当ブログの項目タイトル
⊿大分類の項目(件数小計)
 ⇒中分類の項目(書込件数)

★『森林文化都市飯能「市有林メガソーラー」狂詩曲』市民版大全集★ ⇒【〈環境破壊型メガソーラー〉と〈社会貢献型メガソーラー〉を区別する】No.01 環境を破壊してつくるエネルギーはクリーンエネルギーではないのに・・・・。
当ブログでは随所で「良いメガソーラーと悪いメガソーラーの違い」を指摘しています。

〈良いメガソーラー〉とは、「環境を破壊しないでクリーンなエネルギーを発電するメガソーラー」のことです。あるいは、「既に破壊されてしまった環境を有効活用するために設置され、その売電収益で破壊された環境を修復する目的のメガソーラー」のことです。

砂漠や荒野に建設されるメガソーラー発電所や、住宅やビルの屋上に設置されるソーラーパネル、壁や柵を兼ねたソーラーパネルなどは、「新たな環境破壊を伴わず」、「大量に使用されることでソーラーパネルの性能向上と価格低下にプラスに作用する〈社会貢献型メガソーラー〉の代表例です。

これれに対して、〈悪いメガソーラー〉とは、「森林伐採や土木工事で自然環境を破壊し、周辺住民の大反対を無視して設置されたメガソーラー」のことです。

なぜなら、<自然を破壊して作られるエネルギー>は、もはや「クリーンエネルギーではない!」からです。

現在、飯能市阿須山中の市有林で造られようとしているメガソーラー発電所は、飯能市が自然豊かな里山を保全するために巨額の税金で購入した市有林の3/4を伐採伐根し、丘陵の稜線の土砂を削って、急斜面の低地や谷に盛り土して「ほぼ平坦化してしまう大規模土木工事」で環境を完全に破壊して造るという典型的な〈環境破壊型メガソーラー〉なのです。

ところが、日本ではまだ多くの人たちは、この<環境破壊型メガソーラーと社会貢献型メガソーラーの根本的な違い>がまだ明確には区別されていません。

そこで、〈環境破壊型メガソーラー〉で儲けようとする人たちは、周囲の人々の反対を抑えるために、「全てのメガソーラー発電所は〈社会貢献型メガソーラー〉である」かのように装うことに力を注いでいます。

その巧妙な嘘宣伝を信じてしまう人が少なくないので、「原子力発電に反対している人がメガソーラー発電に反対するのはおかしい!」という〈言葉の詐術〉に騙されてしまうのです。

その〈言葉の詐術〉の威力を悪用して強行されているのが阿須山中土地有効活用事業の実態なのです。

これは、飯能市の一部の人間と、特定の民間事業者とが「結託」して、市民を騙して、市民の共有財産を議会の採決を経ずに私物化するという詐欺的案件でもあるのです。

   (984字)

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
ここをクリックして戴けるとこれからの励みになります。
     ↓
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
クリックすると<地域生活/ 関東ブログカテゴリー>ランキング頁に行きます。
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

| 小久保 達 | 19:39 | comments (0) | trackback (0) | ★『森林文化都市飯能「市有林メガソーラー」狂詩曲・市民版大全集』★::〈環境破壊型メガソーラー〉と〈社会貢献型メガソーラー〉を区別する |
このページの先頭へ
当ブログ編集人プロフィール
みなさんからのコメント
  • ★2017年7月の市長選★ ⇒【現職と新人の出馬動向】No.11       前県議の和田さんはブログで「共産党の候補者擁立は、笑止千万、究極のパフォーマンス!」と断定しているのですが・・・・。
今月の書き込み
{CALENDARBOX} {CDCTRLBACK}<<前月{/CDCTRLBACK} {CDYM}Y/m{/CDYM} {CDCTRLNEXT}次月>>{/CDCTRLNEXT}
過去の書き込み
TRACBACK
  • ★この場所のココに注目!★ ⇒【奥武蔵あじさい館】No.06                                       9月定例議会で市議に質問して欲しいコトは?
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ゲットネット...¥
Blog Ranking

OTHERS
    RSS 1.0
    処理時間 10.400547秒
このページの先頭へ