当ブログの項目タイトル
⊿大分類の項目(件数小計)
 ⇒中分類の項目(書込件数)

▲「次の選挙」を考える▲ ⇒ 【立候補を検討している方へ】No.4                                                   アドバイス・その4 政党への「公認申請」や「推薦依頼」は止めたほうがいいでしょう
    4・政党への「公認申請」や「推薦依頼」は止めておこう

 県議選で政党の公認や推薦が有効なのは、人口の多い「定数3」とか「定数4」以上の大きな選挙区での場合です。

 入間市での県議選は「定数2」ですが、飯能市と日高市は「定数1」です。同じ「定数1」の選挙でも、衆院選の小選挙区とは異なって、政党の公認は県議選では不利に作用します。

 「新人」候補者が、「若さ」をセールスポイントにするなら「無所属」で立候補するほうが当選の確率は高いものです。

 しかし、同じ「無所属候補」でも、

A・政党に公認申請したのに公認して貰えないから「無所属」と名乗らざるをえない候補者と、
B・最初から政党の公認を当てにしない「無党派」であるがゆえに無所属の候補者と、
C・政党の存在自体を拒否している「反党派」という信念から無所属でいる候補者とは、

その意味合いは大きく異なっています。

 もし、来春の県議選に当選出来なかった後、2009年の市議や市長への立候補も視野に入れているのなら、なおさら「公認申請」や「推薦依頼」は止めたほうがいいでしょう。


| 小久保 達 | 10:50 | comments (0) | trackback (0) | ★「次の選挙」を考える★::立候補を検討する方へ |
コメント

コメントする








この記事のトラックバックURL
http://5line.jp/blog/itsudoko/tb.php/137
トラックバック
このページの先頭へ
当ブログ編集人プロフィール
みなさんからのコメント
  • ★2017年7月の市長選★ ⇒【現職と新人の出馬動向】No.11       前県議の和田さんはブログで「共産党の候補者擁立は、笑止千万、究極のパフォーマンス!」と断定しているのですが・・・・。
今月の書き込み
{CALENDARBOX} {CDCTRLBACK}<<前月{/CDCTRLBACK} {CDYM}Y/m{/CDYM} {CDCTRLNEXT}次月>>{/CDCTRLNEXT}
過去の書き込み
TRACBACK
  • ★この場所のココに注目!★ ⇒【奥武蔵あじさい館】No.06                                       9月定例議会で市議に質問して欲しいコトは?
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ゲットネット...¥
Blog Ranking

OTHERS
このページの先頭へ