当ブログの項目タイトル
⊿大分類の項目(件数小計)
 ⇒中分類の項目(書込件数)

★巷談『森林文化都市飯能「ソーラー発電所」物語』★ ⇒【はじめに】No.01 この物語は、もはや「笑うしかないほど呆れた話」という意味での「お笑い」です。 
6/20(土)東飯能駅近くのライブハウスEast Courtで開催する『大人のための朗読会』で『巷談・お笑い・森林文化都市飯能「ソーラー発電所」騒動記』を15分で語ります。


その台本を、当項目の【はじめに】として6回に分割して掲載します。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
巷談です。
タイトルは『森林文化都市飯能「ソーラー発電所」騒動記』
漫談ではありませんが、「お笑い」です。

と言っても、ゲラゲラと腹を抱えて「笑う」というようなことはありません。「お笑いグサ」という意味の「お笑い」です。

もはや「笑うしかないほど呆れた話」という意味での「お笑い」なのでございます。それも、ただいま、現在、進行中の出来事なのでございます。

この『騒動記』の発端は、今から30年も前。頃は昭和か、平成か。バブル景気が真っ最中の頃でした。

日本中で、自然豊かな土地が、企業に買収され、大規模な開発のための造成工事が行われていたのです。

そして、そこには、住宅団地や別荘団地、工場団地、さらには、ゴルフ場、テーマパークまでもが造られていったのでございます。

その時、全国の自治体がとった対策というのが、自然や住環境を荒らされたくないという地域の土地を、何を造るか判らない業者が買い占めるより先に、「その土地を地主から買い上げる」という方法だったのです。

我が飯能市も、そのために飯能市土地開発公社を設立。国や県からお金を借りるなどして、全部で80億円の土地を買い上げたのでございます。

しかし、せっかく公金で買い取った土地でございます。それらの土地の中で、「市民のために活用できる土地は活用したい!」ということは、誰もが望むことでございましょう。

最近の事例では、いまの新しい市立図書館と山手保育所でございます。
そして、いま新たに、その市民のための活用方法で問われているのが、
今回のソーラー発電所なのでございます。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

以上が台本1/6です。       (813字)

<追記>
「6/20ライブ生配信」の動画(16分)を、6/22/12:35に
自分のFacebookに投稿して誰でも視られるようにしました。




**********************************************
ここをクリックして戴けるとこれからの励みになります。
     ↓
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
クリックすると<地域生活/ 関東ブログカテゴリー>ランキング頁に行きます。
**********************************************


| 小久保 達 | 09:11 | comments (0) | trackback (0) | ★巷談『森林文化都市飯能メガソーラ騒動記』★::はじめに |
★巷談『森林文化都市飯能「ソーラー発電所」物語』★ ⇒【はじめに】No.02 「里山の市有林の活用方法」を市民から公募したときの条件は? 
きょう(6/20・土)東飯能駅近くのライブハウスEast Courtで開催した『大人のための朗読会』で『巷談・お笑い・森林文化都市飯能「ソーラー発電所」騒動記』を15分で語りました。

<無観客開催>でしたが、YouTubeでLIVE生配信をしました。
その台本を、当項目の【はじめに】として6回に分割して掲載しています。
きょうの投稿は、その2/6です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

その場所は、どこか?
そこは、飯能駅から南へ約3キロ。駅から車で10分もかからない場所でございます。

JR八高線を挟んで、駿河台大学の西側。大学の正門からでも、歩いて10分。「阿須山中」という、昔、20億円ほどで買い上げたという
緑と清流の、自然豊かな里山の、飯能市が所有する市有林、市(いち」有林でございます。

飯能市が、自然破壊の開発工事から守るために買い上げた土地です。

飯能駅と青梅の間を走行する路線バスの停留所からは歩いて5分。入間市と東京都青梅市とも接している境目のエリアです。

しかも、入間市も青梅市も、そこは「自然保護地域」として大切に残しているエリアなのでございます。

飯能市は、この土地の有効活用策を市民から広く公募したのでございます。

この土地を活用したいという市民に対して、飯能市が出した条件は3つでした。

一つ、「安い地代で20年間貸します」
一つ、「そこでビジネスをして収益を上げて下さい」
一つ、「但し、地方創生に相応しく、その地域が活性化する案に限ります」
以上、この3つです。

さぁ、皆さんでしたら、どのようなプランで応募されるでしょうか?

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

以上が台本2/6です。    (732字)


<追記>
「6/20ライブ生配信」の動画(16分)を、6/22/12:35に
自分のFacebookに投稿して誰でも視られるようにしました。





**********************************************
ここをクリックして戴けるとこれからの励みになります。
     ↓
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
クリックすると<地域生活/ 関東ブログカテゴリー>ランキング頁に行きます。
**********************************************


| 小久保 達 | 19:25 | comments (0) | trackback (0) | ★巷談『森林文化都市飯能メガソーラ騒動記』★::はじめに |
★巷談『森林文化都市飯能「ソーラー発電所」物語』★ ⇒【はじめに】No.03 自然豊かな市有林の里山を切り崩して平らに造成するプランを提案しますか?
          
昨日(6/20・土)東飯能駅近くのライブハウスEast Courtで開催した『大人のための朗読会』で『巷談・お笑い・森林文化都市飯能「ソーラー発電所」騒動記』を15分で語りました。

<無観客開催>でしたが、YouTubeでLIVE生配信をしましたが、その時の台本を、当項目の【はじめに】として6回に分割して掲載しています。
きょうの投稿は、その3/6です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
例えば、この場所で、「サッカー専用の練習場を造りたい!」
それは物理的には可能でしょう。

でも、それは、サッカーが出来るだけの空き地がそこに有れば、の話です。

しかし、残念ながら、初めから判っているコトですが、そこは里山の自然の雑木林なのです。

そこをサッカー場にするには、樹木を全部伐採して、山の斜面を切り崩して平らにする大規模な造成工事をしなければなりません。

サッカー場を造るには、およそ、縦幅110m × 横幅90m
ざっと1haの平らなグランドが必要なのです。

飯能市内には、大量の樹木を伐採しなくても、山の斜面を切り崩す大規模造成工事をしなくても、簡単な整備作業だけでサッカー場にできる、広い遊休地がそこら中にたくさん有るんです。

本当にサッカー練習場を、「できるだけ安い費用で確保したい」と思ったら、飯能市が大金で買い上げて、長年保全してきた自然豊かな里山を、わざわざ多額の工事費をかけてまでそんな場所に造ろうと思うでしょうか?
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

以上が台本3/6です。      (681字)

<追記>
「6/20ライブ生配信」の動画(16分)を、6/22/12:35に
自分のFacebookに投稿して誰でも視られるようにしました。




**********************************************
ここをクリックして戴けるとこれからの励みになります。
     ↓
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
クリックすると<地域生活/ 関東ブログカテゴリー>ランキング頁に行きます。
**********************************************



| 小久保 達 | 22:17 | comments (0) | trackback (0) | ★巷談『森林文化都市飯能メガソーラ騒動記』★::はじめに |
★巷談『森林文化都市飯能「ソーラー発電所」物語』★ ⇒【はじめに】No.04 サッカー選手養成所のための「運営費稼ぎ」で「ソーラー発電ビジネス」!?
                 
昨日(6/20・土)東飯能駅近くのライブハウスEast Courtで開催した『大人のための朗読会』で『巷談・お笑い・森林文化都市飯能「ソーラー発電所」騒動記』を15分で語りました。

<無観客開催>でしたが、YouTubeでLIVE生配信をしましたが、その時の台本を、当項目の【はじめに】として6回に分割して掲載しています。
きょうの投稿は、その3/6です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
例えば、この場所で、「サッカー専用の練習場を造りたい!」
それは物理的には可能でしょう。

でも、それは、サッカーが出来るだけの空き地がそこに有れば、の話です。

しかし、残念ながら、初めから判っているコトですが、そこは里山の自然の雑木林なのです。

そこをサッカー場にするには、樹木を全部伐採して、山の斜面を切り崩して平らにする大規模な造成工事をしなければなりません。

サッカー場を造るには、およそ、縦幅110m × 横幅90m
ざっと1haの平らなグランドが必要なのです。

飯能市内には、大量の樹木を伐採しなくても、山の斜面を切り崩す大規模造成工事をしなくても、簡単な整備作業だけでサッカー場にできる、広い遊休地がそこら中にたくさん有るんです。

本当にサッカー練習場を、「できるだけ安い費用で確保したい」と思ったら、飯能市が大金で買い上げて、長年保全してきた自然豊かな里山を、わざわざ多額の工事費をかけてまでそんな場所に造ろうと思うでしょうか?
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

以上が台本3/6です。     (681字)

<追記>
「6/20ライブ生配信」の動画(16分)を、6/22/12:35に
自分のFacebookに投稿して誰でも視られるようにしました。




**********************************************
ここをクリックして戴けるとこれからの励みになります。
     ↓
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
クリックすると<地域生活/ 関東ブログカテゴリー>ランキング頁に行きます。
**********************************************


| 小久保 達 | 10:01 | comments (0) | trackback (0) | ★巷談『森林文化都市飯能メガソーラ騒動記』★::はじめに |
★巷談『森林文化都市飯能「ソーラー発電所」物語』★ ⇒【はじめに】No.05 「サッカー場運営のための発電所」? それとも 「発電所を造るためのサッカー場」?
6/20(土)東飯能駅近くのライブハウスEast Courtで開催した『大人のための朗読会』で『巷談・お笑い・森林文化都市飯能「ソーラー発電所」騒動記』を15分で語りました。その時の台本を、当項目の【はじめに】として6回に分割して掲載しています。その5/6です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ところが驚いたことに、このプランで応募した市民団体が有ったのございます。
その団体の名前は、《飯能インターナショナル・スポーツ・アカデミー》。代表者は飯能在住のKSさんという人でございます。

アルゼンチンのプロのサッカーチームと提携して、「ボカ」というチーム名で、少年サッカー教室を開いている民間のスポーツクラブなのでございます。

サッカー教室は経験が有りますが、ソーラー発電ビジネスに関しては、全く経験が無い、ズブの、それもズブズブの素人なのでございます。

それなのに、このプランが「最優秀提案」として採用されたのでございます。

こんな「笑っちゃう」話が、現実に起きたのでございます。
そして、ここから、不可解なことが次々と出て来るのでございます。

最初は、市民に対する飯能市の説明です。
飯能市は、次のような説明をしているのでございます。
「阿須山中の土地17haを年間120万円で、最優秀提案者の飯能インターナショナル・スポーツアカデミーに20年契約で貸すことにしました」
「そこで世界に通用するサッカー選手を養成する専用の練習場を造りたいということだからです」 
ここまでは、いいでしょう!

でも、その次がおかしいのです。
「そのサッカー場と選手養成所の経費を捻出するために、余った場所にソーラー発電所を造ることになります!」
皆さん! このような説明でいいのでしょうか?

飯能市が、このスポーツ団体に貸す市有林は17haです。
そのうち、ソーラー発動所用地として使用するのが16haで、サッカー場にするのは、僅か1ha、つまり1/17も無いのです。

つまり、サッカー場を造るので、その余った場所にソーラー発電所を造る、
というその説明は、「逆」ではないでしょうか?

17haの土地にソーラー発電所を造るけど、余った場所に、1haのサッカー場を造ります、というのが、実態に合った説明ではないでしょうか?

日本では、ソーラー発電所を山間部に設置する場合は、台風や大雨の洪水対策として調整池の設置が義務付けられているのですが、なんと、なんと、なんと、このサッカー場は、その調整池を兼ねている設計になっているのでございます。

ということは、大雨でその調整池に水が溜まっている間は、サッカー場としては、全く使用できない代物なのでございます。
(948字)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

以上が台本5/6です。

<追記>
「6/20ライブ生配信」の動画(16分)を、6/22/12:35に
自分のFacebookに投稿して誰でも視られるようにしました。



**********************************************
ここをクリックして戴けるとこれからの励みになります。
     ↓
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
クリックすると<地域生活/ 関東ブログカテゴリー>ランキング頁に行きます。
**********************************************


| 小久保 達 | 12:09 | comments (0) | trackback (0) | ★巷談『森林文化都市飯能メガソーラ騒動記』★::はじめに |
★巷談『森林文化都市飯能「ソーラー発電所」物語』★ ⇒【はじめに】No.06  そのサッカー団体は、工事資金はどうやって調達するの? 融資? 銀行が貸すの?
        
6/20(土)東飯能駅近くのライブハウスEast Courtで開催した『大人のための朗読会』で『巷談・お笑い・森林文化都市飯能「ソーラー発電所」騒動記』を15分で語りました。その時の台本を、当項目の【はじめに】として6回に分割して掲載しています。その6/6です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
この話の不思議なところはまだまだ有るのでございます。

17haの里山を平らに造成するには何億円ものお金が必要です。
さらに、そこにソーラー発電設備を設置するにも、何億円ものお金がかかります。

KSさん達のスポーツ団体に、それだけのお金が有るのでしょうか?
金融機関から融資を受けるのでしょうか?

そもそも、ソーラー発電の経験が全く無い素人のグループに5億、10億の大金をポンと融資する金融機関が有るのでしょうか?

木下さんには金融機関に差し出す担保が有るのでしょうか?
木下さん個人が、借り入れの保証人になるのでしょうか?

それとも、誰か表に出てこない黒幕が「裏の保証人」になることが約束されているのでしょうか?

だとしたら、果たして、その黒幕はいったい誰なのか?
残念ながら、ここで丁度お時間です!

この続きは、次の機会で語らせて頂きます!
         (359字)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

以上が台本6/6です。
      
<追記>
「6/20ライブ生配信」の動画(16分)を、6/22/12:35に
自分のFacebookに投稿して誰でも視られるようにしました。



**********************************************
ここをクリックして戴けるとこれからの励みになります。
     ↓
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
クリックすると<地域生活/ 関東ブログカテゴリー>ランキング頁に行きます。
**********************************************



| 小久保 達 | 12:25 | comments (0) | trackback (0) | ★巷談『森林文化都市飯能メガソーラ騒動記』★::はじめに |
★巷談『森林文化都市飯能「ソーラー発電所」物語』★ ⇒【地元日刊紙の紙面から】No.01 「記者の内部告発メール」誤送信が生み出した議会での出来レース質疑の「笑い」どころ・全22回 
  
当巷談は、動画版としてはまだ第1話(正味15分)しか制作していませんが、現時点では4話分までの「ネタ」が溜まっています。

それを早く巷談動画として制作したいのですが、今日(6/24)発行の地元日刊紙『文化新聞』に、また新たな「お笑いネタ」が載っていました。

早急に「巷談台本版」「巷談動画」「PowerPoint版」を作成しますが、とりあえず、今日「新たに発覚したお笑いネタ」をこれから10回くらいに渡って書いていきます。

当ブログでは数年前から画像投稿ができなくなってしまったので、Facebook小久保達に、今日の記事の全文が読める画像をアップしておきましたので、まずは、それを先にお読み下さい。

市議会の一般質問での、加藤市議と大久保市長との「タイアップ質疑」のほぼ全文に近い概要が載っています。

骨子は、
<新聞記者によるリークメールの誤送信>と<「ソーラー発電反対」署名運動を「サッカー場反対」署名運動と印象付ける市議と市長の出来レース質疑>の実例です。

            (450字)


**********************************************
ここをクリックして戴けるとこれからの励みになります。
     ↓
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
クリックすると<地域生活/ 関東ブログカテゴリー>ランキング頁に行きます。
**********************************************


| 小久保 達 | 22:45 | comments (0) | trackback (0) | ★巷談『森林文化都市飯能メガソーラ騒動記』★::地元日刊紙の紙面から |
★巷談『森林文化都市飯能「ソーラー発電所」物語』★ ⇒【地元日刊紙の紙面から】No.02 <ソーラー発電所>という言葉を極力「使うまい!」と隠そうとする飯能市の意図は? 
    
6/24付けの文化新聞に書かれた見出しは下記の通りです。

飯能市議会一般質問  加藤議員 
本紙記者のメール誤送信
「反対運動を扇動」と指摘


(01)まず、着目すべきことは、この日付の文化新聞の記事での「市議会一般質問での加藤市議と大久保市長との質疑」を掲載した新聞記事では「ソーラー発電の文字は一切載せていない」ことです。

記事の中では「阿須山中土地有効活用事業」「今回の反対運動を扇動している」「一連の阿須山中反対運動のやりとりが判明」「阿須山中など巡り議論」という文字だけです。

なので、あたかも「阿須山中問題は自然破壊のソーラー発電所の是非ではない!」かのような印象操作記事になっているのです。

特に、市役所が今でも使用している<阿須山中土地有効活用事業>という名称ですが、その有効活用策の「公募」も「審査」も終了。

なので「17haの里山の市有林を16haのソーラー発電所と1haのサッカー場にする」という、飯能インターナショナル・スポーツアカデミーの提案した企画が「最優秀提案」と選定されて公表されてからは、正確には<阿須山中ソーラー&サッカー場設置事業>と言うべきなのです。

ところが、飯能市は今(6/25現在)でも、<阿須山中土地有効活用事業>という名称を使い続けて、市民から「ソーラー発電所のための造成工事で阿須山中の市有林の自然を破壊しようとする計画」をできるだけ、市民に知られないように工作し続けているのです。

文化新聞の記事の文字数が多いので、読まれる人が混乱しないように、記事の順番にそって、加藤市議と大久保市長の発言の問題点を箇条書きでしてきしていきます。当項目(01)を含めて全部で21項目あります。


            (721字)


**********************************************
ここをクリックして戴けるとこれからの励みになります。
     ↓
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
クリックすると<地域生活/ 関東ブログカテゴリー>ランキング頁に行きます。
**********************************************


| 小久保 達 | 16:47 | comments (0) | trackback (0) | ★巷談『森林文化都市飯能メガソーラ騒動記』★::地元日刊紙の紙面から |
★巷談『森林文化都市飯能「ソーラー発電所」物語』★ ⇒【地元日刊紙の紙面から】No.03 「弁護士の監修」って何? 「憲法第21条に違反していない!」ってアッピールなの? それって「本当」? 
6/24付けの文化新聞に書かれた<市議会一般質問・加藤由貴夫議員>の発言は以下の通りです。

加藤市議は、この一般質問の冒頭で
「阿須山中土地有効活用事業のプロポーザルに応募し、飯能市に選定された一般社団法人飯能インターナショナル・スポーツアカデミー(以下事業者)から直接話を伺う機会があった。
と述べています。

ということは、その話は「伝聞」ですね。
もちろん、「伝聞の全てが根拠のない憶測や嘘だ」とは思いませんが、不正確なうえに、自分の「意図的な解釈」や「聴きたいことに合わせて聞いてしまう」ことも有るわけです。

その上で加藤市議は
「これからの発言は、弁護士に監修してもらった」
と述べています。

これは本当に「本当」なのでしょうか? 

「監修」というからには「メール原文を弁護士が読んだうえで、市議会で公表することは法的に問題は無い」と「保証」したようなものです。

そんな弁護士が本当に存在するのでしょうか。

もし貴重にも存在するとしたら、確認させてもらいたいことが沢山有るので、ぜひ会いたいものです。

「犯罪ではないコト」で「個人間の私的メール」を当事者たちの了解を得ないで、市議会という公の場で一方的に公開することに「本当に問題は無い」と保証出来るものか、その弁護士当人に事実関係を確認する必要が有るでしょうね。

誤送信してしまった私的メールは、郵便物で言えば「封書」です。
「信書」です。

誤って自分の家のポストに投函された他人の「信書」を、「自宅に配達されたものだからといって、勝手に開封するでしょうか?

もちろん、うっかり自分宛の封書と思って開封してしまうことはあるでしょう。

しかし、その場合も、再度封をし「誤配です」と明記してポストに投函するのが〈社会人のマナー〉です。

メールは、開封しなくても読めてしまいますが、だからと言って、そのメールを第三者に「積極的に公開する」でしょうか?

ましてや、ソーラー発電事業者(木下聡一郎氏)と、そのソーラー発電反対署名運動代表者(長谷川順子氏)とは、利害が対立している当事者同士なのです。

これは厳密に言えば、憲法第21条「通信の秘密は、これを侵してはならない」という規定に触れる問題ではないでしょうか? 

加藤市議が市議会での発言の冒頭で、わざわざ「これからの発言は、弁護士に監修してもらった」と述べたのは、明らかに「通信の秘密を侵すのは憲法違反だぞ!」という議場内からの野次や、後々、市民から批判されないための予防策なのでしょう。

もしも、「弁護士の監修」が虚偽で、木下氏と加藤市議の行為が「憲法に抵触する」問題行為だとすると、そのような発言を許した市議会は、看過できないことになるかもしれませんね。

議事進行の責任を問われることになったら、議長も災難ですね。


            (1188字)

**********************************************
ここをクリックして戴けるとこれからの励みになります。
     ↓
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
クリックすると<地域生活/ 関東ブログカテゴリー>ランキング頁に行きます。
**********************************************


| 小久保 達 | 13:39 | comments (0) | trackback (0) | ★巷談『森林文化都市飯能メガソーラ騒動記』★::地元日刊紙の紙面から |
★巷談『森林文化都市飯能「ソーラー発電所」物語』★ ⇒【地元日刊紙の紙面から】No.04 「記者からの1回のメール」を読んだだけで、「記者が反対運動を扇動した」と断定する根拠は何?

加藤市議は、「これからの発言は弁護士に監修してもらった」と、さも、自分のこれからの告発には法的根拠が有る」かのような〈前置き〉に続いて、下記の発言をしています。

「実は、地元文化新聞の関記者と反対運動の代表・長谷川順子氏とのメールのやり取りを入手した」

「メールのやり取り」とは、複数回以上の送受信を繰り返すことです。

つまり加藤市議の発言は「関記者と長谷川順子氏と間で送受信された複数回のメールを入手した」という意味になるのですが、それも「本当」なのでしょうか?

その<メールのやり取り>を「入手した経緯について加藤市議は下記のように述べています。

「よりによって関記者が、長谷川氏に送るメールを間違って、事業者の代表に送ってしまった。」

これは、関記者本人が認めているので「事実」なのでしょう。関記者には可哀そうですが、「笑うしかない失敗」ですね。

誤送信は誰にでも有ることですが、送った相手が最悪でした。

私もパソコンのメールや、Facebookのメッセージの誤送信は何度もありますが、幸いなことに、いずれも「済みませ~ん! 送信先を間違えました!」で済む内容でした。

文化新聞の関記者が、「ソーラー発電事業代表者(木下聡一郎氏)とのメールのやり取り」を、「ソーラー発電反対署名運動代表者(長谷川順子氏)」に送信「した」。

それも「あまり良いことではないですが、一市民として義憤にたえず参考として送ります」という前文付きで。

でも実際は「送信しようとした」が、誤送信で、そのメールは長谷川順子氏のパソコンには届かなかったのです。

しかし、関記者の「この送信」自体は、新聞記者が「業務上知り得たコトを外部の人へ漏らす」という「情報リークの是非」という問題です。

ところが、加藤市議は、この「関記者から長谷川順子氏のメール送信が有った」ということだけで、「その内容からして、今回の反対運動を扇動していることが発覚した」と発言したのです。

もし、加藤市議が指摘するように「文化新聞社の関記者が、長谷川順子氏を通して反対運動を扇動した」ということが、事実だとしたら、二人の間には何通ものメールの送受信が繰り返され、かつ、そのメール内容を加藤市議が確認しなければ、「扇動した」と断定することはできないはずです。

ところが関記者のメール誤送信は、加藤氏の発言によると「1回だけ」のようです。

しかし、加藤市議は、その誤送信したメールの文章の「どこを指して扇動だと断定した」のかまでは、具体的に説明していないのです。

それなのに、加藤市議は、市議会一般質問で「関記者がソーラ反対運動を扇動した」と断定したのです。

            (1121字)

**********************************************
ここをクリックして戴けるとこれからの励みになります。
     ↓
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
クリックすると<地域生活/ 関東ブログカテゴリー>ランキング頁に行きます。
**********************************************


| 小久保 達 | 07:45 | comments (0) | trackback (0) | ★巷談『森林文化都市飯能メガソーラ騒動記』★::地元日刊紙の紙面から |
このページの先頭へ
当ブログ編集人プロフィール
みなさんからのコメント
  • ★2017年7月の市長選★ ⇒【現職と新人の出馬動向】No.11       前県議の和田さんはブログで「共産党の候補者擁立は、笑止千万、究極のパフォーマンス!」と断定しているのですが・・・・。
今月の書き込み
{CALENDARBOX} {CDCTRLBACK}<<前月{/CDCTRLBACK} {CDYM}Y/m{/CDYM} {CDCTRLNEXT}次月>>{/CDCTRLNEXT}
過去の書き込み
TRACBACK
  • ★この場所のココに注目!★ ⇒【奥武蔵あじさい館】No.06                                       9月定例議会で市議に質問して欲しいコトは?
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ゲットネット...¥
Blog Ranking

OTHERS
    RSS 1.0
    処理時間 10.614359秒
このページの先頭へ