当ブログの項目タイトル
⊿大分類の項目(件数小計)
 ⇒中分類の項目(書込件数)

★飯能ムーミンパーク騒動記★ ⇒【FGI株主の一喜一憂】No.11      8789掲示板では、初めて「私のことが正確な表現」で書かれました! 
久しぶりに、この8789掲示板を覗いたら、私のことが書かれていたので転載します。

〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇
https://textream.yahoo.co.jp/message/1008789/8789/226/22
22   mks*****  9月29日 09:54
こんな記事が...
http://5line.jp/blog/itsudoko/
飯能の地元の方のもの。
なるほど、知りませんでした。
市民の大事にされてきた公園を...
上手に立ち振る舞って欲しいものです。
いずれにせよ大規模な計画には賛成派と反対派がいるもの。

          返信する 1   そう思う5  そう思わない4
〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇


http://5line.jp/blog/itsudoko/ は当然、当blog飯能どうする研究所へのリンクです。しかし、このURLだと、私が書いた文章は「最新の書き込み順」表示されているので、日時が経ってからアクセスした場合は、必ずしも【FGI株主の一喜一憂】の書き込みが表示されるわけではありません。

このmksさんが書き込んだ日時(9月29日 09:54)から推測すると、おそらく【あけぼの公園の行方】01~05を読んだのでしょう。
その場合は下記のURLを表示すれば01~最新の書き込みが読めます。
http://5line.jp/blog/itsudoko/index.php?c=128-777

>いずれにせよ大規模な計画には賛成派と反対派がいるもの。
と書き込んでいるので、このmksさんも「反対派」だと思っているのでしょう。
「そう思う5  そう思わない4」は、このmksさんの書き込みへの、
この投稿を読んだ人たちの「判断」です。


ところが、すぐに、私のことを「解説してくれる」投稿が有ったのです。

〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇
https://textream.yahoo.co.jp/message/1008789/8789/226/34
34   ppp*****   9月29日 11:00
>>22
その人はここにも時々出没する有名人やで。別に反対派ではないんや。批判したり、勘ぐったり、それなりに楽しんどるんや(笑)
  
        返信する 1   そう思う4  そう思わない4
〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇

どうやら9/29に当blog飯能どうする研究所のアクセスが普段の3倍に増えたのは、この2人の投稿が要因だったようです。

別に反対派ではないんや。批判したり、勘ぐったり、それなりに楽しんどるんや(笑)
この表現が、私にとっては嬉しいほど「まさにドンピシャ!」だったので、すぐに「返信」を書き込むことにしました。 
(⇒ それは10/2付けに)

            (913字)


**********************************************
ここをクリックして戴けるとこれからの励みになります。
     ↓
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
クリックすると<地域生活/ 関東ブログカテゴリー>ランキング頁に行きます。
**********************************************


| 小久保 達 | 23:03 | comments (0) | trackback (0) | ★飯能ムーミンパーク騒動記★::FGI株主の一喜一憂 |
★飯能ムーミンパーク騒動記★ ⇒【FGI株主の一喜一憂】No.12      Yahoo!の8789掲示板に「私の真意を理解してくれているpppさんへの返信」を投稿しました。 
    
Pppさんの投稿に応じて私がレスポンスしたの投稿は下記の通りです。
うっかりして、当ブログに転載するのをいまの時間(10/02/23:30)まで忘れていました。

https://textream.yahoo.co.jp/message/1008789/8789/226/553
553(最新)blog飯能どうする研究所 10月1日 20:17
>>34
pppさん、私の「本心」を言い当ててくれて有難うございます。

>別に反対派ではないんや
●当8789掲示板に投稿している飯能市民の中には、私を「ムーミンテーマパークの反対派」と思い込んでいる人が多いようですが、私は「FGIへの危惧や警鐘を発信している」のであって「ムーミンパークが飯能市に実現することには大歓迎」なのです。そうでなければ1年後の2016年6月に夫婦で50万円もかけて「市民の中では誰よりも先にムーミンワールドに行く」わけはありません。しかも帰ってからすぐに飯能市中央公民館で「ムーミンワールド報告会」を500円の資料代を頂いて開催。来場された40人の市民に「ムーミンワールドは幼児向け。日本なら意欲のある代理店を活用すれば誰がやっても、フィンランドより素晴らしいムーミンパークを造れる!」と報告しているのです。

>批判したり、
●私は「メッツア構想」に関して市長や飯能市の担当者を批判してことは一度もありません。私が批判しているのは、この掲示板で「飯能市や西武鉄道が出資している全面的に支援してくれるから成功間違いない」という嘘を何度もしつこくこの8789掲示板に書き込んでいる人たちを批判しているだけです。

>勘ぐったり、
●ただ、ここに来て、SPCやあけぼの公園の管理委託、ふるさと納税ムーミン基金の使途が「アレレッ!?」という方向になっていることの真相と真意を勘ぐってはいます。

>それなりに楽しんどるんや(笑)
●はい。まさにpppさんのご指摘の通り、私は今回の一連の「メッツア騒動」を楽しんでいるのです。
なぜなら、私にとっては「宮沢湖畔に日本流のムーミンテーマパークが実現する」ことが楽しみなのであって、その経営母体がどの企業グループでも構わないのです。
たとえ「メッツが開園前に頓挫する」ような事態になっても、その後を買収して「ムーミンパークを実現してくれる企業」が現れればそれでいいのです。
「開園できたとしてもすぐに閉園になるだろう」と書き込まれている方も多いようですが、それでも、その後を引き継いで運営をする企業は絶対に現れると思っているので、この点では少しも心配していません。


いま(10/02/23:30)の時点で
返信する   → 私の投稿に返信を反応を書き込んだ人は0人
そう思う10 ⇒私の投稿内容に「そう思う」という反応をした人の数    
そう思わない18 ⇒逆に「そう思う」という反応をした人の数


8789掲示板は「投稿は1000字以内という制限」が有るので、その字数内に収めるために削除した227字の文章もここでは追加しておきます。

<字数オーバーで削除した記述>
実は、「2015年6月30日の突然の記者発表」直後から、商工会議所や観光協会の担当者に「フィンランド・ムーミンワールド市民ツアー」を強く要請していたのです。しかし、残念なことに、その当時は市民の誰も「ムーミンワールドが6~8月の夏季限定営業とは知らなかったので実現できなかったのです。

★「FGIがどこまでやるのか?(出来るのか?)」「FGIが頓挫するとしたらそれは何時ごろか?」「FGIに替って肩代わりする企業はどこか?」ということを、市民として気長に楽しんでいるだけです。

以上です。

            (1324字)


**********************************************
ここをクリックして戴けるとこれからの励みになります。
     ↓
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
クリックすると<地域生活/ 関東ブログカテゴリー>ランキング頁に行きます。
**********************************************


| 小久保 達 | 23:40 | comments (0) | trackback (0) | ★飯能ムーミンパーク騒動記★::FGI株主の一喜一憂 |
★飯能ムーミンパーク騒動記★ ⇒【あけぼの公園の行方】No.06       市営公園内に税金約1億円を投じて建設する「2階建て99㎡の飲食店」の年間家賃が30万円とは!!  
       
あけぼの公園の存在は、「ムーミンパーク騒動」にとっては重要な要素になっています。

「飯能市に決まったプロセスの真偽」「FGIへの運営委託の是非」の次に言及したいのは「公園内に税金で建設する飲食施設の家賃」です。

2017年9月13日付の文化新聞にはその飲食施設の概要として下記のように書かれています。
「建設場所は、公園東側にある「水浴び小屋」の北西側。建物は木造2階建てで、延床面積は約99平方メートル。入口正面に厨房、右側にトーベ・ヤンソン氏の書籍などの展示スペースと売店、左側に休憩スペースが配置される。」

さらに同紙には建設費用として、9月8日に行われた市議会常任委員会の経済建設委員会(松橋律子委員長)での質疑が下記のように書かれています。
▽委員=当初予算に建設費が計上されている。全部で1億3600万円。工事請負費が1億1500万円、設計委託料が800万円など。
 ▽市=飲食店については3月議会に9500万円という補正を頂いている。これは設計が1000万円で、建築工事費が8500万円。ここで、設計がほぼ終了したので、発注手続きに入っている。
 ▽委員=建物で8000万円はゴージャス。その内容は。
 ▽市=図面を見る限りでは、「きのこの家」(園内施設)があるが、そういった中で飲食ができると。多少なり、仕掛けというか、そういったものもある。
 ▽委員=店の中に展示スペースがあるが、「森の家」(園内施設)にも展示スペースがある。そことの兼ね合いは。
 ▽市=飲食店内の展示スペースは、トーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園ということで、トーベ・ヤンソンさんの作品などを展示したい。


これから建設費総計9500万円をかけて新たに建設する飲食店舗を民間企業に貸し出す際の家賃に関して、同紙面ではさらに下記のように書かれています。
同議案は、阿須運動公園売店の使用料1か月1万5000円(公園進入路近くにあった「森の店」使用料)を廃止し、トーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園内に新たな施設として整備を進めている飲食店の使用料について1か月2万5000円に定めるもの。今回の条例では、公園管理者(市)から公園施設を管理する形での許可を受けた者に対して使用料を定める。


みなさん、ここでよ~く考えてみて下さい。

市営公園の中に、土地代を除いて上物だけで1億円の税金をかけて建てる新築2階建て99㎡の店舗を、営利企業に貸すときの家賃が「月額25000円(年間30万円)が「妥当」でしょうか?

1坪の月額家賃が757円というのは飯能市内の街中の店舗家賃の1/10以下なのです。

この「初めから非常識に安く設定する家賃」について質問する市議会議員はいなかったのでしょうか?

           (1142字)

**********************************************
ここをクリックして戴けるとこれからの励みになります。
     ↓
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
クリックすると<地域生活/ 関東ブログカテゴリー>ランキング頁に行きます。
**********************************************


| 小久保 達 | 22:25 | comments (0) | trackback (0) | ★飯能ムーミンパーク騒動記★::あけぼの公園の行方 |
★飯能ムーミンパーク騒動記★ ⇒【あけぼの公園の行方】No.07       税金で建てた飲食店を世間相場より遥かに低額な家賃で貸すのは「特定企業への利益供与」であり「市への背任行為」なのですが・・・・ 
   
あけぼの公園の存在は、「ムーミンパーク騒動」にとっては重要な要素になっています。

「飯能市に決まったプロセスの真偽」「FGIへの運営委託の是非」の次に言及した「公園内に税金で建設する飲食施設の家賃」は、これから徐々にいままでにない重要な要因になるでしょう。

飲食店を貸す場合の家賃は、その店舗周辺の商業的な価値によって上下します。

「人通りが多く、しかも目立つ場所」にある店舗の家賃は高く、その逆に「人通りが少なく、しかも目立たない場所」にある店舗の家賃は安いのが社会の常識です。それが家賃相場というものです。

しかし、新しい地域や新しい商業施設の中に創られた店舗の場合や、その店舗の商業的価値が未確定で「相場家賃が決めにくい」店舗物件に関しては「売り上げ金額に応じて家賃を連動させる」という歩合制家賃にするのが一般的です。

例えば「10%の歩合家賃」に決めた店舗の売り上げが「月間100万円だった月の家賃は10万円」であり、「月間300万円だった月の家賃は30万円」になります。

逆に「月間50万円だった月の家賃は5万円」になるのですが、最初に取り決めした「最低金額」を超えられないテナントは退去させられることになります。

賃貸する店舗の大家に、その地域や施設への集客力が強い場合は、当然歩合は高く設定され、逆に集客力が弱い場合は低く設定されます。

この歩合は、入居するテナントの業種業態によっても上下します。

飲食店のように利益率の高い業種は家賃歩合も高く設定され、書店のように利益率が低く固定されている業種では家賃歩合は低く設定されます。


ここで<あけぼの公園>の場合を考えてみましょう。

公園の年間来場者数は既に定着し、これからはさらなる上昇が確実なのです。そして、それらの来場者増のための広報やイベントは飯能市が行うのです。

こういう「大勢のお客が来ることが確実で、さらなる増加が期待できる施設内の店舗家賃は「月額固定制」ではなく「売り上げ歩合制」で決めるのがビジネスの常識です。

この新しい飲食店の売り上げ金額が年間5000万円だとして「家賃を売り上げの10%」に設定すれば500万円にもなるのです。

もちろん、「年間家賃収入の総額」は、この飲食店の魅力と飯能市のPRによって、上にも下にも変動することは予想されます。

この公園内に新設される飲食店を借りる企業を「入札で公募」すれば、10%以上の歩合を提示する会社が何社もあり得るのです。

そのように「年間の家賃収入500万円以上が見込める」市営公園内の飲食店を「年間30万円の定額家賃で貸す」ことは、その借りた特定企業への利益供与だけではなく、飯能市に入金されるべき公金を意図的に減少させることは「背任」なのではないでしょうか?

飯能市議の中でそのことを質問した人はいるのでしょうか?

           (1198字)


**********************************************
ここをクリックして戴けるとこれからの励みになります。
     ↓
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
クリックすると<地域生活/ 関東ブログカテゴリー>ランキング頁に行きます。
**********************************************


| 小久保 達 | 20:23 | comments (0) | trackback (0) | ★飯能ムーミンパーク騒動記★::あけぼの公園の行方 |
★飯能ムーミンパーク騒動記★ ⇒【あけぼの公園の行方】No.08       公園全体の運営管理者と、新造する飲食店の運営管理者との関係は? 
   
<あけぼの公園>関連の疑問はまだまだあります。

2017年9月13日付の文化新聞にはその飲食施設の運営者公募については下記のように書かれています。

同飲食店では北欧を連想させる食事を提供する。また、施設の運営者については募集要項を制定後、広く公募し選定することなどが、9月議会前の全員協議会などで市から説明されている。

ということは、その運営を受託する会社はまだ応募も受け付けていない段階なのですが、飲食店のメニューについては「大家である飯能市が支持をするのが当然だ!」と思っていることが、下記の記事内容から伝わってきています。

8日開かれた市議会常任委員会の経済建設委員会(松橋律子委員長)で、同飲食店の管理者公募、提供する料理などについて質疑が行われ、公園利用者に関心の高い飲食店メニューについて、北欧感のあるファストフードとコーヒーなどが考えられていることが、市答弁から分かった。

この段階で市民が疑問に思うのは「新しく建てる飲食店の運営管理者と、あけぼの公園全体の管理運営を任せることになる会社」との関係です。

この疑問に対して飯能市の担当者の答弁が下記のように書かれています。

▽委員=公園の管理と飲食店運営の関係は。
▽市=公園管理全体については、今現在も市の直営で管理している。今回、その飲食店のみについて管理して頂く事業者に対して、公園の使用許可を出して管理して頂くもの。


この飲食店がオープンする2018年4月の時点では、確かにまだ市の直営であることは確実です。だから(将来的に公園を管理することになる企業がどこであれ、市は「その飲食店の件に限って使用許可を出して管理して頂く」という答弁です。

つまり、「公園全体を管理運営して貰うことになる会社」とは切り離して、「公園内に新設する飲食店だけの管理運営を任せる」会社を市が公募して審査して決めるというわけです。

普通に考えれば「公園全体の管理運営を民間企業に任せることが決まっているのであれば、公園内に建てる飲食店の運営管理も同じ企業にしたほうが合理的かつ効率的だ」と思うのですが、それだと現時点で「公園管理を委託する企業」を早く決定しなければなりません。

「あけぼの公園の管理はメッツアとの総合的な運営が望ましいのでFGIに指定する」ということは1年も前に議会で表明していたくせに、いまになって下記のように答弁しているのです。

▽委員=今、あけぼの子どもの森公園の指定管理者の話が出ているが。
▽市=トーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園は飯能市のイメージアップにつながる公園なので、慎重に検討している段階である。


これは「(飯能市のイメージアップにつながる公園)だからいつまでも飯能市が直営していきたい」という意味にもとれますが、「だからこそメッツアを運営するFGIに任せたい」という意味にも受けとれます。 

この答弁は、「新しい飲食店の運営もFGIに委託することが既に決まっているのではないのか?」と市議や市民から突っ込まれたときのための「逃げ口」なのです。

           (1236字)


**********************************************
ここをクリックして戴けるとこれからの励みになります。
     ↓
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
クリックすると<地域生活/ 関東ブログカテゴリー>ランキング頁に行きます。
**********************************************


| 小久保 達 | 16:10 | comments (0) | trackback (0) | ★飯能ムーミンパーク騒動記★::あけぼの公園の行方 |
★「飯能FGI騒動」の本質を理解する視点★⇒【投資事業会社の本質と末路】No.01  FGIは投資事業会社なのです!  
     
   
いま準備中の『飯能ムーミンパーク騒動記』は、「ムーミンパーク騒動」の内容を様々な視点、立場、目的で書いていこうと思っています。

その一つが「飯能でのムーミンパーク騒動」を、「FGI騒動」「メッツア騒動」「ムーミンパーク騒動」「宮沢湖騒動」「ムーミン基金騒動」「あけぼの公園騒動」等に区分することです。

宮沢湖に開園される予定の<ムーミンのテーマパーク>には、様々な思惑、噂、批判、中傷、憶測などが飛び交っています。

そのような状況の中で、将来を見通すためには、そもそもの発端であるフィンテックグローバルという企業の「本質」を把握することが不可欠です。

私は、いままで当blogで多くのことを書いてきましたが、それらを簡潔に判りやすくまとめたのが、初めて試みた「五行のメッセージカード」です。

「飯能FGI騒動」の本質を理解する視点・その1は下記の通りです。

   FGIは投資事業会社です。
   テーマパーク運営の専門会社
   ではありません。
   自分で多くの新事業を立ち上げる
   起業家の会社でもありません。


いまさらこの解説は不要でしょう。

当blogでは既に2015年12月に下記のような小見出しで3回ほど書き込んでいます。
http://5line.jp/blog/itsudoko/index.php?c=128-676

No.01 昔=出資した会社を上場させる 今=投資会社自体が上場する  
No.02「他人を働かせ、自分は汗水を流さずに楽に儲けたい!」
No.3 玉井社長の最新インタビュー動画からわかることは?  


            (572字)


**********************************************
ここをクリックして戴けるとこれからの励みになります。
     ↓
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
クリックすると<地域生活/ 関東ブログカテゴリー>ランキング頁に行きます。
**********************************************


| 小久保 達 | 17:29 | comments (0) | trackback (0) | ★飯能「FGI騒動」の本質を理解する視点★::投資事業会社の本質と末路 |
★飯能ムーミンパーク騒動記★ ⇒【株主掲示板に視る妄想と願望と現実】No.01  8789掲示板に投稿された内容の解説をできるだけリアルタイムで書いていきます!
 
Yahoo!サイトの中にファイナンスというサイトがあります。

このサイトは株式市場に株を上場している全企業の「株価」に関する情報が逐一最新の内容に更新されて掲載されるようになっています。
https://finance.yahoo.co.jp/

FGIは「マザーズ」に上場している株式会社なので、上記サイトのTOPに掲示されている「株価検索」窓に、FGIの株式コード番号である8789の4桁の数字を入力すると下記の頁が表示されます。
https://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/detail/?code=8789.T

そこには、FGIの最新の株価、取引内容、過去の株価推移、業績と動向に関する情報などが項目別に判りやすく掲載されています。

その項目の中に「掲示板」があります。
https://textream.yahoo.co.jp/message/1008789/8789

この掲示板は、FGIの現株主に限らず、かつてFGIの株主だった人、これからFGIの株を購入しようとしている人、株式売買をしない人でもFGIに興味の有る人であれば、誰でも自由に投稿できる掲示板です。

もちろん、この掲示板に投稿している人たちの大部分はFGIの株主、もしくは株主だった人たちです。

なので、FGIの現株主や元株主が、FGIという会社、飯能市で開園しようとしている<ムーミンのテーマパーク>に対する期待や失望、願望や妄想などが日々書き込まれています。

当blog飯能どうする研究所では、かつて【FGI株主の一喜一憂】という項目で書いていましたが、株主掲示板に書き込まれたことに限定して紹介する項目として、この【株主掲示板に視る妄想と願望と現実】を新設してみました。

過去の掲示板の紹介は、【FGI株主の一喜一憂】に書き込むことにして、この【株主掲示板に視る妄想と願望と現実】では、今月以降、毎日、書き込まれていく掲示板の内容をできるだけリアルタイムに解説しながら伝えていこうと思います。


            (709字)


**********************************************
ここをクリックして戴けるとこれからの励みになります。
     ↓
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
クリックすると<地域生活/ 関東ブログカテゴリー>ランキング頁に行きます。
**********************************************


| 小久保 達 | 13:21 | comments (0) | trackback (0) | ★飯能ムーミンパーク騒動記★::株主掲示板に視る妄想と願望と現実 |
★「飯能FGI騒動」の本質を理解する視点★ ⇒【投資事業会社の本質と末路】No.02 FGIは投資した株を売り抜けて儲けようとする会社です!
     

人間の本音は、見直しや推敲ができる文章よりも、発言や会話の中に現れるものです。

予めの準備や、事後のチェックが可能な、外部の人のインタビューであっても、それが動画であれば、表情や声のトーンで、その人の本音が見えてくることがあります。

FGIの玉井社長も、金融業界専門チャンネルのインタビュー動画で「(私どもは投資事業会社ですから)メッツア事業も将来的には売却することもあります」と述べています。

それは「思わず口に出てしまった発言」というのではなく、「当然のことと」としての発言になっています。

その動画は一般に公開され、今も視ることができます。
http://www.morningstar.co.jp/news/video/fgi1612.html
いま改めてこの動画を視ましたが「?」という部分がありました。
まさか「画像や音声の修正」なんかしていないと思うのですが・・・・。

「飯能FGI騒動」の本質を理解する視点・その2」は下記の通りです。

   投資事業会社の本質は
   楽して儲かりそうな事業や
   資金を集めやすい事業に出資して
   その株を売り抜けて
   自分だけ儲けようとする会社です。


            (449字)

**********************************************
ここをクリックして戴けるとこれからの励みになります。
     ↓
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
クリックすると<地域生活/ 関東ブログカテゴリー>ランキング頁に行きます。
**********************************************


| 小久保 達 | 22:50 | comments (0) | trackback (0) | ★飯能「FGI騒動」の本質を理解する視点★::投資事業会社の本質と末路 |
★飯能ムーミンパーク騒動記★ ⇒【株主掲示板に視る妄想と願望と現実】No.02  8789掲示板に投稿している人を4つに区分する
   
下記の<Yahoo!の株式掲示板のFGIに関する専用掲示板>に投稿している人は大きく分けて下記の4種類になります。
https://textream.yahoo.co.jp/message/1008789/8789

①「現在の株主」⇒ 過去にFGIの株を購入し、現在も保持している人
②「過去の株主」⇒ 過去にFGIの株を高値で掴み、値下がりに耐えかねて売った人
③「購入予備軍」⇒ これからFGIの株を購入する時期を見極めようとしている人
④「情報収集者」⇒ FGIに関する情報を「虚実」を含めて集めている人

①「現在の株主」の願いは、FGIの株価が高くなることを願望しているので、FGIを「成長性の有る素晴らしい会社だと思い込んだ自分のはが間違いでなかった!」と思い込みたいので、メッツア事業だけでなく、FGIに関してはその全てを「妄想に近い視点」で「素晴らしい企業だ」と観ています。

②「過去の株主」は、自分に損をさせることになったFGIを恨んでいるので、FGIのマイナス情報を強調しがちです。「自分と同じような被害者をこれ以上増やしたくない」という義憤に駆られて投票している人もいますが、その原点は「FGIに対する怒り」です。

③「購入予備軍」は、掲示板での①と②が書き込んでいる内容が真逆なので「購入するかどうか」の決断がなかなか出来ないでいます。だから掲示板の書き込みを読んでいる人は多いのですが、書き込む人はあまりいません。書き込むのは②の株主になってからのようです。

④「情報収集者」は、玉石混交の書き込みの中から、「株主ならではの貴重な情報」を拾い出すために8789掲示板をウォッチしています。「貴重な情報」とは、嘘や暴言、他者への非難や中傷が大半を占める投稿の中から、「稀に見られるFGIに関する事実情報」です。FGIに関する知識は豊富になるので、自分で株を購入することはありません。私もこの④の一人です。

この8789掲示板の常連投稿者は、かなりの人数になっていますが、書き込まれた内容を読んでいると、その投稿者が①②③④のどれなのかが、やがて判ってくるものです。

            (813字)


**********************************************
ここをクリックして戴けるとこれからの励みになります。
     ↓
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
クリックすると<地域生活/ 関東ブログカテゴリー>ランキング頁に行きます。
**********************************************

| 小久保 達 | 17:40 | comments (0) | trackback (0) | ★飯能ムーミンパーク騒動記★::株主掲示板に視る妄想と願望と現実 |
★「飯能FGI騒動」の本質を理解する視点★ ⇒【投資事業会社の本質と末路】No.03 FGIは「投資家」というカモから「金を集める」会社です。
     
    
「飯能FGI騒動」の本質を理解する視点・その3」は下記の通りです。

   フィンテックグローバル(FGI)とは
   「投資家」というカモから
   「金を集める」会社です。
   集めた金を目新しい事業に
   後から出資する会社です。


この「その3」から、この「黄色い五行のカード」を、当blogに掲載する前に、8789FGI株主掲示板に先に投稿してみました。

時刻は、昨日(10/16)の07:56
https://textream.yahoo.co.jp/message/1008789/8789/228/998

私は「blog飯能どうする研究所」という名前で投稿しています。

このblogには、8789掲示板の常連はアクセスしていますので「飯能市の小久保達」ということは知られています。市長選に立候補して落選したことも、この8789掲示板に何度も書かれています。

中には「小久保」と名指してコメントを書き込む人も少なくないので、blog飯能どうする研究所という名前で投稿していても「匿名」ということにはなっていません。ほぼ「実名」投稿と同じです。

それなら「実名」で投稿すればいいのですが、8789掲示板を視ている人にこそblog飯能どうする研究所★飯能ムーミンパーク騒動記★を読んで欲しいという「下心」があるので、blog飯能どうする研究所という名前での投稿を続けています。

投稿した「黄色の五行カード」では、FGIの株を高値で買わされた人が「カモ」であることを理解しやすいように「賭場の客」に例えたのですが、やはり「自分がカモられたカモ」であることを認めたくない人がいるようです。

この「デマゴゴス」という方(この人もFGI株で損をしたと公言している人なのですが)が、私の投稿の12時間後に、下記のような書き込みをしています。

https://textream.yahoo.co.jp/message/1008789/8789/228/1097
>賭博場に例えてる方いましたが
>動物や人間の筋肉力に賭けてるんじや
>ないからね

「動物」とは競馬、「人間の筋肉力」とは、競輪のことでしょう。

>頭使って分析
>将来を予想してそれに投資してるんたからね

株式市場は他力本願の競馬や競輪と違って、「自分で将来を予想して」売買をしているのだから、このデマゴゴスさんは「株の売買は博打ではない」と、この思い込んでいますね。

このデマゴゴスさんは、「FGIの株はこれから上がる!」と思ったから株式市場から購入したわけですが、逆に、その株をその日に市場で売った人は「これからはFGIの株価は下がる」と思ったから売ったのです。

デマゴゴスさんが、少し前に「FGIの株はこれからも下げ続ける」と思ったから損切して市場で売ったわけですが、そのデマゴゴスさんが手放したFGI株を買った人は、逆に「FGIは最高値より随分下げたけど、もう底なのでこれからは上がる!」と思ったから買ったのです。

つまり株の売買は「売り」か「買い」のどちらかしかないので、丁半博打と全く同じなのです。

私は昨日(10/16)の投稿では、単に「丁半博打」としか書いていないのに、このデマゴゴスさんは「競馬や競輪とは違うから博打ではない!」と思い込んでいるのです。

そもそも、「賭場のカモ」は、「自分がカモである」とは自覚できないのです。カモが自分から「私はカモだった!」と悟るのは「賭場から去らざるをえなくなった時」なのです。

もっとも、株の売買は自己責任なのですから、「株の売買で損をさせた責任」は、原則として株の発行会社であるFGIにはありません。 

しかし、FGIが過去に公表してきた自社情報に虚偽や誇張が有った場合は、株主に対して責任を負わねばならないことになっていきます。

           (1373字)


**********************************************
ここをクリックして戴けるとこれからの励みになります。
     ↓
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
クリックすると<地域生活/ 関東ブログカテゴリー>ランキング頁に行きます。
**********************************************

| 小久保 達 | 09:18 | comments (0) | trackback (0) | ★飯能「FGI騒動」の本質を理解する視点★::投資事業会社の本質と末路 |
このページの先頭へ
当ブログ編集人プロフィール
みなさんからのコメント
  • ★2017年7月の市長選★ ⇒【現職と新人の出馬動向】No.11       前県議の和田さんはブログで「共産党の候補者擁立は、笑止千万、究極のパフォーマンス!」と断定しているのですが・・・・。
今月の書き込み
{CALENDARBOX} {CDCTRLBACK}<<前月{/CDCTRLBACK} {CDYM}Y/m{/CDYM} {CDCTRLNEXT}次月>>{/CDCTRLNEXT}
過去の書き込み
TRACBACK
  • ★この場所のココに注目!★ ⇒【奥武蔵あじさい館】No.06                                       9月定例議会で市議に質問して欲しいコトは?
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ゲットネット...¥
Blog Ranking

OTHERS
    RSS 1.0
    処理時間 11.731499秒
このページの先頭へ