当ブログの項目タイトル
⊿大分類の項目(件数小計)
 ⇒中分類の項目(書込件数)

◆Google活用と飯能・01◆                                                           「航空写真」で飯能全域を、いつでも、どこでも、自由に一望できます。
 すでに知っている人も多いと思いますが、検索のGoogleサイトに地図機能があります。他の地図サイトとの大きな違いは「航空写真」が見られることです。世界中すべての地域の航空写真を、自分が空を飛んでいるかのように自由に見ることができます。

 試しに飯能河原の地図を表示してみました。(普通の地図が表示されている場合はその画面右上のサテライトの文字をクリックして下さい)

 このGoogleの航空写真の凄さは「カメラの視点」を自由に動かせることです。飯能市全域 → 関東一円 → 日本全土 → アジア全域と拡大されていきます。

 この「航空写真」が現時点のものだと素晴らしいのですが、残念ながらやや昔のもののようです。飯能河原に乗り入れている車が写っていることから、撮影日は少なくとも2005年1月1日以前のものと思われます。

 しかし、飯能河原のすぐ北側にある観音寺を見ると、まだ飯能幼稚園の旧園舎が残っていますので、撮影日はさらに遡ると思われます。旧園舎はいつ頃まだ在ったのでしょうか?

 みなさんも飯能市内での環境変化に記憶があれば、Googleの「航空写真」の撮影日が絞り込まれるのではないかと思います。興味の有る方は、自宅周辺の建物、道路の変化で撮影日時を推測してみたら面白いのではないでしょうか?

 この〈Googleマップと飯能〉という項目タイトルでは、このGoogle地図機能を飯能に活かすことについて書いていきます。まず、『飯能いつどこ情報源』TOP頁中列のイベント情報に載せる地図はすべてこのGoogleマップとリンクするようにしていきます。

| 小久保 達 | 20:42 | comments (0) | trackback (0) | ★地域内のサイト★::地域でのGoogle活用 |
このページの先頭へ
当ブログ編集人プロフィール
みなさんからのコメント
  • ★2017年7月の市長選★ ⇒【現職と新人の出馬動向】No.11       前県議の和田さんはブログで「共産党の候補者擁立は、笑止千万、究極のパフォーマンス!」と断定しているのですが・・・・。
今月の書き込み
{CALENDARBOX} {CDCTRLBACK}<<前月{/CDCTRLBACK} {CDYM}Y/m{/CDYM} {CDCTRLNEXT}次月>>{/CDCTRLNEXT}
過去の書き込み
TRACBACK
  • ★この場所のココに注目!★ ⇒【奥武蔵あじさい館】No.06                                       9月定例議会で市議に質問して欲しいコトは?
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ゲットネット...¥
Blog Ranking

OTHERS
    RSS 1.0
    処理時間 10.423353秒
このページの先頭へ