当ブログの項目タイトル
⊿大分類の項目(件数小計)
 ⇒中分類の項目(書込件数)

★2017年4月の市議選★ ⇒【文化新聞に掲載された投稿】No.8          きょう(6/10)も文化新聞に「新人議員に望むこと(5)」が掲載
昨日(6/9)に続いてきょう(6/10)の文化新聞にも、私の投稿が2面に掲載されていました。



<追記>元の写真は天地が正常なのに、このblogに挿入すると、何度やり直してもなぜか天地が90°曲がってしまいます。


********************************

飯能市議会新人議員に望むこと(5)
新人議員の最重要の役割は「議会改革への取り組み」です!

飯能どうする研究所  飯能市久下  小久保  達(68)

           
私が3人の新人議員に最も期待していることは「市議会改革」です。

なぜなら、新人だからこそ「現在の市議会の改めるべきことの多さ」に痛感させられる筈だからです。

逆に言えば、いまの飯能市議会の改革課題に気づかなければ、新人議員として市議会に加わった意味は無いと言っても過言ではありません。

飯能市に限った事ではありませんが、市議会改革が一向に進まない原因は、古参議員が、「議会のことを何も知らない新人議員が生意気なことを言うな!」とか「改革を口にするのは10年早い!」という言葉を浴びせて、新人議員を押さえ付けてしまうからです。

結局、その古参議員の押さえ付けに、自己保身で従ってしまう新人議員が多いからなのです。

市議会の無意味で不合理で弊害の多い悪しき慣習は「臭い」と同じで、その環境に長くいると慣れてしまって気づかなくなってしまうからなのです。

市議会の「臭い慣習」「悪しき慣例」に気づいて、改革に向けた行動ができるのは新人議員だけなのです。

新人議員も当選回数を重ねた古参議員も、その議員の「権利」「権能」は公平です。議員同士では、先輩後輩の関係は有っても、上下関係、主従関係は一切無いのです。

新人議員は、自分自身が「初めて議会運営に触れて感じた最初の疑問」を大切にして欲しいのです。

市議会運営でも新人研修があるようですが、教わる内容はいつも、
「それは法律で決められていることなのか?」
「それはどのような法律の、どのような条文で定められているのか?」
という区別・選別・識別を意識していて欲しいものです。

市議会運営の慣例の中には、「法律では規定されていないこと」が、あたかも「法律で定められているから変更できない」という虚偽の理由で、都合良く続けられているだけのことが少なくないのです。

そこに「気付く」か否か。気付いたら「それはオカシイと言える」か否か。そこで新人議員としての存在価値が問われるのです。

蛇足ですが、2010年10月から11月にかけて、文化新聞紙上で、拙案が『議会改革検討会への提案』と題して10回程のシリーズで掲載されました。

ところが、残念なことに、その改革案の大部分が未だにまったく検討もされないままになっています。

もし、興味があれば、それを参考にして頂いて構いませんので、ご自分の改革案を議会に提案されることを期待しています。

新人議員に出来ること、新人議員が取り組むべきことは「議会の中で改めるべきことを果敢に主張する」ことです。可決されるか、否決されるかは、その次の問題です。

もちろん、議会改革案は、最終的には議員の過半数の同意を得られなければ実現しないでしょう。しかし、それは否決した議員の責任です。可決できなかった議員の責任ではありません。

市民のための議会改革案を否決する議員は、おそらく次の市議選には立候補しないでしょう。勘違いして、さらに立候補するようなことになったとしても当選は覚束ないかもしれません。

2009年の市議選で誕生した新人議員5人のうちの3人は、次の2013年の市議選では落選してしまいましたが、その時に誕生した4人の新人は全員が今回(2017年)の市議選で当選しています。

まだ議会改革への意欲を失っていないであろう当選3回の2市議、当選2回の4市議と当選1回の3人が、真摯に取り組み続ければ、議会改革は進展していくと期待しています。


 (1367字)


**********************************************
ここをクリックして戴けるとこれからの励みになります。
     ↓
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
クリックすると<地域生活/ 関東ブログカテゴリー>ランキング頁に行きます。
**********************************************

| 小久保 達 | 21:09 | comments (0) | trackback (0) | ★2017年4月の市議選★::文化新聞に掲載された投稿 |
コメント

コメントする








この記事のトラックバックURL
http://5line.jp/blog/itsudoko/tb.php/2796
トラックバック
このページの先頭へ
当ブログ編集人プロフィール
みなさんからのコメント
  • ★2017年7月の市長選★ ⇒【現職と新人の出馬動向】No.11       前県議の和田さんはブログで「共産党の候補者擁立は、笑止千万、究極のパフォーマンス!」と断定しているのですが・・・・。
今月の書き込み
{CALENDARBOX} {CDCTRLBACK}<<前月{/CDCTRLBACK} {CDYM}Y/m{/CDYM} {CDCTRLNEXT}次月>>{/CDCTRLNEXT}
過去の書き込み
TRACBACK
  • ★この場所のココに注目!★ ⇒【奥武蔵あじさい館】No.06                                       9月定例議会で市議に質問して欲しいコトは?
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ゲットネット...¥
Blog Ranking

OTHERS
このページの先頭へ