当ブログの項目タイトル
⊿大分類の項目(件数小計)
 ⇒中分類の項目(書込件数)

▲「飯能どうする研究所」とは?▲ ⇒ 【「日本どうする研究所」との連動】No.1                                                いつも「日本をどうする?」と「飯能をどうする?」を連動させて考えていきます。

 当Blog「飯能どうする研究所」について、私は8/21付け
「日本どうする研究所」というBlogを立ち上げるための予行演習という側面もあるかもしれません。
と書き込みました。

 そろそろ、その「日本どうする研究所」というBlogを立ち上げようと思っています。

 当初、私がBlog「日本どうする研究所」のカテゴリー構成として考えていたのは下記の3階層でした。

      日本を誇れる国にする10の挑戦
     日本を確実に変えていく100の実験
     日本を面白い国にする1000のアイデア

 
 つまり「1つの挑戦」毎に「10の実験」を提案し、
その「1つの実験」毎に「10のアイデア」を提示しようというものです。

これは、そのまま

      飯能を誇れる街にする10の挑戦
     飯能を確実に変えていく100の実験
     飯能を面白い街にする1000のアイデア
  

 ということにもなります。

 今年の1月1日から、当Blog「飯能どうする研究所」を先行させて書いてきましたが、分野や題材によっては、「日本どうする研究所」と連動して書きたくなるものが多くなってきました。

 そこで、そろそろ、「日本どうする研究所」を新しいBlogとして立ち上げることにしました。

 Blog「日本どうする研究所」のカテゴリー構成は、Blog「飯能どうする研究所」とは異なったものになります。そのため、Blog「飯能どうする研究所」のカテゴリーの大項目と中項目を改訂することがあると思います。

 私は、日本が目指す方向は、一言で言えば「誇れる国」になることだと思っています。

 「世界に誇れる日本」であって欲しいのです。

 何よりも「自分自身に誇れる日本」であって欲しいのです。

 安部首相の言う「美しい国」も、「美しいからこそ誇れる国」になるのだと思います。

 民主党の小沢一郎代表の言う「志を持て!日本人」も、「高い志を持つからこそ誇れる国」になるのだと思います。

 飯能も「本当の森林文化都市」であれば、本当に「誇れる街」になるのではないでしょうか。



| 小久保 達 | 21:44 | comments (0) | trackback (0) | ★飯能どうする研究所とは?★::日本どうする研究所と連動 |
このページの先頭へ
当ブログ編集人プロフィール
みなさんからのコメント
  • ★2017年7月の市長選★ ⇒【現職と新人の出馬動向】No.11       前県議の和田さんはブログで「共産党の候補者擁立は、笑止千万、究極のパフォーマンス!」と断定しているのですが・・・・。
今月の書き込み
{CALENDARBOX} {CDCTRLBACK}<<前月{/CDCTRLBACK} {CDYM}Y/m{/CDYM} {CDCTRLNEXT}次月>>{/CDCTRLNEXT}
過去の書き込み
TRACBACK
  • ★この場所のココに注目!★ ⇒【奥武蔵あじさい館】No.06                                       9月定例議会で市議に質問して欲しいコトは?
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ゲットネット...¥
Blog Ranking

OTHERS
    RSS 1.0
    処理時間 10.300867秒
このページの先頭へ