当ブログの項目タイトル
⊿大分類の項目(件数小計)
 ⇒中分類の項目(書込件数)

★飯能テーマパーク騒動記2020年版★【飯能はテーマパーク集合体】No.01 飯能は「ムーミン」と「森林文化」だけの街ではない! 
2020年1月1日です。.
明けましておめでとうございます。
前回の書き込みが12/9でしたから3週間も空いてしまいました。
2019年は、毎日の時間配分がままならず、なかなか当blogへの書き込みが出来ませんでした。

私の<人生の持ち時間>があとどれだけ残っているのか判りませんが、少ない事だけは確かです。

そこで、「書きたいコト」「書くべきコト」に優先順位を付けて、できるだけ時間を割いて書き続けていきます。

私にとって、「飯能でやることの中」で、一番優先順位の高いことは「飯能はムーミンパークだけでなく、多種多様なテーマパークの集合体のように、住み続けるには実に面白い地域だ」ということを、できるだけ多くの人に判って貰うことです。

それで、2020年は、【飯能はテーマパーク集合体】という中項目から書いていくことにします。

私が「飯能はテーマパーク集合体」と指摘しているのは、飯能という地域自体は、MVPやMVが開園するはるか以前から「里地里山の自然公園」であり、森林文化都市であり、「市全域が広大な撮影所」だったからです。

さらに今年の夏に<発酵食品のテーマパーク>もオープンすることが公表されています。

これらに加えて、私は下記のような新たなテーマパークの概念を確立して欲しいと思っています。

①日本の四季の移ろいを実感する太陰太陽暦を活かした歳時記イベントが365日開催されている「東洋歴の暮らし」
②赤字の民間路線バスを新しい理念で公営化していく市内縦断路線バスの実現し継続させていく「次世代過疎地バスの街」

それらの「テーマパークの実現性や賛否の動き」を騒動記として描いて行こうと思っています。


            (696字)


**********************************************
ここをクリックして戴けるとこれからの励みになります。
     ↓
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
クリックすると<地域生活/ 関東ブログカテゴリー>ランキング頁に行きます。
**********************************************


| 小久保 達 | 22:03 | comments (0) | trackback (0) | ★飯能テーマパーク騒動記2020年版★::飯能はテーマパーク集合体 |
★飯能テーマパーク騒動記2020年版★【飯能はテーマパーク集合体】No.02 森林業ビジネスの成功を目指すテーマパークの街を実現させる! 

飯能市は、20年以上も前から<森林文化都市飯能>を謳っていますが、正確には<里地里山・森林文化の飯能>です。

<西川材の産地>であることは事実でしょうが、決して<林業のまち>ではありません。

なぜなら、林業に従事している人は市の定住人口の1%もいないし、飯能市全体の産業規模に占める割合も1%未満だからです。これでは産業的な意味において<林業のまち>とは言えません。

飯能市については、正確に言えば<かつては林業で栄えた街>であり、<長い林業の歴史が有った街>と表現すべきなのです。

しかし、現時点でも市の面積の70%を占めていることは事実なのですから、<森林が豊富なじまち>であることは間違いではありません。

この「面積の70%が山林」という点では、北欧の「森と湖と河川の国・フィンランド」と似ています。

飯能市は「ムーミンとの深い関係」が生じてから20年以上も経つの、いまだにフィンランド内の自治体との<友好都市関係(姉妹都市関係)>を結ばないのは、どうしてなのでしょうか。

私は10年くらい前から「林業と森林業を区別すると飯能市の在るべき姿」が見えてくると思うようになりました。

「林業」とは、山に植林し、それを30年から100年の長い年月をかけて育林し、「売れる原木」になれば、それを伐採し、原木市場に運び込んで売った収入で生計を続けている「家業」です。

しかし、もう60年くらい前から、海外からの安価な輸入材に価格競争で敵わなくなり、「林業だけで生活していける家族」は、飯能に限らず、全国でもほとんどいなくなってしまったのです。

現在の「林業」は「林業もやっている人たち」で支えられていますが、それらの人たちは林業以外の副業、不動産収入などがあるから生活できているのであって、決して「林業だけで生活できる」専業林業家ではありません。

それは、サラリーマンを定年退職して年金暮らしの人たちが「余暇として穀物や野菜を栽培して収入を得る」ことができても、それは本当の農家、本当の農業従事者、本当の農業ではないのと同じ状況です。

「林業」も大切ですが、それ以上に大切なのは「森林業」なのです。

「森林業」というのは「森林を保全しながら面積や原木生産を増やしていくこと自体を持続できる産業にしていく」ことです。

植林も育林も伐採、搬出して市場で売ることは森林業の一部です。森林を学習や娯楽、保養の場にして収益を上げることも森林業の一部です。

森林はもはや個人の財産ではなく国民全体の財産なので、その保全には当然、充分な公金が投じられます。

それらの「事業収入と面積に応じて投じられる公金で自立できる森林業」を目指すというテーマに挑戦できるのが飯能市なのです。

これも飯能が都心から近い森林だからできることなのです。

<テーマパークが集合している飯能市>の原点は、森林業ビジネスパークなのです。

私が、タイトルを単に「物語」ではなく、「騒動記」にしたのは、そもそも、この「林業から森林業への大転換」に対する無理解、不信、反発から生じる軋轢や損失、ドタバタを描いていきたいからなのです。

            (1297字)


**********************************************
ここをクリックして戴けるとこれからの励みになります。
     ↓
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
クリックすると<地域生活/ 関東ブログカテゴリー>ランキング頁に行きます。
**********************************************

| 小久保 達 | 19:51 | comments (0) | trackback (0) | ★飯能テーマパーク騒動記2020年版★::飯能はテーマパーク集合体 |
★飯能テーマパーク騒動記2020年版⇒【飯能はテーマパーク集合体】No.03 市内は、どこでも、いつでも、多彩な用途の野外撮影所! 
                  
テーマパークの集合体を目指せる飯能市には<野外撮影所>としての可能性も秘めています。

いや、可能性と言うよりは、既に多くの実績があります。

飯能市で撮影された「映画の作品名」「テレビの番組名」「撮影日時」「映画公開日」「TV放送日」「撮影に使用された場所・施設・建物・店舗・住宅」「主な出演者」「撮影時のエピソード」「公開・放送後の反響」等の実績は市役所のWEBサイトで一覧表にして公開することは、すぐにでも可能です。

主な撮影場所を紹介した<撮影場所MAP>は100円程度の有料にしても売れるでしょう。

撮影をする映画会社、テレビ局、下請け・孫請けの制作プロダクションにとって、作品の内容に最適な撮影場所を、移動や宿泊ができるだけ少なくて済む場所を、できるだけ早く探す必要があります。

飯能市内の山林や河川、田畑などは、現在の建物や施設が写らなければ、そのまま時代劇の撮影も出来るのです。

それらの要望に対して、市役所のロケーションサービス担当部門に相談すれば「望んでいる映像が撮れる可能性の有る場所や建物を紹介して」もらえることは、極めて有難いことなのです。

さらに、警察署や消防署、その他の必要な許可信申請手続きなどを代行してもらえるのであれば「有料」でも有難いのです。

必要なエキストラも興味の有る市民を組織化しておけば、様々な注文に応えることもできます。

市役所にしても、撮影中の食事、休憩、宿泊に市内の事業所を利用して貰えるなら、それだけのお金が地元に落ちることになります。

願わくば、都内の屋内撮影所が、その敷地を売却して、飯能に移転すれば、撮影所の面積をいままでの数倍の広さに拡大したうえで多額の売却差益も確保できます。

飯能市の次の誘致業種の狙い目は「撮影所」ではないでしょうか。

            (757字)


**********************************************
ここをクリックして戴けるとこれからの励みになります。
     ↓
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
クリックすると<地域生活/ 関東ブログカテゴリー>ランキング頁に行きます。
**********************************************


| 小久保 達 | 19:42 | comments (0) | trackback (0) | ★飯能テーマパーク騒動記2020年版★::飯能はテーマパーク集合体 |
★飯能テーマパーク騒動記2020年版★ ⇒【次回(02/02)最新版の概要】No.03 この騒動記を漫談にも仕立てたい! 

この電気紙芝居・現在進行形・近未来巷談『飯能テーマパーク騒動記』は、次回の02/02が通算23回目になります。

当ブログではだいぶ前から<画像の投稿>が出来なくなっているので、私のFacebookにそのチラシ画像をUPしておきました。
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=2310332065923830&set=a.1463515837272128&type=3


この巷談は、プロジェクターでスクリーンに、関連する画像、印象的なキーワードやフレーズ、関係性を表す図式、比較一覧表等を投影しながら話しているので〈電気紙芝居〉とも名付けている訳です。

2時間の巷談の中で計300画面を投影し、特に重要な60枚を画面集として印刷して配布資料にしています。

昨年から、その一部を漫談調にして<ムーミン漫談>と名付け、その第1弾を作成してみました。

それを試験的に1/18(土)に、『大人の朗読会』で15分ほどの「出し物」として口演してみます。

その告知チラシも、私のFacebookに1月3日付でUPしてあります。
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=2298410607115976&set=a.1463515837272128&type=3

            (372字)


**********************************************
ここをクリックして戴けるとこれからの励みになります。
     ↓
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
クリックすると<地域生活/ 関東ブログカテゴリー>ランキング頁に行きます。
**********************************************


| 小久保 達 | 22:59 | comments (0) | trackback (0) | ★飯能テーマパーク騒動記2020年版★::次回(4/4)最新版の概要 |
★ムーミンバレーパークとメッツアを10倍楽しむ方法★⇒【ファンの眼・市民の眼・研究者の眼】No.01 〈自分の視点〉だけでは「見えてこない」ことが多いのが〈メッツアと飯能市との関係〉
それは、この<飯能のムーミンパークとメッツア>を、現地で見える表層的なことだけではなく、それを次の<3つの視点>で観ていくことです。

それは、まず<ムーミンファンの眼>で視ることです。するとたくさんの「驚き」や「疑問」が見えてきます。
次に同じことを<飯能市民の眼>で視ると、別の「驚き」「疑問」だけでなく「期待」と「失望」の両方が見えてきます。
さらに<日本におけるテーマパークの成功と失敗の要因>を探求する研究者の眼>見ると、未来(末路)も見えてくるのです。

2020年2月2日(日)の『巷談・飯能テーマパーク騒動記』では、その<3つの視点>で見えているムーミンパークとメッツアの過去と現在と未来を語ります。

告知チラシは下記に↓
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=2310332065923830&set=a.1463515837272128&type=3

            (339字)


**********************************************
ここをクリックして戴けるとこれからの励みになります。
     ↓
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
クリックすると<地域生活/ 関東ブログカテゴリー>ランキング頁に行きます。
**********************************************


| 小久保 達 | 20:41 | comments (0) | trackback (0) | ★ムーミンパークとメッツアを10倍楽しむ方法★::【ファンの眼・市民の眼・研究者の眼】 |
★飯能テーマパーク騒動記2020年版★ ⇒【FGI株価と株主掲示板】No.02  2020年になって「70円台」が続いていたのですが、今日(1/30)は60円まで下がりました!
       
毎日の株価や取引株数の推移は、下記のYahoo!のFGI専用掲示板をご覧下さい。
https://info.finance.yahoo.co.jp/history/?code=8789

株価は1/23(木)まで6営業日続けて「70円」を維持していたのですが、今日(1/30)まで「69円→66円→66円→64円」と下がって来ていました。

今日(1/30)は、一時は59円になった時もありましたが、終値で60円になってしまいました。

1/23の70円から1週間で約14%も下がってしまったわけです。

私は「上場株の短期売買の博打勝負」には興味が無いので、実際のところは推察するしかありませんが、もうFGI株に実勢価格というものは存在しないのでしょう。

諦めた人の「損切の売り」と「もしかしたら仕手株化を期待した博打買い」の睨み合いが続くだけでしょう。

いままで「ムーミン!メッツア!!フィンテック!!!」と囃し立てて来た市長も市議も、株価が100円を切った頃からは、あちらこちらで「飯能はムーミンだけではない!」「いつまでもムーミンをアテにしてばかりではいけない!」と言い出しているのが、端から傍観していて滑稽です。

でも未だに「メッツア!」と言わずに「ムーミン!」と言っているので、今も相変わらず「ムーミンビジネスとメッツアビジネスを混同している」ようです。

下記は、2/2(日)に開催する『巷談・飯能テーマパーク騒動記』の内容の一部です。

第3話 〈ムーミンビジネス〉と〈メッツァビジネス〉を区別すると見えてくるコト

第4話 <フィンランドのムーミンワールド>と<飯能のメッツァ>の根本的な違い



当blogは「写真の投稿」が出来なくなってしまったので、『巷談』告知チラシ画像は、下記の私のFacebookでご覧ください。
誰でもダウンロードすることができます。
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=2310332065923830&set=a.1463515837272128&type=3



FGIの過去・現在・未来の株主や、私のような〈FGI観察者〉が投稿している掲示板は下記です。
https://finance.yahoo.co.jp/cm/message/1008789/8789

            (748字)


**********************************************
ここをクリックして戴けるとこれからの励みになります。
     ↓
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
クリックすると<地域生活/ 関東ブログカテゴリー>ランキング頁に行きます。
**********************************************


| 小久保 達 | 17:33 | comments (0) | trackback (0) | ★飯能テーマパーク騒動記2020年版★::FGI株価と株主掲示板 |
このページの先頭へ
当ブログ編集人プロフィール
みなさんからのコメント
  • ★2017年7月の市長選★ ⇒【現職と新人の出馬動向】No.11       前県議の和田さんはブログで「共産党の候補者擁立は、笑止千万、究極のパフォーマンス!」と断定しているのですが・・・・。
今月の書き込み
{CALENDARBOX} {CDCTRLBACK}<<前月{/CDCTRLBACK} {CDYM}Y/m{/CDYM} {CDCTRLNEXT}次月>>{/CDCTRLNEXT}
過去の書き込み
TRACBACK
  • ★この場所のココに注目!★ ⇒【奥武蔵あじさい館】No.06                                       9月定例議会で市議に質問して欲しいコトは?
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ゲットネット...¥
Blog Ranking

OTHERS
    RSS 1.0
    処理時間 11.528615秒
このページの先頭へ