当ブログの項目タイトル
⊿大分類の項目(件数小計)
 ⇒中分類の項目(書込件数)

▲今の市長への要望▲ ⇒ 【期待したい副市長制度】No.1                                                   市長の「右腕」なのか? 組織の「お飾り」なのか?
        
3月の定例市議会で、飯能市に副市長が誕生するのだそうです。

沢辺市長が市役所幹部職員の中から指名した人を、市議会で承認するという手続きが必要なのだそうです。

大きな組織には「長」を補佐する「副」が居ます。

副大統領・副首相・副大臣・副知事・副総裁・副理事長・副会長・副社長・・・・・・

「副市長」の役割、任務、権限などはまだ知りませんが、民間の企業や団体では、同じ「副」でも、組織によっては、微妙な違いがあるものです。

例えば副社長。

それが会社で一人の場合は、社長の「右腕」とか、社長の「腹心」、あるいは、社長の「代理人」という位置づけの人が副社長になります。

副社長が、社長よりかなり若い人だと「後継者」「次期社長」というように見られます。

しかし、その副社長が、社長の腰巾着の場合は「論功行賞」人事、情実人事と言われてしまうこともあります。

その副社長が、他の役員よりも高齢の場合は、退職前の「餞別人事」と言われてしまうかもしれません。

大きな企業で、副社長が三人も四人も居るような会社では、副社長という肩書きでも、社内では「棚上げ」人事とか、組織の「お飾り」と揶揄され、高給の割には「閑職」であったりもします。

都道府県には副知事制度があります。

宮崎県の東国原知事ように、選挙で戦った対立候補を副知事に要請するというプランは、残念ながら成立しませんでしたが、なかなか画期的なものでした。

飯能市では、どのような人が「副市長」に任命されるのか? 
その人がどのような役割を果たすのか? 

いまからそれが楽しみです。



| 小久保 達 | 23:29 | comments (0) | trackback (0) | ★今の市長への要望★::期待したい副市長制度 |
このページの先頭へ
当ブログ編集人プロフィール
みなさんからのコメント
  • ★2017年7月の市長選★ ⇒【現職と新人の出馬動向】No.11       前県議の和田さんはブログで「共産党の候補者擁立は、笑止千万、究極のパフォーマンス!」と断定しているのですが・・・・。
今月の書き込み
{CALENDARBOX} {CDCTRLBACK}<<前月{/CDCTRLBACK} {CDYM}Y/m{/CDYM} {CDCTRLNEXT}次月>>{/CDCTRLNEXT}
過去の書き込み
TRACBACK
  • ★この場所のココに注目!★ ⇒【奥武蔵あじさい館】No.06                                       9月定例議会で市議に質問して欲しいコトは?
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ゲットネット...¥
Blog Ranking

OTHERS
    RSS 1.0
    処理時間 13.801896秒
このページの先頭へ