当ブログの項目タイトル
⊿大分類の項目(件数小計)
 ⇒中分類の項目(書込件数)

★2013年の市長選を考える★ ⇒ 【市長選に出てしまった人間として】No.1                                      あまりにも大きかったマイナス面のために・・・・
            
私は、60歳の時に、飯能市長選に「立候補してしまった」人間です。

当初は「3選市長の無投票当選阻止」ということで立候補表明したのですが、その後、同年代の共産党支援候補と30代前半の国民新党支援候補が立候補表明したにも関わらず、〈諸般の事情〉から「降りる」ことができず、そのまま「現職+3人の新人」の選挙戦に、無謀にも本当の無所属、無組織、無資金で突入してしまいました。

そして、ものの見事に「最下位」。
それどころが「供託金没収」という無様な結果になってしまいました。

おかげで、その後の「地域での生活」はかなり苦しいものになってしまいました。もちろん「得たこと(プラスになった)」も有りましたが「失った(マイナスになった)ものが予想以上に大きかった」のです。

マイナス面の一つに「何をしても、何を言っても、〈色眼鏡〉で見られ、こちらの真意が曲解されてしまう」ようになってしまったことです。あるいは「そのように自分で勝手に思い込んでしまうようになってしまった」ことです。

ですから、私がこのブログで、どのようなことを書こうと次のように思われてしまうかもしれません。

1.小久保は次の市長選にも出るつもりだから、そのようなことを
  言う(やっている)のだ!
2.小久保は次の市長選にはもう出られないものだから、そのようなことを
  言う(やっている)のだ!


何を言っても(書いても)、「誤解される」「曲解される」「冷笑される」「無視される」のであれば、これからは、「本音を言う(書く)」「本質を突く(書く)」「本気で言う(書く)」「遠慮せずに言う(書く)」ことにしようと思っています。

(どこまで、いつまで貫けることができるか分かりませんが・・・・)

  (705字)

**********************************************
ここをクリックして戴けるとこれからの励みになります。
     ↓
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
クリックすると<地域生活/ 関東ブログカテゴリー>ランキング頁に行きます。
********************************************** 



| 小久保 達 | 23:09 | comments (0) | trackback (0) | ★2013年の市長選を考える★::市長選に出てしまった人間として |
★2013年の市長選を考える★ ⇒ 【日高市長選2012】No.3                                                田中まどか市議が立候補表明!  「女性」「最年少」が有利に作用するか?    
     
きょう(5/2)の文化新聞1面には下記のような見出しの記事も載っています。

日高市長選 田中まどかが名乗り
市議から転身 市民が主役のまちづくり


この田中さんの経歴として記事では下記のように紹介しています。
田中氏は武蔵大学卒業後、アイワ株式会社、都内特許事務所に勤務、結婚後は子どもたちを対象に舞台芸術鑑賞や体験活動を行う「飯能日高子ども劇場」で活動し事務局長を努めた。平成21年12月に市議補選で初当選し、23年4月に2期目当選を果たした。

現職市長の引退や死去により、新人候補だけで、しかも3人以上の争いになった場合の市長選では、「女性」候補と「最少年」候補が有利になることが多いようです。

投票日までの準備期間が短い場合は、選挙公報や選管公認政策チラシが「当落」に重要な影響を与えるものなので、いまから、それらが配布されるのを楽しみにしています。

当然、来年7月の飯能市長選に立候補しようと決めている人は、日高市長選の経過と結果を参考にするでしょう。

市長が先頭に立つしかない重要課題である<飯能市との合併><市役所改革><市議会改革>にまで踏み込んで発言していく勇気ある候補者は、この3人(谷ヶ﨑・加藤・田中)の中では誰なのでしょうか? それもとも誰もいないのでしょうか? わたしにとってはこのことも興味の対象の一つです。です。     
  (553字)


**********************************************
ここをクリックして戴けるとこれからの励みになります。
     ↓
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
クリックすると<地域生活/ 関東ブログカテゴリー>ランキング頁に行きます。
********************************************** 



| 小久保 達 | 11:17 | comments (0) | trackback (0) | ★2013年の市長選を考える★::日高市長選2012 |
★2013年の市長選を考える★ ⇒ 【市長選に出てしまった人間として】No.2                                          来年の市長選に関する4通りの可能性とは?
   
現在の私にとって2013年7月の飯能市長選における〈可能性〉は下記の4通りです。

 <A>立候補する
 <B>立候補したいと思ってもできない
 <C>前回で懲りて二度と立候補しない
 <D>「自分より市長になって欲しい人」が現れてその人を応援する


現時点の選択としては<A>ですが、正確に表現すると「立候補しなければいけないと思っている」という状態です。

しかし、可能性としては<B>になるかもしれません。

その理由としては下記の4点を挙げられます。

1.最大の支援者である妻が(今回は)大反対である。
2.前回の市長選で借りたお金をまだ完済できていない。
  だから選挙資金が用意できないかもしれない。
3.緑内障の進行状況によっては「人の顔」の判別ができなくなるかも。
  (文字の読み書きはパソコンがあれば支障無くできるのですが・・・・)
4・6月に予定している「顎にできた腫瘍除去手術の結果」次第では、
  人前に出られない顔面になり、発音も不明瞭になってしまうかもしれない。



<C>は、周囲からかかなり酷い悪意の中傷をうけない限り可能性としてはかなり低いでしょう。

<D>については、前回の市長選の時も最後まで期待していたのですが残念ながら出現しませんでした。

「日高市や入間市との広域合併」「市役所職員の採用と人事に関する大改革」「市民との協働による市議会運営の大改革」「定住人口と交流人口増加への大挑戦」「公営林特区」「自主財源の確保と歳入増加」を「4年間で成し遂げる」ということを掲げる人がいれば、何も私が立候補しなければならないことは無いのですが・・・

  (639字)

**********************************************
ここをクリックして戴けるとこれからの励みになります。
     ↓
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
クリックすると<地域生活/ 関東ブログカテゴリー>ランキング頁に行きます。
********************************************** 



| 小久保 達 | 05:05 | comments (0) | trackback (0) | ★2013年の市長選を考える★::市長選に出てしまった人間として |
★2013年の市長選を考える★ ⇒ 【市長選に出てしまった人間として】No.3                                          「なりたい市長像」と「求められている市長像」との大きなズレ!?
           
市長候補として選挙を意識しながら個々の住民とじっくり意見交換したとき多くのことに気づかされました。

その一つは、「私がなりたい市長像」と、「市民が求めている市長像」との間に微妙な(大きな?)ズレが有ったと痛感させられたことです。

私がなりたいと思っていた市長像とは「面白い市長」であり、「賢い市長」であり、「強い市長」というものでした。

ところが、個々の市民が求めているのは「自分が望んでいる市長であって欲しい」ということだったのです。

それは「自分の要望を叶えてくれる市長」であり、「自分の意見を聞いてくれる市長」であり、「自分の提案を採用してくれる市長」ということだったのです。

この〈ズレ〉は、自分が「住民に選挙される」立場になって、始めて気づくことではないでしょうか。

                   (333字)



**********************************************
ここをクリックして戴けるとこれからの励みになります。
     ↓
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
クリックすると<地域生活/ 関東ブログカテゴリー>ランキング頁に行きます。
********************************************** 


| 小久保 達 | 05:04 | comments (0) | trackback (0) | ★2013年の市長選を考える★::市長選に出てしまった人間として |
★〈住民〉と〈地域〉との関わり★ ⇒ 【市長選に出てしまった人間として】No.4                                            市長選は「自己表現の方法の一つ」ではあるが、「自己実現の場」ではない!
              
選挙に立候補して、「選挙公報に政策を書く」「選管が設置するポスター掲示板に自分の主張を書く」「街頭で演説する」というのは、自己表現です。

それは、「自分の考えたことを書く」「自分の信じていることを説く」ことが大好きな私としては、「面白そうな」ことでした。

ところが、市長選を経験して「気づいた」ことの一つに
「市長選は自己表現の方法の一つではあるが、自己実現の場ではない」ということも挙げたいと思っています。

〈自己実現〉とは、本音で本心に正直にならないと叶わないことですが、市長選とは、「本音や本心を吐露すると当選しない」のです。

逆に言うと、「嘘や建前を叫んで当選するよりも、落選しても構わないから本音で本心を主張したい」と腹を決めれば「自己実現につながる」のです。

       (330字)

**********************************************
ここをクリックして戴けるとこれからの励みになります。
     ↓
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
クリックすると<地域生活/ 関東ブログカテゴリー>ランキング頁に行きます。
********************************************** 


| 小久保 達 | 05:05 | comments (2) | trackback (0) | ★2013年の市長選を考える★::市長選に出てしまった人間として |
★飯能活性化プロジェクト365★⇒【改札前案内所はどうなる?】No.1                                                                       「今年の6月からスタートする」という計画はどうなっているの?
          
飯能駅の改札前にあった〈旧西武観光案内所〉跡の空き店舗を、西武鉄道から飯能市が借りて、〈飯能市の観光案内所〉にするという計画は、その後、どうなっているのでしょうか?

市議会での答弁や文化新聞の記事によると「西武観光案内所撤退のニュースを知って、市長がすぐに西武鉄道に借入を申し入れることを担当部局に指示した」「今年の6月頃からスタートする」ということになっていたと思うのですが、現場を見ていても、それらしい準備にとりかかっているという〈気配〉が一向に感じられません。

本当に、そこに飯能市の観光案内所が開設されるのでしょうか?

いままで開催された双柳、原市場、吾野、東吾野、加治東、美杉台などの地区行政センターで開催された〈市長ほっとミーティング〉で、このことを市長に質問した人はいたのでしょうか?

私は、とりあえず明日(5/7)に予定されている加治地区での〈市長ほっとミーティング〉を覗いてみようと思っています。

    (376字)


**********************************************
ここをクリックして戴けるとこれからの励みになります。
     ↓
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
クリックすると<地域生活/ 関東ブログカテゴリー>ランキング頁に行きます。
********************************************** 


| 小久保 達 | 17:10 | comments (0) | trackback (0) | ★飯能活性化プロジェクト365★::改札前案内所はどうなる? |
★飯能活性化プロジェクト365★⇒【改札前案内所はどうなる?】No.2                                                   「改札前の予定の場所を飯能市が借りないと決めた」という話が漏れてきているのですが・・・・
     
私は市内でバッタリ出会った人などに「飯能市が改札前に観光案内所を開設するという話はその後、どこまで進展しているか知っていますか?」と訊いています。

すると、大半の人からは「もう間もなくオープンするんじゃないの」という答えが 返ってきていました。中には「観光協会もそのためのスタッフ募集をするそうだよ」と言っていた人もいました。

ところが、最近になって「その話はもう無くなったようだ」とか「飯能市としては改札前のスペースは借りないことに決めたそうだ」という人が出てくるようになったのです。

「自治体が設置する観光案内所は主要駅の改札前がベスト」と思っている多くの人にとっては「大きな驚き!」「意外な展開」「納得できない変更」です。

これは本当のことなのでしょうか?
本当であれば、誰が、いつ頃決めたのでしょうか?
それはどのような理由からそのように変わったのでしょうか?



私は、5月10日夜、飯能市民会館で開催される〈市長ほっとミーティング〉に行く予定でしたので、このことを質問してみようと思っています。

    (442字)



**********************************************
ここをクリックして戴けるとこれからの励みになります。
     ↓
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
クリックすると<地域生活/ 関東ブログカテゴリー>ランキング頁に行きます。
********************************************** 


| 小久保 達 | 13:41 | comments (0) | trackback (0) | ★飯能活性化プロジェクト365★::改札前案内所はどうなる? |
★最近の書き込み★ ⇒ 【きょうの文化新聞記事から】                                                 「噂の!東京マガジン」 沢辺市長が取材受ける  飯能市役所に山口さん                       
   
きょう(5/8)の文化新聞1面に上記の見出しの記事が載っています。
下記はその記事の抜粋です。

毎週日曜日の午後1時から放映されているTBSテレビの「噂の!東京マガジン」。各地で起きている住民と行政のトラブルなどを取り上げ問題点を探る、その人気番組の出演者がこのほど、飯能市役所を訪れ、沢辺瀞壱市長を取材した。

対応した市秘書室によると、飯能、所沢、狭山、入間市など各小中学校のエアコン設置率をテーマにしたもの。


この件については、昨日(5/7)加治公民館で開催された<市長ほっとミーティング>でも市長から報告がありました。

なんでも「小中学校のエアコン設置率が100%の自治体は少ない」のだそうです。こんなことでも人気番組で飯能市が紹介されるのは市民としては嬉しいことです。

放送日は未定だそうですが、「噂の!東京マガジン」サイトを時々チェックしてみて下さい。

  (400字)

**********************************************
ここをクリックして戴けるとこれからの励みになります。
     ↓
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
クリックすると<地域生活/ 関東ブログカテゴリー>ランキング頁に行きます。
********************************************** 


| 小久保 達 | 06:08 | comments (0) | trackback (0) | ★最近の書き込み(未分類)★::文化新聞から |
★2013年の市長選を考える★ ⇒ 【日高市長選2012】No.4                                                         公式サイトを開設したのは田中さんだけ?                          
        
田中まどかさんの公式サイトが5月1日に開設されました。
http://tanakamadoka.net/

谷ヶ﨑照雄さんと加藤清さんのサイトは、Google検索しても現時点では現れません。知っている人がいたらURLを教えて下さい。

候補者がインターネットを選挙活動に活用できるようになるのは、まだまだ先のようです。近々だと言われている総選挙でも実現できるような制度にはなりそうにもありません。

自治体単位の狭い地域内限定での選挙では、これから先もチラシ配布、ポスター掲示、後援会作り等の「組織活動」主体の活動が続くのですね・・・・・

「組織を作る」「組織を拡大する」「組織を維持する」という活動が本能的に嫌いで苦手な私は、いまの選挙制度の下では「温和しくしている」しか無いのでしょうね。

  (327字)


**********************************************
ここをクリックして戴けるとこれからの励みになります。
     ↓
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
クリックすると<地域生活/ 関東ブログカテゴリー>ランキング頁に行きます。
********************************************** 


| 小久保 達 | 03:48 | comments (0) | trackback (0) | ★2013年の市長選を考える★::日高市長選2012 |
★2013年の市長選を考える★ ⇒ 【地域活性化イベントとしての市長選】 No.1 投入する税金に見合うだけの成果を出したい!
         
どの市町村でも〈首長選〉は、対象者や対象地域がその市町村内だけに限定されたイベントです。

しかし、そのイベントは基幹的には、立候補予定者が出馬表明し、全候補者が出揃う時期も含めたら、かなりの長期に渡るイベントです。

そして、自治体が主導するイベントとしては、最大の公費を投入するイベントでもあります。

さらには、投票日に出勤する職員や立会人などで関わる住民の数、そして、それぞれの候補者を応援する支持者の数を含めたら、やはり、関わる人数としても市町村では最大のイベントです。

だから、〈地域活性化イベント〉としては最大の成果を上げなければならないイベントなのです。

そのイベントの成果や意議、価値、意議などが測られる尺度が〈投票率〉です。

首長選の投票率は、どの自治体でも低迷しているのが現状です。

だからこそ、これからの首長選は、「どうすれば投票率が上がるか?」ということに焦点を絞って考えてみたいと思っています。

そのためには「どうすれば市長選が面白くなるか?」ということも合わせて考えてみます。

  (442字)


**********************************************
ここをクリックして戴けるとこれからの励みになります。
     ↓
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
クリックすると<地域生活/ 関東ブログカテゴリー>ランキング頁に行きます。
********************************************** 



| 小久保 達 | 00:07 | comments (0) | trackback (0) | ★2013年の市長選を考える★::活性化イベントとしての市長選 |
このページの先頭へ
当ブログ編集人プロフィール
みなさんからのコメント
今月の書き込み
{CALENDARBOX} {CDCTRLBACK}<<前月{/CDCTRLBACK} {CDYM}Y/m{/CDYM} {CDCTRLNEXT}次月>>{/CDCTRLNEXT}
過去の書き込み
TRACBACK
  • ★この場所のココに注目!★ ⇒【奥武蔵あじさい館】No.06                                       9月定例議会で市議に質問して欲しいコトは?
  • ★飯能が目指す方向★⇒【原点に立って考える】No.07                                         〈公設民営〉と〈民設公営〉と〈民設民営〉を使い分ける!
  • ★飯能が目指す方向★⇒【私の空想・妄想・夢想・構想】No.28                                            市役所職員採用で、「年齢制限」と「学校歴偏重」が無くなること
  • ★飯能が目指す方向★⇒【私の空想・妄想・夢想・構想】No.3                                                          市営森林文化都市公園、市営里地里山文化公園、市営樹木葬霊園、学校共同学習林、家庭菜園団地、・・・・・
  • ★飯能活性化プラン365★ ⇒【ゴルフで活性化】No. 3                                    飯能市内の全ゴルフ場の総来場者を増やす「思い付き」7つ
  • ★飯能活性化プロジェクト365★⇒5/365【バースデーハウス365】                                          市内に『バースデーハウス』という飲食店があったら・・
  • ★もしも、私(あなた)が・・・・★ ⇒【どこかの市長だったら】No.7                            「自治体・市役所・市長・職員・住民」それぞれの役割と課題を「大規模団地」に喩えて説明したい!
  • ★もしも、私(あなた)が・・・・★ ⇒【西武鉄道の社長だったら】No.11               元加治駅から八高線に乗り入れ,「駿河台大学前駅」を新設して八王子駅まで行きたい!
  • ★もしも、私(あなた)が・・・・★ ⇒【観光協会の会長だったら】No.5                       改札口前の観光案内所なら最初は「テーブルと倚子とパンフレット棚」で充分!  
  • ★2009年度の市長選を面白く!★ ⇒【「選挙の在り方」も変えていく】No.5                                                                       7月の市長選では、立候補予定者自らが「投票率アップ」に取り組みます!
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ゲットネット...¥
Blog Ranking

OTHERS
このページの先頭へ