当ブログの項目タイトル
⊿大分類の項目(件数小計)
 ⇒中分類の項目(書込件数)

★このBlogの読み方★ ⇒ 【誰が「良くする」のか?という視点】No.1                                                                          飯能「を」良くするコトで給料を貰っているのは誰なのか?  
    
前回(7/16)は、当Blogの<飯能どうする研究所>という名称には、
「飯能はどうなるか?」という予想ではなく
「飯能をどうするのか?」という方向や意図を込めていると書きました。

実は、この「飯能をどうするのか?」という課題には、
「誰が、この飯能をどうするのか?」ということも含まれています。

  誰が飯能を「良くする」のでしょうか?  
  誰が飯能を「面白くする」のでしょうか?
  誰が飯能の「知名度を高める」のでしょうか?
  誰が飯能を「住んでいて良かったと思える街にする」のでしょうか?
  誰が飯能を「住んでいることを誇れる街にする」のでしょうか?


日本では
「それは、そこに住んでいる住民一人一人がやるべきことだ」という考え方が定着しています。

でも、それは正確に表現すれば「住民も参加しないよりは参加したしたほうが良いし、そのほうが住んでいて面白い」と程度のことです。

上記のことに最も時間と智恵と労力を捧げなければならない<住民>とは、
結論から言えば、自治体からそのための給料を貰っている人たちのことです。

それは言うまでもなく市長であり、市議会議員であり、市職員であり、市から委嘱」されて報酬を得ている公的な委員会などの<委員>です。

Blog<飯能どうする研究所>は、
「給料を貰って飯能を良くするための仕事を遂行するべき人たち」に、
「良くするためのアイデア」や「面白くするためのアイデア」を提供していくことが目的なのです。

私は<よくある質問(FAQ)>でも書いてある通り、市議選も、市長選も、県議選も、国政選挙にも、いかなる選挙にも立候補する意志はまったくありません。

なぜなら、
私は「他人から批判されるのが大嫌いな度量の狭い人間」だからです。
「給料のために組織に拘束されるのが大嫌いなワガママ人間」だからです。
「選挙に当選するために本音を言わない(言えない)生き方には耐えられない幼稚な人間」だからです。

そして、自分が考えたことを文字に書くことが子供の頃から大好きだった人間なので、いま、Blogで自由に発信できる時代をとても喜んでいる人間なのです。

私が、当Blog<飯能どうする研究所>を書き続けているのは、
その大好きな「文章を書く」ということで、市長や市議会議員、市職員に本音で言いたいことを書いていくことが、自分が出来る「飯能を良くすること」「飯能を面白くするコト」だと考えているからです。

もちろん、それが一番「気楽なこと」だからでもありますが・・・・・・。

私は、今の市長や、次の市長になる人、市議、市職員から「好かれよう!」とは思っていません。だから本音が言えるのです。

これからは「厳しく名指しで追求していこうと思っています。

私の言動が無視されたり、逆に批判されたりすることがあっても、それは「好きなことを好きなようにしている報い」として当初から」覚悟していることです。

公務員は公務においての批判や悪口を言われることは甘受しなければなりません。それも「貰っている給料の一部に相当している」からです。

私は「他人から批判されるのが嫌だからいかなる公職にも立候補しない」と書きましたが、住民から批判されるのが嫌な公務員はその公務員を辞めたほうがいいのです。



| 小久保 達 | 12:45 | comments (0) | trackback (0) | ★(初めに)当Blogの読み方★::「誰が」良くするの?視点 |
このページの先頭へ
当ブログ編集人プロフィール
みなさんからのコメント
今月の書き込み
{CALENDARBOX} {CDCTRLBACK}<<前月{/CDCTRLBACK} {CDYM}Y/m{/CDYM} {CDCTRLNEXT}次月>>{/CDCTRLNEXT}
過去の書き込み
TRACBACK
  • ★この場所のココに注目!★ ⇒【奥武蔵あじさい館】No.06                                       9月定例議会で市議に質問して欲しいコトは?
  • ★飯能が目指す方向★⇒【原点に立って考える】No.07                                         〈公設民営〉と〈民設公営〉と〈民設民営〉を使い分ける!
  • ★飯能が目指す方向★⇒【私の空想・妄想・夢想・構想】No.28                                            市役所職員採用で、「年齢制限」と「学校歴偏重」が無くなること
  • ★飯能が目指す方向★⇒【私の空想・妄想・夢想・構想】No.3                                                          市営森林文化都市公園、市営里地里山文化公園、市営樹木葬霊園、学校共同学習林、家庭菜園団地、・・・・・
  • ★飯能活性化プラン365★ ⇒【ゴルフで活性化】No. 3                                    飯能市内の全ゴルフ場の総来場者を増やす「思い付き」7つ
  • ★飯能活性化プロジェクト365★⇒5/365【バースデーハウス365】                                          市内に『バースデーハウス』という飲食店があったら・・
  • ★もしも、私(あなた)が・・・・★ ⇒【どこかの市長だったら】No.7                            「自治体・市役所・市長・職員・住民」それぞれの役割と課題を「大規模団地」に喩えて説明したい!
  • ★もしも、私(あなた)が・・・・★ ⇒【西武鉄道の社長だったら】No.11               元加治駅から八高線に乗り入れ,「駿河台大学前駅」を新設して八王子駅まで行きたい!
  • ★もしも、私(あなた)が・・・・★ ⇒【観光協会の会長だったら】No.5                       改札口前の観光案内所なら最初は「テーブルと倚子とパンフレット棚」で充分!  
  • ★2009年度の市長選を面白く!★ ⇒【「選挙の在り方」も変えていく】No.5                                                                       7月の市長選では、立候補予定者自らが「投票率アップ」に取り組みます!
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ゲットネット...¥
Blog Ranking

OTHERS
このページの先頭へ