当ブログの項目タイトル
⊿大分類の項目(件数小計)
 ⇒中分類の項目(書込件数)

▲飯能どうする研究所とは?▲ ⇒ 【研究の原点・視点】No5.                                                      飯能を面白くするには〈挑戦〉と〈実験〉と〈試行錯誤〉が不可欠です!

 飯能の理想を追求し、壮大な夢を描き、高い目標を実現するためには、
〈挑戦〉〈実験〉〈試行錯誤〉 が不可欠です! 


 もう既に他の人が「実現していること」を、後から自分がそれを真似してやったとしても、そのことを〈挑戦〉とは言いません。 それは〈模倣〉であり、〈追随〉であり、〈後追い〉でしかありません。

 誰もが「出来ない!」「出来るわけがない!」と思うような困難なこと、
高度なことに、敢えて、取り組むことを〈挑戦〉と言うのです。


 「飯能どうする研究所」は、その「飯能市が率先して挑戦したほうが面白いのに」ということを提示していきます。



 もう既に他の人が「やっていること」を、「自分としては初めてやることだから」といって、それを〈実験〉とは言いません。〈単なる体験〉と言ったほうが正確な表現でしょう。

 まだ誰も「やったことのないこと」を「やってみる」ことを〈実験〉と言うのです。

「飯能どうする研究所」は、その「飯能市が率先して実験したほうが面白いのに」ということを提示していきます。



 せっかく始めたことを、一度や二度の失敗で懲りて、止めてしまうのなら、それを〈試行錯誤〉とは言いません。

 何度失敗しても、その失敗をバネに何度も挑戦し続けることが本当の〈試行錯誤〉なのです。

 一つの方法の実験に失敗しても、成功するまで様々な角度からの方法を試みていくことが本当の〈試行錯誤〉と言うのです。
 
 「飯能どうする研究所」は、「試行錯誤を必ず成功に導く方法」を考え出して、提示していきます。


  ↓ 「挑戦」について ~「5行メッセージ」~

   過去の遺産に
   しがみついてばかり
   新しいことには
   挑戦できなくなった
   いまの日本


                 新しいコト
                 困難なコト
                 高い目標に
                 挑戦した人が
                 未来を切り開いてきた


                                「変える」とは
                                「変えられない」と
                                思われていることを
                                「変えていこう」
                                挑戦することだ


| 小久保 達 | 23:11 | comments (0) | trackback (0) | ★飯能どうする研究所とは?★::研究の原点・視点・立脚点 |
コメント

コメントする








この記事のトラックバックURL
http://5line.jp/blog/itsudoko/tb.php/218
トラックバック
このページの先頭へ
当ブログ編集人プロフィール
みなさんからのコメント
  • ★2017年7月の市長選★ ⇒【現職と新人の出馬動向】No.11       前県議の和田さんはブログで「共産党の候補者擁立は、笑止千万、究極のパフォーマンス!」と断定しているのですが・・・・。
今月の書き込み
{CALENDARBOX} {CDCTRLBACK}<<前月{/CDCTRLBACK} {CDYM}Y/m{/CDYM} {CDCTRLNEXT}次月>>{/CDCTRLNEXT}
過去の書き込み
TRACBACK
  • ★この場所のココに注目!★ ⇒【奥武蔵あじさい館】No.06                                       9月定例議会で市議に質問して欲しいコトは?
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ゲットネット...¥
Blog Ranking

OTHERS
このページの先頭へ