1の視点〉として指摘した<自治体が絡んだテーマパークの悲惨な末路から得た教訓>なのです。

メッツア事業が大成功したとしても、市が投じた公金総額が、その事業に関わる法人から得られる税収を上回ることが無ければ、これも上記の教訓の一つなのです。

とにかく、どれだけ「将来的に地域経済に貢献が期待できる事業」だとしても、特定の企業に「公金を提供する」ということだけは絶対に避けるべき」ことなのです。

        (536字)

**********************************************
ここをクリックして戴けるとこれからの励みになります。
     ↓
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
クリックすると<地域生活/ 関東ブログカテゴリー>ランキング頁に行きます。
**********************************************

| 小久保 達 | 23:43 | comments (0) | trackback (0) | ★メッツア事業への公金提供がダメな理由★::本質と原則と公正と |
このページの先頭へ
当ブログ編集人プロフィール
みなさんからのコメント
  • ★2017年7月の市長選★ ⇒【現職と新人の出馬動向】No.11       前県議の和田さんはブログで「共産党の候補者擁立は、笑止千万、究極のパフォーマンス!」と断定しているのですが・・・・。
今月の書き込み
{CALENDARBOX} {CDCTRLBACK}<<前月{/CDCTRLBACK} {CDYM}Y/m{/CDYM} {CDCTRLNEXT}次月>>{/CDCTRLNEXT}
過去の書き込み
TRACBACK
  • ★この場所のココに注目!★ ⇒【奥武蔵あじさい館】No.06                                       9月定例議会で市議に質問して欲しいコトは?
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ゲットネット...¥
Blog Ranking

OTHERS
    RSS 1.0
    処理時間 11.138928秒
このページの先頭へ