当ブログの項目タイトル
⊿大分類の項目(件数小計)
 ⇒中分類の項目(書込件数)

★阿須の市有林をソーラー発電所とサッカー場に造成する愚行を止めさせよう!★ ⇒【ここでの12の問題点】No.04 その4・想定される最悪の事態を避ける保険的な措置を取らない無責任な仕事策
    
前述のように、脆弱で財政的な基盤の無い<ソーラー発電ビジネス>会社が破綻した場合、大量のソーラーパネルは、環境と景観を破壊したまま放置されることになります。

だからこそ<ソーラー発電>装置のメンテナンス技術と、<ソーラー発電ビジネス>の充分な経験を持っていない個人や団体・企業に<ソーラー発電所の開発許可>を与えてはならないのです。

ましてや市有地を法外に安い地代で長期間に渡って<ソーラー発電ビジネス>事業者に貸す契約をすることは「市民に対する背任行為」でもあるのです。

万が一にも市有地を民間の<ソーラー発電ビジネス>事業者に貸す場合は、撤去時の「原状回復を義務付け」、それが必ず履行される充分な担保もしくは保証人を契約の条件にすべきなのです。

このことは、全国での<ソーラー発電開発の許認可事案>の様々な成功事例と失敗事例から、各地の自治体が学んだことなのであり、それは貴重な体験の蓄積による成果なのです。

しかし、いま飯能市で問題になっている<阿須山中に新設されるソーラー発電所>契約では、賃貸借期間終了後、もしくは事業破綻後の「原状回復義務の契約が無い」ばかりか、十分な担保や保証人が確保されていないのです。

このままでは、全国各地で見られる「壊れたソーラーパネルの残骸が放置された荒涼とした市有地」が阿須山中に出現する可能性が極めて高いのです。

この残骸を撤去する場合は、もちろん市税が投入されることになるのです。
そして、そのような事態になったとしても、愚かで無責任な決定をした市長や幹部職員の責任が問われることは無いのです。

  (694字)

**********************************************
ここをクリックして戴けるとこれからの励みになります。
     ↓
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
クリックすると<地域生活/ 関東ブログカテゴリー>ランキング頁に行きます。
**********************************************


| 小久保 達 | 11:29 | comments (0) | trackback (0) | ★阿須の市有林をソーラー発電所とサッカー場に造成する愚行を止めさせよう!★::ここでの12の問題点 |
コメント

コメントする








この記事のトラックバックURL
http://5line.jp/blog/itsudoko/tb.php/3320
トラックバック
このページの先頭へ
当ブログ編集人プロフィール
みなさんからのコメント
  • ★2017年7月の市長選★ ⇒【現職と新人の出馬動向】No.11       前県議の和田さんはブログで「共産党の候補者擁立は、笑止千万、究極のパフォーマンス!」と断定しているのですが・・・・。
今月の書き込み
{CALENDARBOX} {CDCTRLBACK}<<前月{/CDCTRLBACK} {CDYM}Y/m{/CDYM} {CDCTRLNEXT}次月>>{/CDCTRLNEXT}
過去の書き込み
TRACBACK
  • ★この場所のココに注目!★ ⇒【奥武蔵あじさい館】No.06                                       9月定例議会で市議に質問して欲しいコトは?
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ゲットネット...¥
Blog Ranking

OTHERS
このページの先頭へ