当ブログの項目タイトル
⊿大分類の項目(件数小計)
 ⇒中分類の項目(書込件数)

★地域活性化の思考プロセス★ ⇒【2・何が活性化なのか?】No.2                                                    「注目されるコトに挑戦する」「何かを増やすコト」・・・・
            
活性化している地域は、いつも全国から注目されています。
もちろん、事件や事故、悪いニュースで注目されるのではありません。
「面白いコト」をしているからです。
「新しいコト」を実験的に試みているからです。
「意義の有るコト」を成し遂げようとしているからです。
「困難なコト」「高い目標」に挑戦しているからです。


活性化している地域は、いつも何かが「増えて」います。
その地域の人口が増えています。
人口が少なくても、その地域に関心を持つ人が増えています。
その地域で生まれたモノ、作られたモノが増えています。
だから、その地域を訪れる人が増えています。
その結果、その地域に移り住む人が増えています。


活性化している地域は、幾つもの尺度の値が「増えて」います。
その地域に住んでいるコトを誇れる人が増えています。
その地域に住み続けようと思っている人が増えています。
その地域に対する知名度だけでなく好意度が飛躍的に増えています。

どうやら、地域活性化とは、「増やす」コトなのかもしれません。

だから、
「地域に落ちるお金が増えなければ活性化したとは言えない」とか
「地域で循環するお金が増えなければ活性化しても意味がない」と
思っている人が多いのかもしれません。


**********************************************
ここをクリックして戴けるとこれからの励みになります。
     ↓
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
クリックすると<地域生活/ 関東ブログカテゴリー>ランキング頁に行きます。
********************************************** 


| 小久保 達 | 22:23 | comments (0) | trackback (0) | ★地域活性化の思考プロセス★::2・何が活性化なのか? |
★地域活性化の思考プロセス★ ⇒【3・何を活性化するのか?】No.1                                           自分の「好きなコト」を始めて、ます自分自身が活性化する
                 
地域を活性化する基本的な方法は、「活性化したい!」と
思っている人自身が、自分の「好きなコト」を、
自分の「好きな方法」で、まず「始めてしまう」ことなのです。


例えば、私(小久保)自身の「してきたコト」「しているコト」「しようと思っているコト」を事例にしてみましょう。

私は「落語」が好きです。

もちろん、「自分が落語をやるのが好き」なのではなく
、「プロの噺家の落語を聴くのが好き」なのです。

だから、「落語会を開催する」といっても、「自分の素人落語をお客に聴いてもらう会」ではなく、「プロの噺家の落語を生で聴いてもらう会」を開くことにしたのです。

私は「プロの噺家の落語を聴くのが好き」ですが、「上手い噺家」とか「面白い噺家」というのではなく「自分の好きな噺家」の落語を聴くのが「好き」なのです。

この「自分の好きな落語」で「地域の活性化に関わりたい」と思って、自分の「好きな方法」で始めたのが「自分の好きな落語家だけを飯能に呼んで落語会を開く」というコトでした。

それは一般的には<地域寄席>と呼ばれています。

しかし、中には「地域寄席で落語会を開いても少しも地域の活性化なんかにはならない」と思う人もいます。

そういう人と「落語会の開催は地域活性化になるか?否か?」を議論しても無意味です。

「落語会なんかで地域は活性化しない!」と思う人はやらなければいいのです。

「好きでもない落語会」に来る必要も無いのです。

地域で落語会があれば「落語を聴くのが好きな人」は、お客さんとして、やって来るのです。

やってくるお客さんが10人なのか? 50人なのか? 100人なのか? それとも1000人なのか?それは、実際に落語会を始めてみなければ判らないのです。

もちろんイベントとしての「落語会の開催」には経費がかかります。

最低でも、飯能に来てもらう落語家さんの出演料、会場の使用料、宣伝のためのポスター、チラシの印刷費などです。

だから、「地域寄席の落語会」は入場料をもらいます。

それが赤字になるか?黒字になるか?は、やってみなければわかりません。

「赤字になる可能性が有った」としても、迷わずに始めることが出来たのは、それが「自分の好きなコト」だったからです。

「儲かるか?損するか?」は、やってみなければ判りませんが、「好きだ!」ということは始める前から判っているのです。

だから迷わず「始める」ことができたのです。

「落語会を始めるコト」が「地域の活性化になるか?否か?」は判りません。
しかし、「好き!」なのは最初から判っているのです。

少なくとも、「好きな噺家だけを呼ぶ落語会」を主催する自分自身は、そのことで「活性化した」のです。

だから迷わず「始める」ことができたのです。

地域活性化の第一歩は、「地域を活性化したい!」と願う自分自身が活性化することを「始める」ことなのです。




**********************************************
ここをクリックして戴けるとこれからの励みになります。
     ↓
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
クリックすると<地域生活/ 関東ブログカテゴリー>ランキング頁に行きます。
********************************************** 



| 小久保 達 | 22:53 | comments (0) | trackback (0) | ★地域活性化の思考プロセス★::3・何を活性化するのか? |
★地域活性化の思考プロセス★ ⇒【3・何を活性化するのか?】No.2                                                          始めたコトは途中で止めない! 活性化するまで「続ける」以外に無い
          
地域寄席で落語会を始める人は意外と多いものです。

しかし、せっかく始めた新しい落語会も、その多くが数回で途絶え、長くても2,3年で休止してしまう事例が少なくないのです。

<有望若手応援寄席>は、始めて10年目を迎え、毎月欠かさず開催し続けて、先月で第107回を数えました。

しかし、だからと言って、私は「この落語会で飯能が活性化した」とは思っていません。そもそも、私自身が、「地域活性化のために始めた」とは思っていないのです。

「落語が好きだから」始めたのです。
「落語会を地域で毎月主催するのが面白そうだったから」始めたのです。

続けているうちに、「結果的に儲かればいいなぁ」「飯能が落語で活性化すればいいなぁ」という「願望」(妄想?)は抱いていました。

毎回の落語会に来てくれるお客さんの数は、バラツキがありましたが、今年の4月までは80人~130人くらいでした。

この調子でいけば、市民会館の小ホール(300席)を満杯にする日も「遠くはない」という希望が湧いてきていました。

市民の中には、「小久保さんは毎月落語会をやってなんとか飯能を活性化しようとしている」と、言ってくれる人は少なくありません。

そのように言われるのは、嬉しいのですが、前述したように、私は「地域活性化のために落語会を始めたわけではない」のです。

おそらく、その人の「地域活性化のイメージ」には「イベントを主催する」「イベントを続ける」ということが大きな位置を占めているのかもしれません。

現実には、「飯能市内で毎月落語会が開かれている」ことを知っている市民はまだ10%以下ではないでしょうか。

そんな程度のことだと思います。


第101回目の4月から、会場を変え、出演者の顔ぶれも一新し、さらに、毎月1回開催から毎月2回開催にしてから来場者が激減しました。

最近は20人~50人くらいです。

このことには、おそらく、私が市長選に立候補し、断トツの最下位で落選したことも大きく影響しているのだと思います。

たぶん「小久保は選挙のために落語会を続けていたのか?」と思ってしまった人も多いのでしょう。

ここで、もし、私が落語会(地域寄席)を止めてしまったら、「やっぱり選挙のためだったからじゃないか」と決めつけられるでしょう。

しかし、続けたら続けたで、「次の市長選も出るつもりだから落語会は赤字でも続けるのだ」と思われてしまいます。

しかし、どのように誤解され、曲解されようと、「落語が好き」「地域で落語会を主催することは面白い!」ということに変わりはないのです。

市長選で惨敗し、借金を増やし、多くの労力が徒労に終わったうえに、一部(?)の人に嘲笑されて、かなり落ち込んだ時もありましたが、それでも「落語会を続けていた」ことが、私自身のこれからの「活性化への希望」になっているのです。

飯能での落語会を、主催者である「私だけの個人的な活性化」に終わらさず、「地域の活性化」につなげていくのが、これからの私の課題です。

それまでは、落語会を「続ける」というのが、いまの私の「決意」であり、「心境」なのです。



| 小久保 達 | 22:31 | comments (0) | trackback (0) | ★地域活性化の思考プロセス★::3・何を活性化するのか? |
★地域活性化の思考プロセス★ ⇒【4・マンネリを打破するには?】No.1                                                      「マンネリ打破」と「高い目標への挑戦」を!
                
せっかく始めたイベントを「続けていく」ためには、主催者自身が楽しんでいることが不可欠です。

活性化の大敵の一つに「マンネリ」があります。

私も<有望若手応援寄席>を続けていて、この「マンネリ感」に悩みました。

私が飯能に呼んでいた柳家三三、春風亭柳朝、古今亭菊之丞、三遊亭兼好という若手真打ちの4人は、私の「大のお気に入り」です。

しかも、柳家三三は「都内での独演会はチケット入手困難」になり、フアンの間では「都内の独演会は完売でも、飯能での独演会は会場が和室なので行けば必ず入場できる」「しかもたっぷり聞ける」というのがクチコミで広がり、毎回150人を越えるようになっていたのです。

しかし、私が始めた落語会は<有望若手応援寄席>なのです。

柳家三三を初めて飯能に呼んだときは、三三は噺家になってまだ5年目の「二つ目」だったのですが、最近では、人気度から言えばとっくに「有望」という段階は過ぎています。

いまの東京の落語界には、「有望な若手」が大勢誕生してきています。

「将来が有望な若手を応援する落語会」としては、三三、柳朝、菊之丞以外の「もっと若い二つ目」を呼ぶべきだということで、2年前から三遊亭兼好を加えることにしたのです。

ところが、嬉しいことに、兼好も「急激に上手くなり」「人気者」になってきました。

だから、興行的には、大勢のお客をお客さんの呼び寄せてくれる4人のままの「顔ぶれ」のほうが「黒字」なのですが、その「安心感」が私の中に「マンネリ」を生み出していたのです。


そこで、思い切って「出演者を全員若手の二つ目に入れ替える」という「決断」をしてみました。

2009年4月の第101回目を、「100回突破記念特別興行」として、いままでの4人の他に、7年前に「有望若手応援寄席を卒業した」入船亭扇辰も加えて「5人勢揃い」興行を超満員で実施しました。

とりあえず、そこで一応の「区切り」をつけ、翌月の第102回目から、出演者の顔ぶれを一新しました。

その新しい出演者が、立川志の吉、三遊亭王楽、三遊亭きん歌、春風亭一之輔、鈴々舎わか馬、桂才紫、林家たけ平、立川談修の8人です。

結果は、会場が変更したこともあって、昨日(10/3)書き込んだように「数字的にはかなりのマイナス」です。半分以下どころか、一気に4分の1、5分の1までになったのです。

しかし、これでマンネリだった私の目が覚めて、私自身は「活性化」したのです。

いままでは「毎回100名を超える来場者」で満足して、集客の手を抜いていたのです。

しかし、いくら「遊び」で続けている落語会であっても、これ以上の「累積赤字」はかなりの負担です。

この累積赤字を「挽回」するのには、現在の会場(絹甚、原町会館)を満員にすることではなく、当面は飯能市民会館小ホール(300席)や大ホール(1000席)を年に2,3回は満員にしなければならないと思うようになりました。

小ホールを満員にする落語会として、2010年1月24日(日)に、「三遊亭王楽真打ち昇進披露興行in飯能」を設定してみました。

大ホールを満員にする落語会としては、2010年6月頃に、ある人気噺家の「襲名披露興行in飯能」を準備しています。

すでに<有望若手応援寄席>では150人の来場者を重ねていたのですから、小ホールを満員にするのはさほど高い目標ではありませんが、大ホール(1000席)を満員にするのは、現時点では「冒険」と言ったほうが適切かもしれないほどの「挑戦」です。

しかし、「高い目標への挑戦」が無ければ、個人も地域も、自治体も「活性化しない」のです。


**********************************************
ここをクリックして戴けるとこれからの励みになります。
     ↓
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
クリックすると<地域生活/ 関東ブログカテゴリー>ランキング頁に行きます。
********************************************** 


| 小久保 達 | 21:29 | comments (0) | trackback (0) | ★地域活性化の思考プロセス★::4・マンネリを打破するには? |
★地域活性化の思考プロセス★ ⇒【4・マンネリを打破するには?】No.2                                                             マンネリ化したイベントを活性化する9つの定番方法
   
長く続いたが、それ故にマンネリになってしまった「地域イベント」を活性化させる方法は幾つも有ります。

   1.主催者を変える
   2.会場を変える
   3.顔ぶれを変える
   4.時期(時間帯)を変える
   5.内容の構成を変える
   6.主旨を変える
   7.狙い(目的)を変える
   8.回数を減らす
   9.逆に回数を増やす

私が主催してきた<有望若手応援寄席>は、思い切って「1.主催者を変える」ということで、私自身が「主催者を辞める」ということを試みたのですが、後を引き継ぐ人が現れず、そのまま今日まで続いています。

そこで、たまたま定例会場にしていた<一丁目倶楽部>が改修工事でしばらく使用できなくなるのをキッカケに、「絹甚」に変えてみました。

しかし、その結果は、会場が「狭く」なり、飯能駅から「遠く」なり、「道順も初めての人には判り難く」、なおかつ「駐車場が無い」ということも重なって来場者は半減。

出演者の「顔ぶれを変えれば来場者は減る」ということは予め予想できていましたから、「驚き」ではありませんでした。

飯能に呼びたい噺家が大勢いるので、新たに<還暦落語会>と<成長中堅期待寄席>という落語会を新設して、月1回開催から月2回開催に「増やし」ましたが。これも「来場者総数の減少」になってしまいました。

「時間帯」も、いままでの<有望若手応援寄席>が「日曜日の夜」だったので、新しい<成長中堅期待寄席>は「土曜日の午後」にしてみました。

市内の年配者から「落語会には行きたいけど、夜は外出できないのよ」「昼間だったら聴きに行けるんだけど・・・」と言われていたのですが、結果は、意外にも「昼席は夜席の時よりは少ない」のです。

これは、入間市の扇町屋商店街の有志が主催している<若手応援町屋寄席>も同じでした。ここでは先月から「日曜の夜」から「日曜の午後」から変えてみたのですが、やはりお客は減ってしまったのです。

残る方法は「構成を超える」「主旨を変える」「狙いを変える」ことなのですが・・・・・



**********************************************
ここをクリックして戴けるとこれからの励みになります。
     ↓
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
クリックすると<地域生活/ 関東ブログカテゴリー>ランキング頁に行きます。
********************************************** 



| 小久保 達 | 19:48 | comments (0) | trackback (0) | ★地域活性化の思考プロセス★::4・マンネリを打破するには? |
★地域活性化の思考プロセス★ ⇒【5・原点に立って再考したら?】No.1                                                                      何のために始めたのか? 何のために続けているのか?
               
マンネリになってきた「地域イベント」を活性化させるには
「そもそもの原点に立脚して再考する」ことが不可欠です。

私は、なぜ、地域で<有望若手応援寄席>を始めたのか?

その「原点」をまとめると下記の4点に集約されます。

A・自分が好きな噺家を飯能の人に「聴いてもらいたい」のだが、飯能の人を都内の寄席や落語会に何度も連れて行くのは手間と時間とお金がかかって面倒だ。
B・それよりは、噺家のほうを飯能に呼んで、飯能で落語会を開けば、そこに地元の人に来てもらうほうが一度で済むので簡単だ。
C・都内の落語会に「お客で通う」だけでは「好きな噺家と親しくなれる機会」は無いが、飯能で「噺家の独演会を主催する」ようになれば、主催者である私だけは「噺家と親しくなれる」
D・あえて言えば「好きな噺家のために始めた」のであって、「お客さんのために始めた」のではない

つまり、「好きな落語家と親しくなりたい」というのが私の原点で、「落語会で地域を活性化しよう!」とか「お客を増やして儲けよう!」という気持ちは無かったのです。

そもそも、「月1回程度の小さな落語会」で地域が活性化するとは思っていません。(今も)

噺家と主催者が親しくなるには「高い出演料を払う」ことより、「噺家が望む落語会を設定する」ことだと私は思っていました。

「噺家が望む落語会」とは下記のようなものだと勝手に思っています。

  1.噺家にとって「成長の場」になること
    (たっぷりの出演時間と新しい試みが自由にできること)
  2.自分のフアンが増えること
  3.続けていることが他の噺家に自慢にできること
  4.先輩や後輩に紹介したときに喜ばれること


落語会が「金儲け」のための「商売」であれば、「お客のための落語会」でなければならないので、「お客が求めている落語会にしなければならない」のでしょう。

しかし、お客が落語会に求めている「本音」は「もっと他の噺家も落語も聴きたい」ということであり、「もっと有名な噺家を呼んで欲しい」ということなのです。

私は、その要望には応えられません。

なぜなら「飯能に呼びたいとは思わない噺家」は意外と多いし、「有名な噺家」はギャラが高いので、少なくとも小ホール(300席)を満杯にしないと大赤字になってしまうからです。

私が応えられるのは「地域で落語会が有るなら聞きに行きたい」という人たちの要望だけなのです。

「好きな噺家を飯能に呼ぶため」というのが「始めた動機」です。
「好きな噺家と親しくなるため」というのが「続けている目的」です。

この「原点」に立ち返って再考してみたら、いくつかの「活性化策」が浮かんできました。


**********************************************
ここをクリックして戴けるとこれからの励みになります。
     ↓
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
クリックすると<地域生活/ 関東ブログカテゴリー>ランキング頁に行きます。
********************************************** 





| 小久保 達 | 17:52 | comments (0) | trackback (0) | ★地域活性化の思考プロセス★::5・原点に立って再考したら? |
★地域活性化の思考プロセス★ ⇒【5・原点に立って再考したら?】No.2                                              落語会を主催する人が増えて欲しい!
                              
私にとって「活性化している地域」とは、落語という分野に限定して言えば、私が主催している<有望若手応援寄席>や<成長中堅期待寄席>の来場者が増えて、「私だけが儲かっている」ことではなく、
私以外にも地域寄席を主催する人が「増えている」ことです。

自分の好きな噺家を飯能に呼んで落語会を主催する人が10人になれば、開催される落語会の数も10倍になります。

そうなれば、当然のことですが、市外から飯能の落語会に来る人の数も10倍になります。

飯能には地域寄席に相応しい会場がたくさん有ります。

一丁目倶楽部や原町会館など、町内会の集会場の大部分は、幕付の舞台が備えられています。舞台が無くても寺院の本堂も落語会には適しています。たとえば、能仁寺や観音寺、広渡寺、心応寺などでは落語家が開かれたことがあります。

幼稚園や教会でも可能です。小中高校の教室や体育館でも可能です。
さらに飯能には「店蔵絹甚」以外にも、「そば工房・時」や「スタジオくら」などの「蔵」が沢山ありますが、「蔵造り」の建物は、落語会の雰囲気として最高!です。

落語は特に「舞台」が無くてもできるので、それなりの広間が有るなら、飲食店だけでなく、個人の住宅でも可能なのです。

私の概算では、飯能駅を中心に半径2キロ以内だけでも、落語会の開催が可能な会場は100ヶ所以上有ると思っています。

いま私が夢想しているのはそれらの会場を使用して集中的に落語会を開催して、市外から大勢の人を呼び寄せる<飯能落語まつり月間>です。


**********************************************
ここをクリックして戴けるとこれからの励みになります。
     ↓
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
クリックすると<地域生活/ 関東ブログカテゴリー>ランキング頁に行きます。
********************************************** 



| 小久保 達 | 18:34 | comments (0) | trackback (0) | ★地域活性化の思考プロセス★::5・原点に立って再考したら? |
★地域活性化の思考プロセス★ ⇒【6・「楽しい夢」を描いてみる】No.1                                                                  毎日が地域寄席、1年365日「いつもどこかで落語会」
                
落語イベントとしては、「大銀座落語祭」「博多・天神落語まつり」、飯能の近くでは「高崎まちなか寄席」が有名です。

地域活性化プランの初歩は「他の地域での成功例を真似る」ことです。
しかし、ただ「真似る」だけではなく、「独自性を出す」ことも重要です。

私が飯能でやってみたい「落語まつり」は、「若手の独演会」を「長期間のロングラン」で「いつも」「どこか」で開催されているというイベントです。

最終的には「365日いつも、どこかで、誰かが、落語会をやっている」という状態を創り上げることです。

自分で勝手に「飯能市いつもどこかで落語会」とネーミングしています。

「月1回の落語会」を主催する人が30人もいれば可能なのです。
決して不可能なことではありません。

もちろん、一度で「365日、毎日が落語会」という状況を実現させるのは困難ですが、第1回目は1週間程度、第2回目は一ヶ月程度、第3回目は一ヶ月程度を年4回・・・・というように徐々に開催日数を増やしていけばいいのです。
最初の開催時期は「年末年始の一週間」か「夏休み中の一週間」のどちらかを考えています。

すでにPRチラシの原案も考えてあります。


**********************************************
ここをクリックして戴けるとこれからの励みになります。
     ↓
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
クリックすると<地域生活/ 関東ブログカテゴリー>ランキング頁に行きます。
********************************************** 


| 小久保 達 | 16:32 | comments (0) | trackback (0) | ★地域活性化の思考プロセス★::6「楽しい夢」を描いてみたら? |
★地域活性化の思考プロセス★ ⇒【7・「高い目標」に挑戦したら?】No.1                                                             落語月間、常設会場、学校寄席、自宅寄席、地場企業のCM採用・・・・・
    
落語会や地域寄席で「高い目標」と言ったら「開催回数」や「集客数」を大幅に増やすことだけではありません。

いま「思いついたコト」だけでも下記のような「目標」が考えられます。

 1.落語界全体の一大イベントを飯能で開催する
   (飯能落語まつり・落語週間・落語月間・落語イヤー・・・・)
 2.飯能で「落語会専用の常設会場」をオープンする
   (飯能駅構内・寺社の境内・旧丸広跡・中央公民館・・・・)
 3.飯能市内に転居してくる落語家が何人も出てくる
    (池袋演芸場や新宿末広亭に通うのも便利になったので)
 4.落語家で「飯能の地域寄席」を知らない人は一人もいない
   (落語情報誌のお陰で飯能もかなり知られてきました)
 5.飯能での地域寄席が全国でも有名になっている
   (出演者の顔ぶれによっては茨城や栃木から来る人もいる)
 6.飯能から落語家になる人が何人も出る。
   (そのために小中学生は無料にしている)
 7.落語家になった人とその師匠との「師弟会」を定期的に開く
 8.飯能で「面白い落語」をできる素人が大勢生まれる
 9.市内の全ての寺院で一度は落語会を開催する
10.市内の全ての自治会館で地域寄席を開催する
11.市内の全ての小中高大で毎年「年1回」「学校寄席」を開催する
12.市内の優良企業で落語家を自社のPRに活用する例を増やす

じっくり考えれば、まだまだ有りそうです。

**********************************************
ここをクリックして戴けるとこれからの励みになります。
     ↓
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
クリックすると<地域生活/ 関東ブログカテゴリー>ランキング頁に行きます。
********************************************** 


| 小久保 達 | 20:16 | comments (0) | trackback (0) | ★地域活性化の思考プロセス★::7・「高い目標」に挑戦したら? |
★地域活性化の思考プロセス★ ⇒【<7段階のステップ>とは?】No.1   
   
最近、私は「地域を活性化するための思考プロセス」として、
下記の<7段階のステップ>を意識しています。

<1.この地域がなかなか活性化しないのはなぜか?>

いままで「地域が活性化しない理由」として考えられていたコトに間違いがあるのではないか?

この地域が活性化しないのは、別に「本当の理由」が有るのではないか?

「こうすれば地域は活性化する」と思い込んでいた方法が、実は、あまり有効な方法ではなかったのではないか?


<2.そもそも、どうなっていることが地域活性化なのか?>

同じ「地域活性化」という言葉を使っているが、「活性化している状態」のイメージは人によってかなり異なっているのではないか?

地域の「何」が?「どのようになっていること」が? 活性化なのか?

活性化とは何かが「増える」ことなのか? 

それとも、何かが「始まる」ことなのか?


<3.誰が?何を?どうすれば?地域は活性化するのか?>

地域の「何」を?「どうすれば」? 活性化するのか?

そもそも「地域活性化」は誰の役割なのか?

地域の「何」を?「どのようにしていくことが」? 活性化なのだろうか?

活性化させることにも「優先順位」が有るのではないだろうか?


<4.マンネリになっていることは何か?>

なぜ地域がマンネリになってしまったのか?

どこを? どうすれば? そのマンネリを打破できるのか?


<5.原点に立って再考したら何が変わるか?>

なぜ、それを「始めた」のか? 

なぜ、いまも「続けている」のか?

どこを? 何を? どのように? いつ?変えればいいのか?


<6.この地域で「実現したい夢」を描いているのか?>

この地域で「実現したいコト」は何か?

それは「本当に実現して欲しいコト」なのか?

「実現できるか?出来ないか?」を考えても活性化しない
「実現させるにはどうすればいいか?」という視点で考えているか?


<7.「高い目標」に挑戦したらどうなるか?>

「夢」を実現するためには、まず、何をどうすればいいのか?

「夢を実現する」ためには、どのような目標が設定できるか?

「高い目標」と「低い目標」のどちらを設定したらいいのか?

「目標」を達成するためには、どのような「課題」が有るのか?

「課題」をクリアーするため、どのような「計画」を立てればいいのか?

「計画」を立てると「行動したくなる」のはなぜか?

「計画」を立てても「行動したくならない」のはなぜか?


以上の<7段階のステップ>で考えた結果、生まれた「活性化プラン」を順次、<飯能活性化プラン365>という大項目で書いていくことにします。


**********************************************
ここをクリックして戴けるとこれからの励みになります。
     ↓
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
クリックすると<地域生活/ 関東ブログカテゴリー>ランキング頁に行きます。
********************************************** 


| 小久保 達 | 17:17 | comments (0) | trackback (0) | ★地域活性化の思考プロセス★::<7段階のステップ>とは? |
このページの先頭へ
当ブログ編集人プロフィール
みなさんからのコメント
  • ★2017年7月の市長選★ ⇒【現職と新人の出馬動向】No.11       前県議の和田さんはブログで「共産党の候補者擁立は、笑止千万、究極のパフォーマンス!」と断定しているのですが・・・・。
今月の書き込み
{CALENDARBOX} {CDCTRLBACK}<<前月{/CDCTRLBACK} {CDYM}Y/m{/CDYM} {CDCTRLNEXT}次月>>{/CDCTRLNEXT}
過去の書き込み
TRACBACK
  • ★この場所のココに注目!★ ⇒【奥武蔵あじさい館】No.06                                       9月定例議会で市議に質問して欲しいコトは?
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ゲットネット...¥
Blog Ranking

OTHERS
    RSS 1.0
    処理時間 10.661961秒
このページの先頭へ