当ブログの項目タイトル
⊿大分類の項目(件数小計)
 ⇒中分類の項目(書込件数)

▲飯能「起業準備」講座▲ ⇒ 【個別相談はまずメールから】No.1                                                      具体的なビジネス分野での質問、相談のメールをお受けします 
      
ここでは何度も書いていますが、<起業>は、まず「具体的なビジネスプランを描く」ことから始まります。

しかし、起業塾の受講対象を絞り込むと極端に受講生の数は減ってしまうのが各地の起業塾、創業塾の実態です。
そのことは【各地の起業塾の実態】No.1(6/24)に書きました。

このBlog「飯能どうする研究所」で書いてきた『飯能「起業準備」講座』の第二段階は、<起業したい人>の具体的なビジネスプランに焦点を当てた個別指導になります。

その個別指導は、まず下記の<自己チェック>から始まります。
<起業相談室・事前の自己チェック>

上記サイトをクリックすると最初の設問が表示されます。

計5つの設問に回答していくと、最後に<相談・質問メール>にたどり尽きます。そこから<相談>や<質問>のメールを送信して下さい。

私があなたのビジネスプランを認識しておく必要が有る場合は、必要な資料を添付して頂いても構いません。

まだ事業計画書を作成されて以内方は、
【事業プランを書いて話す】No.1(7/17)で紹介した『20項目のチェックポイント』を参考にしながら、『ビジネスアイデア定着シート』に、あなたが考えているビジネスについて、現時点で書ける範囲の項目を書いて、それを私にメール添付して送って下さい。

折り返し、24時間以内に最初のアドバイスメールを返送します。

それから、あなたからの質問、相談、要請などを書いたメールと、
わたしからの回答、アドバイス、情報提供などを書いたメールが
納得のいくまで何度でも、あなたと私の間を往復することになります。

起業準備のために開設したホームページやブログがありましたら、そのURLを教えて下さい。アクセスして「サイトについての感想や意見」も書かせて頂きます。

相談料は、メールやwebサイト上で行われている限りは無料です。

実際に面談して相談されたいという方には<1時間1万円>の相談料を頂いています。場所は、飯能周辺であれば、あなたが指定される所でも、私が指定する所でもどちらでもOKです。

もしも、「1時間1万円は高い!」と感じられるようであれば、あなたが相談したいという内容は「本当の課題」「本当の悩み」「本当の問題」ではありません。無料相談を行っている公的機関に行くことをお薦めします。

それから、蛇足だとは思いますが、メール相談は匿名の方には応じられませんので、その点はご了承下さい。


| 小久保 達 | 09:23 | comments (0) | trackback (0) | ★飯能「起業準備」講座★::個別相談はまずメールから |
このページの先頭へ
当ブログ編集人プロフィール
みなさんからのコメント
  • ★2017年7月の市長選★ ⇒【現職と新人の出馬動向】No.11       前県議の和田さんはブログで「共産党の候補者擁立は、笑止千万、究極のパフォーマンス!」と断定しているのですが・・・・。
今月の書き込み
{CALENDARBOX} {CDCTRLBACK}<<前月{/CDCTRLBACK} {CDYM}Y/m{/CDYM} {CDCTRLNEXT}次月>>{/CDCTRLNEXT}
過去の書き込み
TRACBACK
  • ★この場所のココに注目!★ ⇒【奥武蔵あじさい館】No.06                                       9月定例議会で市議に質問して欲しいコトは?
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ゲットネット...¥
Blog Ranking

OTHERS
    RSS 1.0
    処理時間 10.419178秒
このページの先頭へ