当ブログの項目タイトル
⊿大分類の項目(件数小計)
 ⇒中分類の項目(書込件数)

★飯能テーマパーク騒動記2020年版⇒【飯能はテーマパーク集合体】No.03 市内は、どこでも、いつでも、多彩な用途の野外撮影所! 
                  
テーマパークの集合体を目指せる飯能市には<野外撮影所>としての可能性も秘めています。

いや、可能性と言うよりは、既に多くの実績があります。

飯能市で撮影された「映画の作品名」「テレビの番組名」「撮影日時」「映画公開日」「TV放送日」「撮影に使用された場所・施設・建物・店舗・住宅」「主な出演者」「撮影時のエピソード」「公開・放送後の反響」等の実績は市役所のWEBサイトで一覧表にして公開することは、すぐにでも可能です。

主な撮影場所を紹介した<撮影場所MAP>は100円程度の有料にしても売れるでしょう。

撮影をする映画会社、テレビ局、下請け・孫請けの制作プロダクションにとって、作品の内容に最適な撮影場所を、移動や宿泊ができるだけ少なくて済む場所を、できるだけ早く探す必要があります。

飯能市内の山林や河川、田畑などは、現在の建物や施設が写らなければ、そのまま時代劇の撮影も出来るのです。

それらの要望に対して、市役所のロケーションサービス担当部門に相談すれば「望んでいる映像が撮れる可能性の有る場所や建物を紹介して」もらえることは、極めて有難いことなのです。

さらに、警察署や消防署、その他の必要な許可信申請手続きなどを代行してもらえるのであれば「有料」でも有難いのです。

必要なエキストラも興味の有る市民を組織化しておけば、様々な注文に応えることもできます。

市役所にしても、撮影中の食事、休憩、宿泊に市内の事業所を利用して貰えるなら、それだけのお金が地元に落ちることになります。

願わくば、都内の屋内撮影所が、その敷地を売却して、飯能に移転すれば、撮影所の面積をいままでの数倍の広さに拡大したうえで多額の売却差益も確保できます。

飯能市の次の誘致業種の狙い目は「撮影所」ではないでしょうか。

            (757字)


**********************************************
ここをクリックして戴けるとこれからの励みになります。
     ↓
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
クリックすると<地域生活/ 関東ブログカテゴリー>ランキング頁に行きます。
**********************************************


| 小久保 達 | 19:42 | comments (0) | trackback (0) | ★飯能テーマパーク騒動記2020年版★::飯能はテーマパーク集合体 |
コメント

コメントする








この記事のトラックバックURL
http://5line.jp/blog/itsudoko/tb.php/3296
トラックバック
このページの先頭へ
当ブログ編集人プロフィール
みなさんからのコメント
  • ★2017年7月の市長選★ ⇒【現職と新人の出馬動向】No.11       前県議の和田さんはブログで「共産党の候補者擁立は、笑止千万、究極のパフォーマンス!」と断定しているのですが・・・・。
今月の書き込み
{CALENDARBOX} {CDCTRLBACK}<<前月{/CDCTRLBACK} {CDYM}Y/m{/CDYM} {CDCTRLNEXT}次月>>{/CDCTRLNEXT}
過去の書き込み
TRACBACK
  • ★この場所のココに注目!★ ⇒【奥武蔵あじさい館】No.06                                       9月定例議会で市議に質問して欲しいコトは?
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ゲットネット...¥
Blog Ranking

OTHERS
このページの先頭へ