当ブログの項目タイトル
⊿大分類の項目(件数小計)
 ⇒中分類の項目(書込件数)

★市有林でのメガソーラー工事を出来るだけ早く中止させる方法と経過報告★ ⇒【はじめに】No.01  〈工事中止!〉が長引くほど〈現地の自然破壊〉は拡大していく! 
    
もしも、2021年7月に予定されている<飯能市長選挙>で「阿須のメガソーラーに反対の候補者」が当選したら、工事ストップは可能でしょう。

事業者の飯能インターナショナル・スポーツアカデミーや、工事を受注した大和リース等の関連業者が、「市有林の貸借契約の破棄によって生じる工事中止の損害」を、飯能市に対して「賠償請求」をしてきたとしても、それを「合法的に退ける方法」は幾つか有ります。

しかし、先月(10/14)から始まった森林伐採工事が、来年7月まで続行されることによって生じる「自然破壊」は、もう元には戻せません。

なので、「一日でも早く」「できるだけ早く」、工事を中止させることが急務です。

そこで、新たに、この★市有林でのメガソーラー工事を出来るだけ早く中止させる方法と経過報告★という大項目で、種々のアイデアや可能性を書いていくことにしました。

もう、今までのように「月間10件~20件程度の書き込み」では書き切れません。

そこで今日から「1日2~3件のペース」で書いていこうと思っています。
(まだ願望の段階で、それだけ書き込む自信は有りませんが・・・・)

〈工事をストップさせる方法〉は、古い表現で言うと、「皮を切らせて肉を切る!」「肉を切らせて骨を切る!」「骨を切らせて命を断つ」とでも言いましょうか・・・・、そんな方法です。

            (582字)

**********************************************
ここをクリックして戴けるとこれからの励みになります。
     ↓
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
クリックすると<地域生活/ 関東ブログカテゴリー>ランキング頁に行きます。
**********************************************


| 小久保 達 | 21:05 | comments (0) | trackback (0) | ★市有林でのメガソーラー工事を出来るだけ早く中止させる方法と経過報告★::はじめに |
★市有林でのメガソーラー工事を出来るだけ早く中止させる方法と経過報告★ ⇒【はじめに】No.02 飯能市役所が「13000人の反対署名」に対してとった、卑劣で傲慢で市民を舐め切った態度とは?
       
10/25(日)にTBSテレビの人気番組『噂の東京マガジン』で、<民間サッカースクール専用練習場工事の付属事業のフリをした売電用メガソーラー工事>が紹介されて以来、反対運動の先頭に立っている<加治丘陵の自然を考える会>の電話やメルアドには、支持や応援、様々な意見が届いているようです。

その中で最も多いのは「なぜ反対署名活動をしないのか?」「反対署名活動をするならぜひ署名したい!」というものだそうです。

ところが、<加治丘陵の自然を考える会>では、既に13000筆の「反対署名」を集めて、飯能市に提出したのです。

ところが、残念なことに(と言うか、やっぱりと言うべきか)飯能市はその「反対署名」による「工事ストップ」の要望を無視したのです。

その「無視の理由」として、下記の<驚くべき理由>4点を、市議会で堂々と述べたのです。

<飯能市が反対署名を拒否した理由・その1>
●インターネットによる署名には信憑性が無い!

今では<インターネットによる署名活動>は、かなり定着してきていますが、この理由で「拒否された署名運動」という事例は、現時点で全国でどれだけあるのでしょうか?


<飯能市が反対署名を拒否した理由・その2>
●同一人物が何人分も書いたと思われる<似たような筆跡の署名>が有った。

「同一人物の筆跡」と断定するなら、それらの「署名を抜き出して」本当に「似たような筆跡の署名」が13000筆の中の何人分有ったのか、具体的に示して欲しいものです。


<飯能市が反対署名を拒否した理由・その3>
●市役所に市民から「無理に反対の署名をさせられた」「私は反対ではないので、反対署名の名簿から私の名前を削除して欲しい!」という相談が寄せられた。

「それが「本当であれば、その人に直に真意を確かめたいので氏名と住所を教えて欲しい!」と市に要望したとしても、市は「その人にどんな迷惑が掛かるか判らないし、保護すべき個人情報なので教える訳にはいきません!」という回答が返ってくるに決まっています。なのでこの理由の真偽を確認する方法は有りません。

ということは、今後、何万人の反対署名を集めて提出して、「同じ理由」を挙げて「拒否できる」ことになるのだから、「上手い口実」を考え付いたものだと、感心してしまいました。


<飯能市が反対署名を拒否した理由・その4>
●おなじように何人かの市民から市役所に「メガソーラーがどうのこうのと言われて署名したが、素晴らしいサッカー場が出来るとは知らずに、誤解して反対署名をしてしまった、どうすればいいでしょうか?」という相談も来ている。

これも上記の<その3>と同じで「真偽の確認」は出来ないし、市役所はさせないでしょう。

しかも、市は、この「反対署名」を、一部の市民に先導されて「書かされた人が多いようだ」とまで、言ったのです。

飯能市が、このような「呆れた理由」を全面に立てる以上、これから先、新たな「反対署名活動」で3万人や5万人の名簿を出しても、メガソーラー工事をストップさせることは出来ないのかもしれません。

やるなら、「飯能市が拒否できない方法」しかないでしょうね。

当blogの★市有林でのメガソーラー工事を出来るだけ早く中止させる方法と経過報告★では、その「市役所や市長、市議会が拒否(無視)できない方法」を書き込んでいきます。

 
           (1389字)

**********************************************
ここをクリックして戴けるとこれからの励みになります。
     ↓
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
クリックすると<地域生活/ 関東ブログカテゴリー>ランキング頁に行きます。
**********************************************


| 小久保 達 | 21:09 | comments (0) | trackback (0) | ★市有林でのメガソーラー工事を出来るだけ早く中止させる方法と経過報告★::はじめに |
★市有林でのメガソーラー工事を出来るだけ早く中止させる方法と経過報告★ ⇒【影響力の有るメディアに情報提供する】No.01 10/25(日)放送のTBS『噂の東京マガジン』の次は、どこが放送するか?
      
飯能市阿須山中の市有林で既に樹木の伐採工事が始まったメガソーラー工事のことを大半の市民はまだ知りません。

その市民に認知してもらう最大の効果的な方法は<テレビで紹介される>ことです。

それも〈短時間のニュース枠〉ではなく、〈解説や多彩なコメントも加わる情報番組〉でしょう。

現時点で、①番組の知名度と視聴率、②視聴者層の年齢的な広がり、③今までの番組内容の定評、④放送を視なかった人への伝播、⑤同系列だけでなく他系列の放送局への後追い波及効果等を考慮すると、最も「効果的」なのは、TBSテレビが毎週日曜日の午後に放送している『噂の東京マガジン』でしょう。

この番組の公式HPには<情報提供を受け付ける専用欄>があるので、誰でも、いつでも、簡単に情報提供や取材依頼のメールを送信することができます。

もちろん、PCやスマホを使っていない人でも、手紙やハガキでの郵送も可能です。

この<視聴者からの情報提供の受け付け>は、どこの放送局の、どのような番組でも公式HPで受け付けています。

なので、今回放送してくれたTBS『噂の東京マガジン』取材スタッフにも何人かの市民がメールやハガキを送ったようです。

「どのような文面で送ればいいのでしょうか?」と訊かれることがありますが、「雛型」や「定型文章」を流布させてしまうと、受け取った放送局は「特定グループが敵対組織を陥れるための画策かもしれない・・・」と不信に思う場合もあります。

なので、各人が「自分の言葉」で「自分のできる方法」で、自由に、断続的に、長期的に「取材スタッフに届く」ほうが、取り上げられる確率は飛躍的に上がるのだそうです。

これから別のTV番組に「情報提供しよう!」と考えている人は、NHK『クローズアップ現代』がお薦めです。
https://www.nhk.or.jp/gendai/

            (751字)

**********************************************
ここをクリックして戴けるとこれからの励みになります。
     ↓
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
クリックすると<地域生活/ 関東ブログカテゴリー>ランキング頁に行きます。
**********************************************


| 小久保 達 | 16:17 | comments (0) | trackback (0) | ★市有林でのメガソーラー工事を出来るだけ早く中止させる方法と経過報告★::影響力の有るメディアに情報提供する |
★市有林でのメガソーラー工事を出来るだけ早く中止させる方法と経過報告★ ⇒【影響力の有るメディアに情報提供する】No.02 『噂の東京マガジン』の影響がさっそく現れた!
   
10/25(日)に放送されたTBS『噂の東京マガジン』の影響がさっそく現れました!

「まだ視ていない」という方は、下記のリンク先でどうぞ!
https://www.facebook.com/groups/279996098869127/permalink/1648921071976616
(約19分・飯能関連は全部視られます)

飯能市は、急遽、阿須自治会館で<阿須地区の住民限定の説明会>を、「11/22(日)と11/29(日)の2回に分けて開催する」ことを、自治会を通じて自治会員に伝達したようです。しかし、回覧板などの「確認できる文書」を私は見たわけではないので、現時点では「確実」とは言えません。

自治会に加入していない住民も参加出来るのか否かについてはまだ不明です。

いままで飯能市は、市長も、担当職員も、賛成市議も「住民説明会は充分にやったのでもう開催する必要は無い!」「住民の大半は工事に賛成している」という説明をしてきたのに、急に「再び説明会を開催する」のは、明らかに、放送された番組の中で、司会の森本毅郎さんから「充分な住民説明会を開催すべきだ!」と言われたからでしょう。

しかし、この〈追加開催〉によって、飯能市はいままでやってきた「出席者に制限を加えた説明会だけでは充分ではなかった!」ということを自ら認めたことになりますね。いわゆる「語るに落ちる」というやゆですが、市はそれには気づいていないようですね。

飯能市が急遽、阿須地区の住民限定説明会を開催することになった目的(というか事情?)の一つは、下記のようなことではないかと私は「推察」しています。

<TBSの放送後に再び住民説明会を開催する目的・その1>
『噂の東京マガジン』の放送によって、「住民説明会に参加する住民が飛躍的に増える」ことが予想されるので、その告知効果を利用して、当日は「会場に住民が大勢集まっている写真と動画」を撮り、写真を『広報はんのう』に掲載。動画を飯能日高テレビで何度も放送させるでしょう。

それによって、「市主催の住民説明会の正当性を宣伝したい」のでしょう。

『広報はんのう』の記事や写真だけなら、当日の説明会の内容の全容を伝えなくても済みます。

ケーブルTVで放送する<地元ニュース>も、音声で伝える内容は、飯能市にとって都合の良いところだけでしょうね。

<TBSの放送後に再び住民説明会を開催する目的>の「その2」「その3」「その4」等は、明日以降続いて当blogに書いていきます。

            (905字)

**********************************************
ここをクリックして戴けるとこれからの励みになります。
     ↓
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
クリックすると<地域生活/ 関東ブログカテゴリー>ランキング頁に行きます。
**********************************************

| 小久保 達 | 07:16 | comments (0) | trackback (0) | ★市有林でのメガソーラー工事を出来るだけ早く中止させる方法と経過報告★::影響力の有るメディアに情報提供する |
★市有林でのメガソーラー工事を出来るだけ早く中止させる方法と経過報告★ ⇒【影響力の有るメディアに情報提供する】No.03 <阿須自治会限定住民説明会>で「市長と事業者のお粗末インタビュー内容」をどのように補うのでしょうか?

10/25(日)に放送されたTBS『噂の東京マガジン』の影響によると思われる<再度の阿須自治会限定説明会急遽開催!?>の事情や目的の推察「その2」「その3」「その4」です。

<TBSの放送後に再び住民説明会を開催する目的・その2>
番組で発言した司会の森本さんの「市は住民説明会を充分にやるべきですよ」という呼びかけに「すぐに対応した」という姿勢を住民にことさらアッピールするため、というのも目的には有るでしょうね。


<TBSの放送後に再び住民説明会を開催する目的・その3>
『噂の東京マガジン』の放送内容で「メガソーラー(10ha)とサッカー場(1ha)の面積比を隠してきたこと」が露呈してしまったので、その「言い訳説明」をしなければならなくなったから、というのも有るでしょう。

しかし、広報誌に折り込んで全戸配布した『阿須山中土地有効活用事業について』というA4版8頁のリーフレットで10000字以上の説明文の中で、たった24字「付帯事業として太陽光発電事業を実施するものです」とだけしか書かれていない「事実」をどのように言い訳するのでしょうか。


<TBSの放送後に再び住民説明会を開催する目的・その4>
TVで放送された市長と木下理事長の「説明内容のお粗末さ」をカバーする「言い訳け・補足説明」の必要性を痛感したからというのも有るでしょうね。

これも、あの「幼稚でお粗末な論理」をどのように「言い繕う」のかが説明会のハイライトだと思うのですが、市長も、木下理事長も、当人たちは、「恥ずかしくてとても説明会には出席できないだろう」と思いますが・・・・。

その言い訳を、誰が、どのように話すのかが、説明会の最大の興味です。でも、「阿須の住民以外は参加禁止」なので、参加者から訊く以外に市民が知る方法は無いようです。

            (772字)

**********************************************
ここをクリックして戴けるとこれからの励みになります。
     ↓
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
クリックすると<地域生活/ 関東ブログカテゴリー>ランキング頁に行きます。
**********************************************

| 小久保 達 | 09:51 | comments (0) | trackback (0) | ★市有林でのメガソーラー工事を出来るだけ早く中止させる方法と経過報告★::影響力の有るメディアに情報提供する |
★市有林でのメガソーラー工事を出来るだけ早く中止させる方法と経過報告★ ⇒【はじめに】No.03 「飯能市が絶対に対抗できない強力な組織」も動かしていきたい! 
   
世間には、住民の反対運動でメガソーラー建設をストップさせた事例はけっこう有ります。

しかし、それらの大部分は「行政が住民パワーに押されて民間企業のメガソーラー工事を止めさせた!」という事例なのです。

ところが、飯能市で始まった<市有林でのメガソーラー工事>は、表面上は「民間のメガソーラー工事であるかのように装っている」だけで実質的には、「市役所主導で行われている隠れ行政事業」なのです。

だから、住民が「13000筆の反対署名」を集めても、飯能市は難癖(イチャモノン?)を付けて拒否したのです。

なので、これから何万人の「反対署名」を集めても「工事を止める」ことにはならないでしょう。

10/25に放送されたTBS『噂の東京マガジン』を視て「県に止めてもらえばいい」と言う人が多いのですが、肝心の埼玉県は「県と市の関係は対等なので、市がOKを出した工事を県が止めることはできない」と言うだけ。

ところが、メガソーラーを推進する市長や(15人/19人の)市議は、「県が許可をした工事だ!」ということを前面に出して、工事を進めているのです。

県でも止められない工事なのであれば、もう残る手段は「飯能市役所が絶対に対抗できない組織」に介入して貰うことしかないのかもしれません。

では、その「飯能市役所が絶対に対抗できない」「強い影響力を持った組織」とは何なのでしょうか?

それも、この★市有林でのメガソーラー工事を出来るだけ早く中止させる方法と経過報告★の項目で、これから書いていきます。

            (647字)

**********************************************
ここをクリックして戴けるとこれからの励みになります。
     ↓
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
クリックすると<地域生活/ 関東ブログカテゴリー>ランキング頁に行きます。
**********************************************

| 小久保 達 | 08:21 | comments (0) | trackback (0) | ★市有林でのメガソーラー工事を出来るだけ早く中止させる方法と経過報告★::はじめに |
★市有林でのメガソーラー工事を出来るだけ早く中止させる方法と経過報告★ ⇒【内部告発に期待する】No.01 市職員、サッカークラブ関係者、工事の元請け社員などからの「内部告発」の可能性は?
     
もう樹木伐採が始まっている<阿須市有林での工事>をストップさせるには、<再度の反対署名集め>も<市民反対集会>も<住民投票実施請求>も<市長リコール請求>も、時間がかかり過ぎて、その間に、伐採工事、造成工事による自然破壊はどんどん進行してしまいます。

現時点で<直ちに工事をストップさせる確実な方法>であり、<飯能市が絶対に対抗できない強力な組織の力を借りる>その代表例は警察や検察です。

しかし、<不正や贈収賄>の具体的な動かぬ証拠を入手するのは、一般市民には不可能です。そのようなものは<内部告発>を待たなければなりません。

しかし、これは<関係者の事績の念>を持たなければなりません。

それには、この<阿須市有林でのメガソーラー工事>が、いかに市民を欺き、市有林を舞台に「特定の事業者だけが不当に利益を得る構造」になっているかを「よく知る内部の者」の義憤や〈自責の念〉に駆られるのを待たなければならないのは「他力本願」のようで歯がゆい気持ちにもなりますね。


            (467字)

**********************************************
ここをクリックして戴けるとこれからの励みになります。
     ↓
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
クリックすると<地域生活/ 関東ブログカテゴリー>ランキング頁に行きます。
**********************************************

| 小久保 達 | 08:41 | comments (0) | trackback (0) | ★市有林でのメガソーラー工事を出来るだけ早く中止させる方法と経過報告★::「内部告発」に期待する! |
★阿須市有林メガソーラー工事を中止させる方法と経過報告★ ⇒【市長交代を早める】No.01 辞職要求! or リコール請求! or 3選阻止! それとも・・・・・。 

自分の判断で工事を中止させることが出来るのは市長だけです。

その市長が<メガソーラー発電所>を強引に推し進めている以上、来年7月実施の市長選で「交代させる」か、その前に<市長リコール請求>を成立させる以外に<工事を中止させる有効な手段>がありません。

そんなことを考えている時に「大久保市長の3選立候補」の記事が載りました。

地元日刊紙の記事の画像も載せていますので、「記事の全文」を読みたい方は下記のリンク先を見て下さい。

【[モリカケ問題]飯能版〈市有林でお友達にメガソーラー売電利益を供与〉疑惑】01

上記Facebookに書き込んだ内容を下記に転載します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「2年前の大病で激痩せした」ので「2021年7月の3選目の市長選には立候補しないだろう」と言われていた飯能市の大久保市長が「3選目指して出馬確定的」という記事が今日(11/26)地元の日刊紙•文化新聞に載っていました。

正式には明日(11/27)から開会する市議会12月定例会の会期中に正式に出馬表明するそうです。

大久保市長の3選について市民の間では「病気を理由に引退する」と見ていた市民の方が「市有林でのメガソーラーを完成させるまでは引退しない」と見ている市民よりも多い、というのが私の感触でした。

しかし、私はこの「3選出馬表明」は、「大久保市長•内沼県議陣営の選挙戦略」の一つではないかと思っています。その戦術を私なりに「面白く解釈した予想」は下記の通りです。

目的①「市長リコール潰し」いま一部の市民の間で「来年7月の市長選での市長交代を待っていたら、その間にメガソーラー発電所(10ha)とサッカー練習場(1ha)建設予定地内の樹木伐採と抜根が完了してしまう」という理由で、「年内のリコール請求署名活動」が計画されているそうですが、これを潰したいから。

〈その解説〉来年7月の市長選に大久保市長が立候補するからメガソーラーに反対している人はその市長選で現職の大久保市長を落選させればいいのだから、何もその直前に「リコール請求をする意味が無い」というムードを市内に広めれば、それが「署名活動が法定数を集める勢い」を削ぐことになるからです。


目的②「現職が引退する」と思っているから市長選への出馬を予定している2〜3人の現職市議の市長選立候補を止めさせたいから。

〈その解説〉来年7月の市長選に自分より若い市議が2人以上出馬されたら自分が当選する確率がかなり下がってしまい、落選する可能性が極めて高くなってしまうから。現職市議が何人市長選に立候補するかは来年4月の市議選で明確になります。


目的③ 市長選への立候補予定者の中に「現職市議が少ない」ことが分かった段階で、大久保市長は「市長選不出馬」を表明し、内沼県議が「市長選立候補」を表明する方が市長選を有利に戦えるから。

〈その解説〉メガソーラー反対の人が市長になったら「隠してきた自分と事業者と施工会社との癒着が暴かれてしまう」のは絶対に阻止したい。そのためにもメガソーラー推進派の内沼県議になんとしても市長になって貰いたい。

以上の3点が現時点での「私の予想と解釈」です。

今回のような政治絡み•選挙絡みの話題は地元のfacebook飯能会では削除される恐れがあるので、これからはここに書き込んでいくことにします。

なので飯能市民以外でも面白く読める内容を心がけていきます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

           (1510字)

**********************************************
ここをクリックして戴けるとこれからの励みになります。
     ↓
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
クリックすると<地域生活/ 関東ブログカテゴリー>ランキング頁に行きます。
**********************************************


| 小久保 達 | 13:13 | comments (0) | trackback (0) | ★市有林でのメガソーラー工事を出来るだけ早く中止させる方法と経過報告★::市長交代を早める |
このページの先頭へ
当ブログ編集人プロフィール
みなさんからのコメント
  • ★2017年7月の市長選★ ⇒【現職と新人の出馬動向】No.11       前県議の和田さんはブログで「共産党の候補者擁立は、笑止千万、究極のパフォーマンス!」と断定しているのですが・・・・。
今月の書き込み
{CALENDARBOX} {CDCTRLBACK}<<前月{/CDCTRLBACK} {CDYM}Y/m{/CDYM} {CDCTRLNEXT}次月>>{/CDCTRLNEXT}
過去の書き込み
TRACBACK
  • ★この場所のココに注目!★ ⇒【奥武蔵あじさい館】No.06                                       9月定例議会で市議に質問して欲しいコトは?
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ゲットネット...¥
Blog Ranking

OTHERS
    RSS 1.0
    処理時間 10.410088秒
このページの先頭へ