当ブログの項目タイトル
⊿大分類の項目(件数小計)
 ⇒中分類の項目(書込件数)

★「市長選」はここから読んで!★ No.1                                                  誰が市長になっても沢辺さんより悪くなることはない!
    
現在の飯能市の行政は、副市長以下の幹部職員が全てを企画し実行していますから、誰が市長になっても「行政が停滞する」ことはありません。

だから、今回の市長選の3人の新人立候補予定者である小久保、野口さん、杉田さんの中の誰が市長になっても、沢辺さんの時代より悪くなることはゼッタイに起こらないのです。

ただ、市役所職員を指導し、全力で仕事に取り組むように管理監督する人が皆無だっただから、効率が悪く、レベル低下の組織になってしまったのです。




| 小久保 達 | 16:02 | comments (0) | trackback (0) | ★2009年の市長選を面白く★::「市長選」ここから読んで! |
★「市長選」はここから読んで!★ No.2                                           市議会を傍聴したことのある人は市民の0.5%以下!
        
私は、2006年9月の定例議会から2009年6月の定例議会まで、その3年間で開催された年4回の「一般質問」の80%以上を傍聴してきました。

その結果、判ったことは、市の有権者(約67000人)の中で「議会の一般質問)を一度でも傍聴したことの有る人」は0.5%以下だということです。

「市議と市長との質疑応答」を4,5人の市議と市長の答弁を傍聴したことの有る人は、飯能市民の中には10人もいません。

その中で、沢辺市長と質問に立った全ての市議との「質疑応答」を傍聴したのは、67000人の飯能市の有権者の中で、小久保達一人だけなのです。 

このことは、沢辺市長、本橋副市長、議会に出席する幹部職員、3月まで市議だった21人だけが知っていることなのです。


| 小久保 達 | 12:14 | comments (3) | trackback (0) | ★2009年の市長選を面白く★::「市長選」ここから読んで! |
このページの先頭へ
当ブログ編集人プロフィール
みなさんからのコメント
  • ★2017年7月の市長選★ ⇒【現職と新人の出馬動向】No.11       前県議の和田さんはブログで「共産党の候補者擁立は、笑止千万、究極のパフォーマンス!」と断定しているのですが・・・・。
今月の書き込み
{CALENDARBOX} {CDCTRLBACK}<<前月{/CDCTRLBACK} {CDYM}Y/m{/CDYM} {CDCTRLNEXT}次月>>{/CDCTRLNEXT}
過去の書き込み
TRACBACK
  • ★この場所のココに注目!★ ⇒【奥武蔵あじさい館】No.06                                       9月定例議会で市議に質問して欲しいコトは?
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ゲットネット...¥
Blog Ranking

OTHERS
    RSS 1.0
    処理時間 11.433353秒
このページの先頭へ