当ブログの項目タイトル
⊿大分類の項目(件数小計)
 ⇒中分類の項目(書込件数)

★飯能活性化講座・基礎編★⇒【飯能が活性化しない本当の理由】No.8                                        当事者が参加しなければ活性化するわけがない!  

飯能が活性化しない本当の理由の一つに、私は「当事者が参加してこないから」「本当の当事者が見えないから」ということも挙げたいと思っています。

〈本当の当事者〉というのは、中心市街地活性化では、飯能駅から東飯能駅にかけての地域の土地の所有者のことです。その地域で商売している事業主のことです。さらには西武鉄道も当事者に含まれています。

しかし、「地主が地域活性化の当事者である」ということは誰でも分かっていることですが、では「この土地の地主は誰だ!」ということになると、それが「見えない」のです。

「居ない」のではありません。「居るのに見えない」のです。
「見えない」から地域活性化のための会合やイベントに引っ張り出したくてもそれができないのです。

当の地主も「見えていない」という意識が有るので、自分から「表に出て地域活性化のための会合やイベントに参画する」ことが無いのです。

「地域が活性化していないマイナスを被る」のも、「地域が活性化するプラス面を教授する」のも、その地域で商売している事業主たちです。



しかし、その人たちの全てが、「地域活性化のための会合やイベントに参画する」か?というと、そうでもないのです。参加してこない事業主たちのほうが圧倒的に多いのです。

西武鉄道も同じです。

飯能市の定住人口や飯能駅の乗降客が増えることは西武鉄道にとってもプラスになるのですが、飯能市に限らず、鉄道会社が地域の活性化に直接関わってくることはないのです。

協力要請をしようにも、西武鉄道グループ全体の中で誰が本当の決定権者であるかが見えない」のです。だから「参加参画して来ない」のかもしれません。
      
               (633字)

**********************************************
ここをクリックして戴けるとこれからの励みになります。
     ↓
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
クリックすると<地域生活/ 関東ブログカテゴリー>ランキング頁に行きます。
********************************************** 


| 小久保 達 | 12:06 | comments (2) | trackback (0) | ★飯能活性化講座・基本編★::活性化しない本当の理由 |
コメント
Foreverさん、書き込みをありがとうございます。

>当日朝9時に飯能駅改札口で集合します。
●12/10は年内最終日なので、私は開始時(07:15)から撤収時(11:30)までずっと改札前の〈何でも案内所〉にいます。

>もし案内所が開いていましたら、「天覧山の駅からマップ」を25枚いただきたいと思います。
●何枚でも差し上げます。〈駅からマップ〉の第2弾「宮沢湖への未来の道」も出来ています。

>またおかげさまでこの講習会はたいへん好評につき、明年1月29日(日)にも追加開催となりました。場所は同じく天覧山周辺です。
●できれば私も「現地参加」したいのですが、その日は私が関わっている落語会が所沢で有るため残念ですが、それができません。

>ちなみに、天覧山を含めて奥武蔵一帯は、「地図を読む練習」に適した里山や里道が多く、
●そうですね。奥武蔵一帯は「森林」というよりも「里地里山里道」という表現のほうがぴったりですね。

>私が担当している講習会だけでも年間延べ200人の参加者が飯能市を訪れています。
●飯能の住民としては嬉しいですね。

>里山の有効活用(開発ではなく、その自然を生かした利用)は、飯能市の活性化につながるポイントのひとつかもしれませんね。
●ホントにそうですね。そこが飯能活性化の原点ですね。
| 小久保 達 | EMAIL | URL | 11/12/09 23:43 | zdcGlqRg |

小久保さん、こんにちは。

今週末11日(日)に天覧山・多峯主山周辺で予定している登山教室(地図読み実践講習会)は、受講者21名の参加申し込みがありましたので、+スタッフ4名の25名で当日朝9時に飯能駅改札口で集合します。もし案内所が開いていましたら、「天覧山の駅からマップ」を25枚いただきたいと思います。

またおかげさまでこの講習会はたいへん好評につき、明年1月29日(日)にも追加開催となりました。場所は同じく天覧山周辺です。

ちなみに、天覧山を含めて奥武蔵一帯は、「地図を読む練習」に適した里山や里道が多く、私が担当している講習会だけでも年間延べ200人の参加者が飯能市を訪れています。

里山の有効活用(開発ではなく、その自然を生かした利用)は、飯能市の活性化につながるポイントのひとつかもしれませんね。
| Forever | EMAIL | URL | 11/12/09 16:46 | mzBfW6W. |


コメントする








この記事のトラックバックURL
http://5line.jp/blog/itsudoko/tb.php/1437
トラックバック
このページの先頭へ
当ブログ編集人プロフィール
みなさんからのコメント
  • ★2017年7月の市長選★ ⇒【現職と新人の出馬動向】No.11       前県議の和田さんはブログで「共産党の候補者擁立は、笑止千万、究極のパフォーマンス!」と断定しているのですが・・・・。
今月の書き込み
{CALENDARBOX} {CDCTRLBACK}<<前月{/CDCTRLBACK} {CDYM}Y/m{/CDYM} {CDCTRLNEXT}次月>>{/CDCTRLNEXT}
過去の書き込み
TRACBACK
  • ★この場所のココに注目!★ ⇒【奥武蔵あじさい館】No.06                                       9月定例議会で市議に質問して欲しいコトは?
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ゲットネット...¥
Blog Ranking

OTHERS
このページの先頭へ