当ブログの項目タイトル
⊿大分類の項目(件数小計)
 ⇒中分類の項目(書込件数)

▲地域内のサイト▲ ⇒ 【地域サイトを考える・】No.1                                            地域サイトを考える際に必要な主な項目
           
 この〈地域サイトを考える〉という項目タイトルでは、地域情報サイトに関することを総合的に書いていきます。きょうは第01回なので、もし、『地域サイトを考える』というタイトルの単行本を書くという前提で、本の目次スタイルで全体の項目を列挙してみました。

   1.「地域情報サイト」の「内容による分類」
   2.「地域情報サイト」の誕生から現在までの歩み
   3.地域活性化における「地域情報サイト」の役割
   4.「地域情報サイトを開設したい」という人たちの動機と目的
   5.「地域情報サイト」に求められる掲載情報と活用できる機能
   6.「地域情報サイト」の成功事例研究
   7.「地域情報サイト」の失敗事例研究 
   8.「個人運営」と「グループ運営」の限界と可能性
   9「地域情報サイト」のこれからの可能性と課題

| 小久保 達 | 13:04 | comments (0) | trackback (0) | ★地域内のサイト★::「地域サイト」を考える |
▲地域内のサイト▲ ⇒ 【地域サイトを考える】No.2                                              「運営したい人の項目」よりも「利用したい人の項目」を考える

 この〈地域サイトを考える〉という項目タイトルの第01回では「全体の項目」を列挙したので、第02回以降は、その項目に沿って書いていきます。

 私が2001年3月から運営している『飯能いつどこ情報源』は言うまでもなく地域サイトです。正確には「地域情報ポータルサイト」と言うのだそうですが「地域サイト」とか「地域情報サイト」とも言われています。

 ちなみにamazonなどの書籍DBを「地域情報サイト」で検索すると、『誰でも簡単にできる学校Webサイト活用法―学校の情報公開、地域・保護者との連携のために』(高陵社1680円)1冊しか表示されません。つまり「地域情報サイト」について書かれた書籍はまだ1冊も出版されていないということです。

 もし、どこかの出版社が「地域情報サイト」に関する単行本を出すとしたら、「地域サイトを利用する人の視点で書いた活用本」でしょうか? それとも「地域サイトを開設したい人・運営している人の視点で書いた指南書」になるのでしょうか?

 参考のために「地域サイトを考える」でGoogle検索したら、最上位に表示されたのは、私の「飯能どうする研究所」の当の項目でした。まだ「地域サイトを考える」というサイトは誰も開設していないようです。

 第01回で書いた項目は「開設したい人」のためのものでしょう。そこで今回は「利用したい人のための項目」の大分類を書いてみました。
 
   1.どこまでの「地域」を対象にしたいのか?
   2.まず「地域名」で検索してみよう!
   3.自治体・公益団体のサイトを総点検してみる
   4.「地域」の何を知りたいのか?
   5.知りたいのは過去か?現在か?未来か?
   6.「場所」を知りたいのか?
   7.「人」を知りたいのか?
   8.「いつ?どこで?何が?」を知りたいのか?
   9.「いま」「ここで」起きていることを知る

第03回以降は各項目毎に詳細を考えていく予定です。 

| 小久保 達 | 23:37 | comments (0) | trackback (0) | ★地域内のサイト★::「地域サイト」を考える |
このページの先頭へ
当ブログ編集人プロフィール
みなさんからのコメント
  • ★2017年7月の市長選★ ⇒【現職と新人の出馬動向】No.11       前県議の和田さんはブログで「共産党の候補者擁立は、笑止千万、究極のパフォーマンス!」と断定しているのですが・・・・。
今月の書き込み
{CALENDARBOX} {CDCTRLBACK}<<前月{/CDCTRLBACK} {CDYM}Y/m{/CDYM} {CDCTRLNEXT}次月>>{/CDCTRLNEXT}
過去の書き込み
TRACBACK
  • ★この場所のココに注目!★ ⇒【奥武蔵あじさい館】No.06                                       9月定例議会で市議に質問して欲しいコトは?
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ゲットネット...¥
Blog Ranking

OTHERS
    RSS 1.0
    処理時間 12.243315秒
このページの先頭へ