当ブログの項目タイトル
⊿大分類の項目(件数小計)
 ⇒中分類の項目(書込件数)

▲地域内のサイト▲ ⇒ 【飯能いつどこBlog版】No.1                                                           きょう『飯能いつどこBlog版』をスタートさせました。「とりあえず」ですが・・・・・

 『飯能いつどこ情報源』では、イベント情報は日付順で掲載しています。

 以前はエクセルでもデータ入力をしていたので「日時検索」や「会場検索」
「ジャンル検索」もできました。

 しかし、今年の4月からは、htmlファイルへの入力だけにしたので
「検索機能」が無くなりました。

 この「検索機能」がいままでどれだけ活用されていたのか判りません。

 しかし、Blogに検索機能が有ることを知ってから、『飯能いつどこ情報源』の
イベント情報だけでも「Blogに載せられないかなぁ」と思ってきました。

 いま書いているBlog「飯能どうする研究所」で使っているBlogソフトの
「カテゴリ-分け」機能が「一階層だけ」だったのから「二階層まで出来る」ようになって、このBlogソフトを『飯能いつどこ情報源』に使おうと決めました。

 それが、きょうからスタートさせた『飯能いつどこBlog版』 です。

 とりあえず、12/01以降のイベント情報からBlogにしてあります。


 これからの最大の課題は、「月日が過ぎた情報」をそのまま保存しておくか、それとも削除するか、ということです。

 「保存」しておけば、過去のイベント情報が判ります。

 しかし、検索した時は「これからの情報」と「過去の情報」の両方が表示されてしまいます。

 「削除」してしまえば、いつもBlogに表示されるのは
「きょう以降のこれからの情報」だけです。

 しかし、「情報が蓄積されていかない」ので、ちょっと空しい気持ちになってしまいます。

 その結論は12/01までに出さなければなりません。


 
 私が『飯能いつどこ情報源』を開設してから5年以上が経ちました。

 しかし、そこに掲載している内容の中で、何が最も求められているのか私には把握できていません。

 『飯能いつどこ情報源』は、地域情報サイトだから「イベント情報」は欠かせないと思って始めたのですが、かなりの負担になっています。

 せめて、飯能市役所サイトに、入間市役所サイトイベント情報欄ほどの掲載件数があれば、私はこの『飯能いつどこ情報源』の運営を止められるのですが・・・・・


| 小久保 達 | 23:28 | comments (0) | trackback (0) | ★地域内のサイト★::「飯能いつどこBlog版」 |
このページの先頭へ
当ブログ編集人プロフィール
みなさんからのコメント
  • ★2017年7月の市長選★ ⇒【現職と新人の出馬動向】No.11       前県議の和田さんはブログで「共産党の候補者擁立は、笑止千万、究極のパフォーマンス!」と断定しているのですが・・・・。
今月の書き込み
{CALENDARBOX} {CDCTRLBACK}<<前月{/CDCTRLBACK} {CDYM}Y/m{/CDYM} {CDCTRLNEXT}次月>>{/CDCTRLNEXT}
過去の書き込み
TRACBACK
  • ★この場所のココに注目!★ ⇒【奥武蔵あじさい館】No.06                                       9月定例議会で市議に質問して欲しいコトは?
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ゲットネット...¥
Blog Ranking

OTHERS
    RSS 1.0
    処理時間 11.334366秒
このページの先頭へ