当ブログの項目タイトル
⊿大分類の項目(件数小計)
 ⇒中分類の項目(書込件数)

★巷談『森林文化都市飯能メガソーラ物語』★ ⇒【たぶんこんなことになるんじゃないかなぁ推理劇場】No.01 これは、市有地の里山で民間団体にソーラー発電所を造らせる事業の「裏に隠された真実」を見抜くドラマの原案です。
   
これから当ブログで書く【たぶんこんなことになるんじゃないかなぁ推理劇場】は「私の拙い創作ストーリー」です。

NHKの人気番組『チコちゃんに叱られる!』を視ている人は、その中の定番コーナー『たぶんこうだったんじゃないかなぁ劇場』の真似だと判るでしょう。

NHKの『たぶんこうだったんじゃないかなぁ劇場』は、「過去の商品開発の成功のセオリーの推測」物語ですが、私の【たぶんこんなことになるんじゃないかなぁ推理劇場】は、未来に「こんなことが起きないようにするための手段」の一つです。

ある「悪巧み」を未然に防ぐには、その「悪巧み」が実行される前に、「あの人たちはこんなことを企んでいるかもしれないよ」というプランを先に公開してしまうことが効果的です。

なぜなら、そうすれば、その「悪巧み」をやろうと準備していた人たちは「私たちがそんなことをする訳が無い!」「勝手に決めつけて非難するな!」という声明を出さざるを得なくなるからです。

その時点で、その人たちは、その「悪巧み」を諦めて「ほら見ろ! 私たちがそんな悪巧みはしないじゃないか!」と言うためには、それ以降、その「悪巧み」を実行するのを断念する以外にありません。

つまり「悪巧みを実行させない」という【たぶんこんなことになるんじゃないかなぁ推理劇場】を書く目的がここで達成される訳です。

もちろん、その「悪巧み」を企んでいる人たちから「事実無根の作り話で名誉を棄損された!」という裁判を起こされたら、私は喜んで受けて立つ予定です。

あくまでも、この【たぶんこんなことになるんじゃないかなぁ推理劇場】で書く『市有地の里山でのソーラー発電所顛末記』は、事実にヒントを得たとはいえ、あくまでも「私の創作」した読み物なのです。

それが、本当の「悪巧み」と酷似していたとしても、それは単なる偶然でしょう。

何しろ「事実は小説よりも奇なり!」と言われているのですから。

  (841字)

**********************************************
ここをクリックして戴けるとこれからの励みになります。
     ↓
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
クリックすると<地域生活/ 関東ブログカテゴリー>ランキング頁に行きます。
**********************************************

| 小久保 達 | 10:22 | comments (0) | trackback (0) | ★巷談『森林文化都市飯能メガソーラ騒動記』★::たぶんこんなことになるんじゃないかなぁ推理劇場 |
コメント

コメントする








この記事のトラックバックURL
http://5line.jp/blog/itsudoko/tb.php/3375
トラックバック
このページの先頭へ
当ブログ編集人プロフィール
みなさんからのコメント
  • ★2017年7月の市長選★ ⇒【現職と新人の出馬動向】No.11       前県議の和田さんはブログで「共産党の候補者擁立は、笑止千万、究極のパフォーマンス!」と断定しているのですが・・・・。
今月の書き込み
{CALENDARBOX} {CDCTRLBACK}<<前月{/CDCTRLBACK} {CDYM}Y/m{/CDYM} {CDCTRLNEXT}次月>>{/CDCTRLNEXT}
過去の書き込み
TRACBACK
  • ★この場所のココに注目!★ ⇒【奥武蔵あじさい館】No.06                                       9月定例議会で市議に質問して欲しいコトは?
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ゲットネット...¥
Blog Ranking

OTHERS
このページの先頭へ