当ブログの項目タイトル
⊿大分類の項目(件数小計)
 ⇒中分類の項目(書込件数)

★2013年の市長選を考える★ ⇒ 【テーマ別公開討論会】No.1                                     テーマ別ロングラン公開討論会の主催者は誰に?
公開討論会を市長選の1年も前からロングランで開催しようとする時、最初の課題は「市長選への立候補をいまから表明する人が何人いるか?」ということです。

文化新聞やその他の観測や噂では、現職市議の中に複数、元県議、前回の候補者(小久保も含む)など4~6人の名前が囁かれています。

当面は、この中から3人以上の賛同が得られれば公開討論会の開催は可能です。

しかし、課題はその呼びかけ人(主催者)です。

候補者の一人としてみられている私(小久保)が呼びかけたら、出席したいと思っている立候補予定者も「出席をためらう」のではないでしょうか。

かと言って、こんなことを試みようという〈愚か者〉は、私以外に思い当たらないのです。

私がこの主催者になれる唯一の方法は「小久保は市長選には立候補しない」と広言することなのでしょうが、それはいまの時点ではまだできません。

文化新聞社かテレビ飯能が主催者になってくれると嬉しいのですが、どなたか適任の人はいないでしょうか?

自薦でも他薦でもいいのですが・・・・。

  (458字)


**********************************************
ここをクリックして戴けるとこれからの励みになります。
     ↓
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
クリックすると<地域生活/ 関東ブログカテゴリー>ランキング頁に行きます。
********************************************** 


| 小久保 達 | 14:16 | comments (0) | trackback (0) | ★2013年の市長選を考える★::テーマ別公開討論会 |
★2013年の市長選を考える★ ⇒ 【テーマ別公開討論会】No.2                                    飯能を面白くする10の挑戦をテーマにしたい!
    
いまから公開討論会をスタートさせるとしたら、何のテーマから始めたらいいでしょうか?

現時点では下記のような順番を考えています。

  1.飯能市を面白くするための<10の挑戦>
    その挑戦を成功させるための100の実験

  2.飯能市の定住人口が2020年までに10万人を越えるようにしたい。
    そのための<10の方法>

  3.飯能市の交流人口が2020年までに365万人を越えるようにしたい。
    そのための<10の方法>
 
  4.飯能市の知名度、好意度、期待度を高めるための<10の方法>

  5.自治体(市役所・市議会・住民組織)を根底から変革してための
    挑戦と実験


以上の5つは、その順番にも意味と意図が込められていますが、その解説は徐々にしていきます。


  (312字)


**********************************************
ここをクリックして戴けるとこれからの励みになります。
     ↓
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
クリックすると<地域生活/ 関東ブログカテゴリー>ランキング頁に行きます。
********************************************** 



| 小久保 達 | 19:53 | comments (0) | trackback (0) | ★2013年の市長選を考える★::テーマ別公開討論会 |
★2013年の市長選を考える★ ⇒ 【テーマ別公開討論会】No.3                                              誰が挑戦? 何のための挑戦? 何に挑戦? 
「飯能市が挑戦すべきこと」について、お互いの意見を述べ合うときに、必ず出てくる質問や疑問は下記の3点です。

1.飯能市の誰が挑戦することなのか? (who)
2.そもそも何のために挑戦するのか? (why)
3.どのようなことに挑戦するのか?  (what)

このことに関しては<2006-11-09>付けの当ブログで
下記のようなことを書いてきました。
▲飯能が目指す方向▲ ⇒【10の理想→100の挑戦】No.1 
誰が? 何のために? どのようなことに挑戦するのか?
                                                     

もし、今年中に<テーマ別公開討論会>が開かれるなら、みんなで意見交換してみたい〈挑戦課題〉は、下記の3分野に分けてみようと考えています。

A・飯能市を住み良い街(暮らしやすい街)にするための挑戦
B・飯能市を楽しい街(面白い街)にするための挑戦
C・飯能市を誇れる街(自慢できる街)にするための挑戦

上記A・B・Cの各分野をさらに、その挑戦を実現させるためには
下記のようにさらに細かく〈付帯条件〉で分類してみます。

<多額の資金を要するコト>・・・・数億円~数十億円以上
<少額の資金でも可能なコト>・・・・数千万円以下、もしくゼロ
<長い年月を要するコト>・・・・10年~数十年
<短期間でも可能なコト>・・・・数ヶ月~2,3年程度
<飯能市だけでは不可能なコト>・・・・法改正や他から補助を要する
<飯能市だけで可能なコト>・・・・市民の熱意とノウハウだけで可能


  (587字)


**********************************************
ここをクリックして戴けるとこれからの励みになります。
     ↓
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
クリックすると<地域生活/ 関東ブログカテゴリー>ランキング頁に行きます。
********************************************** 



| 小久保 達 | 11:06 | comments (0) | trackback (0) | ★2013年の市長選を考える★::テーマ別公開討論会 |
このページの先頭へ
当ブログ編集人プロフィール
みなさんからのコメント
  • ★2017年7月の市長選★ ⇒【現職と新人の出馬動向】No.11       前県議の和田さんはブログで「共産党の候補者擁立は、笑止千万、究極のパフォーマンス!」と断定しているのですが・・・・。
今月の書き込み
{CALENDARBOX} {CDCTRLBACK}<<前月{/CDCTRLBACK} {CDYM}Y/m{/CDYM} {CDCTRLNEXT}次月>>{/CDCTRLNEXT}
過去の書き込み
TRACBACK
  • ★この場所のココに注目!★ ⇒【奥武蔵あじさい館】No.06                                       9月定例議会で市議に質問して欲しいコトは?
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ゲットネット...¥
Blog Ranking

OTHERS
    RSS 1.0
    処理時間 10.584487秒
このページの先頭へ