当ブログの項目タイトル
⊿大分類の項目(件数小計)
 ⇒中分類の項目(書込件数)

★舞台『ヤマノススメ』奮戦記★ ⇒【はじめに】No.01             2019年5月・飯能市民会館小ホールで5公演開催!
種々の経緯から、人気アニメ『ヤマノススメ』の舞台化を手掛けていくことになりました。

様々な課題や障害を乗り越えて、昨日、アニメ「ヤマノススメ」公式サイトに、公開情報第1弾「役者オーディション」を発表することができました。


上記サイトを統括している会社には、掲載した直後にマスコミから問い合わせの電話があったとのことでした。

我が地元の文化新聞社は、今朝(12/19)確認の電話がありました。私のところに直接電話をかけてきたということは、facebook飯能会で知ったからでしょう。

その時「オーディションはどこでやるんでしょうか?」と訊かれて、「都内です」と答えたら、すかさず「都内のどこでしょうか?」と畳みかけられて、つい「〇〇の▽▽座という芝居小屋です」と答えてしまいました。

電話が終わってから、奥さんに「オーディション会場は書類選考をパスした人だけに教えることになっているのだから、新聞に話したらまずいんじゃないの?」と言われ、あわててその記者に電話して「都内と書くのはいいが〇〇の▽▽座は書かないで」とお願いしました。


これから、ときどき、そのことをリアルタイムに当ブログに書き込んでいきます。



            ()


**********************************************
ここをクリックして戴けるとこれからの励みになります。
     ↓
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
クリックすると<地域生活/ 関東ブログカテゴリー>ランキング頁に行きます。
**********************************************


| 小久保 達 | 09:42 | comments (0) | trackback (0) | ★舞台『ヤマノススメ』奮戦記★::はじめに |
★舞台『ヤマノススメ』奮戦記★ ⇒【はじめに】No.02             舞台化への「そもそもの発端」は? 
この舞台化は、私が「飯能という限られた地域での物語でありながら、全国に通じる芝居を飯能の人たちでシリーズ化していきたい!」という「思い」から始まりました。

その芝居のシリーズの名称にしたのが、『ヤマノススメ』にも出てくる〈飯能アルプス〉という言葉からヒントを得た『飯能アルプス物語』でした。

この『飯能アルプス物語』という芝居シリーズは、偶然出会うことになった、川越在住の新進気鋭の劇作家・畑雅文さんの作演出によって、2016年8月に『飯能アルプス物語Pentagram』、2018年8月に、飯能アルプス物語シリーズ第2弾『落語的飯能ストーリーズ』が上演されました。

いずれも5話~7話構成のオムニバスコメディの群像劇でした。

その第2弾公演の打ち上げの席で、畑雅文さんが、私に「シリーズ第3弾として『ヤマノススメ』を舞台化したい!」と言う希望を述べたことから、今回の舞台化への動きが始まりました。

舞台化への了解を得るには、関係者の誰に当たればいいのか?

作者本人なのか? それとも原作コミックを発行している出版社の「編集担当者なのか? テレビアニメの制作プロデューサーなのか?

それを、市内でも知られた「ヤマノススメ関係者」であるAさんに相談したところ、「製作委員会のBさんに当たれ」とサジェスチョンをもらい、Bさんへの橋渡しをしてくれました。

私らのような個人が舞台化の主催者として認めてくれるようなことはまず無いかもしれないと思いながらも、とりあえずBさんのオフィスを訊ねたことが、結果的に実現化への道を開けたことになりました。

その時、同じビルに、あのフィンテックグローバル社が在ることに、不思議な因縁を感じたのですが、」それは、今回の舞台『ヤマノススメ』とはまったく関係の無いことなので、これは<メッツァ>絡み、『飯能ムーミンパーク騒動記』絡みの項目で書くことにします。

            (782)

**********************************************
ここをクリックして戴けるとこれからの励みになります。
     ↓
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
クリックすると<地域生活/ 関東ブログカテゴリー>ランキング頁に行きます。
**********************************************



| 小久保 達 | 03:11 | comments (0) | trackback (0) | ★舞台『ヤマノススメ』奮戦記★::はじめに |
★舞台『ヤマノススメ』★ ⇒【はじめに】No.03              原作の全16巻を読み返してみたい!  
  
舞台『ヤマノススメ』を上演するにあたって、改めて原作コミックを読み返してみることにしました。

登場人物への理解を深めるだけでなく、飯能市内で描かれている場所や風景を改めて確認しておきたくなったからです。

現在、我が家の書棚にある原作は第16巻までですが、その全巻を再読するまでに、さらなる次の展開のストーリーやエピソードが浮かんできたとしたら儲けものです。

それが、舞台の続編や実写映画化へ繋がっていくことも有り得るかもしれません。

          (228字)


**********************************************
ここをクリックして戴けるとこれからの励みになります。
     ↓
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
クリックすると<地域生活/ 関東ブログカテゴリー>ランキング頁に行きます。
**********************************************


| 小久保 達 | 21:50 | comments (0) | trackback (0) | ★舞台『ヤマノススメ』奮戦記★::はじめに |
★舞台『ヤマノススメ』★ ⇒【はじめに】No.04               「アニメの舞台化」というよりは「原作コミックの舞台化」かも・・・・  
    
これは一般論ですが、人気コミックの原作単行本と、テレビ放映のためにアニメ化された作品とは、微妙に違うことが多いものです。

その視点に立てば、今回の舞台化は「原作コミックの舞台化」であって、「アニメ版の舞台化」ではないかもしれません。

アニメと比較されて一番困るのは「声」です。

単行本の主人公の顔や雰囲気が似ている役者さんを選ぶことは出来ますが、それが、さらに、テレビアニメの吹き替えの「声優さんの声」まで似ている役者を揃えるのは、かなり困難だからです。

          (257字)


**********************************************
ここをクリックして戴けるとこれからの励みになります。
     ↓
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
クリックすると<地域生活/ 関東ブログカテゴリー>ランキング頁に行きます。
**********************************************


| 小久保 達 | 23:58 | comments (0) | trackback (0) | ★舞台『ヤマノススメ』奮戦記★::はじめに |
このページの先頭へ
当ブログ編集人プロフィール
みなさんからのコメント
  • ★2017年7月の市長選★ ⇒【現職と新人の出馬動向】No.11       前県議の和田さんはブログで「共産党の候補者擁立は、笑止千万、究極のパフォーマンス!」と断定しているのですが・・・・。
今月の書き込み
{CALENDARBOX} {CDCTRLBACK}<<前月{/CDCTRLBACK} {CDYM}Y/m{/CDYM} {CDCTRLNEXT}次月>>{/CDCTRLNEXT}
過去の書き込み
TRACBACK
  • ★この場所のココに注目!★ ⇒【奥武蔵あじさい館】No.06                                       9月定例議会で市議に質問して欲しいコトは?
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ゲットネット...¥
Blog Ranking

OTHERS
    RSS 1.0
    処理時間 10.207168秒
このページの先頭へ