当ブログの項目タイトル
⊿大分類の項目(件数小計)
 ⇒中分類の項目(書込件数)

▲飯能「起業準備」講座▲ ⇒ 【各地の起業塾の実態】No.1                                                         具体的な事業プランの〈有る人〉と〈無い人〉とを区別しないで同じ内容で進めていることを「おかしい」と自覚していない
         
いま各地で開催されている起業塾や創業塾では、具体的な事業プランの〈有る人〉と〈無い人〉を区別していません。

しかも、事業プランの〈有る人〉も〈無い人〉も同じカリキュラムを一緒に受講させています。

その理由は、事業プランの〈有る人〉だけを対象にすると受講生が激減してしまうからです(1/3から1/5以下に減ってしまうでしょう)

自治体や商工会議所などが主催する起業塾は、〈組織の上部〉から、まず〈受講生の数〉を問われます。だから、講座担当者は、「受講生を一人でも多くする」ために事業プランの有無を問わないで募集するのです。

そして、「事業プランの作成」という単元では、〈事業プランの無い人〉には、講師から与える〈架空のビジネスプラン〉で事業計画書を作成させるというまるで〈子供のおままごと〉みたいなことをさせることになっています。

こんなことが起こるのは、講座担当者が、〈事業プランの有無〉の重大さを認識していないからです。それは、起業塾の主催者である自治体や商工会議所の担当職員が「起業希望者ではない」からなのです。

「起業と結婚は似ている」と以前(6/20)書きましたが、これは「子供のいない人」や「子供を生んで育てたいとは思っていない」人が、「子育て講座」を企画、運営するのと同じようなものなのです。

これは〈起業支援の自己矛盾〉よりも重大な〈公的機関による起業支援のお粗末さ〉の事例の一つなのです




| 小久保 達 | 21:45 | comments (0) | trackback (0) | ★飯能「起業準備」講座★::各地の起業塾の実態 |
コメント

コメントする








この記事のトラックバックURL
http://5line.jp/blog/itsudoko/tb.php/445
トラックバック
このページの先頭へ
当ブログ編集人プロフィール
みなさんからのコメント
  • ★2017年7月の市長選★ ⇒【現職と新人の出馬動向】No.11       前県議の和田さんはブログで「共産党の候補者擁立は、笑止千万、究極のパフォーマンス!」と断定しているのですが・・・・。
今月の書き込み
{CALENDARBOX} {CDCTRLBACK}<<前月{/CDCTRLBACK} {CDYM}Y/m{/CDYM} {CDCTRLNEXT}次月>>{/CDCTRLNEXT}
過去の書き込み
TRACBACK
  • ★この場所のココに注目!★ ⇒【奥武蔵あじさい館】No.06                                       9月定例議会で市議に質問して欲しいコトは?
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ゲットネット...¥
Blog Ranking

OTHERS
このページの先頭へ