当ブログの項目タイトル
⊿大分類の項目(件数小計)
 ⇒中分類の項目(書込件数)

★2021年市議選どうする・どうなる★ ⇒【新人の立候補は?】No.04  長谷川順子さんの後援会事務所の看板が「紛失」! 誰が? 何のために?
    
立候補予定者の新人・長谷川順子さんの後援会事務所の看板が紛失したということがfacebookで流れています。

私も自分のfacebookにシェアしておきました。

立候補予定者の新人・長谷川順子さんの後援会事務所の看板が紛失したということがfacebookで流れています。


長谷川さんの周囲では、「紛失」という「穏やかな言葉」を使っていますが、たぶん「盗まれた」のでしょう。

もっとも「盗んだ人間」にとって、それを「売ったり」「使ったり」「コレクションとして周囲に見せびらかしたり」ということはできない「ない特殊な物」なので、おそらく、これは長谷川順子さんに対する「嫌がらせ」でしょう。

その「嫌がらせ」の目的は、「選挙妨害」なのでしょうが、選挙の告示期間中の出来事」ではないので、警察が「選挙妨害としての捜査をするか否か」は不明です。

中には「告示期間でもないのに選挙事務所を開設していいのか?」という見当外れのことを言い立てる人もいるようです。

なぜなら、日本では「選挙活動」と「政治活動」を混同している人が多いからです。

日本では憲法で、誰でも「政治活動」を自由が保証されています。

「自分の信条や発信する」のは政治活動です。
これに対して「選挙活動」とは「今度の選挙で私に投票して下さい!」と依頼することに限定されているのです。

だから自分の「政治活動」を応援してくれる後援会を運営することも、そのための事務所を開設することも「自由」なのです。

市議選での現象の一般論になりますが、他候補の陣営から「妨害を受ける!」「中傷される!」候補者は、当選する確率が高いようです。

私自身は、長谷川順子さんについては、その「当落」は当然ですが、それ以上に「得票数」に関心が有ります。

  (全583字)

**********************************************
ここをクリックして戴けるとこれからの励みになります。
     ↓
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
クリックすると<地域生活/ 関東ブログカテゴリー>ランキング頁に行きます。
**********************************************


長谷川さんの周囲では、「紛失」という「穏やかな言葉」を使っていますが、たぶん「盗まれた」のでしょう。

もっとも「盗んだ人間」にとって、それを「売ったり」「使ったり」「コレクションとして周囲に見せびらかしたり」ということはできない「ない特殊な物」なので、おそらく、これは長谷川順子さんに対する「嫌がらせ」でしょう。

その「嫌がらせ」の目的は、「選挙妨害」なのでしょうが、選挙の告示期間中の出来事」ではないので、警察が「選挙妨害としての捜査をするか否か」は不明です。

中には「告示期間でもないのに選挙事務所を開設していいのか?」という見当外れのことを言い立てる人もいるようです。

なぜなら、日本では「選挙活動」と「政治活動」を混同している人が多いからです。

日本では憲法で、誰でも「政治活動」を自由が保証されています。

「自分の信条や発信する」のは政治活動です。
これに対して「選挙活動」とは「今度の選挙で私に投票して下さい!」と依頼することに限定されているのです。

だから自分の「政治活動」を応援してくれる後援会を運営することも、そのための事務所を開設することも「自由」なのです。

市議選での現象の一般論になりますが、他候補の陣営から「妨害を受ける!」「中傷される!」候補者は、当選する確率が高いようです。

私自身は、長谷川順子さんについては、その「当落」は当然ですが、それ以上に「得票数」に関心が有ります。

  (全583字)

**********************************************
ここをクリックして戴けるとこれからの励みになります。
     ↓
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
クリックすると<地域生活/ 関東ブログカテゴリー>ランキング頁に行きます。
**********************************************


| 小久保 達 | 09:31 | comments (0) | trackback (0) | ★2021年市議選どうする・どうなる★::新人の立候補は? |
★2021年市議選どうする・どうなる★ ⇒【立候補者とFacebook飯能会】No.01 市議選期間中限定だが、候補者当人が「自由に投稿できる」ようにすると決定! 
    
Facebook飯能会の管理人グループが、3/31に
【選挙期間中のFacebook飯能会における「選挙運動に該当する投稿」の特例について】という告知を掲載しました。
本文は↑のリンク先をご覧下さい。

要約すると下記の3点です。

❶市議選期間中、市議選立候補者のPR投稿を本人に限り可
 4月18日(日)立候補届出後 ~4月24日(土)23時59分
❷投稿回数は、上限3回、文字数と写真数は自由
❸動画の使用と外部サイトへのリンクも自由


候補者が投稿した内容に、誰でもコメントを書き込んでも良いとのことですが、それには下記の制限が当然付いています。

〇削除の対象となる行為(管理人の判断で削除します)
・立候補者の投稿に対するネガティブなコメント全般
・他立候補者に対するネガティブキャンペーンととれるような投稿
・その他「当会でのNG行為」に該当する投稿。


この措置は、私も歓迎するべきことですが、一つの懸念は、「facebook投稿会への投稿」を、「プラスと歓迎する候補者」もいれば、逆に「マイナスと警戒する候補者もある」ので、果たして「実際に、何人の候補者が投稿するか?」ということです。

まぁ、普段からFacebook飯能会に投稿している現職市議や、管理人グループに加わっている市議や立候補予定者は、積極的に利用するでしょうが、自分自身ではfacebookを使っていない人は、参加してこないのではないでしょうか。

まぁ、それも当人の自由ですから、それでもいいですね。


            (512字)

**********************************************
ここをクリックして戴けるとこれからの励みになります。
     ↓
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
クリックすると<地域生活/ 関東ブログカテゴリー>ランキング頁に行きます。
**********************************************



| 小久保 達 | 21:15 | comments (0) | trackback (0) | ★2021年市議選どうする・どうなる★::立候補者とFacebook飯能会 |
★2021年市議選どうする・どうなる★ ⇒【立候補者とFacebook飯能会】No.02 新人はFacebook飯能会に書き込むでしょうが、現職の大半は投稿しないかも・・・・。
   
この措置に基本的に賛成です。当然、立候補予定者本人がFB飯能会に登録する必要が有りますよね。FBをやっていない市議、やっていても使っていない市議が多いので、これを機会に、現職市議全員及び立候補を考えている人が、このFB飯能会に日常的に投稿するようになることを望んでいます。

上記の「私のコメント」に対して、Facebook飯能会管理人が、すぐに、下記の返信コメントを書き込んでくれました。

そうですね。私もそう望んでいます。
より市民目線で発信してくださる議員の方が増えれば良いと思います。立場上難しいことも多いかとは思いますが。


管理人は「立場上難しいことも多いかと思う」と書いていますが、私は「立場上難しいのではなく、意欲的に期待できない」だけではなく、「能力的にも文書を書くのが難しい」のではないかとみています。

市民の99%の人は、「市議会での市議一人一人の発言」や「文章の読み上げ」を実際に聴いたことが無いので、「市議の発信力」の実情を知らないのです。

私の予想では、選挙期間中にFacebook飯能会に自分の抱負や信条を投稿する現職市議は、いままでFacebookを活用している大津さん、野口さん、関田さん以外には極めて少ないのではないかと思います。

そういう現職の候補者に対して、元々、facebookを活用している元職や新人候補者は、比較的多くの人が書き込むのではないかと予想しています。

ただし、一度も会ったことの無い、新人2人に関しては、全くわかりません。

            (709字)

**********************************************
ここをクリックして戴けるとこれからの励みになります。
     ↓
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
クリックすると<地域生活/ 関東ブログカテゴリー>ランキング頁に行きます。
**********************************************

| 小久保 達 | 21:35 | comments (0) | trackback (0) | ★2021年市議選どうする・どうなる★::立候補者とFacebook飯能会 |
★2021年市議選どうする・どうなる★ ⇒【市議会と市議本来の役割】No.01 市議の最大の役割は「市長や市職員の怠慢、無駄、誤り、不正」を指摘し、ストップさせる」ことなのです! 
市議会議員選挙は、「市議会と市議の本来の役割を再確認する」機会でもあります。

それは「誰に投票するか?」の前に、「市議と市議会に何を期待するか?」を再確認することです。

まず最初に認識しておきたいのは、飯能市に限らず、また、市町村議会や、都道府県議会、国会に至るまで、「予算を使って行政を執行するのは市町村、都道府県・政府の公務員とそれぞれの首長たちであって、議会の議員ではない!」ということです。

その首長と公務員たちが「使う税金と仕事の進め方や成果をチェックする」のが「議会の議員」の最大の役割なのです。

よく市議会議員選挙で「私は●●を実現します!」とか「■■のようま街をつくりましょう!」ということを「公約」に掲げる人がいますが、議員が「自分で実現する」わけではないのです。

中央官庁や都道府県、市町村の公務員が「税金をみんなのために役立てる」のは、「当然のこと」であって、「自慢すること」でもないのです。
職員は、そのために「充分な条件で処遇されている」のです。

むしろ、市議は、市役所の職員が「市民のためにならないこと」や「税金の無駄遣い」「不正、不公平なこと」を行わないように、しっかりと監視すること本来の役割なのです。

だからこそ、役所の職員が、それらのことを知った時は、声高に指摘し、住民に知らせて、止めさせることが重要なのです。

そして、市長や市職員を監視すべき市議が、本来の仕事をしているか否かをチェックするのが市民なのです。

          (664字)

**********************************************
ここをクリックして戴けるとこれからの励みになります。
     ↓
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
クリックすると<地域生活/ 関東ブログカテゴリー>ランキング頁に行きます。
**********************************************


| 小久保 達 | 21:35 | comments (0) | trackback (0) | ★2021年市議選どうする・どうなる★::市議会と市議本来の役割 |
★2021年市議選どうする・どうなる★ ⇒【阿須山中メガソーラー賛成市議の発信】No.01 現職の野口市議が「メガソーラーの正当性を強調する動画」をインスタグラムに! 
          
今度の市議選で3期目を目指している野口和彦市議が、自身のインスタグラムに『阿須山中の真相 Part1』というタイトルの27分の動画を投稿しています。

私が視た今日(4月6日朝8時頃)の時点で「再生300回台」になっていました。

「Part1」というからには、当然Part2以降も有ると思われます。 

そのPart1の内容の大半は、阿須山中の山間部が、飯能市土地開発公社が買い上げた時の経緯を、当時の市議で、現地周辺を選挙地盤にしていた元市議の宮内さんとのインタビュー動画です。

この動画を視たい方は下記にのリンク先にアクセスして下さい。
ノグッチチャンネル

要約すると下記のような構成になっています。

冒頭から、「確かに自然を壊すことはよくないことですが・・・・」という言い訳を付ければ「自然を壊しても許される」という発言に終始しています。

❶そもそも飯能市が活用するために買い上げた土地である。
❷総計40数億円で市が買い上げ、その後、あけぼの子どもの森公園、市営球場、市立体育館、市営ホッケー場、駿河台大学学生寮等になった。
❸残ったのが、いまメガソーラーになる予定の17haだ。
❹活用するために買った土地なのだからメガソーラーとサッカー場にすることのどこがいけないのだ。

この動画内容の「間違い」と「意図的に隠している」ことについては、かなりの文字数になるので、次回(No.2)以降に解説していきます。

Part2は、メガソーラー事業者である一般社団法人飯能インターナショナルスポーツアカデミーの木下総一郎氏が登場するとの予告だったので、この内容も「楽しみ」です。


            (669字)

**********************************************
ここをクリックして戴けるとこれからの励みになります。
     ↓
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
クリックすると<地域生活/ 関東ブログカテゴリー>ランキング頁に行きます。
**********************************************


| 小久保 達 | 11:07 | comments (0) | trackback (0) | ★2021年市議選どうする・どうなる★::阿須山中メガソーラー賛成市議の発信 |
★2021年市議選どうする・どうなる★ ⇒【阿須山中メガソーラー賛成市議の発信】No.02  この動画が野口市議にとって「プラスに作用?」それとも「マイナスに作用?」、その結果は市議選の当落に出るね!
   
野口市議のインスタグラムに『阿須山中の真相 Part2』がアップされました。

https://www.instagram.com/noguchikazuhiko/

私が視た時点(2021/04/08/20:00)の再生回数は231回。
これから、どれだけ増えるのか?ということも興味の的になりますね。

今回の動画は約24分。

阿須山中での<メガソーラー&サッカー場>事業者である一般社団法人飯能インターナショナルスポーツアカデミーの木下聡一郎理事長と子供をサッカースクールに通わせている父親とのインタビューと、野口市議当人による<現地での工事内容の悦明>です。

この動画も、「野田市議の見解と立場」が判る貴重な「証言」であり、後々の重要な「証拠」ともなるので、可能な方は、この動画の保存をお願いします。

Part1と2の動画を通して共通していることは、野口市議のこの動画は自分の保身を考えて制作されている」ということです。

それは、この<メガソーラー&サッカー場>事業が成功した時は、「私は反対運動が激しかったときから応援していた!」という証拠動画になり、逆に、この事業が悲惨な結果になったときは、「私は当事者の言い分を客観的に市民に伝えただけで、この事業を応援してきたわけではない!」と言い訳ができる内容になっているからです。

sれでは、次回以降は、Part1と2の内容に沿って、この動画が「意図的に市民をコントロールしようとしている部分」と「あえて伏して、正確な認識を妨げている部分」を指摘していこうと思います。

            (613字)

<追記>いま上記の動画にアクセスしたら、見られなくなっていました。
削除したのかぁ? それとも私だけ視られなくなったのかなぁ。


**********************************************
ここをクリックして戴けるとこれからの励みになります。
     ↓
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
クリックすると<地域生活/ 関東ブログカテゴリー>ランキング頁に行きます。
**********************************************


| 小久保 達 | 21:38 | comments (0) | trackback (0) | ★2021年市議選どうする・どうなる★::阿須山中メガソーラー賛成市議の発信 |
★2021年市議選どうする・どうなる★ ⇒【阿須山中メガソーラー賛成市議の発信】No.03 「周知されている事実を語ることで、知られたくない不都合な事実を隠蔽する」という典型的な手口の動画でしたね。
  
野口市議が自分のインスタグラムにアップした『阿須山中の真相 Part1』についての解説を始めます。

その動画は下記のURLにアクセスすると視られます。
https://www.instagram.com/noguchikazuhiko/

『阿須山中の真相 Part1』というタイトルなので、Part2,Part3,Part4,・・・・と続けるのかと期待していましたが、残念ながら『Part2』で終わりです。

たった2回で終わるのなら、「前編・後編」として欲しかったですね。

3回続くなら「上中下」が定番なので、「Part」を使うのであれば、当然4回以上は続くものだと思ってしまいました。

『Part1』は、約27分間の動画ですが、前半は「阿須山中の土地を飯能市(土地開発公社)が購入した経緯」を、地元住民で、購入当時は市議会議員だった宮内さんへのインタビュー動画でした。聞き手はもちろん野口市議。

後半は、その宮内さんが回顧して話した内容を、野口市議が「補足のような強調の話」になっています。


つまり、「市議として、阿須山中土地有効活用事業の説明をする」という体裁の巧妙な自己PR動画になっているわけです。

それを自分のインスタグラムで発信するということは、その動画の内容が「4/25投開票の市議選で自分にプラスに作用する」と思っているからなのだと推測しました。

しかし、この動画によって、野口市議に投票しよう!」と思う市民よりも、「投票しない!」と決める市民のほうが多いのではないでしょうか。

まず、動画を視て、私が最初に「?」と思ったのは、「確かに自然を破壊することは良くないことですが・・・・」という言い訳から始まっていることでした。

この言い方は「客観的に判断すれば自然を壊すのは良くないのは当然なのだが事情によって、そのことを肯定しなければならない人間が常套句のように使ってしまう典型的な論理展開」だからです。

まるで「私も自然を壊すのは確かに良くないことだと思っています!」と言えば、「自然破壊に賛成しても批判されない」と思い込んでいるかのようなのです。

この論理展開は、昨年10月にTBSテレビで放送された『噂のチャンネル』への弁解として、飯能日高テレビに放送させた7分間の「大久保市長談話」でも出てきている論理展開です。

野口市議は「飯能市土地開発公社が購入した阿須や岩沢の土地は、その後、あけぼの公園、市営球場、体育館、市営ホッケー場、阿須運動公園駐車場、駿大学生寮などの素晴らしい施設になったのだから、阿須山中にできるメガソーラーとサッカー場に反対するのはおかしい!」という主張なのです。

しかし、野口市議が、したり顔で説明に費やしている内容が、実は「知られている事実、容認されている事実を語ることに大半の時間をかけて、不都合な事実、知られたくない誤魔化しを隠そう」しているに過ぎないのです。

この動画を視るだけでも、野口市議が「阿須山中のメガソーラーとサッカー場」に賛成し、推進している市議グループの一人であることが明白になっているのです。

だから、私は、前回のブログで「重要な証言であり証拠だからこの動画をダウンロードして保存しておいて下さい」と呼びかけたのです。

第三者が動画を保存する前に、野口市議がこの動画の「マイナス作用」に気づいて削除されたくなかったので、「なぜ証拠になるのか?」「どのような証拠になるのか?」について、すぐには書き込まなかったのです。

次回(No.4)以降に、その「野口市議が語らなかった不都合な事実」を解説していきます。

            (1430字)

**********************************************
ここをクリックして戴けるとこれからの励みになります。
     ↓
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
クリックすると<地域生活/ 関東ブログカテゴリー>ランキング頁に行きます。
**********************************************


| 小久保 達 | 13:52 | comments (0) | trackback (0) | ★2021年市議選どうする・どうなる★::阿須山中メガソーラー賛成市議の発信 |
★2021年市議選どうする・どうなる★ ⇒【阿須山中メガソーラー賛成市議の発信】No.04 「入る賃貸料とは桁違いになる市の負担」「メガソーラー素人経営への疑念」「特定企業への利益供与への疑惑」「議会の同意を得ていない」等の事実を隠蔽してますよ!
    
野口市議が自分のインスタグラムにアップした『阿須山中の真相 Part1』についての解説です。

その動画は下記のURLにアクセスすると視られます。
https://www.instagram.com/noguchikazuhiko/

野口市議は「阿須山中のメガソーラーに反対している人たちの理由」として、「自然を破壊するな!」ということしか話していません。

❶しかし、飯能市民が「メガソーラーとサッカー場に反対している理由」は、自然破壊だけではなく、「元々自然を保全するために購入し、維持してきた里山なのだから、樹木を伐採し、造成工で地形を大幅に変えてまで他の施設を造る」ということ自体に反対しているのです。

❷そして、「市有林という市民の共有財産を、市議会で採決することなく、市役所が勝手にメガソーラーとサッカー場にしてしまう」ことに反対しているのです。

❸さらには、「応募者が2者だけだったのに、飯能インターナショナルスポーツアカデミー(HISA)を最優秀案と認定した」こと、「競合したというその1社の社名も選考委員会のメンバーも公表しないのは、最初からHISAの事業案を採用すると決めていたのではないか?」「その不透明な選考過程は不正の可能性もある」から反対しているのです。

❹それだけではなく、「今まで1円も生まなかった負の遺産の土地だったのが、年120万円(20年間で合計2400万円)の賃貸料が市に入ってくる!」ということを前面に出しておきながら、現地の唐沢川流域の洪水対策に何千万円もの防災策費を市が負担することになる」ことを市民に隠しているから反対しているのです。

❺もっと言えば、飯能市に20年間で合計2400万円を支払うだけの民間業者が、それだけで20年間で総額60数億円の売電収入を得るのに、その売電収入が1円も飯能市に入ってこない「契約」は、特定事業者に対する不公平な利益供与だから反対しているのです。

❻メガソーラー事業に全く経験の無い事業者に、「市有林の3/4の自然を破壊してまでメガソーラー事業をやらせる」ことに反対しているのです。

❼本当に「サッカースクールが地方創生に寄与する」と思うなら、廃校が決まっている市立名栗中学校か、県立飯能南高校の跡地に造ったほうが、自然も破壊せず、経費も極めて安く作れるのだから、阿須山中に造ることに反対しているのです。

野口市議の『Part1』動画は、反対する市民たちの上記の反対理由を一切市民に知らせないことに加担しているのです。

このことを明らかにしたうえで、次回(No.5)では、「宮内元市議に語らせた土地購入の経緯」についても、「巧妙に隠蔽されている事実」を解説します。

            (1111字)

**********************************************
ここをクリックして戴けるとこれからの励みになります。
     ↓
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
クリックすると<地域生活/ 関東ブログカテゴリー>ランキング頁に行きます。
**********************************************



| 小久保 達 | 17:00 | comments (0) | trackback (0) | ★2021年市議選どうする・どうなる★::阿須山中メガソーラー賛成市議の発信 |
★2021年市議選どうする・どうなる★ ⇒【阿須山中メガソーラー賛成市議の発信】No.05  日和見の両天秤、「自己保身の保険」にしたい動画かも。
      
野口市議が自分のインスタグラムにアップした『阿須山中の真相 Part1』についての解説です。

その動画は下記のURLにアクセスすると視られます。
https://www.instagram.com/noguchikazuhiko/


野口市議は『Part1』で、宮内元市議に「岩沢と阿須の地主たちが市に土地を買ってもらった」という経緯を話させています。

ところが、飯能市(土地開発公社)が、市内の土地を購入した「目的」と「事情」は、買い上げた場所によって大きく異なるのです。

それなのに、野口市議は、宮内元市議に「それらの土地を40数億円で一括して市に買い上げてもらった」と語らせることで、あたかも、阿須山中の里山も、その後、あけぼの公園や、市営球場、市営ホッケー場、阿須運動公園駐車場などと同じ「目的」と「事情」だったかのように、動画を視た市民に思い込ませようとしているのです。

しかし、この『Part1』の動画を何度か視てみると、動画の中での野口市議の発言は、「巧妙に自己保身の保険をかけている」ことに気づきます。

それは、この<メガソーラー&サッカー場>が、成功した場合はもちろん、万が一、反対派が指摘するように「悲惨な大失敗」になってしまったとしても、「どちらに転んでも大丈夫な内容にしてある」のです。

それは、もし、無事に「メガソーラーとサッカー場」がきちんと完成し、サッカー場が賞賛され、サッカースクールが注目されるようになったら、「私は市議として最初から応援していました!」と自慢できるし、逆に「工事が途中で頓挫したり、大雨でメガソーラーが機能不全に陥ったり、大水で唐沢川流域に多大の被害を出したり、サッカー場の致命的な欠陥が露呈してしまった時は、「あのインスタグラムに挙げた動画は、あの人たちの主張を中立の立場で紹介しただけであって、私が計画に賛成していたわけではない!」と言い逃れることが出来ないわけではない内容になっているからです。

何度か視ると、それに気づかれるのではないでしょうか。

            (812字)

**********************************************
ここをクリックして戴けるとこれからの励みになります。
     ↓
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
クリックすると<地域生活/ 関東ブログカテゴリー>ランキング頁に行きます。
**********************************************


| 小久保 達 | 18:15 | comments (0) | trackback (0) | ★2021年市議選どうする・どうなる★::阿須山中メガソーラー賛成市議の発信 |
★2021年市議選どうする・どうなる★ ⇒【阿須山中メガソーラー賛成市議の発信】No.06  「阿須山中市有林の活用」では「隠しておきたい不都合な事実」がたくさん!
    

野口市議が自分のインスタグラムにアップした『阿須山中の真相 Part2』についての解説です。
その動画は下記のURLにアクセスすると視られます。

https://www.instagram.com/tv/CNY0Q0Nju9Y/?igshid=u9jp8ya3tvto


このPart2は「飯能インターナショナルスポーツアカデミー(略称HISA)が、阿須山中の市有林でサッカー場とメガソーラーを造ることになった経緯」を、当アカデミーの木下聡一郎理事長へのインタビュー動画、HISAのサッカースクールに子供を通わせている保護者(男性)の発言、野口市議による現地の工事内容の説明で構成され、全部で24分35秒です。

木下理事長へのインタビュアーは野口市議ですが、保護者(男性)へのインタビュアーは、野口市議ではなく、声から判断すると木下聡一郎理事長ですね。

メガソーラー推進派の市長や市議の論理展開の特徴は、「都合の悪い部分には触れない!」で、「市民にそれを知らせない」ということと、「市民の支持を得やすい大義名分」を前面に出して、あたかも「阿須山中がサッカー場がその大義名分を実現するためになる」かのように思わせることなのです。

この動画の中での木下聡一郎理事長の発言も、上記の「論理展開に終始」しています。

「隠している都合の悪いこと」と「大義名分を前面に出して、そのための事業である」かのように思わせている論理展開を、事業全体の時系列と、動画内容の順番に沿って解説していきます。


❶野口市議は、「自然を破壊するなという反対運動が起きている」と切り出していますが、市民が反対している理由は、「自然破壊の是非の前」の、長年保全してきた自然の豊かな里山の市有林を、1円も生まない〈負の遺産〉と位置付けて、17万㎠のうちの3/4の樹木を伐採、伐根し、地形を大幅に変えてしまえば、それは「森林文化都市飯能の市有林としての価値を著し下げてしまうこと」にもなるからなのです。

❷さらに、簿価20億円の市有林を、年間120万円という法外に安い賃料で、特定の民間事業者、それも市長や特定の古参市議と親しい関係にある民間事業者に、20年間も自由に使用させるのは、「利益供与によって市民の共有財産を減じてしまう」という「市民への背信背任行為に相当する疑念が有る」から反対しているのです。

「自然を破壊だから」という反対理由は、「メガソーラーを造る」と決まってからの反対理由なのです。

❸つまり、「阿須山中の市有林17万㎠をHISAに20年間貸与する」ということが決定する前から、「阿須山中の活用方法」に対しては、様々な市民の要望を「無視してきた」という「都合の悪い事実」には触れられていないのです。
もちろん、野口市議も木下理事長も「触れたくないこと」だからです。

❹木下理事長は「サッカー練習は市内各地のサッカー場を求めて転々としてきている」と話していますが、それは、サッカーに限らず、自前のグランドを持たない民間の各種スポーツクラブでは、野球でも、ホッケーでも、どんな野外スポーツでも、それが普通のことであるということには「触れない」で、あたかも「自分たちだけが不遇で不便である」ことを強調しています。

これも「自分たちが阿須山中の市有林を格安で20年間借りられることの正当性」として利用したいからなのでしょう。

❺「サッカー練習場が自分たちの思うように使用できない」のは、それが「既にいつでも使用できる既存のサッカー場」に限定した場合のこと。新たに自前のサッカー場を持つことが「可能な場所」は、広い飯能市内には各地域にたくさん有るのではないでしょうか。転入者で地元にあまり知り合いのいない私でさえ、4か所は知っています。

木下さんは、動画の中で「廃校になる吾野の小学校のグランドを計測したが狭かった」と発言していますから、本当に「自前のグランド用地」を真剣に探していたことは理解できます。

❻しかし、既に3年前から県立飯能南高校の廃校は決まっていたのです。しかも、県は「県の施設の跡地利用は地元の要望を優先して検討する方針」なのです。

埼玉県立飯能南高なら、サッカー場だけでなく、野球場、たくさんのテニスコート、体育館もあり、鉄筋校舎は少しの改装でスポーツ合宿の宿泊所にもなるのです。阿須山中では造れない観客スタンドも設置できるし、広い駐車場も可能です。

地方創生のために飯能市が支援すれば総合スポーツ合宿センターが実現できるのです。さらに、市立名栗中学校跡地も立派な候補地になります。

❼しかし、この「廃校跡地の活用の可能性」が市民に知られると「阿須山中の市有林の自然を壊してまでサッカー場とメガソーラーを造る」必然性が無くなってしまいます。だから、木下理事長も、推進派の人たちも、決してこのことには触れないのです。

この野口市議の動画は、「自然破壊の是非の前段階」だけでも、これだけの「市民には知られたくない都合の悪い事実を隠している」ことに積極的に加担しているのです。

続く。 

            (2005字)

**********************************************
ここをクリックして戴けるとこれからの励みになります。
     ↓
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
クリックすると<地域生活/ 関東ブログカテゴリー>ランキング頁に行きます。
**********************************************



| 小久保 達 | 18:36 | comments (0) | trackback (0) | ★2021年市議選どうする・どうなる★::阿須山中メガソーラー賛成市議の発信 |
このページの先頭へ
当ブログ編集人プロフィール
みなさんからのコメント
  • ★2017年7月の市長選★ ⇒【現職と新人の出馬動向】No.11       前県議の和田さんはブログで「共産党の候補者擁立は、笑止千万、究極のパフォーマンス!」と断定しているのですが・・・・。
今月の書き込み
{CALENDARBOX} {CDCTRLBACK}<<前月{/CDCTRLBACK} {CDYM}Y/m{/CDYM} {CDCTRLNEXT}次月>>{/CDCTRLNEXT}
過去の書き込み
TRACBACK
  • ★この場所のココに注目!★ ⇒【奥武蔵あじさい館】No.06                                       9月定例議会で市議に質問して欲しいコトは?
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ゲットネット...¥
Blog Ranking

OTHERS
    RSS 1.0
    処理時間 10.373732秒
このページの先頭へ