当ブログの項目タイトル
⊿大分類の項目(件数小計)
 ⇒中分類の項目(書込件数)

★飯能に定着させたいコト★ ⇒【なみやなぎスタジオ】No.01 「多種多様な舞台芸をミックスした舞台公演」を「毎月1回」開催していく実験を! 
  
飯能市双柳に<なみやなぎスタジオ>という一軒家のイベントスペースがあります。

外から見た限りでは、普通の一軒家の住宅です。

オーナーの柳戸陽子さんが極めて活動的な女性で、住いとは別に確保したこの場所で、自分が教える体操系の講座を開いています。

ここのユニークなところは、時々、芝居、パントマイム、朗読、コンサート等様々な「舞台系イベント」を行っていることです。

私の拙い記憶では3年前にはオープンしていたと思います。

いままでのイベントは「単発」で行われるものだけだったのですが、きょう(2018/02/06)のfacebook飯能会に、柳戸さん自身が「興味の有る告知」をしていました。

2018/02/06/02【大人のための朗読会・出演希望登録者募集】


毎月1回土曜日の15:00~16:30という日時を決めて、「何らかの舞台イベントをやりたい人」が、合同で「多種多様なライブ」をやっていきませんか?という呼びかけです。

1人で120分も「お客を楽しませる舞台」を務めるのは困難だという人でも、「一人で20分程度のものならなんとか挑戦してみたい!」という人は少なくないのです。

1人で20分の「舞台」でも、6人も参加すれば、合計で120分になり、わざわざ会場まで来てもらったお客さんには「なんとか楽しんで貰うだけの時間の舞台」を作り上げることができます。

お金を払って観に来てくれるお客さんの数も、「1人では10人しか呼べない出演者」でも、そういう人たちが6人集まれば60人のお客さんの前で、自分の「表現」や「芸」を観て貰えることになります。

歌や楽器演奏の音楽イベントでは、「何人かの出場者が集まって一つのライブステージを作り上げる」というイベントは、昔から定着していますが、「話芸」関係では、あまり見られませんでした。

もともと江戸時代に定着していた落語の寄席も、本来は「多種多様な芸人を寄せ集めて一つの演芸エンターテイメントに仕上げる」というものだったのです。

飯能でも10年くらい前には、商工会議所裏の<スタジオくら>という小劇場で「飯能寄せ鍋」というイベントが何回か行われたことがありましたが、それは「年に1度」の開催でした。

今回の柳戸陽子さんの呼びかけでは、「毎月一度、同じ会場で、同じ曜日と時間帯で続けていく」ことを目指しています。

舞台イベントを「観に行く」のも「主催する」のも「応援する」のも大好きな私としては、このような「試み」を始めてくれる人を「待ち望んで」いました。

そこでさっそく「出演希望者」として登録してみることにしました。

第1回目は4/21、2回目は5/26と決まっているようですが、残念ながら5/26は、私が主催する<柳家三三独演会>を飯能市民会館小ホールで同じ時間帯で既に決めているので、私自身は4/21に「出演してみよう!」と密かに思っています。

            (1160字)

**********************************************
ここをクリックして戴けるとこれからの励みになります。
     ↓
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
クリックすると<地域生活/ 関東ブログカテゴリー>ランキング頁に行きます。
**********************************************


| 小久保 達 | 22:43 | comments (0) | trackback (0) | ★飯能に定着させたいコト★::大人のための朗読会 |
★飯能に定着させたいコト★ ⇒【大人のための朗読会】No.02       私自身は「漫談のようなもの」から「大人のためのお伽噺」へ転換します。  
昨年4月に始まった<大人のための朗読会>も、1月19日で第8回になります。

当blogには写真が掲載できなくなったので、チラシ写真は下記のfacebook飯能会への投稿欄でご覧下さい。
https://www.facebook.com/groups/279996098869127/permalink/1074400786095317/

いままでこの<大人のための朗読会>で何度かやった漫談のような「サトシです」は、ライブハウスでの「お笑い枠での出演」に限定し、これからは「サトシくんの日記」という、本当の朗読スタイルに変えることにしました。

一般的に朗読は「人に聞かせる」ためにやるものですが、自作の朗読は「人に聞かせるために書く」という行為が先に必要になります。

過去の自作を読むだけなら「新しいもの」を生み出すことはできません。

あくまでも、私としては「2019年1月19日に聴きに来る飯能の人たちに語りたいことを書く」のが、この朗読会に出る目的です。

「大人のためのお伽噺」ということは、当然、明るい話を語りたいと思っています。

            (406字)


**********************************************
ここをクリックして戴けるとこれからの励みになります。
     ↓
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
クリックすると<地域生活/ 関東ブログカテゴリー>ランキング頁に行きます。
**********************************************


| 小久保 達 | 21:49 | comments (0) | trackback (0) | ★飯能に定着させたいコト★::大人のための朗読会 |
このページの先頭へ
当ブログ編集人プロフィール
みなさんからのコメント
  • ★2017年7月の市長選★ ⇒【現職と新人の出馬動向】No.11       前県議の和田さんはブログで「共産党の候補者擁立は、笑止千万、究極のパフォーマンス!」と断定しているのですが・・・・。
今月の書き込み
{CALENDARBOX} {CDCTRLBACK}<<前月{/CDCTRLBACK} {CDYM}Y/m{/CDYM} {CDCTRLNEXT}次月>>{/CDCTRLNEXT}
過去の書き込み
TRACBACK
  • ★この場所のココに注目!★ ⇒【奥武蔵あじさい館】No.06                                       9月定例議会で市議に質問して欲しいコトは?
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ゲットネット...¥
Blog Ranking

OTHERS
    RSS 1.0
    処理時間 10.424705秒
このページの先頭へ