当ブログの項目タイトル
⊿大分類の項目(件数小計)
 ⇒中分類の項目(書込件数)

★求む!「次の市長」★ ⇒【「当選」は準備と戦略で決まる】No.1                                                                  いまからでもできる「最初の準備」は、まず選管に相談に行くこと!
          
市長選への立候補を検討している人は、これから、何を、どうすればいいのでしょうか?

私は、当ブログの★「次の選挙」を考える★⇒【立候補を検討する方へ】というカテゴリーで10回に分けて下記のことを提示してきました。

2006-07-22 No.1
アドバイス・その1 真っ先に選挙管理委員会に相談しよう!

2006-07-22  No.2
アドバイス・その2 幼小中高の同期生たちに相談しよう!

2006-07-23 No.3
アドバイス・その3 独自のHPとブログを開設しよう!

(注釈)いまにして思えばNo.2とNo.3は、順番を逆にしたほうがいいでしょう。
なぜなら、先にwebサイトを開設しておけば、同期生たちに「アクセスして友人知人にPRして欲しい」ということを併せてお願いできるからです。

2006-07-24  No.4
政党への「公認申請」や「推薦依頼」は止めたほうがいい

2006-07-24 No.5
自分のビジョンや政策を「一冊の本」にしよう!

2006-07-25  No.6
自分の「ビジョンと政策」の本を定価1000円で販売しよう!

2006-07-26  No.7
駅前や街頭での「辻立ち」は、「ミニ講演会」と位置づけてシリーズ化しよう!

2006-07-27  No.8
自分のテーマミュージックを設定し、応援歌も作詞作曲してCD化しよう!

2006-08-10 No.9
勤務先の上司にはできるだけ早く「立候補の意志」を伝えておこう! 

2007-04-11 No.10
「次の選挙」に向けて、準備は今から始めましょう!


No.5とNo.8は、いまからでは7月26日の市長選には間に合わないかもしれません。

その場合、No.5は、いま私がまとめている『飯能を活性化する10の挑戦・100の実験』を、主旨と内容に賛同してくれるのであれば、「素材」として提供します。

No.8は「替え歌」でもいいでしょう。「元歌」が著作権フリーであれば自由に使えます。

これらのことは、要望があれば4/18(土)18:00からの 「次の市長のための勉強会」で説明します。


次回は本日(4/16)18:00頃に掲載します。


**********************************************
ここをクリックして戴けるとこれからの励みになります。
     ↓
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
クリックすると<地域生活/ 関東ブログカテゴリー>ランキング頁に行きます。
**********************************************


| 小久保 達 | 07:44 | comments (0) | trackback (0) | ★求む!「次の市長」★::「当選」は準備と戦略で決まる |
★求む!「次の市長」★ ⇒【「当選」は準備と戦略で決まる】No.2                                                                       無名の新人でも市長になれる「6つの戦略」とは?  
           
講師稼業25年の私は、勉強会やセミナー、講演会などで配布する資料は、その内容と目的に応じて、名刺大カード、葉書大カード、比較一覧表一覧表(A4版)、パワーポイント画面集(A4版)・新書サイズ・・・・と、そのスタイルを使い分けています。

明日(4/18土)18:00からの飯能三起塾「次の市長のための勉強会」第1回で配布する資料の一つは「市長選に勝つ5つの戦略」(名刺大カード)です。

その内容は下記の通りです。   → (4/18のお知らせはここから)


     市長選に勝つつの戦略

 1・自分の票よりも全体の投票率を飛躍的に高めることを優先する

 2・「地域の将来」に関心を集め、理想と夢と目標を提示していく

 3・「市長を変えれば地域も変わる」ことを全面的に訴えていく

 4・新人候補への関心を高める(経歴・主張・新鮮さ・独創性)

 5・候補者個人の戦いに限定し、「市長派×新人派の争い」にしない

 6・なぜ「1期4年に限る」のか?その理由を判りやすく訴えていく 



この「6つの戦略」は、さらに、それぞれ1枚ずつの名刺大カードにして詳しい解説と事例が書いてあります。(それも4/18の配布資料です)


ここでは「戦略1」を事例にして説明してみましょう。

「現職と新人の一騎打ち選挙では投票率が高くなるほど新人が有利になる」ことはもうよく知られていますが、だからといって「投票率を高める」のは新人候補者の役割ではありません。

では、「自分の票よりも全体の投票率を飛躍的に高めることを優先する」というのを「戦略」にして選挙戦に臨むというのは、具体的にどのような「戦術」で戦えばいいのでしょうか?

それは「市長選への関心を高める話題」を新人候補から市民に提供していくことなのです。

その行動には下記のようなことがあります。

  1.全国的に注目される話題を作る
  2.「棄権は権利の放棄」と訴える
  3.低投票率のマイナス面を説く
  4.新有権者に投票を呼びかける
  5.選挙制度改革の提言もする



では「1.全国的に注目される話題を作る 」とは、具体的にどのようなことでしょうか?

その「策」を「無名の新人でも市長になれる100の戦術」として、やはり計100枚の名刺大カードにしてあります。

それも4/18以降の「次の市長のための勉強会」で順次配布して開設していきます。


   次回は本日(4/17)18:00頃に掲載します。

**********************************************
ここをクリックして戴けるとこれからの励みになります。
     ↓
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
クリックすると<地域生活/ 関東ブログカテゴリー>ランキング頁に行きます。
**********************************************

| 小久保 達 | 08:05 | comments (0) | trackback (2) | ★求む!「次の市長」★::「当選」は準備と戦略で決まる |
このページの先頭へ
当ブログ編集人プロフィール
みなさんからのコメント
  • ★2017年7月の市長選★ ⇒【現職と新人の出馬動向】No.11       前県議の和田さんはブログで「共産党の候補者擁立は、笑止千万、究極のパフォーマンス!」と断定しているのですが・・・・。
今月の書き込み
{CALENDARBOX} {CDCTRLBACK}<<前月{/CDCTRLBACK} {CDYM}Y/m{/CDYM} {CDCTRLNEXT}次月>>{/CDCTRLNEXT}
過去の書き込み
TRACBACK
  • ★この場所のココに注目!★ ⇒【奥武蔵あじさい館】No.06                                       9月定例議会で市議に質問して欲しいコトは?
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ゲットネット...¥
Blog Ranking

OTHERS
    RSS 1.0
    処理時間 10.662624秒
このページの先頭へ