当ブログの項目タイトル
⊿大分類の項目(件数小計)
 ⇒中分類の項目(書込件数)

▲飯能を面白くするコト▲ ⇒ 【飯能を舞台にした映画】No.1                                                 まずオリジナルの小説、そしてTV放映、そうなればやがては映画制作にも
            
 飯能を舞台にした映画が作られないだろうか? それも、マイナーな自主映画なんかではなく、全国の映画館で一般公開される映画が製作されたらいいなぁ・・・
 そんなことを願っているのは私だけではないでしょう。

 面白かった映画、感動した映画を観ると「撮影された場所にいつかは行ってみたい」と思うものです。行けないとしても、その撮影場所の地名はいつまでも自分の記憶に好印象を残してくれます。

 私が映画館で観た邦画の中で、映画の舞台となった地域がいまも印象に残っている作品は幾つもあります。ここ数年で観た映画では『黄泉がえり』『下妻物語』『母のいる場所』『茶の味』『スウィングガールズ』『機関車先生』『半落ち』『リンダ・リンダ・リンダ』『NANA』『星になった少年』『バッチギ』などです。『蕨野行』や『草の乱』『北の零年』などは、作品も写されていた風景も良かったのですが、残念ながら時代設定が現代ではありません。

 過去にも飯能が撮影場所になった映画は幾つかあります。『ISOLA多重人格少女』(2000年)では駿河台大学が、『ドラッグストアガール』(2004年)では加治東小学校と岩沢グランドが出てきましたが、あくまでも「撮影された場所」であって「ドラマの舞台」ではないので地名は残念ながら出てきませんでした。北野武が監督した『Dools』(2002年)では名栗湖が出てくるそうですが、私はまだ観ていません。

 昔、高校を舞台にした単発のテレビドラマを「どこかで見たことがある校舎だなぁ・・」と思いながら観ていたら、「あれっ、聖望学園だ!」ということもありました。キャットフードのTVコマーシャルで銀座通り商店街周辺の路地がたっぷり出てくるものもありましたね。

 私は『男はつらいよ』は全48作すべてを映画館で観ていますが、心残りは「飯能が舞台」にならないうちにシリーズが終わってしまったことです。だから、いまでは『釣りバカ日誌』シリーズで、宮沢湖や名栗湖や市内の渓流が舞台になることを夢想しています。

 このシリーズはいままでほとんど「海のある地域」が舞台ですが、湖や渓流が舞台になる可能性は大いにあります。ましてや、主人公の浜チャンは建設会社の社員なのですから「砂防ダムや林道建設の現場が出張地になった」という設定になれば「飯能で撮影」の可能性が無いわけではありません。

 できるなら、現代の飯能が「実在の飯能市」として舞台になり、市内が何カ所も出てくる映画が制作されて欲しいですね。

 例えば、飯能駅や市内に点在する蔵、旧家、飯能河原、天覧山、多峯主山、顔振峠、宮沢湖、名栗湖、こどもの森公園、アトム像、能仁寺、竹寺、子の権現、東郷公園、自由の森学園、聖望学園、駿河台大学、飯能幼稚園・・・撮影場所にしたらいいと思う場所は無数にあります。

 自然環境も、カタクリの群生や里山に点在しているミツバツツジ、蛍の季節も撮影にはお薦めです。鹿や猪が生息する森林もあります。除夜の鐘から初日の出の「時間帯」も他の地域ではあまり確保できない「時間と空間」ではないかと思います。

 飯能を舞台にした映画を実現させる方法には下記の3つがあります。
   (1)飯能市が市の予算で製作してしまう
   (2)飯能フィルムコネクションを設立して種々の撮影を誘致する
   (3)映画制作者や映画監督に企画を提案する

(1)には、「行政が先頭になって製作する映画に面白い作品は期待できない」という過去の経験値の懸念があります。
(2)は、他の地域との競合になりますし、選ばれたとしても必ずしも「地元の意向」通りに撮影されるわけではないし、映画の中で地名が出ないこともあります。
(3)では、まず、その企画(原作・脚本)自体が、制作者や映画監督が食指を動かすだけの内容でなければなりません。仮に企画が採用されたとしても、実際の撮影では地元もある程度の費用負担は避けられません。

 一番確実で、費用をかけずに「飯能を舞台にした映画」を実現する方法は、遠回りのようですが、
   (4)「飯能を舞台にした面白い小説」が創作される ということでしょう。

 その小説が人気になれば、黙っていてもTVドラマ化や映画化のされることになっていきます。そして、その人気小説の原作者が「映画の舞台も飯能にすること」を条件にすれば確実に飯能で撮影されることになります。

 ただ、この方法の最大の問題点は、誰が? いつ? どのような内容の? 小説を書くのか、ということです。個人的には、私の知っている「呉服屋の長さん」をモデルにした永倉万治の『人蕩し(ひとたらし)』(集英社『これでおしまい』収録)という短編小説が好きなのですが、単発のテレビドラマは可能でも映画化には少し地味かもしれません。

 誰か書きませんか? 現代の飯能を舞台にした小説を!

| 小久保 達 | 14:59 | comments (3) | trackback (0) | ★飯能を面白くするコト★::飯能を舞台にした映画 |
▲飯能を面白くするコト▲ ⇒ 【飯能を舞台にした映画】No.2                                                      時代は「いま」、季節は「365日」、スタイルは「群像劇」で!
                  
 飯能を舞台にした映画を製作するなら、やはり時代設定は「現代」にしてもらいたいですね。いまの風景、建物、地名がそのまま登場して欲しいものです。そうすれば、その映画を20年後、40年後になって観た時も「当時の懐かしさ」を感じさせてくれます。

 映画『男はつらいよ』シリーズは、制作が年1作になってから映画は、柴又の正月風景から始まり、寅さんが柴又に帰ってきて、途中で色々あって、翌年の寅さんの旅先の正月風景で終わる、というのが定番になっていました。飯能を舞台にした映画も、「春夏秋冬それぞれの飯能」を全国の人たちに紹介したいので、1年365日を通して撮影して欲しいと思っています。

 実在の地方都市で、実際の地名を登場させて、映画(ドラマ)を製作する場合、難しいのは「主人公」の設定です。

 男か? 女か? 子どもか? 若い人か? 中高年か? 飯能生まれで飯能育ちの地元の人か? それとも、他所から飯能に転入してきた人か? それによってターゲットとする対象も、ドラマの傾向も決まってしまいます。

 飯能市が市民も行政も一丸となって映画製作に関わっていくとしたら、特定のグループ、特定の地域、特定の個人だけにスポットが当たるのは避けなければなりません。そうなると、当然、多くの人々が対等の立場で登場して、お互いに絡み合っていく「群像劇」が最適ということになるでしょう。

 様々な立場の人が、様々なキャラクターで、様々な設定で登場すれば、それだけ多くの場所を、春夏秋冬の姿を無理なく撮影することができます。

 例えば、こんな登場人物たちではどうでしょうか?

 主人公Aは、飯能生まれで、飯能育ちです。家業を継ぐのが嫌で飯能を飛び出して東京で働いていましたが、夢破れて飯能に帰ってきました。しかし、将来性の無い家業を継ぐ気になれません。

 主人公Bは、サラリーマン時代に飯能市に転入してきた定年退職者です。現役のときは飯能は寝に帰ってくるだけの場所だったので市内に友人知人が一人もいません。これから、飯能で何をして過ごそうか悩んでいます。

 主人公Cは、市内の大学に通うために飯能に越してきました。飯能が気に入ってなんとか卒業後も飯能に住み続けたいと思って、市内の企業への就職を希望しています。

 主人公Dは、公民館の職員ですが、平凡でマンネリの生活にウンザリしている毎日です。刺激を求めて「改革」に一人で乗り出すのですが、共感が得られず周囲から浮いています。

 その他に、主人公E、F、G、H・・・・といくらでも増やしていけます。

 映画は大晦日から始まります。主人公A、B、C、D、E・・・は、それぞれ、市内の能仁寺や心応寺で除夜の鐘を衝き、地域の神社に初詣をして、天覧山や多峯主山や蕨山などで初日の出を拝みます。それぞれの願いは様々です。

 その後、AやB、C、D、E・・・は、春の「雛飾りイベント」、鉄腕アトムの誕生日、里山のミツバツツジ、ツーデーマーチ、蛍の里、飯能河原の金魚すくい大会、飯能まつりなどを通して、多くの体験を重ねて、再び、大晦日と初日の出を迎えるところまでで映画は終わります。

 この「一年の春夏秋冬」で、主人公たちが、「何を目指して」「何を起こすか」そして「どうなっていくか」なんてことまでは、いまはまだ何も考えついていません。

| 小久保 達 | 00:22 | comments (0) | trackback (0) | ★飯能を面白くするコト★::飯能を舞台にした映画 |
▲飯能を面白くするコト▲ ⇒ 【飯能を舞台にした映画】No.3                                         カーリング映画『シムソンズ』に続いて、ホッケー映画でもいいかもしれない
                    
 きょう(3/29)、カーリングを題材にした『シムソンズ』という映画を観てきました。冬季オリンピックのカーリング女子日本代表チームの実話を元にした女子高校生の青春スポーツドラマです。

 実話に基づいているそうなので、映画の舞台も、彼女らの出身地である北海道の常呂町です。映画の内容と評判については下記の映画サイトで確認して下さい。どちらのサイトでもかなり評価は高いようです。私としては(5点満点の4点)★★★★でした。
 
    上映館と上映時刻は「MovieWalker東京」
    観た人の評判掲示板は「映画のススメ」

 この映画を観ながら、「飯能を舞台にするなら、当然、題材にするスポーツはホッケーだなぁ・・・・」ということを考えていました。「二番煎じ」と言われるでしょうが、「友人達やクラスメイトで試合やコンテストに挑戦していく青春ドラマは、昔から一つのジャンルとして確立されています。

 最近ヒットした邦画だけでも、『ウォーターボーイズ』『スウィングガールズ』『リンダ・リンダ・リンダ』などのようにたくさんあります。

 女子高校生たちの音楽バンドを題材にした『スウィングガールズ』や『リンダ・リンダ・リンダ』は創作ですが、この『シムソンズ』や男子シンクロナイズドスイミングを題材にした『ウォーターボーイズ』は実話が基になりました。

 常呂町の場合、「カーリングが盛んだから町営のカーリング場が出来た」のか、逆に「町営のカーリング場が出来たからカーリングが盛んになった」のか知りませんが、飯能市の場合は「せっかく市営のホッケー場があるのだから、もっとホッケーが盛んになってもいいのではないか」というところでしょうか?

 ホッケーの場合は、オリンピック日本代表選手が飯能市出身者で占められるようにならないと、映画化はされないのでしょうか? もし、そんなことが実現したとしても、とてもそれまでは待っていられません。「創作もの」でいきたいですね。

 飯能市営ホッケー場を舞台にした映画を制作するとしたら、主人公たちは、すぐ近くの飯能南高か駿河台大学の学生たちになるのでしょうか? 中学生でもいいのですが、そうすると「恋愛」を絡めさせられないので、ドラマとしての面白さがやや弱くなってしまいます。

 おじさんたちが「まちおこし」や「不純な動機」で「マイナーなスポーツに取り組む」という設定で、は既に『ドラッグストアー・ガールズ』(これも飯能で撮影されました)があります。

 どなたか、原案か原作を考えませんか?

  

 

| 小久保 達 | 23:52 | comments (0) | trackback (0) | ★飯能を面白くするコト★::飯能を舞台にした映画 |
▲飯能を面白くするコト▲ ⇒ 【飯能を舞台にした映画】No.4                                                    「ご当地映画」と言っても、駄作では意味が無い
              
 先日( 6/27)日本テレビで放送された『ウィルス・パニック2006』はDVDに録画していましたが、やっと全巻を見終わりました。

 飯能市内でロケをしたドラマとして、かなり期待していましたが、正直言うと、ドラマとしてはかなりお粗末だと感じました。途中で何度も視るのを止めようと思ったくらい。

 それでも、なんとか我慢して最後まで視たのは「市内のどこが写っているか?」「エキストラで誰か知っている人が写っているか?」という興味だけでした。

 いくら「飯能で撮影されたTVドラマ」だとしても、肝心の作品としての中味が面白くなければ、飯能への知名度や好意度を高めることにはなりませんね。

 原作がどんなに良くても、脚本や演出などに新鮮みが無ければ、ドラマは面白くはありません。そんな基本的なことを改めて実感させてくれたTVドラマでした。

これから「飯能を舞台にした映画」を制作するには、まず「面白い脚本」が不可欠です。

| 小久保 達 | 22:34 | comments (0) | trackback (0) | ★飯能を面白くするコト★::飯能を舞台にした映画 |
▲飯能を面白くするコト▲ ⇒ 【飯能を舞台にした映画】No.5                                                       ユナイテッドシネマが始めた「ご当地映画製作事業」に期待しよう!
              
 きょう(9/8)の日経流通新聞(日経MJ)に、
「シネコンのユナイテッド・シネマが自社シネコンの所在地を舞台にしたご当地映画の製作に乗り出す」という記事が載っていました。

 ユナイテッド・シネマのHOME頁の最下段に

 みんなの映画プロジェクト というコーナーがありますので、そこを読んでみて下さい。

要するに
「ユナイテッドシネマ入間がある入間市(商圏である飯能市も含む)を舞台にした映画の原案を書いてコンペティションに応募しませんか?」
「最優秀賞になったら、その映画化をユナイテッドシネマが支援します」
「その作品を地元の映画館(ユナイテッドシネマ入間)で先行公開し、評判が良ければ、全国のユナイテッドシネマのスクリーンで上映します」

というプロジェクトのようです。

 その第1回目の「シネマプロットコンペティション2006」は、8月21日に締め切られ、応募総数は373作品。最終選考結果(グランプリ1作品・準グランプリ)は10月3日に発表される予定だそうです。

 その受賞作品発表会へはwebサイトから誰でもメールで応募できるようになっています。(なので私も申し込んでみました)

 ユナイテッドシネマでは、この「シネマプロットコンペティション」はこれから、2007、2008・・・と続けて、「ご当地映画事業」に力を注いでいくそうです。

 な~んかすっごく嬉しくなってしまいました。

 誰か、入間市や飯能市、日高市を舞台にした映画の原案を書いて、来年の「シネマプロットコンペティション2007」に応募してみませんか? 

 実は、私は、明治大学文学部に入学したときは演劇学専攻クラスだったんです。でも、学園紛争で大学封鎖になってそのまま中退。20代の頃は、六本木にあったシナリオ教室に通ったこともあったのですが・・・・結局は挫折しました。

 それ以来今日まで、芝居小屋や映画館には年間100回以上は行っていますが、ただ観客として観るだけです。私に才能は無いので、シナリオは創作できませんが、なんとか、飯能を舞台にした映画製作には、ポスター貼りやチラシ配布、入場券販売などで関わっていきたいと願っています。

 あっ! 「ご当地映画」には、地域の住民が「エキストラで出演」という最大の楽しみがありますね!(20代前半の頃は、アルバイトで映画やテレビのエキストラもやってたんです・・・・)





| 小久保 達 | 21:57 | comments (0) | trackback (0) | ★飯能を面白くするコト★::飯能を舞台にした映画 |
▲飯能を面白くするコト▲ ⇒ 【飯能を舞台にした映画】No.6                                                20年前に飯能・名栗を舞台にして作られた映画『愛の陽炎』を知っていますか?
      
先日、市内のFさんという知らない方から
「飯能、名栗を舞台にした20年前の映画があります」
というメールを頂きました。

たぶん、当Blogの〈飯能を舞台にした映画〉という項目(カテゴリー)を読まれた方だと思います。

題名は『愛の陽炎』 主演は伊藤麻衣子、萩原流行・・・・
制作は1986年ですから、本当に20年前の映画です。  

メールには
「内容は・・ともかく、撮影場所など懐かしく楽しめるかと思います。
もし、よろしかったら無料で差し上げます」

と書かれていましたので、早速、返信メールを出しました。

そしたら、なんと、わざわざ拙宅まで届けてくれたのです。
(こういう時、市内の人なら誰もが知っている場所に住んでいるというのは便利ですね・・・・・・)


我が家のDVDデッキには150時間も「まだ見ていないTV番組」が溜まっているのですが、それでも翌日には奥さんと一緒に視てみました。

出演者は、リンクしてある<goo映画・作品情報>の中の<キャスト一覧>を観て下さい。佐野浅夫 司葉子 北林谷栄 小坂一也 高田純次 谷村昌彦・・・・・・

私としては<脚本・橋本忍>に驚きました。

詳細の<あらすじ>の他に、<日の当たらない邦画劇場・感想文>というサイトを見つけましたので、興味有る方はそちらも読んでみて下さい。。

名栗に住んでいる娘(伊藤麻衣子)の職場が飯能の製材所、という設定です。
ドラマのセリフの中で、飯能、名栗、以外に、日高、狭山、という地名が頻繁に出てきます。

山の中は私には場所が特定できませんでしたが、飯能信用金庫旧本店、東飯能駅の旧駅舎などはすぐに判りました。


ちなみに、「飯能を舞台にした映画」と「飯能で撮影された映画」は混同されますが、その違いは大きいのです。

「飯能を舞台にした映画」というのは、ドラマの場所設定自体が飯能市内になっている映画のことで、セリフや画面に「飯能市内の地名」が頻繁に出てくるものです。

これに対して、「飯能で撮影された映画」というのは、撮影が飯能で行われたというだけで、ドラマの中での場所の設定は飯能ではありません。だから、飯能に関する「地名」などは画面に出てきません。

昨年の日本アカデミー賞を受賞した『フラガール!』は、炭坑現場として飯能市阿須の日豊鉱業が使われましたが、そこで撮影されたというだけで、ドラマの中で「飯能」という地名が出てくるわけではありません。

 『ドラッグストアーガールズ』も、阿須周辺の公園や学校で撮影が行われましたが、ドラマの中で使われた地名は架空のものです。

それでも、飯能で撮影された映画は、エンドロールに撮影に協力した団体や会社の名前が表示されますから、それはそれで嬉しいことですが・・・・・

現在、毎週木曜日にTBS系列で放送されているドラマ『夫婦道』は、入間市のお茶農家が舞台ですから、「入間市を舞台にした映画」です。





| 小久保 達 | 23:28 | comments (0) | trackback (1) | ★飯能を面白くするコト★::飯能を舞台にした映画 |
★飯能を面白くするコト★ ⇒ 【飯能を舞台にした映画】No.07                      『埼玉家族』が製作されたからと言って、『飯能家族』では新鮮味に欠ける!!

埼玉県庁Twitterから上田知事のBlog「最新一打」にアクセスしてみました。
http://5line.jp/blog/itsudoko/index.php?c=36-7
<7月30日(火曜日)の一打『埼玉家族』>というタイトルで、県と松竹株式会社の初の共同製作による映画のことが紹介されていたからです。

10月12日からMOVIX川口、新宿ピカデリー、なんばパークスシネマで公開される予定だそうです。

この『埼玉家族』は、30代から40代の新進気鋭の若手監督4人がそれぞれ手掛けたオムニバス作品ということですが、私が「飯能を舞台にした映画」で〈妄想〉しているのは、群像劇です。

もちろん、テーマは『家族』ではなく『地域の活性化』です。

「どうすれば、自分が今、住んでいる地域を活性化できるか?」ということをテーマにした映画を製作していくプロセスで地域を活性化していこうというのが、私の狙いです。

飯能ならではの里地里山、清流、河原、ハイキングコース、神社仏閣などの観光資源の地を舞台に、旧住民と新住民、高齢者と若者、過疎集落と駅前マンション、年金暮らしと失職者、自営業とサラリーマン、男と女、教える側と教わる側との対比や、地域が目指す方向性の違いや人生観の違いを浮き彫りにしながらも、「定住人口を増やす」という共通目標に向かって切磋琢磨していくプロセスを描いていきたいと、いまのところは妄想しています。

            (570字)

**********************************************
ここをクリックして戴けるとこれからの励みになります。
     ↓
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
クリックすると<地域生活/ 関東ブログカテゴリー>ランキング頁に行きます。
********************************************** 


| 小久保 達 | 00:31 | comments (2) | trackback (0) | ★飯能を面白くするコト★::飯能を舞台にした映画 |
このページの先頭へ
当ブログ編集人プロフィール
みなさんからのコメント
今月の書き込み
{CALENDARBOX} {CDCTRLBACK}<<前月{/CDCTRLBACK} {CDYM}Y/m{/CDYM} {CDCTRLNEXT}次月>>{/CDCTRLNEXT}
過去の書き込み
TRACBACK
  • ★この場所のココに注目!★ ⇒【奥武蔵あじさい館】No.06                                       9月定例議会で市議に質問して欲しいコトは?
  • ★飯能が目指す方向★⇒【原点に立って考える】No.07                                         〈公設民営〉と〈民設公営〉と〈民設民営〉を使い分ける!
  • ★飯能が目指す方向★⇒【私の空想・妄想・夢想・構想】No.28                                            市役所職員採用で、「年齢制限」と「学校歴偏重」が無くなること
  • ★飯能が目指す方向★⇒【私の空想・妄想・夢想・構想】No.3                                                          市営森林文化都市公園、市営里地里山文化公園、市営樹木葬霊園、学校共同学習林、家庭菜園団地、・・・・・
  • ★飯能活性化プラン365★ ⇒【ゴルフで活性化】No. 3                                    飯能市内の全ゴルフ場の総来場者を増やす「思い付き」7つ
  • ★飯能活性化プロジェクト365★⇒5/365【バースデーハウス365】                                          市内に『バースデーハウス』という飲食店があったら・・
  • ★もしも、私(あなた)が・・・・★ ⇒【どこかの市長だったら】No.7                            「自治体・市役所・市長・職員・住民」それぞれの役割と課題を「大規模団地」に喩えて説明したい!
  • ★もしも、私(あなた)が・・・・★ ⇒【西武鉄道の社長だったら】No.11               元加治駅から八高線に乗り入れ,「駿河台大学前駅」を新設して八王子駅まで行きたい!
  • ★もしも、私(あなた)が・・・・★ ⇒【観光協会の会長だったら】No.5                       改札口前の観光案内所なら最初は「テーブルと倚子とパンフレット棚」で充分!  
  • ★2009年度の市長選を面白く!★ ⇒【「選挙の在り方」も変えていく】No.5                                                                       7月の市長選では、立候補予定者自らが「投票率アップ」に取り組みます!
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ゲットネット...¥
Blog Ranking

OTHERS
このページの先頭へ