当ブログの項目タイトル
⊿大分類の項目(件数小計)
 ⇒中分類の項目(書込件数)

当ブログの名称を「飯能日高どうする研究所」に改称
その理由は、2009年12月20日投票日の日高市長選に合わせて、
「飯能市の将来」と「日高市の将来」を同じものとして考えてみたいからです。

どこの自治体も方向として目指すのは「自立」です。

市町村合併は、それ自体が「目的」なのではなく、自立するための「手段」の一つなのです。

だからこそ私は飯能市に越してきたときから「飯能市と日高市は一体化して考えたほうがいい」と思ってきたのです。




 
| 小久保 達 | 21:46 | comments (4) | trackback (0) | ★★下記↓は旧分類です★★ |
★日高市長選を面白くしよう!★ ⇒そのための100の実験                                                             その1~その10 
      
飯能市長選が不完全燃焼というか、準備不足のまま「あっという間に終わってしまった」という感じが有るので、早くも私の興味は、12月20日投票日の日高市長選のほうに向いています。

飯能市長選と同じように、「日高市長選を面白くしよう!」「投票率を80%以上にしたい!」と思ったら、幾つかのアイデアが湧いてきました。

それが下記の1~10です。

1.小久保が飯能市民のまま日高市長選に立候補してしまう。
(首長選挙は住民でなくても立候補できる)

2.その場合、飯能市民が日高市長選に立候補するための大義名分は、
「飯能市と日高市との合併を推進したいから」ということでいいだろう。

3.もし、対立候補になるであろう現職の大沢市長が「飯能市との合併は時期尚早」ということであれば、市長選はそのまま「飯能市との合併の是非を問う住民投票」と位置づけられることにもなる。

4.選挙直前の「候補者の人気投票」は禁じられているが、「合併の是非を問うアンケート」なら公選法に抵触しないだろう。当ブログ機能を活用して簡単にできることだ。

5.新市名を先に「高麗市」「狭山茶市」「奧武蔵野市」と公表して、その中の三者択一にすれば、新市名がそのまま「合併の枠組み」を定めることになる。

6.小久保以外に、「飯能市との合併」を掲げて、日高市民が立候補を表明したら「新人候補一本化」のための選考委員会を公開で行うのも話題作りにはなっていく。

7.小久保の後から立候補表明した人の中に、小久保より市長に相応しい人がいれば、小久保は告示直前に降りればいいのだ。
(今度は本当に降りてもOKだ

8.新人の立候補予定者が2人以上になった時点から、「新人候補者だけの公開討論会」を何度でも開催したら面白いかもしれない。

9.前回の投票率が55%だったので「投票率が過半数以下だったら、有権者の過半数が候補者全員を否定したと見なして再選挙にする」ことを全候補者に公約させても、飯能市長選とは違って全員OKするかもしれない。。

10.出馬表明してから毎夜、市内の公民館で「演説会」「勉強会」「意見交換会」を投票日まで毎日ノンストップで開催する。


**********************************************
ここをクリックして戴けるとこれからの励みになります。
     ↓
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
クリックすると<地域生活/ 関東ブログカテゴリー>ランキング頁に行きます。
********************************************** 



| 小久保 達 | 23:44 | comments (0) | trackback (0) | ★その他・旧い項目★::その他・未分類 |
★飯能日高を面白くする挑戦★ ⇒ ㈱飯能日高観光協会を設立                                                           <挑戦のための実験1>住民有志で自主的に「一人一株」を原則に設立してみる
        
飯能市と日高市を一体化して「面白くする」最初のプランは、「飯能日高観光協会」を行政とは関係無しに住民の有志で自主的に、株式会社で設立してしまうことです。

どこの市町村にも「観光協会」があります。その殆どが「行政とほぼ一体化した組織」です。

一体化した組織というのは、事務局を市の観光課職員が担当し、会長や副会長は市内の名士と呼ばれている人たちですが、単なる「名誉職」にすぎず、実質的には市役所の職員が動かしています。

日高市には日高市観光協会が有り、入間市には入間市観光協会が有り、狭山市には、当然、狭山市観光協会が有ります。

勿論、飯能市にも飯能市観光協会がありますが、いまだにHPは有りません。
名栗観光協会というHPが有りますが、これは旧名栗村のときから有った名栗村観光協会のHPがそのまま継続されているからです。

飯能市と日高市を一体化した「観光協会」は、飯能市と日高市の合意を待っていては「合併」以外にOKは出ないでしょう。

だからこそ、株式会社で「観光協会」を設立したほうが早いのです。

株式会社で設立する理由は、そのほうが任意団体やNPOよりも簡単で最も経営しやすい形態でだからです。

株式会社で運営するということは、「幾ら儲けるか?」ということが「目標の一つ」になりますが、「最終的な目的」は、「面白いイベント」「地域の内外から大勢の人を呼べるイベント」にしていくことです。

なぜ、観光協会を株式会社すると「面白いイベント」がうまれるのでしょうか? なぜ「大勢の人を呼べるイベント」にできるのでしょうか?

それは次の機会に書くことにします。



**********************************************
ここをクリックして戴けるとこれからの励みになります。
     ↓
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
クリックすると<地域生活/ 関東ブログカテゴリー>ランキング頁に行きます。
********************************************** 


| 小久保 達 | 22:50 | comments (0) | trackback (0) | ★最近の書き込み(未分類)★::その他 |
★区別したい言葉★ ⇒ 「自治体」と「市役所」                                                        市役所は自治体の一部であって、市役所そのものが自治体なのではない!
              
最近、「自治体」と「市役所」という言葉の違いに着目しています。

その理由は、「自治体改革」と「市役所改革」は、その意味する中味と範囲はかなり違っているのにも関わらず、同じ意味で使われることが多いように感じるからなのです。

「市役所」という言葉には、市役所庁舎という「建物」を意味する場合と、そこで働いている人たちの「組織」を意味する場合とがあります。

だから「市役所改革」というと、「市役所を構成している職員の意識や組織を改革すること」を意味しています。

ところが、その「市役所改革」のことを「自治体改革」と呼称する人が多いように感じてならないのです。

いうまでもなく「市役所」を構成するのは「市長」と「市職員」です。
だから「市役所改革」とは、「市長や市職員に改革を求める」ことに限定されてしまいます。

これに対して、「自治体」を構成する大多数はその住民(市民)なのですから、「自治体改革」には、「住民に改革を求めること」も含まれているのではないか、という気がしてならないのです。

だから、私は自分の市長選でも、意図的に「市役所改革」と「自治体改革」という言葉を使い分けていました。

「市役所改革」は市長と市職員の課題ですが、「自治体改革」は市長と市職員だけで済むことではないのです。



**********************************************
ここをクリックして戴けるとこれからの励みになります。
     ↓
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
クリックすると<地域生活/ 関東ブログカテゴリー>ランキング頁に行きます。
********************************************** 



| 小久保 達 | 22:36 | comments (1) | trackback (0) | ★その他・旧い項目★::その他・未分類 |
このページの先頭へ
当ブログ編集人プロフィール
みなさんからのコメント
  • ★2017年7月の市長選★ ⇒【現職と新人の出馬動向】No.11       前県議の和田さんはブログで「共産党の候補者擁立は、笑止千万、究極のパフォーマンス!」と断定しているのですが・・・・。
今月の書き込み
{CALENDARBOX} {CDCTRLBACK}<<前月{/CDCTRLBACK} {CDYM}Y/m{/CDYM} {CDCTRLNEXT}次月>>{/CDCTRLNEXT}
過去の書き込み
TRACBACK
  • ★この場所のココに注目!★ ⇒【奥武蔵あじさい館】No.06                                       9月定例議会で市議に質問して欲しいコトは?
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ゲットネット...¥
Blog Ranking

OTHERS
このページの先頭へ